青木高見のジャズコレクション Doc Cheatham (vo, tp) ドク・チータム




Doc Cheatham / Doc Cheatham and Nicholas Payton Doc Cheatham / Doc Cheatham and Nicholas Payton

(注) このアルバムはドク・チータム(チーザム)のリーダーアルバム扱いとしています。
共演者に双頭のニコラス・ペイトンが参加しているため 「Nicholas Payton」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : April 15, 1997

Personnel :
Doc Cheatham (tp, vo)
Nicholas Payton (tp)
Butch Thompson (p) #01-11, #13, #14
Chris Potter (bcl, ss, ts)
Lucien Barbarin (tb) #07, #10, #11
Tom Ebbert (tb) #02, #04, #08, #13, #14
Jack Maheu (cl) #02, #04, #06-08, #10, #11, #13, #14
Les Muscutt (g) #01-03, #05-14
Bill Huntington (b) #01-14
Ernie Elly (ds) #01-11, #13, #14

Song name :
01. How Deep is the Ocean?
02. Jeepers Creepers
03. Stardust
04. I Gotta Right to Sing the Blues
05. Dinah
06. Save It Pretty Mama
07. Do You Believe In Love At First Sight?
08. Jada
09. I Cover the Waterfront
10. Maybe
11. Black and Blue (aka What Did I Do to Be So Black and Blue?)
12. Out of Nowhere
13. She's Funny That Way
14. The World is Waiting For the Sunrise

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドク・チータム(チーザム)(Doc Cheatham (Birth name : Adolphus Anthony Cheatham) 1905年6月13日~1997年6月2日)はアメリカ合衆国テネシー州ナッシュビル生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、歌手、バンドリーダー。
ニコラス・ペイトン(Nicholas Payton 1973年9月26日~)はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムは1997年のリリースで何と二人の歳の差、68才のトランペットの共演。
ニューオーリンズ・ディキシーランドの香りとコンテンポラリーなトランぺットの共演が見事。
コレクションをしていて、時として凄いアルバムにめぐり合う事がある。
それがこのアルバムかも。
ドク・チータムは、この録音時なんと92才。
もうそれだけで驚異、何とも深い味のある音色、そして若々しいヴォーカルも聴けてしまう。
ニコラス・ペイトンは終始控えめで、大先輩をたてている、あんたは偉い。
一生聴く続けても飽きることのない一枚。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : 1997年のリリースでドク・チータムとニコラス・ペイトン、何と歳の差、68才。こだけでも驚異なのに更にドク・チータムこの録音時92才。演奏はニューオーリンズ・ディキシーランドの香りとコンテンポラリーなトランぺットの見事な共演。コレクションをしていて時として凄いアルバムにめぐり合う事がある、それがコレである。こうなるとジャズの記念碑だ。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲