青木高見のジャズコレクション Nicholas Payton (tp, flh) ニコラス・ペイトン


略歴
ニコラス・ペイトン (Nicholas Payton 1973年9月26日~) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Nicholas Payton and Vincent Herring / Echoes Of Our Heroes Nicholas Payton and Vincent Herring / Echoes Of Our Heroes

(注) このアルバムはニコラス・ペイトンのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にヴィンセント・ハーリングが参加しているため 「 Vincent Herring 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
April 05-06, 1993

Personnel :
[Manhattan Projects]
Nicholas Payton (tp)
Vincent Herring (as)
Kenny Drew, Jr. (p)
Mark Turner (ts)
Christopher Thomas (b)
Carl Allen (ds)

Song name :
01. Cherokee
02. Half Nelson
03. Easy Living
04. Theme for Delores
05. BeBop
06. Echoes of Our Heroes
07. Autumn In New York
08. Feelin' Sanctified
09. Lotus blossom

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ニコラス・ペイトン (Nicholas Payton 1973年9月26日~) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
ヴィンセント・ハーリング (Vincent Herring 1964年11月19日~) はアメリカ合衆国ケンタッキー州生まれのジャズ・サックス、フルート奏者。
アルバムはトランペットのニコラス・ペイトンとアルト・サックスのヴィンセント・ハーリング、1993年4月5日・6日の録音、日本のアルファミュージックからのリリース。
他の共演者は、ピアノがケニー・ドリュー・jr、テナー・サックスがマーク・ターナー、ベースがクリストファー・トーマス、ドラムがカール・アレン。
演奏は、当時結成された 「マンハッタン・プロジェクト」 というユニット。
1990年代当初のアメリカのニューヨークでは、この様なジャズが流れていたのだ。
まさに、ニコラス・ペイトン飛翔直前、溌剌とした音がいい。
演目も、あえて有名トランペッターの名曲を入れ、考えようによっては挑戦的な気合を感じる。
アルト・サックスのヴィンセント・ハーリングもこの時期あたりからメキメキ腕を上げていく。
(青木高見)





Nicholas Payton / From This Moment Nicholas Payton / From This Moment

Recorded : September 11, 1994

Personnel :
Nicholas Payton (tp)
Mulgrew Miller (p)
Mark Whitfield (g)
Monte Croft (vib)
Reginald Veal (b)
Lewis Nash (ds)

Song name :
01. In The Beginning
02. You Stepped Out Of A Dream
03. Fair Weather
04. Maria's Melody
05. It Could Happen To You
06. Little Re-Re
07. From This Moment On
08. Rhonda's Smile
09. The Sleepwalker
10. Blues For My Brother
11. Taking A Chance On Love
12. To The Essential One

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ニコラス・ペイトン (Nicholas Payton 1973年9月26日~) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムはニコラス・ペイトン、1994年9月11日の録音、ヴァーヴ・レコードからのリリース。
共演者は、ピアノがマルグリュー・ミラー、ギターがマーク・ウィットフィールド(マーク・ホイットフィールド)ヴィビラフォンがモンテ・クロフト、ベースがレジナルド・ヴィール、ドラムがルイス・ナッシュ。
プロデューサーは、デルフィーヨ・マルサリス。
ニコラス・ペイトンを一流のトランぺッターに育てたのがウイントン・マルサリス。
だからといって、マルサリス色は感じない。
完全にニコラス・ペイトンの音になっている点に好感が持てる。
演奏は、溌剌として元気、腕もグングン上がっている、足らないのは経験と実績だけ。
経験と実績が足らないのは、1973年(昭和48年)生まれれだから当り前。
これを勘案すれば、並外れたトランペッターといえる。
演目は、オリジナルにスタンダードを混ぜ、心憎い。
リリースから、かなりの時が経ち、今は押しも押されぬ一流トランペッターに成長した。
話はかわるが、ひと昔前、麻布片町のピザ専門店 「ニコラス」 にピザを食べに行った事がある。
周りの客が、ほとんどが外人で異国に行った気分になった。
味も 「ニコラス」 ならでのもので、ピザとは、こんなにも美味いものかと思った。
(青木高見)





Nicholas Payton / Gumbo Nouveau Nicholas Payton / Gumbo Nouveau

Recorded : 1995

Personnel :
Nicholas Payton (tp)
Anthony Wonsey (p)
Jesse Davis (as)
Tim Warfield (ts)
Reuben Rogers (b)
Adonis Rose (ds)

Song name :
01. Whoopin' Blues
02. When The Saints Go Marching In
03. Wild Man Blues
04. After You've Gone
05. Way Down Yonder In New Orleans
06. Down In Honky Tonk Town
07. I Gotta Right To Sing The Blues
08. Li'l Liza Jane
09. Weather Bird
10. St. James Infirmary

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ニコラス・ペイトン (Nicholas Payton 1973年9月26日~) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムはニコラス・ペイトン、1995年の録音、ニューオーリンズ、サッチモに関連した曲を伸びやかに演奏。
共演者は、ピアノがアンソニー・ウォンジー、アルト・サックスがジェシー・ディヴィス、テナー・サックスがティム・ワーフィールド、ベースがルーベン・ロジャース、ドラムがアドニス・ローズ。
このメンバーを見て、これからアメリカのジャズを背負っていく、若いミュージシャンで固められている。
中でもピアノのアンソニー・ウォンジーは、特に上手くて期待している。
演奏は益々、上手くなっていくニコラス・ペイトン。
もう何も考えずに、安心して聴けるトランペッターに成長した。
アルバムジャケットをよく見るとワニの頭だ。
あっ、そうだ 「ガンボ」 だからだ。
本場 「ガンボ料理」 は、たしかワニが入っていたのを雑誌で読んだ事がある。
時は1800年のルイジアナ、クレオールのフランス料理のブイヤベースに、チョクトー族(インディアン)のフィレ・パウダーと地元の魚介類が加わる。
そして西アフリカの奴隷たちが、これにオクラを加えた料理が 「ガンボ」 の原型だという。
ガンボとはフランス語で 「オクラ」 の意味。
別にワニでなくても、アメリカザリガニでも良いらしい。
ニコラス・ペイトン、いいところをツイているな~。
こういう奥のあるジャケット、好きだな~。
(青木高見)





Doc Cheatham / Doc Cheatham and Nicholas Payton Doc Cheatham / Doc Cheatham and Nicholas Payton

(注) このアルバムはドク・チータム(チーザム)のリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの「Doc Cheatham」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : April 15, 1997

Personnel :
Doc Cheatham (tp, vo)
Nicholas Payton (tp)
Butch Thompson (p) #01-11, #13, #14
Chris Potter (bcl, ss, ts)
Lucien Barbarin (tb) #07, #10, #11
Tom Ebbert (tb) #02, #04, #08, #13, #14
Jack Maheu (cl) #02, #04, #06-08, #10, #11, #13, #14
Les Muscutt (g) #01-03, #05-14
Bill Huntington (b) #01-14
Ernie Elly (ds) #01-11, #13, #14

Song name :
01. How Deep is the Ocean?
02. Jeepers Creepers
03. Stardust
04. I Gotta Right to Sing the Blues
05. Dinah
06. Save It Pretty Mama
07. Do You Believe In Love At First Sight?
08. Jada
09. I Cover the Waterfront
10. Maybe
11. Black and Blue (aka What Did I Do to Be So Black and Blue?)
12. Out of Nowhere
13. She's Funny That Way
14. The World is Waiting For the Sunrise

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドク・チータム(チーザム) (Doc Cheatham (Birth name : Adolphus Anthony Cheatham) 1905年6月13日~1997年6月2日) はアメリカ合衆国テネシー州ナッシュビル生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、歌手、バンドリーダー。
ニコラス・ペイトン (Nicholas Payton 1973年9月26日~) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムは1997年のリリースで何と二人の歳の差、68才のトランペットの共演。
ニューオーリンズ・ディキシーランドの香りとコンテンポラリーなトランぺットの共演が見事。
コレクションをしていて、時として凄いアルバムにめぐり合う事がある。
それがこのアルバムといえる。
ドク・チータムは、この録音時なんと92才。
もうそれだけで驚異、何とも深い味のある音色、そして若々しいヴォーカルも聴けてしまう。
ニコラス・ペイトンは終始控えめで、大先輩をたてている、あんたは偉い。
一生聴く続けても飽きることのない一枚。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : 1997年のリリースでドク・チータムとニコラス・ペイトン、何と歳の差、68才。こだけでも驚異なのに更にドク・チータムこの録音時92才。演奏はニューオーリンズ・ディキシーランドの香りとコンテンポラリーなトランぺットの見事な共演。コレクションをしていて時として凄いアルバムにめぐり合う事がある、それがコレである。こうなるとジャズの記念碑だ。
(青木高見)





Nicholas Payton / Nick @ Night Nicholas Payton / Nick @ Night

Recorded : 1999

Personnel :
Nicholas Payton (tp, flh)
Tim Warfield (sax)
Anthony Wonsey (p, Harpsichor, Celesta)
Reuben Rogers (b)
Adonis Rose (ds)

Song name :
01. Beyond the Stars
02. Captain Crunch [Meets The Cereal Killer]
03. Faith
04. Pleasant Dreams
05. Interlude #1 [Turn Up The Funk]
06. Nick @ Night
07. Somnia
08. Interlude #2 [Turn Out The Burn Out]
09. Prince of the Night
10. Blacker Black's Revenge
11. Little Angel
12. Exquisite Tenderness
13. Sun Goddess

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ニコラス・ペイトン (Nicholas Payton 1973年9月26日~) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムはニコラス・ペイトン、1999年の録音、益々冴えわたる力強いトランペット。
共演者は、ピアノとハープシコードがアンソニー・ウォンジー、サックスがティム・ワーフィールド、ベースがルーベン・ロジャース、ドラムがアドニス・ローズ。
演奏は、全員が選りすぐりの、ほぼレギュラー化したユニットのチームワークも聴きどころ。
伝統をベースに、古臭ささを感じさせないアレンジは現代的な躍動感を持つ。
それに変な誇張もなく、肩の力が抜けている、滑らかな上質感も兼ね備えている。
2000年直前のアメリカの若手ジャズ・ミュージシャンの音は、このようっだったのだという記録ともいえる。
演目の 「Sun Goddess」 は、マーカス・ホワイトの作品、ラムゼイ・ルイスの逸品を取り上げたのは嬉(うれ)しい。
ジャケットをよく見るとバックのネオンサインに 「大王・・・」 と読める、どこかの中華街かな~。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲