青木高見のジャズコレクション Ralph Moore (ts) ラルフ・ムーア


寸評
ラルフ・ムーア (Ralph Moore 1956年12月24日~) はイギリス・ロンドン生まれ、1972年にアメリカに移住したジャズ・サックス奏者。
しっかりとした音楽の教養を身につけた上でジャズを演奏した。
要所を堅く決める、爽やかな音、ブレないテナーに研鑽の証拠。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Ralph Moore / Rejuvenate! Ralph Moore / Rejuvenate!

Recorded : February 19, 1988

Personnel :
Ralph Moore (ts)
Mulgrew Miller (p)
Steve Turre (tb, conchshells)
Peter Washington (b)
Marvin "Smitty" Smith (ds)

Song name :
01. Rejuvenate!
02. Josephine
03. C. R. M.
04. Exact Change
05. It Might as Well Be Spring
06. Song For Soweto
07. Melody For Mr. C.

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラルフ・ムーア (Ralph Moore 1956年12月24日~) はイギリス・ロンドン生まれ、1972年にアメリカに移住したジャズ・サックス奏者。
アルバムはラルフ・ムーア、1988年の録音、通算3枚目のリーダー作。
共演者は、ピアノがマルグリュー・ミラー、トロンボーンがスティーブ・タール、ベースがピーター・ワシントン、ドラムがマービン・スミッティ・スミス。
このメンバーを見ても解る通り、当時の新進気鋭の若者達が参加している。
ラルフ・ムーアは渡米後、1975年にバークリー音楽大学で学んでいる。
持って生まれた才能に、更なる研鑽が演奏に表れる。
ちなみに 「Rejuvenate  (rɪdʒúːvənèɪt)」 とは 「若返らせる」。
録音が1988年なので、もう、そうとう時は経過した。
お気に入りのピアニスト、マルグリュー・ミラーも亡くなってしまった。
(青木高見)





Ralph Moore / Images Ralph Moore / Images

Recorded : December 15 and 17, 1988

Personnel :
Ralph Moore (ts)
Benny Green (p)
Terence Blanchard (tp)
Peter Washington (b)
Kenny Washington (ds)

Song name :
01. Freeway
02. Enigma
03. Episode From A Village Dance
04. Morning Star
05. This I Dig Of You
06. Blues For John
07. Punjab
08. One Second, Please

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラルフ・ムーア (Ralph Moore 1956年12月24日~) はイギリス・ロンドン生まれ、1972年にアメリカに移住したジャズ・サックス奏者。
アルバムはラルフ・ムーア、1988年12月15日・17日の録音、ランドマーク・レコードの音源、ビクター音楽産業株式会社からのリリース。
共演者は、ピアノがベニー・グリーン、トランペットがテレンス・ブランチャード、ベースがピーター・ワシントン、ドラムがケニー・ワシントン。
録音当時ラルフ・ムーアは32歳、共演者も若かった、しかし時は経過し、今や還暦を越えたあたりになってしまった。
人は歳をとっていくが、録音された音は、その時で止まっている。
考えると何だか変な気持ちになる。
すでに亡くなってしまった往年のジャズマン達の演奏と何となく一緒にできないのは、まだ時の経過が足りないからだろう。
さて、肝心な演奏だがメインストリームのお手本の様な音、一音一音、身に滲みる。
不思議なのは、まったく陳腐化しない事、理由は演奏者の技術の高さにあると思う。
演目の主な作曲者を明記した。
2曲目 「Enigma」 JJジョンソン。
5曲目 「This I Dig Of You」 ハンク・モブレー。
7曲目 「Punjab」 ジョー・ヘンダーソン。
8曲目 「One Second, Please」 エルモ・ホープ。
(青木高見)





Ralph Moore / Furthermore Ralph Moore / Furthermore

Recorded : March 3 and 5, 1990

Personnel :
Ralph Moore (ts)
Benny Green (p)
Roy Hargrove (tp) #01, #03, #04, #06
Peter Washington (b)
Kenny Washington (ds) #01, #03, #05
Victor Lewis (ds) #02, #04, #06, #07

Song name :
01. Hopscotch
02. Monk's Dream
03. 310 Blues
04. Phoebe's Samba
05. Girl Talk
06. Into Dawn
07. Line D

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラルフ・ムーア (Ralph Moore 1956年12月24日~) はイギリス・ロンドン生まれ、1972年にアメリカに移住したジャズ・サックス奏者。
アルバムはラルフ・ムーア、1990年3月3日と5日の録音。
共演者は、ピアノがベニー・グリーン、トランペットがロイ・ハーグローブ、ベースがピーター・ワシントン、ドラムがビクター・ルイスとケニー・ワシントン。
メンバーは、ほぼレギュラー化した顔ぶれ。
話が飛ぶが、ラルフ・ムーアはロイ・ハーグローブのアルバム 「Roy Hargrove / Diamond In The Rough 録音日:1989年12月」 に参加していた。
ピーター・ワシントンは同じ姓のケニー・ワシントンと仲が良く共演が多いが身内ではない。
また、ピアノのベニー・グリーンのアルバム 「Benny Green / Lineage」 のドラマーはビクター・ルイス。
これらから、1990年アメリカを代表する若手ミュージシャン達。
嬉しいのは全員が、メインストリームのハード・バップの道を進んでいる事。
フリーとかアバンギャルドをやらない、王道のジャズは何よりも安心させてくれる。
以下、演目の作曲者を明記した。
01. Hopscotch  (R.Moore)
02. Monk's Dream  (T.Monk)
03. 310 Blues  (Moore)
04. Phoebe's Samba  (B Green)
05. Girl Talk  (N.Hefti)
06. Into Dawn  (R.Hargrove)
07. Line D (Moore)
モンクを一曲入れたあたり、やってくれる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲