青木高見のジャズコレクション Eddie Harris (ts, org) エディ・ハリス


寸評
エディ・ハリス (Eddie Harris 1934年10月20日~1996年11月5日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのテナーサックス、ヴァリトーン(varitone)、ピアノ、オルガン奏者。
ヴァリトーン(varitone)とは、テナーサックスを電気的に増幅した楽器、エディ・ハリスが開発したとされる。
父はキューバ 、母はニューオーリンズ生まれ、根底にモダン・ジャズ、ソウル、R and B、ファンクなどが流れ、演奏に精神性がある。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Eddie Harris / The In Sound Eddie Harris / The In Sound

Recorded : August 9 and 30, 1965

Personnel :
Eddie Harris (p)
Cedar Walton (p)
Ray Codrington (tp)
Ron Carter (b)
Billy Higgins (ds)

Song name :
01. Love Theme from "The Sandpiper" (The Shadow Of Your Smile)"
02. Born to Be Blue"
03. Love for Sale
04. Cryin' Blues
05. 'S Wonderful
06. Freedom Jazz Dance

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エディ・ハリス (Eddie Harris 1934年10月20日~1996年11月5日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのテナーサックス、ヴァリトーン(varitone)、ピアノ、オルガン奏者。
アルバムはエディ・ハリス、1965年8月9日・30日の録音、アトランティック・レコードからのリリース。
共演者は、ピアノがシダー・ウォルトン、トランペットがレイ・コドリントン、ベースがロン・カーター、ドラムがビリー・ヒギンス。
ここではまだ、電気サックスのヴァリトーン(varitone)は出てこない。
器用なエディ・ハリスが、ほぼレギュラー化の仲間と、気持ち良さそうな演奏がこちらにも伝わって心地(ここち)よい。
演目の最後はマイルス・デイヴィスでも有名な 「Freedom Jazz Dance」 が収録されている。
(青木高見)





Eddie Harris / Mean Greens Eddie Harris / Mean Greens

Recorded :
March 8, 1966  #01
March 9, 1966  #02 - #04
June 7, 1966  #05 - #07

Personnel :
Eddie Harris (ts, el-p)
Ray Codrington (tp, per)

#01 - #04
Cedar Walton (p)
Ron Carter (b)
Billy Higgins (ds)

#05 - #07
Sonny Phillips (org)
Melvin Jackson (b)
Bucky Taylor (ds)
Ray Barretto (congas, bongos)

Song name :
01. Mean Greens
02. It Was a Very Good Year
03. Without You
04. Yeah Yeah Yeah
05. Listen Here
06. Blues in the Basement
07. Goin' Home

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エディ・ハリス (Eddie Harris 1934年10月20日~1996年11月5日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのテナーサックス、ヴァリトーン(varitone)、ピアノ、オルガン奏者。
アルバムはエディ・ハリス、1966年3月8日・9日、6月7日の録音、アトランティックの音源、ワーナーミュージック・ジャパンより日本発CD化。
メンバーは全曲通しが、テナーサックスとエレ・ピがエディ・ハリス、トランペットがレイ・コドリントン。
1966年3月8日・9日 ピアノがシダー・ウォルトン、ベースがロン・カーター、ドラムがビリー・ヒギンズ。
1966年6月7日 オルガンがソニー・フィリップス、ベースがメルヴィン・ジャクソン、ドラムがバッキー・テイラー、パーカッションがレイ・バレット。
この様に演奏は2つのユニットによるダンサンブルでソウル・ファンキーなジャズ。
演目の3曲はエレ・ピで演奏している。
考え様によっては音作りが 「1966年」 している。
1966年は、ロックがジャズを抑えて台頭してきた年になる。
1966年の全米ロックのヒットチャートを見てみよう。
1. ペット・サウンズ  /  ザ・ビーチ・ボーイズ
2. リボルバー  /  ビートルズ
3. デイドリーム  /  ラヴィン・スプーンフル
4. アフターマス  /  ローリング・ストーンズ
5. サウンド・オブ・サイレンス  /  サイモン&ガーファンクル
エディ・ハリスも、人気だったロックの影響を受けていないといったら嘘になる。
その他、R and B、ソウル、ブルースの香りがする。
エディ・ハリス以外、ジャズ界も少なからずロックの影響を受けた。
巨匠マイルス・ディヴィスでさえ、ロックの爆発的人気理由を、かなり分析し音作りに反映している。
今では、色々なジャンルを聴くのは当たり前だが、当時のリスナーは、けっこう住み分けをしていて、ジャンルは厚い壁で仕切られていた様に思う。
自分もロックが好きで当時、ブラスの入ったシカゴやBSTなどをロックじゃないと毛嫌いした。
今、ものすごく反省している。
(青木高見)





Eddie Harris / The Tender Storm Eddie Harris / The Tender Storm

Recorded :
March 8, 1966
September 19, 1966

Personnel :
Eddie Harris (ts, varitone)
Cedar Walton (p)
Ron Carter (b)
Billy Higgins  #05
Bobby Thomas (ds)  #01-#04, #06

Song name :
01. When a Man Loves a Woman
02. My Funny Valentine
03. Tender Storm
04. On a Clear Day (You Can See Forever)
05. A Nightingale Sang in Berkeley Square
06. If Ever I Would Leave You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エディ・ハリス (Eddie Harris 1934年10月20日~1996年11月5日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのテナーサックス、ヴァリトーン(varitone)、ピアノ、オルガン奏者。
アルバムはエディ・ハリス、1966年3月8日・9月19日の録音、アトランティックの音源、ワーナーミュージック・ジャパンより日本発CD化。
共演者は、ピアノがシダー・ウォルトン、ベースがロン・カーター、ドラムがボビー・トーマスとビリー・ヒギンズ。
ヴァリトーン(varitone)という楽器を聴く事ができる。
ヴァリトーン(varitone)は、サックスの音を電気的に出来る楽器。
聴いたところ、音色はサックスなのだがプラスチック的な音が、もう1音鳴っている感じ。
冒頭の曲 「When a Man Loves a Woman」 はパーシー・スレッジの 「男が女を愛する時」 もユニーク。
エディ・ハリスの音は、根底にモダン・ジャズ、その他に、R and B、ソウル、ファンクのテイストを感じる。
今までに聴いたことのない、ユニークなミュージシャンといえる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲