青木高見のジャズコレクション Freddie Hubbard (tp) フレディー・ハバード


寸評
フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名 : Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
フレディ・ハバードならではの音色、バイタリティある音色が特徴。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Freddie Hubbard / Open Sesame Freddie Hubbard / Open Sesame

Recorded : June 19, 1960

Personnel :
Freddie Hubbard (tp)
McCoy Tyner (p)
Tina Brooks (ts)
Sam Jones (b)
Clifford Jarvis (ds)

Song name :
01. Open Sesame
02. But Beautiful
03. Gypsy Blue
04. All Or Nothing At All
05. One Mint Julep
06. Hub's Nub

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはフレディ・ハバード、1960年6月19日の録音、ブルーノート 4040番、ファースト。
共演者は、ピアノがマッコイ・タイナー、テナーサックスがティナ・ブルックス、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがクリフォード・ジャーヴィス。
この作品はジャズ史の観点からは、60年代ジャズの幕開けを象徴する音と言っても過言ではない。
若干22歳の新人トランペッターの、パワーとセンスが開花した瞬間の記録でもある。
ジャケットは 「開け胡麻(ゴマ)!(Open Sesame!)」 と手を差しのべているフレディ・ハバード。
ここから新たな扉が開かれれるという意味にとれる。
ブルーノート社主のアルフレッド・ライオンの満足した顔が想像できる。
また、ベースのサム・ジョーンズ以外、知名度が低かったという、しかし、これ以降、全員が大きな躍進を遂げていく。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはフレディ・ハバード、1960年6月19日の録音、ブルーノート 4040番、ファースト。共演者は、ピアノがマッコイ・タイナー、テナーサックスがティナ・ブルックス、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがクリフォード・ジャーヴィス。この作品はジャズ史の観点からは、60年代ジャズの幕開けを象徴する音と言っても過言ではない。若干22歳の新人トランペッターの、パワーとセンスが開花した瞬間の記録でもある。ジャケットは 「開け胡麻(ゴマ)!(Open Sesame!)」 と手を差しのべているフレディ・ハバード。ここから新たな扉が開かれれるという意味にとれる。ブルーノート社主のアルフレッド・ライオンの満足した顔が想像できる。また、ベースのサム・ジョーンズ以外、知名度が低かったという、しかし、これ以降、全員が大きな躍進を遂げていく。
(青木高見)





Freddie Hubbard / Goin' Up Freddie Hubbard / Goin' Up

Recorded : November 6, 1960

Personnel :
Freddie Hubbard (tp)
McCoy Tyner (p)
Hank Mobley (ts)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. Asiatic Raes
02. The Changing Scene
03. Karioka
04. A Peck a Sec
05. I Wished I Knew
06. Blues for Brenda

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名 : Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはフレディ・ハバード、1960年11月6日の録音、ブルーノート 4056番。
共演者は、ピアノがマッコイ・タイナー、テナーサックスがハンク・モブレー、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
ブルーノートの社主アルフレッド・ライオンは、フレディ・ハバードのファースト・アルバム 「オープン・セサミ (Open Sesame)Rec : June 19, 1960」 から間髪を入れずにセカンドをリリースさせた。
当時ブルーノートのトランペットは、マイルス・デイヴィスを頂点に、リー・モーガン、ケニー・ドーハム、ドナルド・バードを擁していたがフレディ・ハバードにも大きな期待をかけている。
その証拠に、当時最高といえる共演者をあてがった。
演奏は、まず、居並ぶトランぺッターに負けず劣らずの見事な内容といえる。
ファースト・アルバムを更にスケールアップした感じ、何しろ元気いっぱいがいい。
他のトランペッターの事など、ぜんぜん気にせず、チャキチャキのフレディ・ハバードの個性がグイグイ前に出てくる。
そうかといって、ケニー・ドーハムの曲を持ってくるあたり抜け目ない。
以下、演目の作曲者を明記した。
01. Asiatic Raes / Dorham
02. The Changing Scene / Mobley
03. Karioka / Dorham
04. A Peck a Sec / Mobley
05. I Wished I Knew / Smith
06. Blues for Brenda / Hubbard
ちなみに、ブルーノートで、このアルバムの次のナンバー4057番は、ハンク・モブレーのリーダー作 「Hank Mobley / ロール・コール (Roll Call) 録音日 : 1960年11月13日」。
これにフレディ・ハバードが参加して、恩返し的演奏をしている。
(青木高見)





Freddie Hubbard / Hub Cap Freddie Hubbard / Hub Cap

Recorded : April 9, 1961

Personnel :
Freddie Hubbard (tp)
Jimmy Heath (ts)
Julian Priester (tb)
Cedar Walton (p)
Larry Ridley (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. Hub Cap
02. Cry Me Not
03. Luana
04. Osie Mae
05. Plexus
06. Earmon Jr.
07. Plexus (alternate take)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはフレディ・ハバード、1961年4月9日の録音、ブルーノート 4073番。
共演者は、ピアノがシダー・ウォルトン、テナーサックスがジミー・ヒース、トロンボーンがジュリアン・プリースター、ベースがラリー・リドレー、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
この時期、驚異のスピードで躍進を続けるフレディ・ハバード。
その影にブルーノートのオーナー、アルフレッド・ライオンの思い入れを感じる。
編成で、ドラムがアート・ブレイキーだったら、もうジャズ・メッセンジャーズ。
しかし、ここではフィーリー・ジョー・ジョーンズなのでガラリと変っていい。
ベースのラリー・リドレーの参加は、インディアナ州インディアナポリス生まれの同郷だからだと勝手に想像してみる。
そう言えば、アルバム 「Freddie Hubbard / Blue Spirits」 にも参加している。
思うのは、この年の10月に、ピアノのシダー・ウォルトンとハバードの考えた新しいジャズが、ジャズ・メッセンジャーズ名義 「Mosaic」 で開花する。
ちなみにタイトルの話だが 「ハブ・キャップ (Hub Cap)」 は車のホイールに取りつける金属製のカバーの事だが、ハバードとハブをシャレている。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはフレディ・ハバード、1961年4月9日の録音、ブルーノート 4073番。共演者は、ピアノがシダー・ウォルトン、テナーサックスがジミー・ヒース、トロンボーンがジュリアン・プリースター、ベースがラリー・リドレー、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。この時期、驚異のスピードで躍進を続けるフレディ・ハバード。その影にブルーノートのオーナー、アルフレッド・ライオンの思い入れを感じる。編成で、ドラムがアート・ブレイキーだったら、もうジャズ・メッセンジャーズ。しかし、ここではフィーリー・ジョー・ジョーンズなのでガラリと変っていい。ベースのラリー・リドレーの参加は、インディアナ州インディアナポリス生まれの同郷だからだと勝手に想像してみる。そう言えば、アルバム 「Freddie Hubbard / Blue Spirits」 にも参加している。思うのは、この年の10月に、ピアノのシダー・ウォルトンとハバードの考えた新しいジャズが、ジャズ・メッセンジャーズ名義 「Mosaic」 で開花する。ちなみにタイトルの話だが 「ハブ・キャップ (Hub Cap)」 は車のホイールに取りつける金属製のカバーの事だが、ハバードとハブをシャレている。
(青木高見)





Freddie Hubbard / Ready For Freddie Freddie Hubbard / Ready For Freddie

Recorded : August 21, 1961

Personnel :
Freddie Hubbard (tp)
McCoy Tyner (p)
Wayne Shorter (ts)
Bernard McKinney (euphonium)
Art Davis (b)
Elvin Jones (ds)

Song name :
01. Arietis
02. Weaver of Dreams
03. Marie Antoinette
04. Birdlike
05. Crisis
06. Arietis [Alternate Take / Not part of original LP]
07. Marie Antoinette [Alternate Take / Not part of original LP]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはフレディ・ハバード、1961年8月21日の録音、ブルーノート 4085番。
共演者は、ピアノがマッコイ・タイナー、テナー・サックスのウェイン・ショーター、ユーフォニアムがバーナード·マッキニー、ベースがアート・デイヴィス、ドラムがエルビン・ジョーンズ。
聴きどころは、コルトレーンのマッコイとエルビンの鉄板コンビに、テナー・サックスのウェイン・ショーターに尽きる。
同年の10月になんと二人は、アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズの  「Mosaic」  をリリース。
そう思うと前哨戦の様にも感じる。
ちなみに、マッキニーことキネア・ザワディの楽器 「ユーフォニアム」 は金管楽器の一種で柔らかく丸みのある音が特徴。
(青木高見)





Freddie Hubbard / The Artistry of Freddie Hubbard Freddie Hubbard / The Artistry of Freddie Hubbard

Recorded : July 2, 1962

Personnel :
Freddie Hubbard (tp)
Tommy Flanagan (p)
John Gilmore (ts)
Curtis Fuller (tb)
Art Davis (b)
Louis Hayes (ds)

Song name :
01. Caravan
02. Bob's Place
03. Happy Times
04. Summertime
05. 7th Day

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはフレディ・ハバード、1962年7月2日の録音、インパルス・レーベルからのリリース。
共演者は、ピアノがトミー・フラナガン、テナーサックスがジョン・ギルモア、トロンボーンがカーティス・フラー、ベースがアート・デイヴィス、ドラムがルイ・ヘイズ。
録音当時、フレディ・ハバードはジャズ・メッセンジャーズに籍を置いていた。
そのさなかのインパルス・レーベルからのリリース。
ちなみに1961年11月12月の録音 「Art Blakey and The Jazz Messengers / Buhaina's Delight」 のメンバーを見てみよう。
ピアノがシダー・ウォルトン、トランペットがフレディ・ハバード、音楽監督とテナーサックスがウェイン・ショーター、トロンボーンがカーティス・フラー、ベースがジミー・メリット、ドラムがアート・ブレイキー。
このアルバムの編成と同じだが趣向の異なる三管セクステット。
勝手な想像だが、フレディ・ハバードがアート・ブレイキーとウェイン・ショーター抜きで表現したかった音かもしれない。
演奏は、ジョン・ギルモアの、ねばっこいテナーサックスと、サラリとしたトミー・フラナガンのピアノがいい。
これがブルーノートと違ったインパルスのボブ・シールの音になり成功したと思う。
(青木高見)





Freddie Hubbard / Hub-Tones Freddie Hubbard / Hub-Tones

Recorded : October 10, 1962

Personnel :
Freddie Hubbard (tp)
James Spaulding (as, fl)
Herbie Hancock (p)
Reggie Workman (b)
Clifford Jarvis (ds)

Song name :
01. You're My Everything
02. Prophet Jennings
03. Hub-Tones
04. Lament For Booker
05. For Spee's Sake
06. You're My Everything (*)
07. Hub-Tones (*)
08. For Spee's Sake (*)
(*) Not part of the original LP

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはフレディ・ハバード、1962年10月10日の録音、ブルーノート 4115番。
共演者は、ピアノのハービー・ハンコック、アルト・サックスがジェイムス・スポールディング、ベースがレジナルド・ワークマン、ドラムがクリフォード・ジャーヴィス 。
演奏は、驚異のスピードで突き進むフレディ・ハバードのチャキチャキの音、まさに 「Hub-Tones」。
この頃のフレディ・ハバードは、色々なミュージシャンと精力的に共演している。
ハービー・ハンコックとは  「Takin Off」 「Empyrean Isles」 「Maiden Voyage」 で無くてはならないトランペットとして共演。
果てはその縁で 「V.S.O.P」 までの長い付き合いになる事を、この時の二人は、まだ知らない。
(青木高見)





Freddie Hubbard / The Body and The Soul Freddie Hubbard / The Body and The Soul

Recorded :
March 8, 1963
March 11, 1963
May 2, 1963

Song name : Personnel

[And playing songs]
Freddie Hubbard (tp)
Reggie Workman (b)
Cedar Walton (p)
Wayne Shorter (ts, arr)

01. Body and Soul
Rec : May 2, 1963
Eric Dolphy (as, fl)
Curtis Fuller (tb)
Louis Hayes (ds)

02. Carnival (Manha de Carnaval)
Rec : March 11, 1963
Al DeRisi (tp)
Clark Terry (tp)
Ernie Royal (tp)
Seldon Powell (ts)
Eric Dolphy (as)
Curtis Fuller (tb)
Melba Liston (tb)
Bob Northern (frh)
Robert Powell (tuba)
Jerome Richardson (bs)
Jo Jones (ds)
Charles Davis (ds)

03. Chocolate Shake
Rec : March 8, 1963
Ed Armour (tp)
Richard Williams (tp)
Eric Dolphy (as)
Jerome Richardson (bs)
Bob Northern (frh)
Julius Watkins (frh)
Melba Liston (tb)
Curtis Fuller (tb)
Jo Jones (ds)
10人のバイオリン

04. Dedicated to You
Rec : May 2, 1963
Eric Dolphy (as, fl)
Curtis Fuller (tb)
Louis Hayes (ds)

05. Clarence's Place
Rec : May 2, 1963
Eric Dolphy (as, fl)
Curtis Fuller (tb)
Louis Hayes (ds)

06. Aries
Rec : March 11, 1963
Al DeRisi (tp)
Clark Terry (tp)
Ernie Royal (tp)
Eric Dolphy (as)
Seldon Powell (ts)
Jerome Richardson (bs)
Curtis Fuller (tb)
Melba Liston (tb)
Bob Northern (frh)
Robert Powell (tuba)
Jo Jones (ds)
Charles Davis (ds)

07. Skylark
Rec : March 8, 1963
Ed Armour (tp)
Richard Williams (tp)
Eric Dolphy (as)
Bob Northern (frh)
Julius Watkins (frh)
Melba Liston (tb)
Curtis Fuller (tb)
Jerome Richardson (bs)
Jo Jones (ds)
10人のバイオリン

08. I Got It Bad (And That Ain't Good)
Rec : March 8, 1963
Ed Armour (tp)
Richard Williams (tp)
Eric Dolphy (as)
Jerome Richardson (bs)
Bob Northern (frh)
Julius Watkins (frh)
Curtis Fuller (tb)
Melba Liston (tb)
Jo Jones (ds)
10人のバイオリン

09. Thermo
Rec : March 11, 1963
Al DeRisi (tp)
Clark Terry (tp)
Ernie Royal (tp)
Eric Dolphy (as)
Seldon Powell (ts)
Jerome Richardson (bs)
Curtis Fuller (tb)
Melba Liston (tb)
Bob Northern (frh)
Robert Powell (tuba)
Charles Davis (ds)
Jo Jones (ds)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはフレディ・ハバード、1963年の録音、インパルス・レーベルからのリリース。
フレディ・ハバードのアンサンブル。
アレンジはウェイン・ショーター。
まず驚かされたのが豪華共演者による重厚サウンド。
演目の中に使用された楽器は、トランペットの四管、フレンチ・ホルン、フリューゲル・ホーン、トロンボーンの二管、チューバ。
そして、その楽器を操(あやつ)るアルトサックスのエリック・ドルフィー、テナーサックスのセルダン・パウエルなどなど。
新しい挑戦を次々と実行していくフレディ・ハバード、さぞ満足だったに違いない。
(青木高見)





Freddie Hubbard / Breaking Point Freddie Hubbard / Breaking Point

Recorded : May 7, 1964

Personnel :
Freddie Hubbard (tp)
Ronnie Mathews (p)
James Spaulding (as, fl)
Eddie Khan (b)
Joe Chambers (ds)

Song name :
01. Breaking Point
02. Far Away
03. Blue Frenzy
04. D Minor Mint
05. Mirrors
06. Blue Frenzy (alternate take)
07. Mirrors (alternate take)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはフレディ・ハバード、1964年5月7日の録音、ブルーノート 4172番。
共演者は、ピアノがロニー・マシューズ、アルト・サックスとフルートがジェームス・スポールディング、ベースがエディ・カーン、ドラムがジョー・チェンバース。
ジャズ・メッセンジャーズを飛び出し、新しい仲間とレギュラー・ユニットを結成し臨んだ一枚。
今までの違うコンセプト、音にして、ここに新境地を聴くことができる。
メンバーは若干フリー色があって、飾らず、素朴で、ストレートなミュージシャンが集まっている。
フレディ・ハバードは60年代前後に、エリック・ドルフィーやオーネット・コールマンらのフリージャズにも積極的に参加している。
色々なフォーマットに飛び込むことで、技能を磨いてきた成果がここに出ている。
ジャケットの 「壊れたガラス」 は、ブレーキング・ポイントを誤ると事故を起こす例(たと)えだと勝手に思っている。
ジャズ喫茶が流行っていた頃、よくかかったアルバムでもある。
一機にあの時代の気分に誘(いざな)ってくれる。
(青木高見)





Freddie Hubbard / Blue Spirits + 2 Freddie Hubbard / Blue Spirits + 2

Recorded :
February 19, 1965
February 26, 1965
March 5, 1966

Recorded : Personnel :
February 19, 1965 #01-#02
Freddie Hubbard (tp)
Harold Mabern (p)
James Spaulding (as, fl)
Joe Henderson (ts)
Kiane Zawadi (euphonium)
Larry Ridley (b)
Clifford Jarvis (ds)
Big Black (congas)

February 26, 1965 #03-#05
Freddie Hubbard (tp)
James Spaulding (as, fl)
Kiane Zawadi (euphonium)
McCoy Tyner (p)
Hank Mobley (ts)
Bob Cranshaw (b)
Pete La Roca (ds)

March 5, 1966 #06-#07
Freddie Hubbard (tp)
Herbie Hancock (p, celeste)
Joe Henderson (ts)
Hosea Taylor (bassoon) #07,
Reggie Workman (b)
Elvin Jones (ds)

Song name :
01. Soul Surge
02. Blue Spirits
03. Outer Forces
04. Cunga Black
05. Jodo
06. The Melting Pot (Bonus track on CD)
07. True Colors (Bonus track on CD)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはフレディ・ハバード、1965年と66年録音、ブルーノート 4196番。
所持しているCDは 「Freddie Hubbard / Blue Spirits +2」。
従来のブルーノート(No.4196) NO.84196番に、1966年3月5日録音の二曲が追加された盤。
この二曲が聴きたくて買い直した。
内容は全曲フレディ・ハバードの作曲、一枚で三ッのコンボが楽しめる。
内2つのコンボがフレディ・ハバードの渾身の四管アンサンブル。
これが従来からあった演目。
共演者は。
「#01 Soul Surge」「#02 Blue Spirits」 は、ピアノがハロルド・メイバーン、アルトサックスとフルートがジェームス・スポールディング、テナーサックスがジョー・ヘンダーソン、ユーフォニュームがキネア・ザワディ、ベースがラリー・リドレー、ドラムがクリフォード・ジャーヴィス、コンガがビッグ・ブラック。
「#03 Outer Forces」「#04 Cunga Black」「#05 Jodo」 は、ピアノがマッコイ・タイナー、アルトサックスとフルートがジェームス・スポールディング、テナーサックスがハンク・モブレー、ユーフォニュームがキネア・ザワディ、ベースがボブ・クランショー、ドラムがピート・ラ・ロカ。
「#06 The Melting Pot」「#07 True Colors」 が未発表曲で、ピアノがハービー・ハンコック、テナーサックスがジョー・ヘンダーソン、バスーンがホージア・テイラー、ベースがレジー・ワークマン、ドラムがエルヴィン・ジョーンズ。
聴けば聴くほどフレディ・ハバードの真髄に近づける。
一曲一曲、実によく練られている。
フレディ・ハバードの音色もメロディーもまさにウルトラC。
ただし、フレディ・ハバード・シリーズとして、最初にこれを聴いたら、それはもったいないかもしれない。
できる事なら、最初に「Open Sesame」あたりを聴いて、その次に60年から64年のアルバムを何枚か聴いた後に続いて聴くと、このアルバムの真価がわかる。
また、個性の強いピアニストが変わるだけでも、こんなに変わったイメージになるのも楽しい。
ちなみに演目の「Jodo」は浄土という曲。
日本をイメージした曲だそうだが個人的には、こんな曲名にあえてしなくてもいい。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはフレディ・ハバード、1965年と66年録音、ブルーノートからのリリースNo.4196。
所持しているCDは 「Freddie Hubbard / Blue Spirits +2」。
従来のブルーノート(No.4196) NO.84196番に1966年3月5日録音の二曲が追加された盤。
この二曲が聴きたくて買い直した。
内容は全曲フレディ・ハバードの作曲、一枚で三ッのコンボが楽しめる。
内2つのコンボがフレディ・ハバードの渾身の四管アンサンブル。
これが従来からあった演目。
聴けば聴くほどフレディ・ハバードの真髄に近づける。
一曲一曲、実によく練られている。
フレディ・ハバードの音色もメロディーもまさにウルトラC。
ただし、フレディ・ハバード・シリーズとして、最初にこれを聴いたら、それはもったいないかもしれない。
できる事なら、最初に 「Open Sesame」 あたりを聴いて、その次に60年から64年のアルバムを何枚か聴いた後に続いて聴くと、このアルバムの真価がわかる。
また、個性の強いピアニストが変わるだけでも、こんなに変わったイメージになるのも楽しい。
ちなみに演目の「Jodo」は浄土という曲。
日本をイメージした曲だそうだが個人的には、こんな曲名にあえてしなくてもいい。
(青木高見)





Freddie Hubbard / Red Clay Freddie Hubbard / Red Clay

Recorded : January 27-29, 1970

Personnel :
Freddie Hubbard (tp)
Herbie Hancock (p)
Joe Henderson (ts)
Ron Carter (b)
Lenny White (ds)

Song name :
01. Red Clay
02. Delphia
03. Suite Sioux
04. Intrepid Fox
05. Cold Turkey
06. Red Clay

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはフレディ・ハバード、1970年1月27日から29日の録音、CTIレーベルからのリリース。
フレディ・ハバード70年代の幕開けを象徴するかのような新鮮さがいい。
共演者は、エレピがハービー・ハンコック、テナー・サックスがジョー・ヘンダーソン、ベースがロン・カーター、ドラムがレニー・ホワイト。
演奏は、特にハービー・ハンコックが原動力になっている。
ハービーにとっても、70年代は変革期  「ヘッド・ハンターズ」  へ進化していく時期となる。
個人的には、聴くたびに感触が良かったり悪かったりと変わる、玉虫色の一枚。
難をいえば、ドラムがレニー・ホワイトでなく、イドリス・ムハンマドあたりだったら、もっとアンダー色が強まったと思う。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはフレディ・ハバード、1970年CTIレーベルの録音。フレディ・ハバード70年代の幕開けを象徴するかのような新鮮さと斬新さが凄い。共演者は、エレピがハービー・ハンコック、テナー・サックスがジョー・ヘンダーソン、ベースがロン・カーター、ドラムがレニー・ホワイト。演奏は、特にハービー・ハンコックの参加が原動力になる。ハービーにとって、70年代は変革期 「ヘッド・ハンターズ」 へ進化していく時期と重なる。個人的には、聴くたびに感触が良かったり悪かったりと変わる、玉虫色の一枚。難をいえば、ドラムがレニー・ホワイトでなく、イドリス・ムハンマドあたりだったら、もっとアンダー色が強まったと思う。
(青木高見)





Freddie Hubbard / The Rose Tattoo Freddie Hubbard / The Rose Tattoo

Recorded : December 9-10, 1983

Personnel :
Freddie Hubbard (tp)
Kenny Barron (p)
Ricky Ford (ts)
Cecil McBee (b)
Joe Chambers (ds)

Song name :
01. When You Wish Upon a Star
02. Poor Butterfly
03. My Romance
04. Embraceable You
05. Rose Tattoo
06. Time After Time
07. My Foolish Heart

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはフレディ・ハバード、1983年12月9日・10日録音、日本の企画CD。
邦題タイトルは  「バラの刺青(いれずみ)」。
共演者は、ピアノがケニー・バロン、テナー・サックスがリッキー・フォード、ベースがセシル・マクビー、ドラムがジョー・チェンバース。
演目は、日本で人気のあるスタンダードを全てミュートで吹かせた。
感想は、全体が悲しいかな小粒。
レコード会社の売りたいがためのお仕着せが、小粒にさせてしまった。
「ハ~イ! 演奏しましたョ」  的が、マジでつらい。
ただ、流して聴けば豪華共演者がすごいので聴ける、が、やはりつまらない。
(青木高見)





Freddie Hubbard / Topsy Freddie Hubbard / Topsy

Recorded : December 10-11, 1989

Personnel :
Freddie Hubbard (tp)
Benny Green (p)
Kenny Garrett (as)
Rufus Reid (b)
Carl Allen (ds)

Song name :
01. Topsy
02. Caravan
03. As Time Goes by
04. Cherokee
05. Black Orpheus
06. Love Me or Leave Me
07. All of You
08. Golden Earrings
09. Lament

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはフレディ・ハバード、1989年12月10日・11日録音、日本の企画CD。
1983年 「The Rose Tattoo」 でも、懲りない日本人のお仕着せを、外人タレントに再度やる。
「嫌なら買わなきゃいいっじゃん!」  てかッ!
ところが、フレディ・ハバードは好きなので、つい買ってしまった。
共演者は、ピアノがベニー・クリーン、アルトサックスがケニー・ギャレット、ベースがルーファス・リード、ドラムがカール・アレン。
おお、何とも素晴らしい豪華な共演者だ。
いったい、いくらお金を支払ったんだろ。
だが、当のフレディ・ハバードは、例によって、今ひとつ覇気がない。
「はい! いちょう演奏しました、お金、早くクダサ~イ!」
ほら、言ったこちゃない。
もう、完全、なめられている。
腹立ちまぎれに、もう一つ苦言を。
アルバムジャケットのデザインに関して。
日本におけるフレディ・ハバードのファンは他国に負けないほど多いと思う。
「The Rose Tattoo」 と 「Topsy」 は、我が国の企画でフレディ・ハバードの長い演奏活動の中でも後半の重要な位置をしめるものである。
にもかかわらず、このヤル気のないジャケットはっ、何だこりゃ!
自分のコレクションの中でも、おそらくワースト・ワンのジャケット・デザイン入り。
フレディ・ハバードの事を考えると、申し訳なくてホント、泣けてくる。
いっそのこと、海賊盤みたいに、白地にアルバム名だけタイプした方がよっぽどいい。
こんなジャケットしか作れない以上、世界からジャズ国日本が馬鹿にされても、しかたない。
ホント! たのむよ!
(青木高見)





Freddie Hubbard / Blues For Miles Freddie Hubbard / Blues For Miles

Recorded : April 3-4, 1992

Personnel :
Freddie Hubbard (tp)
Billy Childs (p)
Tony Dumas (b)
Ralph Penland (ds)

Song name :
01. The Thrill Is Gone
02. I'm a Fool to Want You
03. Come Rain or Come Shine
04. Autumn Leaves
05. Gypsy Lament
06. Blues for Miles
07. Skylark
08. Tenderly

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・ハバード (Freddie Hubbard 出生名:Frederick Dewayne Hubbard 1938年4月7日~2008年12月29日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはフレディ・ハバード、1992年4月3日・4日の録音。
54歳のフレディ・ハバードがマイルスに捧げたトランペット。
ジャズ・トランペットの巨匠マイルス・デイヴィスは、この録音の前年1991年9月28日に亡くなった。
この時期、フレディ・ハバードは来日して 「キーストン・コーナー(東京原宿)」 に出演。
この録音は、その時のメンバーで収録された。
当初このユニットには、テナーのジョー・ヘンダーソンの参加が予定されていたと、ライナーにある。
もしアルバムにジョーヘンが加わっていたら、趣はだいぶ違っただろう。
しかし、ある意味、ワンホーンになったので満足。
それにしても、所持しているジャケット・デザインがダサい。
その為か、最近刷新された。
店で刷新されたジャケットを手に取って見た。
すると、いま所持している、ダサい青ジャケットが愛(いと)おしくなってくるから、へそ曲がり。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲