青木高見のジャズコレクション Miles Davis (tp) マイルス・デイヴィス


寸評
マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
ビ・バップ、ハード・バップ、クール・ジャズ、モード・ジャズ、エレクトリック・ジャズ、フュージョンなど時代を先取りした音楽性でジャズ界を牽引。
音楽の活動期間も1940年代から1980年代と長く、どの年代も同じものがなくクリエーターとしての手腕がズバ抜けている。
マイルス・デイヴィスを全部聴けば、おおよそのジャズ史が聴けると言っても過言ではない。
世間では 「マイルスとコルトレーンを聴かずしてジャズは語れない」 と言われているが、確かにその通りかもしれない。
また、素人の自分がCDだけを聴いて、ジャズ・ミュージシャンを単純に評せるものではない事を改めて記す。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (マイルス・デイヴィス トリビュート・アルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Miles Davis / Birth of the Cool Miles Davis / Birth of the Cool

Recorded :
January 21, 1949
April 22, 1949
March 9, 1950

Song, Personnel, Recorded : 

01. Move
02. Jeru
05. Budo
07. Godchild
Miles Davis (tp)
Kai Winding (tb)
Junior Collins (fr-h)
John Barber (Bill Barber) (tuba)
Lee Konitz (as)
Gerry Mulligan (bs)
Al Haig (p)
Joe Shulman (b)
Max Roach (ds)
Rec : 01/21/1949

04. Venus De Milo
08. Boplicity
10. Israel
11. Rouge
Miles Davis (tp)
J.J.Johnson (tb)
Sandy Siegelstein (fr-h)
John Barber (tuba)
Lee Konitz (as)
Gerry Mulligan (bs)
John Lewis (p)
Nelson Boyd (b)
Kenny Clarke (ds)
Rec : 04/22/1949

03. Moon Dreams
06. Deception
09. Rocker
12.Darn That Dream
Miles Davis (tp)
J.J.Johnson (tb)
Gunther Schuller (fr-h)
John Barber (tuba)
Lee Konitz (as)
Gerry Mulligan (bs)
Al McKibbon (b)
Max Roach (ds)
Kenny Hagood (vo) #12
Rec : 03/09/1950

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1949年1月と4月、1950年3月の録音、ビ・バップに転機をもたらした作品。
パリのジャズ・フェスティバルのライブが1949年5月なので同時期に進められていた事がわかる。
邦題で 「クールの誕生(Birth of the Cool)」 と題された演奏は、チャーリー・パーカーのコンボで鍛えられたマイルス・デイヴィスが、自己の新しいジャズを展開した試金石アルバムといえる。
録音時、マイルスは若干23歳。
自分の考えているジャズを、JJジョンソン、ジェリー・マリガン、リー・コニッツ、アル・ヘイグなど、そうそうたるメンバーに伝え束ねた統率力が凄い。
一方で、メンバーはマイルス・デイヴィスの考えるジャズを理解し、作り上げた手腕も素晴らしい。
しかし、これ程の頭脳明晰なマイルスが数年後、麻薬中毒になり、奇跡の再起をはかっていく波乱の人生。
ジャズ用語の 「クール」 はこの時点からスタートしたといってもいい。
その後、1950年代に西海岸のミュージシャンが中心となり  「クール派」  を擁立していく事となる。
(青木高見)





Miles Davis and Tadd Dameron / In Paris Festival International De Jazz Miles Davis & Tadd Dameron Quintet Miles Davis and Tadd Dameron / In Paris Festival International De Jazz Miles Davis and Tadd Dameron Quintet

(注) このアルバムはマイルス・デイヴィスのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にタッド・ダメロンが参加しているため 「 Tadd Dameron 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : May 8-15, 1949

Personnel :
Miles Davis (tp)
Tadd Dameron (p)
James Moody (ts) #01, #02, #04
Barney Spieler (b)
Kenny Clarke (ds)

Song name :
01. Intro/Rifftide
02. Good Bait
03. Don't Blame Me
04. Lady Bird
05. Wah-Hoo!
06. Allen's Alley
07. Embraceable You
08. Ornithology
09. All the Things You Are

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
タッド・ダメロン (Tadd Dameron 本名 : Tadley Ewing Peake Dameron 1917年2月21日~1965年3月8日) はアメリカ合衆国オハイオ州クリーヴランド生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、バンドマスター。
アルバムはマイルス・デイヴィスとタッド・ダメロン、1949年5月8日から15日の録音、パリのジャズ・フェスティバルのライブ。
マイルス・デイヴィスは、この年、師匠チャーリー・パーカーの元を去った翌年にあたる。
ビ・バップの進化系を摸索してきたマイルス・デイヴィスは、同じ構想を偶然持ち合わせていたタッド・ダメロンを得てバリバリ実行して行く。
演奏は、録音機材が古く音質がよくないのと、途中で入る司会者がわずらわしいが、音の重要な記録という意味で聴けてしまう。
今までとは、明らかに異なる 「マイルス・デイヴィスの音」。
ちなみにテナーのジェームス・ムーディーが参加していた事にびっくり。
かくして、ジャズ史に残るクールの原型が完成した瞬間とも取れる。
アルバム 「Birth of the Cool (クールの誕生)」 も、同年の1月から4月の録音で同時進行していたマイルス・デイヴィスの俊敏さに驚かされる。
(青木高見)





Miles Davis / Dig Miles Davis / Dig

Recorded : October 5, 1951

Personnel :
Miles Davis (tp)
Walter Bishop Jr. (p)
Sonny Rollins (ts)
Jackie McLean (as) #01, #03-#05
Tommy Potter (b) [Additional tracks not on original LP]
Art Blakey (ds) [Additional tracks not on original LP]

Song name :
01. Dig
02. It's Only A Paper Moon
03. Denial
04. Bluing
05. Out Of The Blue
06. Conception
07. My Old Flame

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1951年10月5日の録音。
共演者は、ピアノのウォルター・ビショップ・ジュニア、テナー・サックスがロリンズ、アルト・サックスがジャッキー・マックリーン、ベースがトミー・ポッター、ドラムがアート・ブレイキー。
演目は全7曲、4曲がマイルス・デイヴィスの曲、2曲がスタンダード。
CD化に際し6曲目の 「Conception」 と、7曲目の 「My Old Flame」 が追加された。
ビ・バップの生みの親のチャーリー・パーカーとディジー・ガレスピーに鍛えられたマイルス・デイヴィス。
平凡ならそこで終わってしまうが頭脳明晰なマイルス・デイヴィスは違っていた。
ビ・バップに足らないものを模索し、研究の末、新しいジャズを完成させていく。
ここで初めてマイルス・デイヴィスの中でドラマーのアート・ブレイキーが加わった。
従来のビ・バップを継承するケニー・クラークから、弾(はじ)けるアート・ブレイキーを得たことでマイルス・デイヴィスに勢いが付いた。
CDで気になるのが冒頭の 「Dig」 こんなにエコーをかけていいのだろうか。
(青木高見)





Lee Konitz / Ezz-Thetic Lee Konitz and Miles Davis Lee Konitz / Ezz-Thetic Lee Konitz and Miles Davis

(注) このアルバムはリー・コニッツのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Lee Konitz 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Song, Recorded, Personnel :
#01-#04
Rec : March 8, 1951
Lee Konitz (as)
Miles Davis (tp)
Sal Mosca (p)
Billy Bauer (g)
Arnold Fishkin (b)
Max Roach (ds)

#05, #06
Rec : March 13, 1951
Lee Konitz (as)
Billy Bauer (g)

#07-#10
Rec : December 23, 1952
Teddy Charles (vib)
Jimmy Raney (g)
Dick Nivison (b)
Ed Shaughnessy (ds)

Song name :
01. Odjenar
02. Hi Beck
03. Yesterdays
04. Ezz-Thetic
05. Indian Summer
06. Duet For Saxophone and Guitar
07. Edging Out
08. Nocturne
09. Composition In Four Pieces
10. Night In Tunisia

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : リー・コニッツ (Lee Konitz 1927年10月13日~) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャズ・サックス奏者、編曲家、作曲家。
マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはリー・コニッツとマイルス・デイヴィス、1951年と52年の録音。
2人は、1949年と50年に録音したマイルス・デイヴィス名義のアルバム 「Birth of the Cool」 でも共演をしている。
その後、2人は違う道を歩むが、この時点では同じ目標である 「クールの探求」 で接近していた事が興味深い。
2人の年の差は1つ、当時マイルス・デイヴィスのがリー・コニッツをいかに信頼していたかがわかる。
その他、ヴァイブのテディ・チャールズの独特な演奏も聴き処。
物事すべて、後になって解る事がある、マイルス・デイヴィスで解った事で、自分が必要とするミュージシャンは積極的に接近し吸収していく。
吸収し終わると、何もなかった様に、ポイと離れるというか、さっさと未練なく遠ざかって行く。
(青木高見)





Miles Davis / Vol.1 Miles Davis / Vol.1

Song name, Personnel, Recorded :
01. Tempus Fugit
02. Kelo
03. Enigma
04. Ray's Idea
06. C.T.A. (alternate take)
11. C.T.A.
Miles Davis (tp)
Gil Coggins (p)
J.J. Johnson (tb)
Jimmy Heath (ts)
Percy Heath (b)
Art Blakey (ds)
Rec : April 20, 1953

05. How Deep Is the Ocean
07. Dear Old Stockholm
08. Chance It
09. Yesterdays
10. Donna (alternate take)
12. Would'n You (alternate take)
Miles Davis (tp)
Gil Coggins (p)
J.J. Johnson (tb)
Jackie McLean (as)
Oscar Pettiford (b)
Kenny Clarke (ds)
Rec : May 9, 1952

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、Vol.1が1952年と53年。
Vol.2が1952年から54年の録音、ブルーノートからのリリース。
共演者は。
1952年が、ピアノがギル・コギンズ、トロンボーンがJJジョンソン、アルトサックスがジャッキー・マクリーン、ベースがオスカー・ペティフォード、ドラムがケニー・クラーク。
1953年が、ピアノがギル・コギンズ、トロンボーンがJJジョンソン、テナーサックスがジミー・ヒース、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがアート・ブレイキー。
マイルス本人は薬物中毒から足を洗う最中の時期と重なる。
そこにはブルーノート社主のアルフレッド・ライオンとの一年に一枚リリースするという堅い約束があったとされる。
結果として不調ながら、これだけの収録をこなす。
マイルス・デイヴィスはアルフレッド・ライオンお礼の意味で、1958年、キャノンボール・アダレイの 「Somethin' Else」 で影のリーダーとして演奏する。
その後、マイルス・デイヴィスは自力で中毒から復帰する。
以後、目覚ましい躍進を遂げていく事になるが、父親の元で生還したとされ、ここらへんが、イイ所のお坊ちゃまっぽの感じがする。
いずれにしても演奏は不調のさなかでありながら全てが高水準。
音楽に対するマイルス・デイヴィスの尋常ならざる執念が聴ける。
(青木高見)





Miles Davis / Vol.2 Miles Davis / Vol.2

Recorded :
May 9, 1952
April 20, 1953
March 6, 1954

Personnel :
#03, #06
May 9, 1952
Miles Davis (tp)
J.J. Johnson (tb)
Jackie McLean (as)
Gil Coggins (p)
Oscar Pettiford (b)
Kenny Clarke (ds)

#04, #05, #10
April 20, 1953
Miles Davis (tp)
J.J. Johnson (tb)
Jimmy Heath (ts)
Gil Coggins (p)
Percy Heath (b)
Art Blakey (ds)

#01, #02, #07, #08, #09, #11
March 6, 1954
Miles Davis (tp)
Horace Silver (p)
Percy Heath (b)
Art Blakey (ds)

Song name :
01. Take Off
02. Weirdo
03. Woody 'n' You
04. I Waited for You
05. Ray's Idea [alternate master]
06. Dig
07. Well, You Needn't
08. The Leap
09. Lazy Susan
10. Tempus Fugit
11. It Never Entered My Mind

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、Vol.1が1952年と53年。
Vol.2が1952年から54年の録音、ブルーノートからのリリース。
共演者は。
1952年が、ピアノがギル・コギンズ、トロンボーンがJJジョンソン、アルトサックスがジャッキー・マクリーン、ベースがオスカー・ペティフォード、ドラムがケニー・クラーク。
1953年が、ピアノがギル・コギンズ、トロンボーンがJ.J.ジョンソン、テナーサックスがジミー・ヒース、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがアート・ブレイキー。
マイルス本人は薬物中毒から足を洗う最中の時期と重なる。
そこにはブルーノート社主のアルフレッド・ライオンとの一年に一枚リリースするという堅い約束があったとされる。
結果として不調ながら、これだけの収録をこなした。
その後、マイルス・デイヴィスは自力で中毒から復帰し、以後、目覚ましい躍進を遂げていく。
いずれにしても演奏は不調のさなかでありながら全てが高水準。
音楽に対するマイルス・デイヴィスの尋常ならざる執着を聴ける。
ケニー・クラークとアート・ブレイキーの違いでカラーが変わる点も聴き処。
(青木高見)





Miles Davis / Collectors Items Miles Davis / Collectors Items

Recorded :
January 30, 1953
March 16, 1956

Personnel :
Rec : January 30, 1953
#01-04
Miles Davis (tp)
Walter Bishop .jr (p)
Charlie Parker (Charlie Chan) (ts)
Sonny Rollins (ts)
Percy Heath (b)
Philly Joe Jones (ds)

Rec : March 16, 1956
#05-07
Miles Davis (tp)
Sonny Rollins (ts)
Tommy Flanagan (p)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. The Serpent's Tooth (Take 1)
02. The Serpent's Tooth (Take 2)
03. 'Round Midnight
04. Compulsion
05. No Line
06. Vierd Blues
07. In Your Own Sweet Way

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1曲目から4曲目までが1953年の録音、5曲目から7曲目までが1956年の録音と3年の開きがある。
アルバム名の 「コレクターズ・アイテム」 の箇条書き。
・2つのバンドの録音時期に、かなりの空きがある。
・マイルスのリーダー作にチャーリー・パーカーが参加している。
・チャーリー・パーカーが 「Charlie Chan」 の変名でクレジットしている。
・チャーリー・パーカーが 「Charlie Chan」 の変名の 「Chan」 はカミサンの名前で安易もいいところ、そういう事には無神経なチャーリー・パーカー。
・当日のチャーリー・パーカーはヤク中でボロボロなのに、これ程吹いてしまう、やはり天才。
・ロリンズは出所したばかりでチャーリー・パーカーとの共演。
・1953年の収録では、ボロボロのチャーリー・パーカーにロリンズが押されている、パーカーは凄い。
・マイルスのリーダー作にウォルター・ビショップ・ジュニアとチャーリー・パーカーとロリンズの顔合わせが貴重。
・3月16日のソニー・ロリンズは圧巻、その歌心にマイルス・デイヴィス思わずたじろぐ。
・マイルスのリーダー作にトミー・フラナガンが参加しているのも貴重。
・トミー・フラナガンの生年月日は3月16日、このアルバムの録音日は1930年3月16日~2001年11月16日。
・トミー・フラナガンの誕生日のため収録前にに 「ハッピー・バースデー」 を演奏したという。
・3月16日の録音はトミー・フラナガンの誕生日のためアットホームさが漂う。
・マイルスとフィーリーはこの日が初顔合わせ、マイルス・デイヴィスは以後ポスト・ドラマー扱いしていく。
・演目の 「The Serpent's Tooth」 直訳すると 「蛇歯」。
・演目の 「Vierd Blue」 は後に 「Workin'」 のトレーンズ・ブルースと同曲。
・演目の 「In Your Own Sweet Way」 も後に 「Workin'」 に収録される。
・同じ曲を後のアルバムでもしっかり演奏するマイルス・デイヴィスの姿勢は曲を大切にする、一方で商売人。
・マイルスはチャーリー・パーカーに鍛え上げられた師弟関係、その先生を呼んだはいいが酒に酔っ払ってる始末。
・チャーリー・パーカーを大切にするマイルスの優しさは、同時にマイルスもジャンキーだった同じムジナ。
・ジャケット・デザインは青地に酒ビン、まさにタイトル通り 「酒ビンコレクターズ・アイテム」?。
(青木高見)





Miles Davis / Blue Haze Miles Davis / Blue Haze

Recorded :
May 19, 1953
March 10, 1954
April 3, 1954

Personnel :
Rec : May 19, 1953
#04, #06, #07, #08
Miles Davis (tp)
Charles Mingus (p) #4only
John Lewis (p)
Percy Heath (b)
Max Roach (ds)

Rec : March 10,1954
#02, #03, #05
Miles Davis (tp)
Horace Silver (p)
Percy Heath (b)
Art Blakey (ds)

April 3, 1954
#01
Miles Davis (tp)
Horace Silver (p)
Percy Heath (b)
Dave Schildkraut (as)
Kenny Clarke (ds)

Song name :
01. I'll Remember April
02. Four
03. Old Devil Moon
04. Smooch
05. Blue Haze
06. When Lights Are Low
07. Tune-Up
08. Miles Ahead

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムは以下の通り。
4、6~8曲目 1953年5月19日の録音、ピアノが4曲目のみチャールス・ミンガス、その他ジョン・ルイス、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがマックス・ローチ。
2、3、5曲目 1954年3月10日の録音、ピアノがホレス・シルヴァー、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがアート・ブレイキー。
1曲目 1954年4月3日の録音、ピアノがホレス・シルヴァー、アルトサックスがデイブ・シルドクラウト、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがケニー・クラーク。
3人の一流ドラマーがこれ1枚で聴けてしまう。
おまけにチャールス・ミンガスがピアノを弾いている。
演目の1曲目以外、マイルスのワンホーンをたっぷり独り占め。
3つのバンドが入れかわり立ちかわりで、落ちつかないが、ラジオ番組を聴いている様にバラエティに富んで飽きない。
マイルスはこの時期、ヤクにはまっていて不調とされるが、それでいて、これ程の吹いてしまうのが恐ろしい。
とは言っても、当時のジャズマンは、ほとんどがヤク中でマイルスとて例外ではなかったとされる。
まさにタイトルの 「青いもや」 は当時の黒人達の象徴の様な気がする。
(青木高見)





Miles Davis / Walkin' Miles Davis / Walkin'

Recorded :
April 29, 1954
April 3, 1954

Personnel :
#01, #02
Rec : April 29, 1954
Miles Davis (tp)
Horace Silver (p)
Percy Heath (b)
Kenny Clarke (ds)
Lucky Thompson (ts)
J.J.Johnson (tb)

#03, #04, #05, #06
Rec : April 3, 1954
Miles Davis (tp)
Horace Silver (p)
Percy Heath (b)
Kenny Clarke (ds)
Davey Schildkraut (as)

Song name :
01. Walkin'
02. Blue'n Boogie
03. Solar
04. You Don't Know What Love Is
05. Love Me Or Leave Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムは通称 「信号のマイルス・デイヴィス」。
3、5曲目 1954年4月3日の録音。
共演者は、ピアノがホレス・シルヴァー、、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがケニー・クラーク、アルトサックスがデイブ・シルドクラウト。
1、2曲目 1954年4月29日の録音。
共演者は、ピアノがホレス・シルヴァー、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがケニー・クラーク、トロンボーンがJ.J.ジョンソン、テナー・サックスがラッキー・トンプソン。
演奏は、クールなハード・バップ、従来のハード・バップには無いマイルスの抑制のトランペットが聴きどころ。
対極をなす 「バードランドの夜」 と聴き比べとその差は歴然。
いかに、このアルバムを考えて作ったかが想像できる。
頭でジャズを演奏するマイルス・デイヴィスが色濃く出てくる。
(青木高見)





Miles Davis and Milt Jackson / Bags' Groove Miles Davis and Milt Jackson / Bags' Groove

(注) このアルバムはマイルス・デイヴィスのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にミルト・ジャクソンが参加しているため 「 Milt Jackson 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
June 29, 1954
December 24. 1954

Personnel :
#01, #02
Rec : December 24. 1954
Miles Davis (tp)
Milt Jackson (vib)
Thelonious Monk (p)
Percy Heath (b)
Kenny Clarke (ds)

#03-07
Rec : June 29, 1954
Miles Davis (tp)
Sonny Rollins (ts)
Horace Silver (p)
Percy Heath (b)
Kenny Clarke (ds)

Song name :
01. Bag's Groove
02. Bag's Groove
03. Airegin
04. Oleo
05. But Not For Me
06. Doxy
07. But Not For Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス  (Miles Davis 1926年5月26日~1991年9月28日)  はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
ミルト・ジャクソン (Milt Jackson 1923年1月1日~1999年10月9日 ) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身のジャズ・ビブラフォン奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィスとミルト・ジャクソン、1954年6月29日・12月24日の録音。
6月29日の共演者は、ビブラフォンがミルト・ジャクソン、ピアノがセロニアス・モンク、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがケニー・クラーク。
おりしもクリスマスでバイブのミルト・ジャクソンとピアノにセロニアス・モンクの顔合わせが聴き処。
リズム隊はMJQ。
従来の多くの解説では 「喧嘩セッション」 といわれているが、今ではその解釈は少ない。
「喧嘩セッション」 とは、マイルス・デイヴィスがソロをとる時、モンクのバッキングを止めさせた事に起因する。
尾ひれがついて、これが原因で喧嘩になったというが、実際は何もなかったという。
ジャズの演奏では、プロアマ問わず、楽器どおしの調整は当たり前。
12月24日の共演者は、テナーサックスがソニー・ロリンズ、ピアノがホレス・シルバー、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがケニー・クラーク。
ロリンズは自分の3曲がマイルス・デイヴィスに採用されて堂々とマイルスと渡り合う。
その3曲は、当時のジャズの新しい息吹を感じる事ができる。
新しもの好きのマイルス・デイヴィスがソニー・ロリンズを見逃すはずがない。
何とか、自分のバンドへの勧誘をした逸話がある。
(青木高見)





Miles Davis / Miles Davis And The Modern Jazz Gaiants Miles Davis / Miles Davis And The Modern Jazz Gaiants

Recorded :
December 24. 1954
October 26, 1956

Personnel :
#01, #02, #04, #05
Rec : December 24. 1954
Miles Davis (tp)
Milt Jackson (vib)
Thelonious Monk (p)
Percy Heath (b)
Kenny Clarke (ds)

#03
Rec : October 26, 1956
Miles Davis (tp)
John Coltrane (ts)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. The Man I Love (take 2)
02. Swing Spring
03. 'Round About Midnight
04. Bemsha Swing
05. The Man I Love (take 1)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1954年12月24日録音、アルバム 「Miles Davis and Milt Jackson / Bags' Groove」 と同日、同メンバーによる5曲。
共演者は、ビブラフォンがミルト・ジャクソン、ピアノがセロニアス・モンク、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがケニー・クラーク。
3曲目が、1956年10月26日録音で 「'Round About Midnight」 「Workin'」 。
共演者は、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ピアノがレッド・ガーランド、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
簡単に聴いてしまうと寄せ集め的な感じがするが、内容が貴重。
1曲目の 「The Man I Love  (take 2)」 でモンクが急に引くのをやめてしまう。
マイルスが 「何をやってるんだ、どうした!」 と入ってくる所がワクワクさせられ圧巻。
5曲目の 「The Man I Love  (take 1)」 では、ミルト・ジャクソンが演奏をはじめた途端、打ち合わせの会話で中断し即再開。
会話の最後のしゃがれた声はマイルスだろうが、制作の裏側を聴けて楽しい。
(青木高見)





Miles Davis and Milt Jackson / Miles Davis and Milt Jackson Miles Davis and Milt Jackson / Miles Davis and Milt Jackson

(注) このアルバムはマイルス・デイヴィスのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にミルト・ジャクソンが参加しているため 「 Milt Jackson 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : August 5, 1955

Personnel :
Miles Davis (tp)
Milt Jackson (vib)
Jackie McLean (as)
Ray Bryant (p)
Percy Heath (b)
Arthur Taylor (ds)

Song name :
01. Dr. Jackle
02. Bitty Ditty
03. Minor March
04. Changes

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス  (Miles Davis 1926年5月26日~1991年9月28日)  はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
ミルト・ジャクソン (Milt Jackson 1923年1月1日~1999年10月9日) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身のジャズ・ビブラフォン奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィスとミルト・ジャクソン、1955年8月5日の録音。
その他の共演者は、ピアノがレイ・ブライアント、アルト・サックスがジャッキー・マクリーン、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがアート・テイラー。
演奏は、軽く流している様で、とんでもなく高度、全員がマスター級がなせる技、どの曲もメロディックで美しい。
アルト・サックスのジャッキー・マクリーンは 「Dr. Jackle」 と 「Minor March」 しか参加していないが、これがまた素晴らしい。
そして、レイ・ブライアントとマイルスの顔合わせも興味を引く。
国内でジャズ喫茶全盛時代、アルバム・ジャケットからマイルスのポーズから 「ウンチのマイルス」 と言われた。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはマイルス・デイヴィスとミルト・ジャクソン、1955年8月5日の録音。その他の共演者は、ピアノがレイ・ブライアント、アルト・サックスがジャッキー・マクリーン、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがアート・テイラー。演奏は、軽く流している様で、とんでもなく高度、全員がマスター級がなせる技、どの曲もメロディックで美しい。アルト・サックスのジャッキー・マクリーンは 「Dr. Jackle」 と 「Minor March」 しか参加していないが、これがまた素晴らしい。そして、レイ・ブライアントとマイルスの顔合わせも興味を引く。
(青木高見)





Miles Davis / The Musings of Miles Miles Davis / The Musings of Miles

Recorded : June 7, 1955

Personnel :
Miles Davis (tp)
Red Garland (p)
Oscar Pettiford (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. Will You Still Be Mine?
02. I See Your Face Before Me
03. I Didn't
04. Gal in Calico
05. Night in Tunisia
06. Green Haze

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1955年6月7日の録音。
共演者は、ピアノがレッド・ガーランド、ベースがオスカー・ペティフォード、ドラムがフィリー・ジョー・ジョーンズ。
注目はレッド・ガーランドとフィリー・ジョー・ジョーンズ。
この二人は 「ジ・ニュー・マイルス・デイヴィス・クインテット」 としてマイルスと長くやっていく事を、この時はまだ知らない。
オスカー・ペティフォードは、後釜のポール・チェンバースが入るまで安定したベースをマイルスに提供していた。
演奏の目玉は何といっても、マイルス・デイヴィスのワンホーンにつきる。
演目は6曲で物足りない、もっと聴いていたい。
(青木高見)





Miles Davis / The New Miles Davis Quintet Miles Davis / The New Miles Davis Quintet

Recorded : November 16, 1955

Personnel :
Miles Davis (tp)
John Coltrane (ts)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. Just Squeeze Me
02. There Is No Greater Love
03. How Am I To Know?
04. S'posin
05. The Theme
06. Stablemates

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1955年11月16日の録音、通称  「小川のマイルス」 。
共演者は、ピアノがレッド・ガーランド、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
何をか言わんや 「ジ・ニュー・マイルス・デイヴィス・クインテット」 の誕生の瞬間。
演奏は原石のように無垢で初々しくも美しい。
どういう音作りをするかを全て計算通りに進め、仲間をコントロールしていく頭脳のマイルス・デイヴィス渾身のトランペット。
ソニー・ロリンズを入れたかったマイルスだったが、ヤク中で姿をくらました時期で、しかたなくジョン・コルトレーンを入れた。
評論家からジョン・コルトレーンが酷評を受けた演奏が聴ける。
思えばコルトレーンがマイルスを凌(しの)ぐ程の偉大になる事を、この時、誰が想像できただろう。
音楽で楽しいのは、そういう秘話を知って実際に自分の耳で聴いてみる。
これぞ、ジャズの真骨頂といえる。
(青木高見)





Miles Davis All Stars
/ Round About Midnight Miles Davis All Stars / Round About Midnight

Recorded :
October 26, 1955  #02
June 5, 1956  #04, #05, #06
September 10, 1956  #01, #03

Personnel :
Miles Davis (tp)
John Coltrane (ts)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. 'Round Midnight
02. Ah-Leu-Cha
03. All of You
04. Bye Bye Blackbird
05. Tadd's Delight
06. Dear Old Stockholm

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1955年10月26日・1956年6月5日、9月10日の録音、コロンビア・レーベルからのリリース、第一弾。
名実共にマイルスを次のステージに登らせた記念作品。
共演者は、ピアノがレッド・ガーランド、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
「小川のマイルス」  から、僅かの間に更に磨きをかける凄さ。
それ程、この時期のマイルス・デイヴィスと共演者の進歩は急成長する。
ジャズ史からは、マイルスがコロンビアからリリースしたことで正式な音楽として認められた事象とされる。
音質がプレスティッジで慣らされた音とは違い 「コロンビアのマイルスの音」 に変貌した。
この音が良いのか悪いのかは、人それぞれだろうが、マイルス・デイヴィスの凄まじさを感じる。
(青木高見)





Miles Davis / Workin' Miles Davis / Workin'

Recorded :
May 11, 1956  #01-06, #08
October 26, 1956  #07


Personnel :
Miles Davis (tp)
John Coltrane (ts)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. It Never Entered My Mind
02. Four
03. In Your Own Sweet Way
04. The Theme (take1)
05. Tranes Blues
06. Ahmad's Blues
07. Half Nelson
08. The Theme (take2)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、7曲目の「Half Nelson」だけが1956年10月26日。
その他の曲は1956年5月11日の録音。
共演者は、ピアノがレッド・ガーランド、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
この時期のマイルス・バンドは花火にたとえると、次ぎから次へと、夜空に眩いばかりの巨大な閃光が日輪を咲かす。
道路工事のショぼいジャケットが、今ではイカス・ジャケットで多くのリスナーの脳裏に焼き付いている。
マラソンセッションの中核をなす傑作とされる。
(青木高見)

【追補 : マイルスのマラソンセッションとは】 1955年にピアノがレッド・ガーランド、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズらとレギュラー・クィンテッドが結成。
レコード会社も「プレスティッジ・レコード」から「コロンビア・レコード」に移籍。
その時「プレスティッジ・レコード」との契約であと数枚リリースしなければならなかった。
それをマイルスは1956年5月11日、10月26日で次の4枚を収録したことから由来。
・WORKIN' (Prestege 7166) October 26, 1956,  May 11, 1956
・STEAMIN' (Prestege 7200) October 26, 1956,  May 11, 1956
・RELAXIN' (Prestege 7129) May 11, 1956,  October 26, 1956
・COOKIN' (Prestege 7094) October 26, 1956
この短期間の演奏だが、全てが一級、マイルスの並外れた手腕が光る。





Miles Davis Quintet / Steamin' Miles Davis Quintet / Steamin'

Recorded :
October 26, 1956  #05
May 11, 1956  #01-04, #06

Personnel :
Miles Davis (tp)
John Coltrane (ts)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. Surrey with the Fringe on Top
02. Salt Peanuts
03. Something I Dreamed Last Night
04. Diane
05. Well You Needn't
06. When I Fall in Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、5曲目の 「Well You Needn't」 が1956年10月26日。
それ以外は1956年5月11日の録音でマラソンセッションの1枚。
共演者は、ピアノがレッド・ガーランド、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
マイルスの統率力が遺憾なく発揮されている。
思えばメンバーも、マイルスの考えるジャズに、よく頑張って付いていったものだと感心。
短期間とはいえ、この完成度の高さは尋常ではない。
(青木高見)

【追補 : マイルスのマラソンセッションとは】 1955年にピアノがレッド・ガーランド、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズらとレギュラー・クィンテッドが結成。
レコード会社も「プレスティッジ・レコード」から「コロンビア・レコード」に移籍。
その時「プレスティッジ・レコード」との契約であと数枚リリースしなければならなかった。
それをマイルスは1956年5月11日、10月26日で次の4枚を収録したことから由来。
・WORKIN' (Prestege 7166) October 26, 1956,  May 11, 1956
・STEAMIN' (Prestege 7200) October 26, 1956,  May 11, 1956
・RELAXIN' (Prestege 7129) May 11, 1956,  October 26, 1956
・COOKIN' (Prestege 7094) October 26, 1956
この短期間の演奏だが、全てが一級、マイルスの並外れた手腕が光る。



(青木高見)





Miles Davis Quintet / Relaxin' Miles Davis Quintet / Relaxin'

Recorded :
May 11, 1956  #05, #06
October 26, 1956  #01-04

Personnel :
Miles Davis (tp)
John Coltrane (ts)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. If I Were a Bell
02. You Are My Everything
03. I Could Write a Book
04. Oleo
05. It Could Happen to You
06. Woody'n You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1956年10月26日の録音、マラソンセッションの1枚。
共演者は、ピアノがレッド・ガーランド、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
貴重なのはスタジオの会話が少し入っている。
親方マイルスのシャガレ声 「タイトルは後で言う」。
ガーランドに対して 「ブロックコードで行け」 とピリピリした現場の雰囲気が伝わってくる。
(青木高見)

【追補 : マイルスのマラソンセッションとは】 1955年にピアノがレッド・ガーランド、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズらとレギュラー・クィンテッドが結成。
レコード会社も「プレスティッジ・レコード」から「コロンビア・レコード」に移籍。
その時「プレスティッジ・レコード」との契約であと数枚リリースしなければならなかった。
それをマイルスは1956年5月11日、10月26日で次の4枚を収録したことから由来。
・WORKIN' (Prestege 7166) October 26, 1956,  May 11, 1956
・STEAMIN' (Prestege 7200) October 26, 1956,  May 11, 1956
・RELAXIN' (Prestege 7129) May 11, 1956,  October 26, 1956
・COOKIN' (Prestege 7094) October 26, 1956
この短期間の演奏だが、全てが一級、マイルスの並外れた手腕が光る。



(青木高見)





Miles Davis / Cookin' Miles Davis / Cookin'

Recorded : October 26, 1956

Personnel :
Miles Davis (tp)
John Coltrane (ts)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. My Funny Valentine
02. Blues by Five
03. Airgin
04. Tune Up / When Lights Are Low

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1956年10月26日の録音、マラソンセッションの1枚。
共演者は、ピアノがレッド・ガーランド、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
マラソンセッションの中で1956年10月26日の収録が1枚に収められているので通しで聴きたい。
何よりも洒落たジャケットデザインと華麗な演奏の完成度が高い。
誰もが認める名盤とされる。
(青木高見)

【追補 : マイルスのマラソンセッションとは】 1955年にピアノがレッド・ガーランド、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズらとレギュラー・クィンテッドが結成。
レコード会社も「プレスティッジ・レコード」から「コロンビア・レコード」に移籍。
その時「プレスティッジ・レコード」との契約であと数枚リリースしなければならなかった。
それをマイルスは1956年5月11日、10月26日で次の4枚を収録したことから由来。
・WORKIN' (Prestege 7166) October 26, 1956,  May 11, 1956
・STEAMIN' (Prestege 7200) October 26, 1956,  May 11, 1956
・RELAXIN' (Prestege 7129) May 11, 1956,  October 26, 1956
・COOKIN' (Prestege 7094) October 26, 1956
この短期間の演奏だが、全てが一級、マイルスの並外れた手腕が光る。



(青木高見)





Miles Davis / Miles Ahead Miles Davis / Miles Ahead

Recorded :
May 6, 1957 #02, #03
May 10, 1957 #04, #05
May 23, 1957 #01, #06, #07
May 27, 1957 #08, #09, #10

Song name : Personnel :
Miles Davis (flh)
Gil Evans (arr, cond)
Wynton Kelly(p) #01, #02, #04, #08, #09, #11, #13, #14
Lee Konitz (as)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)
Johnny Carisi (tp)
Bernie Glow (tp)
Taft Jordan (tp)
Louis Mucci (tp)
Ernie Royal (tp)
Joe Bennett (tb)
Jimmy Cleveland (tb)
Frank Rehak (tb)
Tom Mitchell (btb)
Jim Buffington (frh)
Tony Miranda (frh)
Willie Ruff (frh)
Bill Barber (tu)
Edwin Caine (fl, cl)
Sid Cooper (fl, cl)
Romeo Penque (fl, cl)
Danny Bank (bcl)

Song name :
01. Springsville
02. The Maids Of Cadiz
03. The Duke
04. My Ship
05. Miles Ahead
06. Blues For Pablo
07. New Rhumba
08. The Meaning Of The Blues
09. Lament
10. I Don't Wanna Be Kissed (By Anyone But You)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1957年5月の録音、CBSソニーからのリリース。
一連のマラソンセッションから間もなく、ギル・エバンス・オーケストラとのコラボ。
マイルスには珍しいフリューゲルホルンを大胆にフィーチャー。
一ヶ所に安穏とする事をしないマイルス。
性格で、何か新しい事をしていないとダメなのだろう。
ここでは、ギル・エバンスという旧知の相棒を得て新ジャンルへの挑戦。
進むべき方向が定まったので 「Miles Ahead」。
ジャケットには堂々と 「マイルス・デイヴィス+19」 とタイプされ、マイルスの自信のほどがうかがえる。
なぜヨットかは多分 「Miles Ahead」 でそうなったかと勝手に思う。
写真の白人女性のデザインは、後にマイルスからクレームが付いたという。
何回も聴いているうちに、少しずつ好きになってくる不思議なアンサンブル。
(青木高見)





Miles Davis / Ascenseur Pour Lechafaud (死刑台のエレベーター) Miles Davis / Ascenseur Pour Lechafaud (死刑台のエレベーター)

Recorded : December 4-5, 1957

Personnel :
Miles Davis (tp)
Barney Wilen (ts)
Rene Urtreger (p)
Pierre Michelot (b)
Kenny Clarke (ds)

Song name :
01. Nut sur les champ-elyses (take1)
02. Nut sur les champ-elyses(take2)
03. Nut sur les champ-elyses(theme)
04. Nut sur les champ-elyses
05. Assasinat(take1)
06. Assassinat(take2)
07. Assasinat(take3)
08. Motel
09. Final(take1)
10. Final(take2)
11. Final(take3)
12. Ascenseur
13. Le petit bal
14. Le petit bal(take2)
15. Seqence(take1)
16. Seqence(take2)
17. Generique
18. l'assassinat de Carala
19. Sur l'autoroute
20. Julien dan l'ascenseur
21. Florence sur les champ-elyses
22. Diner au motel
23. evasion de Julien
24. Visite du vigile
25. Au bar du petit bac
26. Chez le photographe du motel

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1957年12月4日・5日の録音。
フランス映画の 「死刑台のエレベーター(ルイ・マル監督)」 の音楽担当のサウンドトラック。
CDは 「Fontana (EJD-3002)」 未発表の6テイクを含むオリジナル・マスター・テープが収録されている。
マイルス・ファンにとっては結構お宝で、完成版と加工前の音と聴き比べる事ができる。
共演者は、テナーサックスがバルネ・ウィラン、ピアノがルネ・ユルトルジュ、ベースがピエール・ミシェロ、ドラムがケニー・クラーク。
ジャケットはスタジオに訪れたジャンヌ・モローとマイルスのショット。
(青木高見)





Miles Davis / Milestones Miles Davis / Milestones

Recorded :
March 4, 1958 #01, #02
February 4, 1958 #03-#06

Personnel :
Miles Davis (tp)
John Coltrane (ts)
Julian Cannonball Adderley (as)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. Dr. Jeckle
02. Sid's Ahead
03. Two Bass Hit
04. Milestones
05. Billy Boy
06. Straight, No Chaser

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1958年2月4日・3月4日の録音。
アルバム 「SOMETHIN' ELSE」 が同年の3月9日なので5日後にあたる。
共演者は、レギュラー・クインテットのコルトレーン、ガーランド、チェンバース、フィリーのキャノンボールが加わる。
コルトレーンとキャノンボールもそれぞれの個性が出しつつ、マイルスの方向性を踏み誤らないというか、メチャ強い統率下に置かれているのが解る。
特にタイトル4曲目の 「Milestones」 は圧巻、常に進化を続けるマイルスの音楽性が際立つ。
2曲目の 「Sid's Ahead」 ではレッド・ガーランドのトラで何とマイルスみずからがピアノを弾いている。
以上の事からもマイルスが1960年代を見据え、新たな展開を模索している、まさにマイルストーン(里程標)。
(青木高見)





Miles Davis / 1958 Miles Miles Davis / 1958 Miles

(注) このアルバムはマイルス・デイヴィスのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にビル・エバンスが参加しているため 「 Bill Evans 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
May 26, 1958 #01-#04
September 9, 1958 #05

Song name : Recorded : Personnel :
Miles Davis (tp)
Bill Evans (p)
John Coltrane (ts)
Julian Cannonball Adderley (as) #1, #2, #4,
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)
Red Garland (p) #5,
PhillyJoe Jones (ds) #5,

Song name :
01. On Green Dolphin Street
02. Fran-Dance
03. Stella by Starlight
04. Love for Sale
05. Little Melonae

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
ビル・エバンス (Bill Evans 1929年8月16日~1980年9月15日)  はアメリカ合衆国ニュージャージー州プレインフィールド生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはマイルス・デイヴィスとビル・エバンス、1958年5月26日と9月9日の録音、池田満寿夫氏のジャケットは日本のみの発売。
「Milestones」 が1958年2月3月の録音なので直後のスタジオ収録となる。
共演者は、アルトサックスがキャノンボール・アダレイ、テナー・サックスがジョン・コルトレーン、ピアノがビル・エバンス、ベースがポール・チェンバース、ドラムがジミー・コブ。
「Little Melonae」 のみピアノがレッド・ガーランド、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
ここではピアノのビル・エバンスの参加が翌年の1959年の 「Kind of Blue」 につながるプロローグ(本筋の展開に先だつ前置きの部分)と思って聴くと楽しい。
気になるマイルス・デイヴィスとビル・エバンスの相性だが、お互い天才なので自分の様な凡人にわからない。
ただ、何だか凄いのが解る。
マイルスだから、エバンスだからといって、しかめっ面して聴く必要などない。
楽しもうと思って聴けば、楽しく聴けてしまうあたり、最高技術集団の証といえる。
(青木高見)





(Cannonball Adderley (as) / Somethin' Else Cannonball Adderley (as) / Somethin' Else

(注) このアルバムはキャノンボール・アダレイのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Cannonball Adderley 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : March 9, 1958

Personnel :
Cannonball Adderley (as)
Miles Davis (tp)
Hank Jones (p)
Sam Jones (b)
Art Blakey (ds)

Song name :
01.
02. Love For Sale
03. Somethin' Else
04. One For Daddy-O
05. Dancing In The Dark
06. Alison's Uncle

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : キャノンボール・アダレイ (Cannonball Adderley 本名 : Julian Edwin "Cannonball" Adderley 1928年9月15日~1975年8月8日) はアメリカ合衆国フロリダ州タンパ生まれのジャズアルト・サックス奏者。
マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはキャノンボール・アダレイとマイルス・デイヴィス、1958年3月9日の録音、ブルーノート 1595番。
共演者は、ピアノがハンク・ジョーンズ、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがアート・ブレイキー。
リーダーのキャノンボール・アダレイが仕切るも、全体を貫くクールな構成はマイルス・デイヴィスが設定したものとされる。
理由はマイルスはこの時、コロンビア・レコードと契約中だった。
ブルーノートからリリースをするためキャノンボール名義となった。
ジャズ喫茶でこのアルバムの冒頭の 「Autumn Leaves (枯葉)」 がかかると一瞬で静まりかえった。
個人的にはコール・ポーターの曲 「Love For Sale」 の斬新な切り口の演奏を楽しんでいる。
今でも着実に売り上げを伸ばしているジャズの名盤。
(青木高見)





Miles Davis / At Newport 1958 Miles Davis / At Newport 1958

(注) このアルバムはマイルス・デイヴィスのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にビル・エヴァンスが参加しているため 「 Bill Evans 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : July 3, 1958 / Newport Jazz Festival, Newport, Rhode Island,

Personnel :
Miles Davis (tp)
Bill Evans (p)
Cannonball Adderley (as)
John Coltrane (ts)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)

Song name :
01. Introduction by Willis Conover
02. Ah-leu-cha
03. Straight, No Chaser
04. Fran-Dance
05. Two Bass Hit
06. Bye Bye Blackbird
07. The Theme

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
ビル・エヴァンス (Bill Evans 1929年8月16日~1980年9月15日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州プレインフィールド生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはマイルス・デイヴィスとビル・エヴァンス、1958年7月3日、アメリカ合衆国ロードアイランド州ニューポートで行われた 「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」 のライブ、コロムビア・CBS-SONYからのリリース。
その他の共演者は、アルトサックスがキャノンボール・アダレイ、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがジミー・コブ。
1958年のフェスティバルは、特にドキュメント映画 「真夏の夜のジャズ」 となって貴重な映像が残されている。
ところが肝心の、このマイルスは映像がない。
1958年の前後はマイルス・デイヴィスにとって一瞬一瞬、大きく変化していく時期でもある。
驚くのは、そのどれをとっても完成度が高い事。
演奏は、広い会場という事もありリラックスしている様子が伝わってくる。
実際にピアノのビル・エヴァンスがどのような表情で参加していたか見てみたい。
メンバーは、ほぼレギューラー化した顔ぶれで演目を淡々とこなしていく。
以下、演目の作曲者を明記した。
01. Introduction by Willis Conover
02. Ah-leu-cha" (Charlie Parker)
03. Straight, No Chaser" (Thelonious Monk)
04. Fran-Dance" (Miles Davis)
05. Two Bass Hit" (John Lewis, Dizzy Gillespie)
06. Bye Bye Blackbird" (Mort Dixon, Ray Henderson)
07. The Theme" (Miles Davis)
(青木高見)





Miles Davis / Porgy And Bess Miles Davis / Porgy And Bess

Recorded :
July 22 and 29, 1958
August 4 and 18, 1958

Personnel :
Miles Davis (tp, flh)
Gil Evans (arr, cond, prod)
Cal Lampley (prod)
Ernie Royal (tp)
Bernie Glow (tp)
Johnny Coles (tp)
Louis Mucci (tp)
Dick Hixon (tb)
Frank Rehak (tb)
Jimmy Cleveland (tb)
Joe Bennett (tb)
Willie Ruff (horn)
Julius Watkins (horn)
Gunther Schuller (horn)
Bill Barber (tuba)
Phil Bodner (fl, alto-fl, cl)
Jerome Richardson (fl, alto-fl, cl)
Romeo Penque (fl, alto-fl, cl)
Cannonball Adderley (as)
Danny Bank (alto-fl, bass-fl, bass-cl)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds) #01, #03, #04-#07, #09, #12, #13
Jimmy Cobb (ds) #02, #08, #10, #11

Song name :
01. The Buzzard Song
02. Bess, You Is My Woman Now
03. Gone
04. Gone, Gone, Gone
05. Summertime
06. Bess, Oh Where's My Bess?
07. Prayer (Oh Doctor Jesus)
08. Fisherman, Strawberry and Devil Crab
09. My Man's Gone Now
10. It Ain't Necessarily So
11. Here Come De Honey Man
12. I Loves You, Porgy
13. There's a Boat That's Leaving Soon for New York

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント :マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。  アルバムはマイルス・デイヴィス、1958年7月22日・29日、8月4日・18日の録音、コロンビア・レコード・レーベルからのリリース。
共演者は、編曲・指揮・プロデューサーがギル・エバンス、トランペットがアーニー・ロイヤル、ジョニー コールズ、トロンボーンがフランク・レハック、ジミー・クリーブランド、チューバがビル・バーバー、フルート・クラリネットガフィル・ボンダー、ジェローム・リチャードソン、アルトサックスがキャノンボール・アダレイ、アルトフルート・バスクラリネットがダニー・バンク、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ、ジミー・コブほか。
ジョージ・ガーシュウィンの作曲、オペラ 「ポーギーとベス」 のジャズ化。
制作順では 「カインド・オブ・ブルー (Kind Of Blue)」 より前の作品となる。
編曲兼プロデューサーのギル・エバンスの音楽性が前面に押し出され、モードが使われている。
(青木高見)





Michel Legrand / Miles Davis, Bill Evans / Alpha Plus Michel Legrand / Miles Davis, Bill Evans / Alpha Plus

(注) このアルバムはミシェル・ルグランのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Michel Legrand 」 でも同じ内容を掲載しています。  →
共演者にビル・エバンスが参加しているため「 Bill Evans 」でも同じ内容を掲載しています。  →

Song name, Recorded, Personnel : 

[Song name]  #01. The Jitterbug Waltz,  #06. Django,  #07. Wild Man Blues,  #09. 'Round About Midnight,
[Recorded] June 25, 1958
[Personnel]
Michel Legrand (cond, arr)
Miles Davis (tp)
Bill Evans (p)
John Coltrane (ts)
Herbie Mann (fl)
Eddie Costa (vib)
Phil Woods (as)
Paul Chambers (b)
Jerome Richardson (cl, bars)
Betty Glamann (harp)
Barry Galbraith (g)
Kenny Dennis (ds)

[Song name]  #02. Nuages,  #04. Blue And Sentimental,  #08. Rosetta,  #10. Don't Get Around Much Anymore,
[Recorded] June 27, 1958
[Personnel]
Michel Legrand (cond, arr)
Ben Webster (ts)
Hank Jones (p)
Herbie Mann (fl)
Frank Rehak (tb)
Billy Byers (tb)
Jimmy Cleveland (tb)
Eddie Bert (tb)
Major Holley (tuba)
George Duvivier (b)
Don Lamond (ds)

[Song name]  #03. A Night In Tunisia,  #05. Stompin' At The Savoy,  #11. In A Mist,
[Recorded] June 30, 1958
[Personnel]
Michel Legrand (cond, arr)
Donald Byrd (tp)
Art Farmer (tp)
Ernie Royal (tp)
Joe Wilder (tp)
Jimmy Cleveland (tb)
Frank Rehak (tb)
Phil Woods (as)
Seldon Powell (ts)
Teo Macero (bars)
Don Elliott (vib)
Nat Pierce (p)
Milt Hinton (b)
Osie Johnson (d)

[Song name]  #12. Have You Met Miss Jones,  #13. This Can't Be Love,  #14. The Lady Is A Tramp,
[Recorded] December 6, 1962
[Personnel]
Michel Legrand (cond, arr)
Al DeRisi (tp)
Ernie Royal (tp)
Clark Terry (tp)
Snooky Young (tp)
Wayne Andre (tb)
Bob Brookmeyer (tb)
Bill Elton (tb)
Urbie Green (tb)
Tom Mitchell (tb)
Julius Watkins (frh)
Jerry Dodgion (as)
Phil Woods (as, fl, cl)
Paul Gonsalves (ts)
Tommy Flanagan (p)
Milt Hinton (b)
Sol Gubin (d)
Billy Byers (cond)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ミシェル・ルグラン (Michel Legrand 1932年2月24日~) はフランス生れの作曲家、編曲者、指揮者、ピアニスト、映画監督、俳優。
マイルス・デイヴィス (Miles Davis 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
ビル・エヴァンス (Bill Evans 1929年8月16日~1980年9月15日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州プレインフィールド生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはミシェル・ルグラン、1969年 ハネ・ムーンで渡米した際、ニューヨークに於いてジャズ・プレイヤーを集めてオーケストラを指揮した1枚。
注目は、ベン・ウェブスター、マイルス・デイヴィス、ビル・エバンスほか多くの有名ミュジシャンが呼ばれて演奏した。
いったい、彼らをどのような手段で一同に集める事ができたのだろうか。
また、リーダー格の彼らをオーケストラの一員として自由に操ったミシェル・ルグランが凄い。
アルバムには、4つのバンドが収録されおり、それぞれ個性ある演奏が楽しめる。
個人企画で、これほど多彩なジャズマンの参加と、盛大なパーティーは今後、出てこないかもしれない。
(青木高見)





Miles Davis / Jazz At The Plaza Miles Davis / Jazz At The Plaza

(注) このアルバムはマイルス・デイヴィスのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にピアノのビル・エバンスが参加しているため 「 Bill Evans 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : September 9, 1958

Personnel :
Miles Davis (tp)
Bill Evans (p)
John Coltrane (ts)
Julian Cannonball Adderley (as)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)

Song name :
01. If I Were A Bell
02. Oleo
03. My Funny Valentine
04. "Straight, No Chaser"

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
ビル・エバンス (Bill Evans 1929年8月16日~1980年9月15日)  はアメリカ合衆国ニュージャージー州プレインフィールド生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはマイルス・デイヴィスとビル・エバンス、1958年9月9日の録音、ニューヨークのプラザ・ホテルでのライブ。
名盤 「Kind of Blue」 の前哨戦ともいえるメンバー構成に、ライブという事で火がついたコルトレーンとキャノンボールのド迫力の演奏が凄い。
本来、ジャズは酒場の地下で酔った客の前で演奏されていた。
録音技術の進歩でSP、LP,CDに録音され、好きな時に好きな場所で何回も聴ける様になり演奏様式は一変した。
しかし、やはり観衆の前で演奏する即興性と客との反応が素晴らしい演奏つながる。
ここではマイルスがビル・エバンスらと研究を進めてきた 「モード奏法」 のお披露目会の意味合いを持つという。
ところが、親方マイルスが 「モード奏法」 をやろうとしているのに反し、コルトレーンとキャノンボールのサックス合戦がはじまってしまう。
マイルスは、いったいどんな気持ちだっただろう。
想像だが、チャーリー・パーカーの下で苦労してきたマイルス 「しょーがねー奴らだ!」 と思わずニンマリしたと思いたい。
(青木高見)





Miles Davis / Kind of Blue Miles Davis / Kind of Blue

(注) このアルバムはマイルス・デイヴィスのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にビル・エバンスが参加しているため 「 Bill Evans 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
March 2, 1959 #01, #03
April 22, 1959 #04-#06

Personnel :
Miles Davis (tp)
Bill Evans (p)
John Coltrane (ts)
Julian Cannonball Adderley (as)
Paul Chambers (b)
Wynton Kelly (p)  #02
Jimmy Cobb (ds)

Song name :
01. So What
02. Freddie Freeloader
03. Blue in Green
04. All blues
05. Flamenco Sketches

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
ビル・エバンス (Bill Evans 1929年8月16日~1980年9月15日)  はアメリカ合衆国ニュージャージー州プレインフィールド生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはマイルス・デイヴィスとビル・エバンス、1曲目から3曲目が1959年3月2日、4曲目から6曲目が同年4月22日の録音。
マイルス1950年代の後半の作品で最高峰とされる名盤。
プロ・アマ問わず、これほど多くの人から評論や話題に上がるアルバムは珍しい。
それほど人気がある証拠といえる。
少し辛口になるが、マイルス・デイヴィスが共演者に課した演奏は、さながら忠誠を誓う部下と上司の様な関係が嫌になる時がある。
もちろん、従来のジャズを脱し、新境地を求めたアルバムである事は言うまでもない。
特にビル・エバンスに至っては、何とも嬉しさのない、気の抜けたような定規のような演奏がそれだ。
ただ、頭脳明晰なマイルスは、そんな事は充分承知の上。
つまるところ、マイルスの気儘な実験アルバムだと思って聴くと、実に納得たのしい。
(青木高見)





Miles Davis / Sketches Spain Miles Davis / Sketches Spain

Recorded :
November 20, 1959 #01
March 10, 1960 #02-05

Personnel :
Miles Davis (tp, flh)
Gil Evans (arr, cond)
Jimmy Cobb (ds)
Elvin Jones (per)
Louis Mucci (tp)
Johnny Coles (tp)
Bernie Glow (tp)
Ernie Royal (tp)
Taft Jordan (tp)
Danny Bank (bass clarinet)
Bill Barber (tuba)
Harold Feldman (cl, fl, oboe)
James Buffington (frh)
Albert Block (fl)
Eddie Caine (fl, flh)
Paul Chambers (b)
Earl Chapin (frh)
John Barrows (frh)
Dick Hixon (tb)
Jack Knitzer (bassoon)
Jimmy McAllister (tuba)
Tony Miranda (frh)
Joe Singer (frh)
Romeo Penque (oboe)
Frank Rehak (tb)
Jose Mangual (per)
Janet Putnam (harp)
Gil Evans

Song name :
01. Concierto de Aranjuez
02. Will o' the Wisp
03. The Pan Piper
04. Saeta
05. Solea

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1959年11月20日・1960年3月10日の録音。
編曲のギル・エバンスと円熟のマイルスのトランペットがタイトル通りスペインをスケッチ。
マイルスとギルのコンビが奏でるフラメンコ。
ドラムにエルビン・ジョーンズを持ってきた。
マイルスが吹けば、泣く子も黙る、ジャズになってしまうところが凄い。
一風変わった演奏、あまり考えず気楽に聴いていたい。
(青木高見)





Miles Daivis / Someday My Prince Will Come Miles Daivis / Someday My Prince Will Come

Recorded :
March 7, 1961 #03, #04
March 20, 1961 #01, #02
March 21, 1961 #05, #06

Personnel :
Miles Davis (tp)
Hank Mobley (ts) #1, #2, #3, #4, #6,
John Coltrane (ts) #1, #5,
Wynton Kelly (p)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)

Song name :
01. Someday My Prince Will Come
02. Old Folks
03. Pfrancing
04. Drad Dog
05. Teo
06. I Thught About Yo

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1961年の録音、60年代の初頭の絶頂期のトランペットが冴える。
共演者は、ピアノがウイントン・ケリー、テナー・サックスがハンク・モブリーとジョン・コルトレーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがジミー・コブ。
マイルスはコルトレーンに、コンボへの勧誘をした話がある。
それにしても、このアルバムで吹くコルトレーンは実に堂々していて、すでに過去のコルトレーンではない。
親分マイルスのリーダー作ではあるが、対等な立場で吹いていて、風格が備わった。
一方、ハンク・モブリーはマイルスの60年代幕開けとして飛翔を続けるコンボには合わなくなった感じがする。
冷静に考えれば、世の中すべての 「時代の流れにそった新旧交代劇」 の話になる。
それこそ、このアルバムでハンク・モブリーは別にミスしたわけでもなく、極上のテナーは冴えている。
全体では、やはりウイントン・ケリーの極上のピアノが光る。
このピアノがあってこそ、帝王マイルスは更に輝くのだ、それをちゃんと知っている頭脳のマイルス。
ちなみにジャケットの女性はマイルスの奥様 「フランシス」。
やはり、ここは、アルバム・タイトル 「Someday My Prince Will Come」 で大納得。
(青木高見)





Miles Davis / At Blackhawk San Francisco (Vol.1) Miles Davis / At Blackhawk San Francisco (Vol.1)

Recorded : April 21-22, 1961

Personnel :
Miles Davis (tp)
Hank Mobley (ts)
Wynton Kelly (p)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)

Song name :
01. Walkin'
02. Bye Bye Blackbird
03. All Of You
04. No Blues
05. Bye Bye (Theme)
06. Love I've Found You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1961年4月21日・22日の録音、サンフランシスコ 「ブラックホーク」 のライブVol.1。
共演者は、ピアノがウイントン・ケリー、テナーサックスがハンク・モブリー、ベースがポール・チェンバース、ドラムがジミー・コブ。
多くの文献の中に、この日のマイルスは不満があったという記事がある。
一般に、天才は100%の満足などありえないらしい。
天才マイルスにとってもこの日のライブがそうだった。
不満の種はテナーサックスのハンク・モブリー。
所詮、マイルスの音楽指向とは反するテナーサックス。
そんなことは百も承知しているはずだが、やはり今一つ面白くないのが音に出る。
それでも全体の水準は並外れて髙い。
原動力として絶好調のウイントン・ケリーが補完している。
その甲斐あってか、あきらめたのか、結局、ライブを楽しんでいるマイルスがいる。
(青木高見)





Miles Davis / At Blackhawk San Francisco (Vol.2) Miles Davis / At Blackhawk San Francisco (Vol.2)

Recorded : April 21-22, 1961

Personnel :
Miles Davis (tp)
Hank Mobley (ts)
Wynton Kelly (p)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)

Song name :
01. Walkin'
02. Bye Bye Blackbird
03. All Of You
04. No Blues
05. Bye Bye (Theme)
06. Love I've Found You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1961年4月21日・22日の録音、サンフランシスコ 「ブラックホーク」 のライブVol.2。
共演者は、ピアノがウイントン・ケリー、テナーサックスがハンク・モブリー、ベースがポール・チェンバース、ドラムがジミー・コブ。
(内容は、マイルス・デイヴィス、1961年4月21日・22日の録音、サンフランシスコ 「ブラックホーク」 のライブVol.1に準じます)





Miles Davis / At Carnedie Hall Miles Davis / At Carnegie Hall

Recorded : May 19, 1961

Personnel :
Miles Davis (tp)
Hank Mobley (ts)
Wynton Kelly (p)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)
Gil Evans (arr, cond)
Gil Evans and His 21 Piece Orchestra

Song name :
01. So What
02. Spring Is Here
03. No Blues
04. Oleo
05. Someday My Prince Will Come
06, The Meaning Of The Blues / Lament
07. New Rhumba

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1961年5月19日、カーネギー・ホールでのギル・エヴァンスとのライブ。
とうとう、ここまできたマイルス、カーネギー・ホールは、1891年5月5日、作曲家チャイコフスキーのコンサートが「こけらおとし」された場所。
ジャズでは、ベニー・グッドマン、デューク・エリントンなどの巨匠が演奏した。
演奏は、オーケストラとのコラボで、今ひとつノリがないクインテットだったが、雰囲気になれた途端、いつものノリが出てきた。
さながら、暗い地下の酒場から這い上がってきたゾンビの様だ。
メンバーは、ピアノがウイントン・ケリー、テナーがハンク・モブリー、ベースがポール・チェンバース、ドラムがジミー・コブ。
ベースのポール・チェンバースは、嬉しかったのか、いつもより気合が入っている。
ここでも親方マイルスは、いたって冷静。
やはり全体としての調和を気にしていたのではないか。
カーネギー・ホールに鳴り響いたマイルスの 「Someday My Prince Will Come」。
これを聴くだけでも、このアルバムの価値は大きい。
(青木高見)





Miles Davis / Quiet nights (SACD) Miles Davis / Quiet nights (SACD)

Recorded :
July 27, 1962 #03, #06,
August 13, 1962 #04, #05,
November 6, 1962 #01, #02,
April 17, 1963 #07,

Personnel :
Miles Davis (tp)
Gil Evans (arr, cond)

#01-06
Ernie Royal (tp)
Harold Shorty Baker (tp)
Bernie Glow (tp)
Louis Mucci (tp)
J.J.Johnson (tb)
Frank Rehak (tb)
Julius Watkins (french horn)
Ray Alonge (french horn)
probably Don Conrrado (french horn)
Bill Barber (tuba)
Steve Lacy (soprano saxophone)
Al Block (fl)
Bob Tricarico (bassoon)
Jerome Richardson (reeds, flute)
probably Ray Beckenstein (reeds, flute)
Willie Bobo (bongos)

#07
Victor Feldman (p)
Ron Carter (b)
Frank Butler (ds)

Song name :
01. Song No.2
02. Once Upon A Summertime
03. Aos Pes Da Cruz
04. Song No.1
05. Wait Till You See Her
06. Corcovado
07. Summer Night
08. The Time Of The Barracudas

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1962年と1963年の録音、60年代前期の作品。
ギル・エバンスとのコラボでボサ・ノヴァというタイトルで本格的なものか期待するとハズれる。
このジャケットに誘われてで買ったが、個人的にマイルスのコレクションの中で最も、つまらない1枚。
何が、つまらないかは、全体が凡庸(ぼんよう)として、聴いていてダレる。
いつも最後まで聴いたことがない。
なおかつ、SACDなので、余計に腹が立つ。
制作意図が大手レコード会社の企画に騙(だま)された。
まっ、マイルスのコレクションなので売らないでおくが・・・マジでガッカリさせられた。
(青木高見)





Miles Davis / Seven Steps To Heaven Miles Davis / Seven Steps To Heaven

Recorded :
April 17, 1963 #01
April 16, 1963 #03, #05
May 14, 1963 #02, #04, #06

Personnel :
Miles Davis (tp)
George Coleman (ts) #2, #4, #6
Victor Feldman (p) #1, #3, #5
Herbie Hancock (p) #2, #4, #6
Ron Carter (b)
Frank Butler (ds) #1, #3, #5
Tony Williams (ds) #2, #4, #6

Song name :
01. Basin Street Blues
02. Seven Steps To Heaven
03. I Fall In Love Too Easily
04. So Near, So Far
05. Baby Won't You Please Come Home
06. Joshua

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1963年4月16日・17日、5月14日の録音。
注目は、2つのマイルス・バンドが1枚に収められている点。
1、3,5曲目は、ピアノがヴィクター・フェルドマン、ベースがロン・カーター、ドラムがフランク・バトラー。
2、4、6曲目は、テナー・サックスがジョージ・コールマン、ピアノがハービー・ハンコック、ベースがロン・カーター、ドラムがトニー・ウィリアムス。
マイルス・デイヴィスのジャズが、またまた変化した。
アルバムには、その瞬間の音を聴く事ができる。
思い描いたジャズを具現化するため、ジャンジャン新しいミュージシャンを起用する。
いわば触媒や起爆剤になってくれる人選。
それが、ここでは百花繚乱、見事に開花した。
ジャズを牽引していく 「黄金クインテット」 の産声を聴くことができる。
(青木高見)





Miles Davis / Miles Davis in Europe Miles Davis / Miles Davis in Europe

Recorded : July 27, 1963

Personnel :
Miles Davis (tp)
George Coleman (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)

Song name :
01. Introduction by Andre Francis
02. Autumn Leaves
03. Milestones
04. Joshua
05. All of You
06. Walkin'

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1963年7月27日、フランスの 「アンティーブ国際ジャズフェスティバル」 のライブ。
できたてほやほやの新星ユニットを引連れて、親分マイルスがヨーロッパでどんな心境で演奏に望んだのだろう。
1961年のカーネギーホール、一連のギルとのコラボ、ブラックホークの成功、セブン・ステップ・トゥ・ヘヴンから2ケ月後。
このライブまでに全力疾走し続けてきたマイルス・デイヴィス、しょぼい筈がない。
ただ演奏するのではなく、どうしたらもっと先を行くジャズを生み出していくか。
この時のマイルスには、これしかなかった様に想像する。
止まる事を知らない頭脳のマイルスの原点はここにはある。
演奏は、聴衆の反応を確信した一瞬、絶妙なトランペットが天空を舞う。
これを受け、初々しいハービーとトニーが更にヒートアップ。
翌年に初来日となるのが、、これを聴いてしまうと、正直、日本での演奏にはガッカリさせられる。
まあ、これがジャズは生き物といわれる所以(ゆえん)かもしれない。
(青木高見)





Miles Davis / Ballads Miles Davis / Ballads

Recorded :

Song name : Personnel :
Miles Davis (tp)

01. Baby Won't You Please Come Home
Victor Feldman (p)
George Coleman (ts)
Ron Carter (b)
Frank Butler (ds)

02. Once Upon A Summertime
Gil Evans (Orchestra, his orchestra)

03. I Fall In Love Too Easily
Ron Carter (b)
Frank Butler (ds)
Victor Feldman (p)
George Coleman (ts)

04. Song #2 (1:34)
Gil Evans (Orchestra - And His Orchestra)

05. Bye Bye Blackbird
Wynton Kelly (p)
Hank Mobley (ts)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)

06. Wait Till You See Her
Gil Evans (Orchestra - And His Orchestra)

07. Basin Street Blues
Victor Feldman (p)
George Coleman (ts)
Ron Carter (b)
Frank Butler (ds)

08. Corcovado (2:41)
Gil Evans (Orchestra - And His Orchestra)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1961年から1963年までのCBSレーベルの音源からバラード集。
この時期のマイルスは絶頂期、どの演奏はどれも駄作はなし。
マイルスの顔が鬼に見える時がある。
(青木高見)





Miles Davis / My Funny Valentine Miles Davis / My Funny Valentine

Recorded : February 12, 1964

Personnel :
Miles Davis (tp)
George Coleman (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)

Song name :
01. Introduction by Mort Fega
02. My Funny Valentine
03. All of You
04. Go-Go (Theme and Re-Introduction)
05. Stella By Starlight
06. All Blues
07. I Thought About You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1964年2月12日の録音、ニューヨークの 「リンカーンセンター・フィルハーモニック・ホール」 のライブ。
別アルバム 「Four and More」 も同日、同ステージ。
こちらはスローテンポ集。
とは言うものの、ゆったりして和もうなどと思ったらハズす。
静寂の中に研ぎ澄まされた矢が刺さってくる。
これこそマイルス・デイヴィスの絶頂期トランペット。
共演者も負けず劣らず必死にマイルスについていく、これを聴かずしてマイルスはない。
(青木高見)





Miles Davis / Four and More Miles Davis / Four and More

Recorded : February 12, 1964

Personnel :
Miles Davis (tp)
George Coleman (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)

Song name :
01. So What
02. Walkin'
03. Joshua
04. Go-Go (Theme and Announcement)
05. Four
06. Seven Steps to Heaven
07. There Is No Greater Love
08. Go-Go (Theme and Announcement)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1964年2月12日の録音、ニューヨークの 「リンカーンセンター・フィルハーモニック・ホール」 のライブ。
別アルバム 「My Funny Valentine」 も同日、同ステージ。
こちらはアップテンポ集とされる。
まず冒頭の高速 「So What」 で度肝が抜かれ、ポカンとさせられ。
2曲目の 「Walkin'」 で完全に打ちのめされる。
筆舌に尽くしがたいとはこの事。
超を付けたいド迫力ユニット、この音こそ黄金クインテットの真髄。
いつ聴いても、このパワーに圧倒される。
だから、マイルス、鬼のマイルス、参りました。
(青木高見)





Miles Davis / Miles In Tokyo Miles Davis / Miles In Tokyo

Recorded : July 14, 1964

Personnel :
Miles Davis (tp)
Sam Rivers (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)

Song name :
01. Introduction by Teruo Isono
02. If I Were a Bell
03. My Funny Valentine
04. So What
05. Walkin'
06. All of You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1964年7月14日、マイルス・デイヴィス初来日 「東京厚生年金ホール」 のライブ。
共演者は、ピアノがハービー・ハンコック、テナー・サックスがサム・リヴァース、ベースがロン・カーター、ドラムがトニー・ウイリアムス。
テナー・サックスにジョージ・コールマンではなくフリー・ジャズ系のサム・リヴァースで彼をマイルスに紹介したのはドラムのトニー・ウイリアムスだという。
演奏については、今なお賛否両論が存在。
選曲はいつもの定番であるが、サム・リヴァースが入った事で、いつもとは違う演奏になったとされる。
この事が原因かどうかわからないが、今ひとつノレない親方マイルス。
せめて日本での初公演だったので、サム・リヴァースには悪いが、ジョージ・コールマンだったらどうなっていただろう。
つい、そんな事ばかり、聴くたびに思ってしまう、もはや、条件反射だ、いやだなぁ。
(青木高見)





Miles Davis / E.S.P. Miles Davis / E.S.P.

Recorded :
#01, #04, January 20, 1965
#02, #03, January 21, 1965
#05-#07, January 22, 1965

Personnel :
Miles Davis (tp)
Wayne Shorter (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)

Song name :
01. E.S.P.
02. Eighty-One
03. Little One
04. R.J.
05. Agitation
06. Iris
07. Mood

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1965年1月20日から22日の録音、いよいよ65年に突入。
共演者は、ピアノがハービー・ハンコック、テナー・サックスがウエイン・ショーター、ベースがロン・カーター、ドラムがトニー・ウイリアムス。
躍進を続けるマイルスに、コルトレーン以来、更に強力なテナー・サックスが加わる。
以前からマイルスはウエイン・ショーターの勧誘を進めてきたが、ジャズ・メッセンジャーズ在籍などの問題があり先延ばしされていた。
演奏は、新気鋭のウエイン・ショーターの加入で独自の世界観が更に広がり、同時に当時としては常識を覆(くつがえ)す 「黄金のクインテット」 が誕生した。
アルバム・タイトルは、よくぞ命名した「E.S.P」。
ウエイン・ショーターは超常現象を持ち込み親方と仲間を取り込んだ手腕が凄いというか、恐ろしい。
やはり、ハード・バップに馴染んだ耳には戸惑いを感じ得ない。
しかし、一瞬で感化されていく高度なジャズに違和感なく誘惑されてしまった。
さあ、そこで、マイルス・デイヴィスは、この先どこに行くのでしょう。
(青木高見)





Miles Davis / Smiles Miles Davis / Smiles

Recorded :
October 24, 1966 #01, #02, #04, #05
October 25, 1966 #03, #06

Personnel :
Miles Davis (tp)
Wayne Shorter (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)

Song name :
01. Orbits
02. Circle
03. Footprints
04. Dolores
05. Freedom Jazz Dance
06. Gingerbread Boy

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1966年10月24日・25日の録音、前年の 「E.S.P」 に続く同メンバーの作品。
「miles」 の前に 「s」 を付けて 「smiles (笑う)」。
確かにジャケットでマイルスが笑っている (笑)。
ところが演奏は、笑いは飛びさり 「E.S.P」 より更に濃い緊張感がビシビシと刺さる。
マイルスはこの時、体調をくずしていたが、メンバーは腕を磨いていたという。
一音一音に磨きがかかり、チームとして緊密度が増す。
選曲が徐々にウェイン・ショーター好みになっていくのが興味深い。
病み上がりとはいえ、久々のスタジオ録音という事と、腕を上げたメンバーとの対面に思わず笑みがうかんだか、どうか。
今になって解る事だが、当時のマイルスは、この先の不安感を皆が持っていたという。
しかし、次々と出されるアルバムに皆が一喜一憂し 「驚かされっぱなし」 が他界するまで続く。
天国では、たぶん、笑っていいると思う・・・そうでもないか。
(青木高見)





Miles Davis / Sorcerer Miles Davis / Sorcerer

Recorded :
May 24, 1967 #01, #02
May 17, 1967 #03, #04
May 16, 1967 #05, #06
August 21, 1962 #07

Personnel :
Miles Davis (tp)
Wayne Shorter (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)
Bob Dorough (vo) #07

Song name :
01. Prince Of Darkness
02. Pee Wee
03. Masqualero
04. Sorcerer, The
05. Limbo
06. Vonetta
07. Nothing Like You (with Bob Dorough)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1967年5月、7曲目のみ1962年8月21日の録音。
共演者は、ピアノがハービー・ハンコック、テナーがウエイン・ショーター、ベースがロン・カーター、ドラムがトニー・ウィリアムス。
この時期の世相の一つにサンフランシスコを中心に若者が特別解放区を作りはじめる。
定職をせず 「愛、平和、花」 をスローガンに、いわゆるヒッピー文化が始まろうとしていた。
これまでマイルス・デイヴィスは、もの凄い勢いで進化を遂げてきている。
しかし潮流は、ジャズを聴かない世代、ロック全盛時代が到来した。
世間はジャズが臨界(変化が起きる境目)に達したという見方がされた。
ここをどう打開していくか、マイルス・デイヴィスの反骨精神に火が付いた。
その片鱗を味わえるのがこの作品。
ジャケットの女性は、マイルス・デイヴィスと後に結婚する女優の 「シシリー・タイソン」。
個人的に、最後曲のボブ・ドローの 「Nothing Like You」 は完全に蛇足の何者でもない。
このボブ・ドローの収録で、このアルバムが、どれほど損をしているか計り知れない。
(青木高見)





Miles Davis / Nefertiti Miles Davis / Nefertiti

Recorded :
June 7, 1967 #01
June 22, 1967 #03, #04
July 19, 1967 #02, #05, #06

Personnel :
Miles Davis (tp)
Wayne Shorter (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)

Song name :
01. Nefertiti
02. Fall
03. Hand Jive
04. Madness
05. Riot
06. Pinocchio
07. Hand Jive [First Alternate Take]
08. Hand Jive [Second Alternate Take]
09. Madness [Alternate Take]
10.Pinocchio [Alternate Take]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、「Sorcerer」と同時期の1967年6月と7月の録音。
共演者は、ピアノがハービー・ハンコック、テナーがウエイン・ショーター、ベースがロン・カーター、ドラムがトニー・ウィリアムス。
演奏は、同じメロディーが繰り返され独特な世界観を作り出している。
マイルスの変革期では60年代も、あと3年という時期にあたる。
この時期の世相の一つにサンフランシスコを中心に若者が特別解放区を作りはじめる。
定職をせず 「愛、平和、花」 をスローガンに、いわゆるヒッピー文化が始まろうとしていた。
潮流は、ジャズを聴かない世代、ビー・ジーズの 「マサチューセッツ」 に代表されるロック全盛時代が到来してきた。
その事を充分に理解していたのはマイルス自信。
アルバム 「Sorcerer」 と双璧をなす本作は、ある意味で吹っ切れた感が心地よく感じる。
なぜそうなるかは、わからないが、たぶん、マイルスのロックを模倣するのではなく、音楽を総合的に捉えていた証拠ではないか。
(青木高見)





Miles Davis / Miles In The Sky Miles Davis / Miles In The Sky

Recorded :
January 16, 1968 #02
May 15, 1968 #04
May 16, 1968 #03
May 17, 1968 #01

Personnel :
Miles Davis (tp)
Wayne Shorter (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)
George Benson (g) #2, only

Song name :
01. Stuff
02. Paraphernalia
03. Black comedy
04. Country son

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1968年1月と5月の録音。
共演者は、ピアノがハービー・ハンコック、2曲目のみギターがジョージ・ベンソン、テナーがウエイン・ショーター、ベースがロン・カーター、ドラムがトニー・ウィリアムス。
ベールのベースがロン・カーターはエレクトリック・ベースを弾かされれている。
1968年という年は、ロックのレッド・ツェッペリンがデビューし、前年の10月にはザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスが結成された。
いわゆるロックが世界を席巻する。
この状況下にあって、マイルスは一瞬、方向性を見失ったかもしれない。
というより急に台頭してきて、いきなりジャズの数10倍ものセールスに驚異を感じたに違いない。
「俺のやってきたことは、いったい何だったのか」。
頭脳明晰なマイルスに、つきつけられた難題といえる。
我々は次に来る 「キリマンジャロの娘」 「ビッチェス・ブリュー」 などの作品を知っている。
しかし、当時のマイルスは、死にもの狂いで模索した事を知るよしもない。
面白いのは、親方マイルスの命令一下、短期間に新しい電気楽器を持たされた共演者達。
アルバムは、その一瞬を永遠に記録している。
(青木高見)





Miles Davis / Filles de Kilimanjaro Miles Davis / Filles de Kilimanjaro

Recorded :
June 19, 1968 #03
June 20, 1968 #02
June 21, 1968 #04
September 24, 1968 #01, #05

Personnel :
Miles Davis (tp)
Wayne Shorter (ts)
Chick Corea (el-p)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Dave Holland (b)
Tony Williams (ds)

Song name :
01. Frelon Brun (Brown Hornet)
02. Tout de Suite
03. Petits Machins (Little Stuff)
04. Filles de Kilimanjaro
05. Mademoiselle Mabry (Miss Mabry)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1968年6月と9月の録音。
「ブラウン・ホーネット」 と 「ミス・メイブリー」 にチック・コリアとデイヴ・ホランドが参加。
ここにまた新たなマイルス・ミュージックが進化していく。
このアルバムの貴重性は、従来のレギュラーメンバーと新メンバーが同じ1枚に収録されている事。
新しい風を吹き込むため、親方マイルスは次から次へと人材を登用する。
入ってくるミュージシャン、出されていくミュージシャン。
面白いのは、ほとんどのミュージシャン達がマイルスの音楽に触れ、それを自分の過去の栄光としている事。
話は変わるが、キリマンジャロの珈琲豆を買ってきた時には必ずこのアルバムを聴く。
部屋に珈琲の香りがたちこめ、エレクトリック・マイルスの音に酔う。
逆に条件反射で、これを聴くと珈琲が飲みたくなる。
リスナーとは、こんなものである。
(青木高見)





Miles Davis / In A Silent Way Miles Davis / In A Silent Way

Recorded : February 18, 1969

Personnel :
Miles Davis (tp)
Teo Macero (prod)
Chick Corea (el-p)
Herbie Hancock (el-p)
Joe Zawinul (el-p, org)
John McLaughlin (el-g)
Wayne Shorter (ss)
Dave Holland (b)
Tony Williams (ds)

Song name :
01. Shhh / Peaceful
02-1. In A Silent Way
02-2. It's About That Time
02-3. In A Silent Way

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1969年2月18日の録音、コロンビア・レーベルからのリリース。
共演者は、 プロデュースがテオ・マセロ、 エレクトリックピアノがチック・コリアとハービー・ハンコック、エレクトリックピアノとオルガンがジョー・ザヴィヌル、エレクトリックギターがジョン・マクラフリン、ソプラノ・サックスがウェイン・ショーター、ベースがデイヴ・ホランド、ドラムがトニー・ウィリアムス。
以下、まったく個人的な思い。
1、収録した音源から、マイルス・デイヴィスがOKしたのは僅か数10分程度、これではアルバムは出来ない。
 そこでテオ・マセロは 「OKテープ」 を元に大胆な編集を行い、何とか1枚のアルバムに仕上げた。
 それは、同じパートの繰り返しではあるが聴いていて、そう感じさせない出来。
 そのためアルバムは、テオ・マセロとマイルス・デイヴィスの共同作品と言われてしまう。
 「こんな風になっちゃいまいしたデモテープ」 を聴いたマイルス・デイヴィスは、たぶん驚いたに違いない。
 怒ると思ったマイルス・デイヴィス、結構、気に入ってリリースを許可したという。
2、時は60年代の後半、ロックの全盛時代、ジャズが完全に飲み込まれてしまった時代。
 何とか起死回生を狙ったマイルス・デイヴィスの回答は、何と電子ピアノを2台、オルガンを1台という編成を試みる。
 演奏者はジャズ界きっての名人、チック・コリア、ハービー・ハンコック、そしてジョー・ザビヌル。
 更に中核となるギターにジャズに染まっていないジョン・マクラフリンを起用。
 もう、これだけでも聴く価値は充分ある。
 ちなみに、ジョン・マクラフリンは、このアルバムの後もマイルス・デイヴィスは使っていく。
3、エレクトリックピアノとオルガンを弾かされたジョー・ザヴィヌル、これが当たった。
 ジョー・ザヴィヌルは想像以上のキーボードニストでアルバム全体のカラーを決定付けてしまった。
 この強烈なキーボードにマイルス・デイヴィスも、結局、吹かせてもらった感じとなる。
4、ディスコグラフィーでいうと、このアルバムの前作が 「キリマンジェロの娘」。
 この後が 「ビッチェズ・ブリュー」 、何しろ濃いアルバムを連発したマイルス・デイヴィス。
 頭の中は音楽一色、ほぼ神憑(がかり)り状態の作品群は避けられない関門の様なもの。
 なので、マイルス・デイヴィスを聴くんだったら必聴となる。
6、この直後、ウェイン・ショーターとジョー・ザヴィヌルは 「ウェザー・リポート」 を結成する。
 そういう密約が、この時期あったと思うと、凄く意味深(しん)。
7、勝手な想像だが、このデモテープを聴かされたドラマーのトニー・ウィリアムス。
 「完全に切り張りされた、リズムって、別に俺じゃなくったっていいじゃん」 的な気分になったと思う。
 もう、このバンドのは自分の居場所がなくなった事を悟(さと)ったかもしれない。
 案の定、かつてマイルス・デイヴィスと黄金期を過ごしてきたトニー・ウィリアムス。
 このアルバムが最後となった、
8、入ってくるジョン・マクラフリン、ジョー・ザヴィヌル、去って行くトニー・ウィリアムス。
 日本の中小企業の縮図とダブる。
 実に厳しいマイルス・カンパニー。
 ガンガン入社させ、使えないと知るやバッサバッサと切っていく。
 やはり、マイルス・デイヴィスは鬼社長。
9、演目は何と2曲。
 2曲目は 「In A Silent Way」 「It's About That Time」 「In A Silent Way」 のサンドイッチ構造のメドレー。
 この奇怪な演目こそ、テオ・マセロが乏しい音源からヤリ繰りした動かぬ証拠。
10、余談だが、この未編集の音源がこの程リリースされた。
 その名も 「ザ・コンプリート・イン・ア・サイレント・ウェイ・セッションズ」 何と、CD3枚組。
 かなりのマイルス・デイヴィス・ファンでないと手が出ない代物。
11、商業的にも成功をおさめたロックをマイルス・デイヴィスが聴いてないはずがない。
 かといってロックに寄り添ったとは、死んでも言われたくない。
 なら、俺が新しいジャンルをつくったる、それが 「In A Silent Way」 かもしれない。
 リリース時 「これで、どうだ!」 的だったが、時が過ぎ結局はネタの枯渇、テープ編集の傑作が周知の事実となる。
 それでも、ファンは喜んで聴いてくれる。  「テオ・マセロのテープ編集は上手いねぇ」 と。
 ファンとは、誠にありがたいものである。
12、自分のこのアルバムのコメントもバラバラで、  つなぎ合わすのが面倒になってきたので、ここで止めよう。
(青木高見)





Miles Davis / Bitches Brew Miles Davis / Bitches Brew

Recorded :
August 19, 1969 #02, #04, #06
August 20, 1969 #05
August 21, 1969 #01, #03

Personnel :
Miles Davis (tp)
Wayne Shorter (ts) (on #1, ss on omit #4)
Benny Maupin (bcl) (omit #4)
Chick Corea (elp)
John McLaughlin (g) (omit #6)
Joe Zawinul (ep) (omit #4, #5)
Larry Young (elp) (omit #2, #6)
Dave Holland (b)
Hervey Brooks (b) (omit #6)
Jack DeJonette (ds)
Lenny White (ds) (omit #6)
Don Alias (per) (omit #6)
Jim Riley (per)

Song name :
Disc1
01. Pharaoh's Dance
02. Bitches Brew
Disc2
01. Spanish Key
02. John McLaughlin
03. Miles Runs The Voodoo Down
04. Sanctuary

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1969年8月の録音、1960年代最後を締めくくる記念すべき作品。
ジャズ史に於いて、批評、話題性、プロアマ問わず、今なお話題が絶えない1枚。
その人にとって、その音楽が好き嫌いの大きく分かれる。
だから、このアルバムは面白い。
(青木高見)





Miles Davis / Get Up With It Miles Davis / Get Up With It

Recorded : May 1970 - October 1974

Song name, Recorded, Personnel :
Teo Macero (prod)
[Side 1]
01. He Loved Him Madly
Recorded Columbia Studio E, New York City June 19 or 20, 1974
Miles Davis (el-tp with wah-wah, org)
Pete Cosey (el-g)
Reggie Lucas (el-g)
Dominique Gaumont (ele-g)
Dave Liebman (alto-fl)
Michael Henderson (bass-g)
Al Foster (ds)
James Mtume (per)

[Side 2]
02. Maiysha
Recorded Columbia Studio E, New York City October 7, 1974 Miles Davis (el-tp with wah-wah, org)
Pete Cosey (el-g)
Reggie Lucas (el-g)
Dominique Gaumont (el-g)
Sonny Fortune (fl)
Michael Henderson (bass-g)
Al Foster (ds)
James Mtume (per)

03. Honky Tonk
Recorded Columbia Studio E, New York City May 19, 1970
Miles Davis (tp)
Keith Jarrett (el-p)
Herbie Hancock (clavinet)
John McLaughlin (el-g)
Michael Henderson (bass-g)
Steve Grossman (ss)
Billy Cobham (ds)
Airto Moreira (per)

04. Rated X
Recorded Columbia Studio E, New York City September 6, 1972
Miles Davis (org)
Cedric Lawson (el-p)
Reggie Lucas (el-g)
Khalil Balakrishna (electric sitar)
Michael Henderson (bass-g)
Al Foster (ds)
James Mtume (per)
Badal Roy (tabla)

[Side 3]
05. Calypso Frelimo
Recorded Columbia Studio E, New York City September 17, 1973
Miles Davis (el-tp with wah-wah, org)
Dave Liebman (fl)
John Stubblefield (ss)
Pete Cosey (el-g)
Reggie Lucas (el-g)
Michael Henderson (bass-g)
Al Foster (ds)
James Mtume (per)

[Side 4]
06. Red China Blues
Recorded Columbia Studio E, New York City March 9, 1972
Miles Davis (el-tp with wah-wah)
Lester Chambers (harmonica)
Cornell Dupree (el-g)
Michael Henderson (bass-g)
Al Foster (ds)
Bernard Purdie (ds)
James Mtume (per)
Wade Marcus (brass-arr)
Billy Jackson (rhythm-arr)

07. Mtume
Recorded Columbia Studio E, New York City October 7, 1974
Miles Davis (el-tp with wah-wah, org)
Pete Cosey (el-g)
Reggie Lucas (el-g)
Dominique Gaumont (el-g)
Sonny Fortune (fl)
Michael Henderson (bass-g)
Al Foster (ds)
James Mtume (per)

08. Billy Preston
Recorded Columbia Studio E, New York City December 8, 1972
Miles Davis (el-tp with wah-wah)
Cedric Lawson (fender-rhodes-el-p)
Reggie Lucas (el-g)
Khalil Balakrishna (electric sitar)
Carlos Garnett (ss)
Michael Henderson (bass-g)
Al Foster (ds)
James Mtume (per)
Badal Roy (tabla)

Song name :
[Side 1]
1. He Loved Him Madly
[Side 2]
2. Maiysha
3. Honky Tonk
4. Rated X
[Side 3] 5. Calypso Frelimo
[Side 4] 6. Red China Blues
7. Mtume
8. Billy Preston

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1970、1972、1973、1974年の録音。
共演者は。プロデューサーがテオ・マセロ、エレクトリック・ギターがピート・コジー、レジー・ルーカス、アルト・フルートがデイヴ・リーブマン、エレクトリック・ベースがマイケル・ヘンダーソン、ドラムがアル・フォスターほか。
現在でも、プロ・アマ問わず話題にのぼり、千差万別な評価が溢(あふ)れている。
そういう意味からも恐ろしいアルバムといえる。
個人的には正直あまり聴かない。
ただ、たまに出して聴くとマイルス・デイヴィスの怨念というか情念が強すぎて疲れて、買ってから全部通しで一度も聴いた事がない。
ただ、アルバムに対する評を読んだり聞いたりするのが楽しい。
この事をマイルス・デイヴィスは、天国できっとニヤニヤしながら見ているのだろう。
(青木高見)





Miles Davis / On The Corner Miles Davis / On The Corner

Recorded :
June 1, 1972 #01-#04
June 6, 1972 #06-#08
July 7, 1972 #05

Personnel :
Miles Davis (tp)
Michael Henderson (b)
Airto Moreira (per)
Badal Roy (tabla)
Dave Leibman (ss, ts) #1-#4
Carlos Garnett (ss, ts) #6-#8
Teo Macero (sax) #1-#4
John Mclaughlin (g) #1-#4
David Creamer (g) #1-#4
Don Alias (ds) #1-#4
Chick Corea (key) #1-#4
Herbie Hancock (ke) omit#5
Harold "Ivory" Williams omit#5
Jack De Johnette omit#5
James "Mtume" Forman omit#1-#4
Billy Hart omit#5

Song name :
01. On The Corner
02. New York Girl
03. Thinkin' One Thing And Doin' Another
04. Vote For Miles
05. Black Satin
06. One And One
07. Helen Butte
08. Mr. Freedom X

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1972年6月と7月の録音。
たくさんのミュージシャンが参加しているが、何度聴いてもコンセプトが未だにわからない。
とはいうものの、マイルスなら、きっとこう言うだろう。
「コンセプトなんて考えなくていい、理由なんてない、心のおもむくまま耳をかたむけろ!」と。
突き詰めていえば 「無」 を悟ったのか、マイルスのトランペットは数分間しかない。
マイルスがいなくても、アルバムにはマイルスの存在があり、あたかもトランペットが鳴っている感覚。
とうとう、ここまで来てしまった。
個人的には、やはりマイルスに実際に吹いもらわないと困る。
ある評論家は影のマイルスが演奏者に乗り移り完全なマイルスサウンドになっているという。
アルバム・ジャケットには、右から二人目の 「VOTE MILES」 が本人だそうだ。
黒人にしかわからない何かがあるのか。
「わからなくちゃダメ」 と言われたら、どうしたらいいんだ。
(青木高見)





Miles Davis / Agharta Miles Davis / Agharta

Recorded : February 11, 1975

Personnel :
Miles Davis (tp, org)
Sonny Fortune (fl, as, ss)
Pete Cosey (g, per, Syn)
Reggie Lucas (g)
Michael Henderson (b)
Al Foster (ds)
James "Mtume" Forman (ds, Per, Conga)

Song name :
Disk1
01. Prelude, Pt. 1
02. Prelude, Pt. 2
03. Maiysha

Disk2
01. Interlude
02. Theme From Jack Johnson
※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1975年2月11日の録音、来日公演で 「大阪フェスティバル・ホール」 のライブ。
昼の部が 「アガルタ」。
夜の部が「パンゲア」。
リスナーの間では二つ合わせて 「アガパン」。
ソプラノとアルト・サックス、フルートのソニー・フォーチュンが、半ば神ががかり状態でマイルスを強力にサポートしている。
何かの節目があった時、おもむろに棚から出して聴く。
いつも思うのは、マイルス・デイヴィスという一人の偉大なジャズマンの事。
聴くたびに感じ方が微妙に変わる。
時代の雰囲気に、まっこうから芸術で勝負をした男。
わかってくれば、気分が悪くなるどころか爽快になるという。
自分は正直な所、こういうのも有りか、の範疇を出ていない。
(青木高見)





Miles Davis / Pangaea Miles Davis / Pangaea

Recorded : February 11, 1975

Personnel :
Miles Davis (tp, org)
Sonny Fortune (fl, as, ss)
Pete Cosey (g, per, Syn)
Reggie Lucas (g)
Michael Henderson (b)
Al Foster (ds)
James "Mtume" Forman (ds, Per, Conga)

Song name :
Disc1. Zimbabwe

Disc2. Gondawana

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1975年2月11日の録音、来日公演で 「大阪フェスティバル・ホール」 のライブ。
昼の部が 「アガルタ」。
夜の部が「パンゲア」。
リスナーの間では二つ合わせて 「アガパン」。
夜の部は昼の部にうって変わって最初からパワー全開、全員が火の玉。
個人的にはマイルスを1950年代から時の流れと共に聴いてきたが 「ビッチェズ・ブリュー」 を経てここまでの道は結構長い。
自分はコンサートに行っていないが、当時、もしこれを観ていたらどうなっていただろう。
アルバムの邦題は 「パンゲアの刻印」 一般には 「パン刻」。
混沌とした即興性のある音の中に、うごめくマイルスの叫びが聴こえる。
イントロが自分の鼓動と同期した瞬間、このアルバムの扉がやっと開きだすとの事。
(青木高見)





Miles Davis / The Man With The Horn Miles Davis / The Man With The Horn

Recorded :
May 1, 1980 #05
January 1, 1981 #02, #04, #06
January 3, 1981 #01
May 6, 1981 #03

Personnel :
Miles Davis (tp, org)
Bill Evans (ss, ts, fl,)
Mike Stern (g)
Marcus Miller (b)
Al Foster (ds)
Sammy Figueroa (per)
Barry Finnerty (g)
Robert Irving (syn)
Randy Hall (syn, vo)
Felton Crews (b)
Vincent Wilburn (ds)

Song name :
01. Fat Time
02. Back Seat Betty
03. Shout
04. Aida
05. Man With the Horn
06. Ursula

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1980年と翌年の録音で6年間の空白を破ってリリースされた記念盤。
メンバーはソプラノ・サックスがビル・エバンス、ギターがマイク・スターン、ベースがマーカス・ミラー、ドラムがアル・フォスター、パーカッションがサミー・フィゲロア。
「もうマイルスは、もしかしてこの世にいないのでは」 という憶測があまりにも長い沈黙がそうさせた逸話がある。
ところが、どっこいマイルスは生きていた、それも、このアルバムを引っさげての登場。
マイルスを固める屈強な連中に囲まれての、いざ参上。
昔と変わらぬトランペットはやはりエンペラー(帝王)。
大音量で聴きくと、マイルス・デイヴィスは、とてつもないミュージシャンだった事を実感。
(青木高見)





Miles Davis / We Want Miles Miles Davis / We Want Miles

Recorded :
June 27, 1981 #03, #05, #06
July 5, 1981 #02
October 4, 1981 #01, #04

Personnel :
Miles Davis (tp)
Marcus Miller (b)
Bill Evans (ss)
Mike Stern (g)
Al Foster (ds)
Mino Cinelu (per)

Song name :
01. Jean-Pierre
02. Back Seat Betty
03. Fast Track
04. Jean-Pierre
05. My Man's Gone Now
06. Kix

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1981年の録音、色々な場所のライブ音源を編集した一枚。
共演者は、ソプラノ・サックスがビル・エヴァンス(ピアノのビル・エヴァンスとは別人)、ギターがマイク・スターン、ベースがマーカス・ミラー、ドラムにアル・フォスター、パーカッションがミノ・シネル。
テオ・マセロが、かなり編集を加えたのでオリジナルといえるかどうか賛否両論。
まっ、広義では紛れもないマイルス本人のトランペットの音なのでマイルス・ミュージックかもしれない。
ここで、テオ・マセロという人物にふれよう。
テオ・マセロ (Teo Macero 1925年10月30日~2008年2月19日) アメリカ合衆国生まれの白人ジャズ・サックス奏者、作曲者、レコード製作者、後期マイルス・デイヴィスのロデューサー。
業界ではマイルスを知り尽くした男で通っていたが、その編集の仕方が原型をとどめない程強烈だった為ひんしゅくをかう。
切り張りは、あらゆるマイルスの音を拾い集めてきては、つなげて一曲にしてしまう。
原型を知らない人には、本当にこの通りマイルスが吹いていると思ってしまうほど精巧に作成されている。
今となれば、ラップなども切り張りで曲を作ってしまうのが粗利前だが、当時は抵抗があったとされる。
いずれにしても、1980年代に入っても、マイルスが聴けること自体、ファンにとっては素直に嬉しいのだ。
タイトルは、誠に的を得たもので 「We Want Miles」。
(青木高見)





Miles Davis / Star People Miles Davis / Star People

Recorded :
August 11, 1982
August 28, 1982
September 1, 1982
January 5, 1983
February 3, 1983

Personnel :
Miles Davis (tp, key)
Teo Macero (prod)
John Scofield (el-g) #02, #03
Mike Stern (el-g)
Bill Evans (ts, ss)
Marcus Miller (el-b) #01, #02, #04, #05, #06
Tom Barney (el-b) #03
Al Foster (ds)
Mino Cinelu (per)
Gil Evans (arr) uncredited

Song name :
01. Come Get It
02. It Gets Better
03. Speak
04. Star People
05. U'N'I
06. Star on Cicely

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1982年8月11日、8月28日、9月1日、1983年1月5日、2月3日の録音、コロムビア・レコードからのリリース。
共演者は、プロデュースがテオ・マセロ、ギターがジョン・スコフィールドとマイク・スターン、ソプラノ・サックス、テナー・サックスがビル・エヴァンス、エレクトリックベースがマーカス・ミラーとトム・バーニー、ドラムがアル・フォスター、パーカッションがミノ・シネル、一部アレンジがギル・エヴァンス。
以下、個人的な率直な感想をアトランダムに。
・アルバム・ジャケットにマイルス・デイヴィス自身が書いた絵を使用。
・カンバック後の3作目。
・ライブを大切にしていたマイルス・デイヴィスだが、やはりスタジオも重要視していた証拠がここにはある。
・タイトル曲の 「Star People」 は何とブルース、ここに至りブルースかと思う反面、渾身のマイルス・デイヴィスの心境を知りたい。
・ここまで、後を振る帰らず、ひた走りに走ってきた男のトランペットを聴けるだけでもコレクション冥利に尽きる。
・アガパンの様に驚かすのが好きなマイルス・デイヴィスなので、また驚かすアルバムなのかと聴く前は少し嫌気があった。
・過去を振り返らないマイルス・デイヴィス、よく疲れないなあ、正直、そういう音楽はノンビリした自分は疲れると思ったが、それは誤りだった。
・マイルスの弾くキーボード、マイルスの体の一部、何とも恐ろしくも変なキードード。
・切り貼りの名人テオ・マセロは、このアルバムを最後に引退。
・ビル・エヴァンス、マイルスが死んでしまったら、やっていけるのかなあ、全身全霊マイルス・デイヴィスの下僕になり過ぎて心配。 ・マーカス・ミラーのベースが新鮮、マイルス・デイヴィスと距離を置いている、頭いい。
・このアルバムのアル・フォスターは今ひとつ、理由は、みんなのテンションより一段劣る、みんながハイ過ぎるので可愛そう。
・ジョン・スコフィールドは初参加、マイルスを前にした初々しさと一生懸命さがいい。
・若手に後押しされた形が加速力がついたとたん並はずれたパワーで若手を引っぱっていく孤高のマイルス・デイヴィス。
・ビルボード総合チャートで136位。
・ビルボード誌・ジャズ・アルバム・チャートで4位が全てを物語る。
(青木高見)





Miles Davis / Decoy Miles Davis / Decoy

Recorded :
June 30, 1983 at A&R Studio New York City
July 7, 1983 at Théâtre St. Denis, Montreal
September 5, 10 and 11, 1983, and Record Plant Studio, New York City

Personnel :
Miles Davis (tp, syn, arr)
Robert Irving III (syn syn-b, drum-programming)
John Scofield (g)
Branford Marsalis (ss) #01, #03, #06
Bill Evans (ss) #05, #07
Darryl Jones (b)
Al Foster (ds)
Mino Cinelu (per)
Gil Evans (arr) #06

Song name :
01. Decoy
02. Robot 415
03. Code M.D.
04. Freaky Deaky
05. What It Is
06. That's Right
07. That's What Happened

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1983年6月30日、7月7日、9月5日、9月10日の録音、コロムビア・レコードからのリリース。
共演者は、シンセサイザー、プログラミングがロバート・アーヴィング3世、ギターがジョン・スコフィールド、ソプラノサックスがブランフォード・マルサリスとビル・エヴァンス、エレクトリックベースがダリル・ジョーンズ、ドラムがアル・フォスター、パーカッションがミノ・シネル、6曲目のみアレンジがギル・エヴァンス。
・このアルバムからプロデューサーにマイルス・デイヴィス自身とロバート・アーヴィング3世とヴィンセント・ウィルバーンで制作。
・今まで組んできたテオ・マセロから離れた事で、また違う音楽が構築された。
・シンセを活用し、マイルス・デイヴィスみずから単発ではあるが弾いている。
・4曲目の 「フリーキー・ディーキー (Freaky Deaky)」 には、とうとうトランペットを吹かずシンセだけの演奏で前代未聞の珍事。
・共演者はマイルス・デイヴィスに慣れたのが、迫力に満ち、みずみずしい。
・このアルバムから参加したブランフォード・マルサリス、どんな心境で演奏に参加したかコメントを聞きたい。
・人の言う事を絶対聞かない、怖いマイルス・デイヴィスは変に素直なところがあって、演奏の隅々にそれを感じる。
・この頃の曲はほとんどが、しょっぱなからマイルス・デイヴィスは吹かない、前奏が親分を待つ子分のタメがある。
・全体を支配するピリピリ感こそ、晩年のマイルス・ミュージックの真骨頂。
・前奏は、何かを期待させる音で個人的に少々うんざりしている。
(青木高見)





Miles Davis / Tutu Miles Davis / Tutu

Released : September 1986

Personnel :
Miles Davis (tp)
Tommy LiPuma (prod)
Marcus Miller (prod, arr, comp, bass-g, g, syn, ds-machine-prog, bass-cl, ss, other instruments)
Jason Miles (syn-prog)
Paulinho da Costa (per)  #01, #03, #04, #05
Adam Holzman (syn) #04
Steve Reid (per)  #04
George Duke (bass-g, tp) #05 (comp, prod)
Omar Hakim (ds, pe) #02
Bernard Wright (syn)
Michał Urbaniak (el-violin) #07
Jabali Billy Hart (ds, bongos)

Song name :
01. Tutu
02. Tomaas
03. Portia
04. Splatch
05. Backyard Ritual
06. Perfect Way
07. Don't Lose Your Mind
08. Full Nelson

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、1986年9月のリリース。
メンバーは。
マイルス・デイヴィス - トランペット
マーカス・ミラー - エレクトリックベース、ギター、シンセサイザー、ドラムマシン・プログラミング、ベース・クラリネット、ソプラノ・サックス、その他の楽器 ジェイソン・マイルス - シンセサイザー・プログラミング
パウリーニョ・ダ・コスタ - パーカッション (on 1. 3. 4. 5.)
アダム・ホルツマン - シンセサイザー (on 4.)
スティーヴ・リード - パーカッション (on 4.)
ジョージ・デューク - パーカッション、ベース・ギター、トランペット (on 5.)
オマー・ハキム - ドラムス、パーカッション (on 2.)
バーナード・ライト - シンセサイザー (on 2. 7.)
ミハウ・ウルバニャク - エレクトリック・ヴァイオリン (on 7.)
ビリー・ハート - ドラムス、ボンゴ
このアルバムのコメントは、ウェブ上のウィキペディアをそのまま掲載した。

【『TUTU』は、アメリカ合衆国のトランペット奏者マイルス・デイヴィスが1986年に発表したスタジオ・アルバム。
大部分の楽曲はロサンゼルスのキャピトル・スタジオとニューヨークのクリントン・レコーディングスタジオで録音され、「Backyard Ritual」はウェスト・ハリウッドのLe Gonksで録音された。
デイヴィスはこの作品で1987年のグラミー賞・最優秀ジャズ・インストゥメンタル・パフォーマンス・ソロ部門を受賞した。
[背景]
元々の計画ではシンガーソングライターのプリンスが共同プロデュースを行う予定だったが、最終的にはベーシストのマーカス・ミラーがプロデュースを務めた。
ミラーは「Tomaas」(デイヴィスとの共作)、「Backyard Ritual」(キーボード奏者のジョージ・デューク作)、「Perfect Way」(ポップグループのスクリッティ・ポリッティ作)を除くすべての曲の作曲・編曲を行った。
音楽はシンセサイザーやシーケンサー、ドラムマシンを重用する1980年代中頃のR&Bやファンクの影響をかなり受けている。
アルバムのタイトルは、南部アフリカ聖公会黒人初のケープタウン大主教となったデズモンド・ムピロ・ツツを称えてのものである。
楽曲「Full Nelson」は、南アフリカの活動家ネルソン・マンデラについてのものである。
アルバム・ジャケットは、石岡瑛子がデザインし、アーヴィング・ペンが撮った。
石岡は、この作品で1987年のグラミー賞最優秀アルバム・パッケージを受賞した。
{評価}
『TUTU』は、当時のジャズ評論家たちからは酷評された。
音楽評論家ロバート・クリストガウがVillage Voice誌で発表した評論では、アルバムには「B+」を採点し「マイナー」だと述べたがデイヴィスのここ10年間の中では最高であるとした。
クリストガウはアルバムを少しキャッチーな楽曲群だと書き、デイヴィス初期のジャズ・ロックと融合された純粋なフュージョンであるためとし、『TUTU』はスターが吹くトランペットと最新の機器で演奏されるキャッチーなメロディー、ビートとエフェクトによって『スケッチ・オブ・スペイン』よりさらにポップ・ファンクであるとした。
1990年にクリストガウは「『TUTU』や『アマンドラ』のようなガラクタでさえも見事な演奏だった」とデイヴィスを中心としたフュージョン・ムーブメントを回顧して記述している。】
さすがウィキ、短くてしっかりした内容といえる。
(青木高見)





Miles Davis / Amandla Miles Davis / Amandla

Recorded : December, 1988~1989

Song name and Personnel :
01. Catembe
Miles Davis (tp)
Marcus Miller (b, key, ds, g, bcl, ss)
Kenny Garrett (as)
Don Alias (per)
Mino Cinelo (per) (Mino Cinelu)

02. Cobra
Miles Davis (tp)
George Duke (Syn)
Kenny Garrett (as)
Marcus MillerMarcus Miller (b, key, bcl)
Michael Landau (g)
Joey Defrancesco (key)

03. Big Time
Miles Davis (tp)
Marcus Miller (b, key, bcl, ss)
Kenny Garrett (as)
Ricky Wellman (ds)
Foley (g)
Jean Paul Bourelly (g)
Don Alias (per)

04. Hannibal
Miles Davis (tp)
Marcus Miller (b-key, bcl, g)
Kenny Garrett (as)
Omar Hakim (ds)
Foley (g)
Paulinho Da Costa (per)

05. Jo-Jo
Miles Davis (tp)
Marcus Miller (b, key)
Kenny Garrett (as)
Rick Marcitza (ts)
Jean Paul Bourelly (g)
Paulinho Da Costa (per)

06. Amandla
Miles Davis (tp)
Marcus Miller (b, key)
Joe Sample (p)
Kenny Garrett (as)
Omar Hakim (ds)
Don Alias (per)
Bashiri Johnson (per)
Steve Khan (g)

07. Jilli
Miles Davis (tp)
Kenny Garrett (as)
Foley (g)
John Bigham (ds-programming, g, key)
Ricky Wellman (ds)
Marcus Miller (b, key, g, bcl)
Billy Patterson (Wah-wah g)

08. Mr. Pastorius
Miles Davis (tp)
Marcus Miller (b, key, bcl)
Al Foster (ds)
Jason Miles (syn)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィス、マーカス・ミラーのプロデュースによる1988年と翌年の録音。
ソプラノ、アルト・サックスのケニー・ギャレットをはじめとする多彩なゲスト。
パートの上をゆらゆら彷徨(さまよ)うマイルスのトランペット。
後乗せであっても、マイルスの音源なら許せる。
肝心のマイルスが聴こえない、しかし、マイルス・デイヴィスが支配しているのが凄い。
また、この時期のマイルス名義のアルバムが1枚リリースされただけで嬉しい。
(青木高見)





Miles Davis and Michel Legrand / Dingo Miles Davis and Michel Legrand / Dingo

(注) このアルバムはマイルス・デイヴィスのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にミシェル・ルグランが参加しているため 「 Michel Legrand 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1991

Personnel :
Miles Davis (tp) #12,only
Michel Legrand (Arranged, Conductor)
Kenny Garrett (as)
George Graham (tp)
Nolan Smith (tp) #2,
Oscar Brashear (tp)
Ray Brown (tp) #2,
David Duke (French Horn)
Marnie Johnson (French Horn)
Richard Todd (French Horn)
Vince De Rosa (French Horn)
Mark Rivett (g)
Alan Oldfield (Key)
Kei Akagi (Key)
Michel Legrand (Key)
Dick Nash (tb)
George Bohanan (tb)
Jimmy Cleveland (tb)
Lew McCreary (tb)
Thurman Green (tb)
Abraham Laboriel (b)
Benny Rietveld (b)
Foley (b)
Alphonse Mouzon (ds, per)
Harvey Mason (ds, per)
John Bigham (ds, per)
Ricky Wellman (ds, per)
Buddy Collette (Woodwind)
Charles Owens (Woodwind)
Jackie Kelso (Woodwind)
John Stephens (Woodwind) #2,
Marty Krystall (Woodwind)
Bill Green (Woodwind)

Song name :
01. Kimberley Trumpet
02. The Arrival
03. Concert On The Runway
04. The Departure
05. Dingo Howl
06. Letter As Hero
07. Trumpet Cleaning
08. The Dream
09. Paris Walking I
10. Paris Walking II
11. Kimberly Trumpet In Paris
12. The Music Room
13. Club Entrance
14. The Jam Session
15. Going Home
16. Surprise!

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムは1991年に公開された映画のサウンド・トラックでミシェル・ルグランとの共同作品。
映画のあらすじは、オーストラリアの田舎に突如着陸した飛行機。
中から降りてきたのはマイルス扮する伝説のトランペッター 「ビリー・クロス」。
たまたま地上に居合わせた一人の少年 「ディンゴ」 に音楽の道を勧めるビリー・クロス。
実際の演奏ではマイルス以外のミュージシャンがマイルスらしく吹いている。
彼らも、おそらくマイルスに感化され音楽家の道に入ったプロ達で似させるのはお手のもの。
たとえマイルスのトランペットでなくても、映像のマイルス本人がカッコいいからOK。
(青木高見)





Miles Davis / Doo-bop Miles Davis / Doo-bop

Recorded : January-February, 1991

Personnel :
Miles Davis (tp)
Deron Johnson (key)
Kenny Garrett (as)
Easy Mo Bee (prog, samp, rap)
Rappin' (vo)
J.R., A.B. Money (rap)

Song name :
01. Mystery
02. The Doo Bop Song
03. Chocolate Chip
04. High Speed Chase
05. Blow
06. Sonya
07. Fantasy
08. Duke Booty
09. Mystery (Reprise)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムは1981年の録音、マイルス最後のスタジオ作品とされる。
演奏はイージー・モ・ビーのプロデュースとラップとの共演、世間の評価は分かれている。
この年の9月28日、マイルスは永遠の眠りにつく。
マイルスの歴史は、ジャズの歴史といっても過言でない。
ジャズを最後まで全うした壮絶な人生は、まさにジャズの帝王。
我々はこの偉大なミュージシャンを忘れない。
(青木高見)





Miles Davis / Miles Favorite Songs Miles Davis / Miles Favorite Songs

Recorded : November 21-22, 1995

Personnel :
Miles Davis
Jaki Byard (p)

Ron Carter (b)
Ed Thigpen (ds)
Eddie Henderson (tp)
Roy Hargrove (tp)
Nicholas Payton (tp)
Benny Golson (ts)
Grover Washington Jr (ss)
George Coleman (ts)
Joe Locke (vib)

Song name and Personnel :
01. Autumn Leaves
Jaki Byard (p)
Grover Washington Jr (ss)
Roy Hargrove (tp)
Joe Locke (vib)
Ron Carter (b)
Ed Thigpen (ds)

02. So What
Jaki Byard (p)
George Coleman (ts)
Benny Golson (ts)
Nicholas Payton (tp)
Ron Carter (b)
Ed Thigpen (ds)

03. All Blues
Jaki Byard (p)
Benny Golson (ts)
Eddie Henderson (tp)
Ron Carter (b)
Ed Thigpen (ds)

04. I Thought About You
Jaki Byard (p)
Grover Washington Jr (ss)
Roy Hargrove (tp)
Joe Locke (vib)
Ron Carter (b)
Ed Thigpen (ds)

05. 'Round Midnight
Jaki Byard (p)
George Coleman (ts)
Nicholas Payton (tp)
Ron Carter (b)
Ed Thigpen (ds)

06. Davis
Jaki Byard (p)
Benny Golson (ts)
Eddie Henderson (tp)
Ron Carter (b)
Ed Thigpen (ds)

07. My Funny Valentine
Jaki Byard (p)
Benny Golson (ts)
Nicholas Payton (tp)
Ron Carter (b)
Ed Thigpen (ds)

08. Dear Old Stockholm
Jaki Byard (p)
George Coleman (ts)
Eddie Henderson (tp)
Joe Locke (vib)
Ron Carter (b)
Ed Thigpen (ds)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アルバムは1995年11月の録音でスイングジャーナル誌で読者公募した人気のミュージシャンにマイルス・デイヴィスのゆかりの曲を演奏してもらう企画。
ミュージシャンはトランペットがロイ・ハーグローブ、ニコラス・ペイトン、エディ・ヘンダーソン。
ソプラノ・・サックスがグバーロー・ワシントンjr、テナー・サックスがジョージ・コールマンとベニー・ゴルソン。
ビブラフォンがジョー・ロック、ピアノがジャッキー・バイヤード、ベースがロン・カーター、ドラムがエド・ジグペン。
豪華著名ミュージシャンを集めたもの。
演奏は一回限りのセッション。
スペシャル・メンバーならではの円熟の演奏で天国のマイルスも喜んでいるに違いない。
(青木高見)





Miles Davis / Free Jazz Dance The Bootleg Series, Vol.5 (3CD) Miles Davis / Free Jazz Dance The Bootleg Series, Vol.5 (3CD)

Recorded : 1960-1968

Release : October 26, 2016

Personnel :
Miles Davis (tp)
Herbie Hancock (p)
Wayne Shorter (ts)
Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)

Song name :
[CD1]
01. Freedom Jazz Dance (session reel)
02. Freedom Jazz Dance (master take)
03. Circle (session reel)
04. Circle (take 5 ; closing theme used on master take)
05. Circle (take 6 ; released master take excluding closing theme)
06. Dolores (session reel)
07. Dolores (master take)
[CD2]
01. Orbits (session reel)
02. Orbits (master take)
03. Footprints (session reel)
04. Footprints (master take)
05. Gingerbread Boy (session reel)
06. Gingerbread Boy (master take)
07. Nefertiti (session reel)
08. Nefertiti (master take)
[CD3]
01. Fall (session reel)
02. Fall (master take)
03. Water Babies (session reel)
04. Water Babies (master take)
05. Masqualero (alternate take/take 3)
06. Country Son (rhythm section rehearsal)
07. Blues In F (My Ding)
08. Your Eight (Miles Speaks)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイルス・デイヴィス (Miles Davis 本名 : Miles Dewey Davis Ⅲ 1926年5月26日~1991年9月28日) はアメリカ合衆国イリノイ州アルトン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはマイルス・デイヴィスの 「セッション・リール」 、1960年から1968年の録音、リリースは2016年10月26日 Sony Music Labels Inc.、CD3枚組。
「セッション・リール」 とは、  「セッション(session)」  が、議会、会議、集会、開催期間。
「リール」 とは、巻きわく、録音器のテープ、フィルム、釣糸などを巻く、映画ではフィルムの一巻き。
当アルバムの 「セッション・リール」 は、収録現場の全てを収録したテープを指(さ)している。
最大の魅力は、録音現場での臨場感と緊張感、リハーサルを含む、パッチ・テイクやスタジオでの特にマイルス・デイヴィス本人の会話を中心に収録されている点。
既存該当アルバムは 「マイルス・スマイルズ」 「ソーサラー」 「ネフェルティティ」 「ウォーター・ベイビーズ」 「マイルス・イン・ザ・スカイ」 。
以下は、その他の曲の出典。
「サークル」 「オービッツ」 「ドローレス」 「フリーダム・ジャズ・ダンス」 は1966年10月24日コロンビア30th ストリート・スタジオでの録音。
「ジンジャー・ブレッド・ボーイ」 「フットプリンツ」 は1966年10月25日同スタジオでの録音。
フル・セッションを収録しているため演奏はもちろん、スタジオで交わされた会話も収録している。
「マスクァレロ」 はこれまで未発売だった別テイクで 1967年5月17日コロンビア30thストリート・スタジオでの録音。
「ウォーター・ベイビーズ」 「ネフェルティティ」 は1967年6月7日。
「フォール」 は1967年7月19日。
「カントリー・サン」 はリズム・セクションのリハーサルのみの収録で1968年5月15日録音。
「ブルース・インF」 はマイルスのピアノに合わせウェイン・ショーターがデモしているレア音源。
特に、この時期のマイルス・デイヴィスは、革新的なジャズで新たな音楽的方向性を示した時になる。
ここでは、マイルス・デイヴィスがスタジオで実際にジャズを作り上げていく過程を初めて聴く事ができ圧巻と言える。
共演者は、第2期黄金クインテット。
ピアノがハービー・ハンコック、サックスがウェイン・ショーター、ベースがロン・カーター、ドラムがトニー・ウィリアムス。
話は戻るが、マイルスの未発表音源を収録した (ブートレグ) シリーズは2011年から発売が開始され、これが第5弾となる。
注目は全て世界初の発売で未発表音源が収録されている。
あまたの、マイルス・デイヴィスのブートレグとは、音質も内容も異なり優れている。
また、英語版と日本版がリリースされ、自分は英語が苦手なので日本版を入手、対訳があって初めて理解できる。
会話の一部を紹介する。
マイルス・デイヴィス 「止まれ、止まれ、ちょと待ってくれ、ブラザー」
トニー・ウィリアムス 「分かりました、お父さん」
マイルス・デイヴィス 「こうスタートしよう、1、2、3。 Yit-da-dit-da-dit-da-dit-da-。 こんな感じで」
試しの音出し、瞬時に反応し具現化していく。
マイルス・デイヴィス 「その通りだ! 1、2、3、・・・行け。 1-2-3」
再度、試しの音出し。
マイルス・デイヴィス 「もう一度やってみよう。 さあ」
ハービー・ハンコック 「(笑いながら) Dit-dit-dit-dit・・・」
マイルス・デイヴィスがロン・カーターに 「今まで弾いてきたように弾け」
ロン・カーター 「オーケー」
マイルス・デイヴィス 「Bマイナーから、もう一度」
と言う様に、細かい指示が共演者に飛ぶ。
マイルス・デイヴィスの口は悪いが、言われた通りに気合を入れてやり直すと、一段と素晴らしい曲に仕上がっている。
全員が若かった、マイルス・デイヴィス自身も、自分の想像力を、その場で具現化できる頼もしい仲間がいたからこそ、成しえる事は、とっくに解っている。
そのマイルス・デイヴィスも途中で行きづまる。 その時、プロディーサーのテオ・マセロが心の支えになっていた事がわかる。
収録中、行きづまると、必ずテオ・マセロが 「じゃーこうやってみたら」 とか、「だいじょうぶ」 「心配ないさ」 など。
くじけそうになるマイルス・デイヴィスに、事あるごとに声をかけ励ましている。
そして、曲は完成へと、まっしぐらに突き進む。
以上の様に、個人的に、久々にゾクゾクするCDに巡りあう。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲