青木高見のジャズコレクション Idris Muhammad (ds) or Leo Morris イドリス・ムハンマド


寸評
イドリス・ムハンマド (レオ・モリス) (Idris Muhammad (Leo Morris) 1939年11月13日~) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのドラマー。
数々のジャズ・ファンク・セッションに参加したドラマー、もちろんジャズも上手い。
特徴はアーシーな音を出せる事。
本人の名前 「レオ・モリス」 は1960年代にイスラム教への改宗で 「イドリス・ムハンマド」 となった。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】
John Hicks / Sweet Love Of Mine Donald Byrd / Fancy Free

【以下コンテンツ】


Idris Muhammad / Black Rhythm Revolution + Peace and Rhythm (CDBGPD046) Idris Muhammad / Black Rhythm Revolution + Peace and Rhythm (CDBGPD046)

Recorded :
1970
1971

Song name and Personnel :
01. Express Yourself
02. Soulful Drums
03. Super Bad
04. Wander
05. By The Red Sea
Idris Muhammad (ds)
Virgil Jones (tp)
Clarence Thomas (ts, ss)
Harold Mabern (el-p)
Melvin Sparks (g)
Jimmy Lewis (el-b)
Buddy Caldwell (congas)

06. Peace
07. Rhythm
Idris Muhammad (ds)
Virgil Jones (tp) Clarence Thomas (ts, ss, fl, bells)
Willie Bivins (Vibraphone)
Kenny Barron (electric eiano)
Ron Carter (b)
Angel Allende (per, timbales)
Buddy Caldwell (congas)

08. Brother You Don't Know You're Doing Wrong
09. Don't Knock My Love - Part 1
10. I'm A Believer
Idris Muhammad (ds)
Virgil Jones (tp)
Clarence Thomas (ts, ss)
Melvin Sparks (g)
Alan Fontaine (g)
Jimmy Lewis (el-b)
Ron Carter (b)
Buddy Caldwell (congas)
Sakinah Muhammad (vo)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : イドリス・ムハンマド (レオ・モリス) (Idris Muhammad (Leo Morris)  1939年11月13日~) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのドラマー。
アルバムは1970年イドリス・ムハンマドのファースト 「Black Rhythm Revolution」 と、1971年のセカンド 「Peace and Rhythm」 の二枚が一緒になったCD。
共演者は、エレピがハロルド・メイバーンとケニー・バロン、ベースがロン・カーターとジミー・ルイス、その他スピリチュアルな演奏を得意とするミュージシャン。
演奏は、冒頭の一瞬から独特の世界に引き込まれる。
ジャズ・ファンクの、うねるようなドラムは他のドラマーとは違う。
同じドラムセットなのに何故もこうも音が違うのか。
そこらへんがドラムを叩くために生まれてきた天才イドリス・ムハンマド。
最初に、この人のドラムが、ただ者ではないと感じたのがルー・ドナルドソンのアリゲーターなのだから恐れ入った。
なお、本人の名前 「レオ・モリス」 は1960年代にイスラム教への改宗で 「イドリス・ムハンマド」 の経緯がある。
ちなみにヴォーカルの 「サキナ・ムハンマド」 は奥様。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : 1970年イドリス・ムハンマドのファースト「Black Rhythm Revolution」と、1971年のセカンド「Peace and Rhythm」の二枚が一緒になった一枚で大変お徳。共演者はエレピがハロルド・メイバーンとケニー・バロン、ベースがロン・カーターとジミールイス、その他スピリチュアルな演奏を得意とするミュージシャン。演奏は、冒頭の一瞬から独特の世界に引き込まれる。何と凄いドラマーなんだ!
(青木高見)





Idris Muhammad / Power Of Soul Idris Muhammad / Power Of Soul

Released : November 1974

Personnel :
Idris Muhammad (ds)
Bob James (key, arr, cond)
Grover Washington Jr. (ts, ss)
Randy Brecker (tp, flh)
Joe Beck (g)
Gary King (b)
Ralph MacDonald (per)

Song name :
01. Power of Soul
02. Piece of Mind
03. The Saddest Thing
04. Loran's Dance

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : イドリス・ムハンマド (レオ・モリス)(Idris Muhammad (Leo Morris) 1939年11月13日~) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのドラマー。
アルバムはイドリス・ムハンマド、1974年11月のリリース。
共演者は、編曲と指揮がボブ・ジェームス、テナー・ソプラノサックスがグローヴァー・ワシントンJr、トランペットとフリューゲルがランディー・ブレッカー。
ギターがジョー・ベック、ベースがゲイリー・キング、パーカーションがラルフ・マクドナルド。
それにしてもカッコいい。
イドリス・ムハンマドいい。
顔がタリバンしてる。
フュージョン・コレクターは、こういうアルバムを、影で聴いて悦に浸っていると聞くが、憎らしいね~。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : イドリス・ムハンマド、1974年のリリース。
共演者は編曲と指揮がボブ・ジェームス、テナー・ソプラノサックスがグローヴァー・ワシントンJr、トランペットとフリューゲルがランディー・ブレッカーほか。
それにしてもカッコよすぎ。イドリス・ムハンマド恐るべし。
こういうアルバムは、あまり人に教えたくない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲