青木高見のジャズコレクション Roy Hargrove (tp, flh) ロイ・ハーグローブ


略歴
ロイ・ハーグローブ (Roy Anthony Hargrove 1969年10月16日~) はアメリカ合衆国テキサス州ワコー生まれのジャズ・トランペット、フリューゲルホルン奏者。
今や押しも押されぬアメリカを代表するジャズ・トランペッター。
1990年 ウィントン・マルサリスに見出されてデビュー。
1997年と2002年 2回グラミー賞を受賞。
その後ハービー・ハンコックのツアーに参加。
ハードバップは元より、ラテン、ソウル、ファンク、ソウル、ヒップ・ホップなど多くのジャンルへの精力的な参加が見逃せない。
凄い事は、古いジャズ・ミュージシャン達にも好かれる、その人柄と技量。
ここまで来ると、人間的に素晴らしいことが、真の音楽家としての重要な要素になってくる。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Roy Hargrove / Diamond In The Rough Roy Hargrove / Diamond In The Rough

Recorded : December 1989

Song name and Personnel

01. Proclamation
05. Broski
07. All over Again
09. Premonition
10. BHG
Roy Hargrove (tp)
Geoffrey Keezer (p)
Antonio Hart (as)
Ralph Moore (ts)
Charles Fambrough (b)
Ralph Peterson Jr. (ds)

02. Ruby My Dear
03. A New Joy
04. Confidentiality
06. Whisper Not
08. Easy to Remember
11. Wee
Roy Hargrove (tp)
John Hicks (p)
Antonio Hart (as)
Scott Colley (b)
Al Foster (ds)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ロイ・ハーグローブ(Roy Anthony Hargrove 1969年10月16日~)はアメリカ合衆国テキサス州ワコー生まれのジャズ・トランペット、フリューゲルホルン奏者。
アルバムはロイ・ハーグローブ、1989年12月の録音、ノーバス・レーベルからのリリース、ファースト。
共演者は2つ。
1つ目が、ピアノがジェフリー・キザー、アルトサックスがアントニオ・ハート、テナーサックスがラルフ・ムーア、ベースがチャールス・ファンブロー、ドラムがラルフ・ピーターソンjr。
2つ目が、ピアノがジョン・ヒックス、アルトサックスがアントニオ・ハート、ベースがスコット・コーリー、ドラムがアル・フォスター。
どうだろう、新旧のリズム・セクションで一曲一曲楽しんで聴ける企画。
個人的に贔屓(ひいき)にしているピアノのジョン・ヒックスが入っているので大満足。
肝心のロイ・ハーグローブだが、今や押しも押されぬアメリカを代表するジャズ・トランペッターに成長した。
1990年にウィントン・マルサリスに見出されてデビュー。
1997年と2002年に2回グラミー賞を受賞。
その後ハービー・ハンコックのツアーに参加。
ハードバップは元よりラテン、ソウル、ファンク、ソウル、ヒップ・ホップなど多くのジャンルへの精力的な参加が見逃せない。
凄い事は、古いジャズ・ミュージシャン達にも好かれる、その人柄と技量。
ここまで来ると、人間的に素晴らしいことが、真の音楽家としての重要な要素になってくる。
(青木高見)





Roy Hargrove / With The Tenors Of Our Time Roy Hargrove / With The Tenors Of Our Time

Recorded : December 18, 1993 - January 17, 1994

Personnel :
Roy Hargrove (tp, flh)
Cyrus Chestnut (p)
Rodney Whitaker (b)
Gregory Hutchinson (ds)
Stanley Turrentine (ts) #1,
Branford Marsalis (ts) #2,
Johnny Griffin (ts) #3,
Joe Henderson (ts) #4,
Joshua Redman (ts) #5,

Song name :
01. Soppin' The Biscuit
02. Valse Hot
03. When We Were One
04. Serenity
05. Mental Phrasing

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ロイ・ハーグローブ(Roy Anthony Hargrove 1969年10月16日~)はアメリカ合衆国テキサス州ワコー生まれのジャズ・トランペット、フリューゲルホルン奏者。
アルバムはロイ・ハーグローブ、1993年12月18日から1994年1月17日の録音。
共演者は、ピアノがサイラス・チェスナット、ベースがロドニー・ウィテカー、ドラムがグレッグ・ハッチンソン。
一曲ごとに以下のテナーマンをゲストに迎えての演奏。
スタンリー・タレンタイン、ブランフォード・マルサリス、ジョニー・グリフィン、ジョー・ヘンダーソン、ジョシュア・レッドマン。
演奏は、このテナーマン達とロイ・ハーグローブのトランペットが実に素晴らしい。
所持しているCDは紙ケースの5曲入りで廃盤になった。
後に全12曲で、ロン・ブレイクが加わったCDが発売された。
(青木高見)





Roy Hargrove / Family Roy Hargrove / Family

Recorded : January 26-29, 1995

Personnel :
Roy Hargrove (tp, flh)
Stephen Scott (p) #04, #06, #07 #10 #12-#15
Ron Blake (ts, ss,) #01-#04, #06, #12, #14, #15
Rodney Whitaker (b) #01-04, #06, #10, #12-#15
Jimmy Cobb (ds) #04, #05, #08, #09, 13
Gregory Hutchinson (ds) #01-#03, #06, #07, #12, #15
Ronnie Mathews (p) #05
Larry Willis (p) #9
John Hicks (p) #08
Wynton Marsalis (tp) #12
Jesse Davis (as) #09, #15
David "Fathead" Newman (ts) #04, #13
Walter Booker (b) #05, #08, #09, #11
Christian McBride (b) #07
Lewis Nash (ds) #14
Karriem Riggins (ds) #10

(注:当アルバムで、5曲以上参加した共演者はリンク有)

Song name :
01. Velera
02. Roy Allan
03. Brian's Bounce
04. The Nearness Of You
05. Lament For Love
06. Another Level
07. A Dream Of You
08. Pas De Trois
09. Polka Dots and Moonbeams
10. The Challenge
11. Ethiopia
12. Nostalgia
13. Thirteenth Floor
14. Firm Roots
15. The Trial.

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ロイ・ハーグローブ(Roy Anthony Hargrove 1969年10月16日~)はアメリカ合衆国テキサス州ワコー生まれのジャズ・トランペット、フリューゲルホルン奏者。
アルバムはロイ・ハーグローブ、1995年1月26日から29日の録音、ヴァーヴ・レーベルからのリリース。
共演者は、ピアノがスティーヴン・スコット、テナーサックスがロン・ブレイク、ベースがロドニー・ウィテカー、ドラムがジミー・コブとグレゴリー・ハッチンソンほか。
最初の3曲がタイトルの 「ファミリー」 にもなった家族を題材にした組曲。
4曲目からが多くの有名ミュージシャンが参加。
全15曲、ロイ・ハーグローブ渾身の作品となっている。
ここに集まった絢爛豪華な共演者との深い絆(きずな)もまた広義の「ファミリー」なのだろう。
ジャズを演奏する以前に、人との融和があって、互いに力を出し合うロイ・ハーグローブの音楽姿勢が伝わってくる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲