・" 青木高見(あんちゃん)のジャズ・コレクション・ウェブサイト / 【 Ron Carter 】

青木高見のジャズコレクション Ron Carter (b) ロン・カーター

寸評
ロン・カーター (Ron Carter 1937年5月4日~) はアメリカ合衆国ミシガン州生まれのジャズ・ベース奏者。
ロン・カーターのクラシック好きは特に有名。
中でもバッハの研究は一流。
過去に人種差別でオーケストラに入団できなかった事など思うと実に不憫(ふびん)。
人種差別の屈辱があったからからこそ、不屈の精神で今の地位を築いたともいえる。
静かな風貌と、安定したベースワークは多くのミュージシャンからの信頼も厚く、多くの共演を行ってきた。
2004年にバークリー音楽大学より名誉博士号を授与。
現在も現役、ロン・カーターこそ、世界最高峰のジャズ・ベーシストといえる。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】
        sell


【以下コンテンツ】


Ron Carter / Anything Goes Ron Carter / Anything Goes

(注) このアルバムはロン・カーターのリーダーアルバム扱いとしています。
アルバムタイトルが 「Anything Goes」 作曲家コール・ポーターのため 「 Cole Porter 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : June and July 1975

Released : 1975

Personnel :
Ron Carter (b, piccolo-bass, arr)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Dave Matthews (arr)
Don Grolnick (el-p)
Richard Tee (org)
Eric Gale (el-g)
Randy Brecker (tp)
Alan Rubin (tp, flh)

Hubert Laws (fl)
Michael Brecker (ts)
Phil Woods (as)
Barry Rogers (tb)
Steve Gadd (ds) #01
Jimmy Madison (ds) #02-#06
Ralph MacDonald (congas, per)
George Devens (per)
Arthur Jenkins (per)
Patti Austin (vo)
Marilyn Jackson (vo)
Maeretha Stewart (vo) #01, #06

Song name :
01. Anything Goes (Cole Porter)
02. De Samba
03. Baretta's Theme (Keep Your Eye on the Sparrow) (Dave Grusin, Morgan Ames)
04. Can't Give You Anything (But My Love) (Luigi Creatore, Hugo Peretti, George David Weiss)
05. Quarto Azul
06. Big Fro

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ロン・カーター (Ron Carter 1937年5月4日~) はアメリカ合衆国ミシガン州生まれのジャズ・ベース奏者。
コール・ポーター (Cole Porter 出生名 : Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日) はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
アルバムはロン・カーター、1975年6月・7月の録音、1975年 KUDUレーベルからのリリース。
共演者は、エレピがドン・グロルニック、オルガンがリチャード・ティー、ギターがトランペットがランディー・ブレッカー、フルートがヒューバート・ロウズ、テナーサックスがマイケル・ブレッカー、アルトサックスがフィル・ウッズ、ドラムがスティーヴ・ガッド、パーカッションがラルフ・マクドナルドほか。
アルバムタイトルが作曲家コール・ポーターの 「Anything Goes」 なのでコール・ポーター集だと思っていたら最初の1曲のみでガッカリ。
この豪華な共演者達、演奏を聴いてみるとジャズではなくフュージョン。
アレンジャーがデイヴ・マッシューズで、演奏家のクロスオーバーにロン・カーターの意外な一面を見た。
考えてみれば、リチャード・ティー、エリック・ゲイル、ヒューバート・ロウズ、ブレッカー兄弟とくれば、聴く前から音は想像できたが、タイトルの 「Anything Goes」 に惑わされた。
出来れな、やはりロン・カーターのコール・ポーター・ソングブックにしてほしかった。
(青木高見)





Ron Carter / Pastels Ron Carter / Pastels

Recorded : October 18-19, 1976

Personnel :
Ron Carter (b, piccolo-b, arr)
Don Sebesky (cond, arr)
Kenny Barron (p) #01, #03-#05
Hugh McCracken (el-g, acoustic-g, harmonica) #01, #03-#05
Harvey Mason (ds) #01, #03-#05
Sanford Allen (concertmaster)
Virginia Baker (vln)
Myra Bucky (vln)
Fei-Pang Ching (vln)
Ronald Erickson (vln)
Daniel Kobialka (vln)
Roy Oakley Jr. (vln)
Nathan Rubin (vln)
Emily Van Valkenburgh (vln)
Mark Volkert (vln)
Arthur Bauch (viola)
Denis DeCoteau (viola)
Daniel Yale (viola)
Garfield Moore (cello)
Kermit Moore (cello)
Melinda Ross (cello)

Song name :
01. Woolaphant
02. Ballad
03. One Bass Rag
04. Pastels
05. 12 + 12

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ロン・カーター (Ron Carter 1937年5月4日~) はアメリカ合衆国ミシガン州生まれのジャズ・ベース奏者。
アルバムはロン・カーター、1976年10月18日・19日の録音、マイルストーン・レーベルからのリリース。
共演者は、指揮と編曲がドン・セベスキー、その他オーケストラ、ピアノがケニー・バロン、ギターとハーモニカがヒュー・マクラッケン、ドラムがハーヴィー・メイソン。
演奏は、当時のロン・カーターが考える音楽。
元々クラシックに精通していたため、バッハの香り、朝の澄んだ空気の様なBGM風の明るさが独特の世界感を生み出している。
親日家で日本へは何回も来日、熱狂的なファンを持つ。
ジャズ界の生き証人、2004年にバークリー音楽大学より名誉博士号を授与された。
(青木高見)





Ron Carter / Friends Ron Carter / Friends

Recorded : 1993

Personnel :
Ron Carter (b)
Kenny Barron (p)
Hubert Laws (fl)
Steve Scott (p)
Lewis Nash (ds)
Steve Kroon (per)
Alison Deane (p)
and others

Song name :
01. Minuet In Central Park
02. Minor Mood
03. Friends
04. D'jango
05. Freefall
06. The Beginning
07. ACK, Vermeland Du Skona
08. Opus One Point Five
09. Vagabond Visio

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ロン・カーター (Ron Carter 1937年5月4日~) はアメリカ合衆国ミシガン州生まれのジャズ・ベース奏者。
アルバムはロン・カーター、1993年の録音、アルバムタイトル通り、気心知れた友人とスタンダードを演奏したリーダーアルバム。
共演者は、ピアノがケニー・バロン、フルートがヒューバート・ローズ、ドラムがルイス・ナッシュ、その他チェロ四重奏団ほか。
ロン・カーターのクラシック好きは特に有名。
中でもバッハの研究は一流だと聞く。
過去に人種差別でオーケストラに入団できなかった事など、思うと不憫(ふびん)でならない。
しかし、その屈辱があったからからこそ、不屈の努力で今の地位を獲得したともいえる。
もの静かな風貌と、安定したベース・ワークは多くのミュージシャンとの共演を残している。
ジャズ史に於いても、ロン・カーターのベーシストとしての存在は大きい。
現在も現役で、誰もが認める、世界最高峰のジャズ・ベーシストといえる。
2004年にバークリー音楽大学より 「名誉博士号」 を授与された。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはロン・カーター、1993年の録音でアルバムタイトル通り、気心知れた友人とスタンダードを演奏したリーダーアルバム。ロン・カーターのクラシック好きは特に有名だが、その中でもバッハの研究は一流という。もの静かな風貌と、安定したベース・ワークで多くのミュージシャンと共演している。ジャズ史に於いても、ロン・カーターのベーシストとしての存在は大きい。現在も現役で、誰もが認める、世界最高峰のジャズ・ベーシストといえる。
(青木高見)





Jim Hall / Alone Together Jim Hall / Alone Together

(注) このアルバムはジム・ホールのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの  「 Jim Hall 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : August 4, 1972

Personnel :
Jim Hall (g)
Ron Carter (b)

Song name :
01. St. Thomas
02. Alone Together
03. Receipt, Please
04. I'll Remember April
05. Softly, As in a Morning Sunrise
06. Whose Blues?
07. Prelude to a Kiss
08. Autumn Leaves

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジム・ホール  (James Stanley Hall 1930年12月4日~2013年12月10日)  はアメリカ合衆国ニューヨーク州バッファロー生まれのジャズ・ギタリスト。
ロン・カーター (Ron Carter 1937年5月4日~) はアメリカ合衆国ミシガン州生まれのジャズ・ベース奏者。
アルバムはジム・ホールとロン・カーター、1972年8月4日ニューヨークの 「プレイボーイ・クラブ」 でのデュオ・ライブ。
ギターとベース(コントラバス)は弦楽器で、その特性は同じ。
しかし、デュオとなると相当な技術がないと飽きてしまう。
その点、まったく飽きさせないのは2人の技術の高さによる。
意外なのは、お客さんが静かなこと、拍手も必要最小限、こんな事ってあるんだなあ。
当然、会場ではライブを収録すると言われていたのだろう。
また、CD化に伴いデジタルのノイズ・リダクションの精度も今や凄いものがある。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲