青木高見のジャズコレクション Kenny Drew jr. (p) ケニー・ドリュー jr


寸評
ケニー・ドリュー・ジュニア (Kenny Drew, Jr. 1958年6月14日~) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズピアニスト。
父親が偉大なジャズ・ピアニストのケニー・ドリュー。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Kenny Drew Jr. / The Rainbow Connection Kenny Drew Jr. / The Rainbow Connection

Recorded : May 1988

Personnel :
Kenny Drew Jr. (p)
Terrence Blanchard (tp)
Charnett Moffett (b)
Codaryl "Cody" Moffett (ds)

Song name :
01. Confrontation
02. There Is No Greater Love
03. Serenity
04. Boo Boo's Birthday
05. Nelson Avenue Morning
06. Coral Sea
07. Rhythm-A-Ning
08. The Rainbow Connection
09. Invitation

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・ドリュー・ジュニア(Kenny Drew, Jr. 1958年6月14日~)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズピアニスト。
父親が偉大なジャズピアニストのケニー・ドリュー。
アルバムはケニー・ドリュー・ジュニア、1988年5月の録音、日本のジャズ・シティ・レーベルからのリリース。
共演者は、トランペットがテレンス・ブランチャード、ベースとドラムがモフェット兄弟。
演目は、スタンダードを中心に解りやすさを強調している。
こういうスタンダードを、ちゃんと演奏できるかどうかが真価が問われる。
最初、ポップスやファンクに興味を持ったらしいが、やがてジャズ・ピアニストとして活動を開始。
演奏は、親譲り、何故この若さで、これを程のジャズピアノが弾けてしまうのか。
スタイルの一部に、父親譲りのフレーズが顔を出し、正当派ピアノ・スタイルで安心した。
ジャズ・リスナーとしては、トランペットがテレンス・ブランチャードやモフェット兄弟、次世代を担う若手が、こういう正統派ジャズを演奏してくれる事が嬉しい。
尚 「ジャズ・シティ・レーベル」 は、ギタリストの増尾好秋氏と有賀恒夫氏が作った日本のジャズ・レーベル。
時は経っても陳腐化しない。
本物指向の世界に誇れるレーベルといえる。
リマスターしないので、中古で遭遇したら、即、手に入れないと二度と手に入らない。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはケニー・ドリュー・ジュニア、1988年5月の録音、日本のジャズ・シティ・レーベルからのリリース。共演者は、トランペットがテレンス・ブランチャード、ベースとドラムがモフェット兄弟。演目は、スタンダードを中心に解りやすさを強調している。こういうスタンダードを、ちゃんと演奏できるかどうかが真価が問われる。最初、ポップスやファンクに興味を持ったらしいが、やがてジャズ・ピアニストとして活動を開始。演奏は、親譲り、何故この若さで、これを程のジャズピアノが弾けてしまうのか。スタイルの一部に、父親譲りのフレーズが顔を出し、正当派ピアノ・スタイルで安心した。ジャズ・リスナーとしては、トランペットがテレンス・ブランチャードやモフェット兄弟、次世代を担う若手が、こういう正統派ジャズを演奏してくれる事が嬉しい。尚 「ジャズ・シティ・レーベル」 は、ギタリストの増尾好秋氏と有賀恒夫氏が作った日本のジャズ・レーベル。時は経っても陳腐化しない。本物指向の世界に誇れるレーベルといえる。リマスターしないので、中古で遭遇したら、即、手に入れないと二度と手に入らない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲