青木高見のジャズコレクション Marc Cary (p) マーク・キャリー



Marc Cary / Cary On Marc Cary / Cary On

Recorded : 1/1994

Personnel :
Marc Cary (p)
Roy Hargrove (tp)
Ron Blake (ts)
Yarborough Carles Laws (fl)
Dwayne Burno (b)
Dion Parson (ds)
Charlene Fitzpatrick (vo)

Song name :
01. The Vibe
02. He Who Hops Around
03. Melody In C
04. The Trial
05. We Learn As We Go (Dreamlike)
06. So Gracefully
07. When I Think Of You
08. The Afterthought

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マーク・キャリー (Marc Cary 生年月日不詳)ニューヨークにおけるオリジナリティの高い若手ジャズ・ピアニスト。
1994年にアビー・リンカーンのピアニストとなった事が有名。
アルバムはマーク・キャリー、1994年の録音で、キレがあり引き締まった演奏がなかなかいい。
共演者にトランペットのロイ・ハーグローブもいて嬉しくなる。
アメリカという国はジャズ発祥の国だけあってミュージシャン層が厚い。
その中でジャズ・ピアニストとしてやって行くには、かなり大変な事だと思う。
最新情報が入り次第、コメントを更新したいと思っている。
(青木高見)


(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはマーク・キャリー、1994年の録音で、引き締まった演奏がなかなかいい。
共演者にトランペットのロイ・ハーグローブもいて嬉しくなる。
アメリカという国はジャズ発祥の国だけあってミュージシャン層が厚い。
その中で若手ジャズ・ピアニストとしてやって行くには、かなり大変な事と想像する。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲