青木高見のジャズコレクション Leroy Vinnegar (b) リロイ・ヴィネガー


寸評
リロイ・ヴィネガー (Leroy Vinnegar 1928年7月13日~1999年8月3日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・ベーシスト。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】
Anita O'day An Evening With Anita O'day

【以下コンテンツ】


Leroy Vinnegar / Leroy Walks! Leroy Vinnegar / Leroy Walks!

Recorded :
July 15, 1957 #01, #04
September 16, 1957 #03, #05, #06
September 23, 1957 #02, #07

Personnel :
Leroy Vinnegar (b)
Carl Perkins (p)
Victor Feldman (Vib)
Gerald Wilson (tp)
Teddy Edwards (ts)
Tony Bazley (ds)

Song name :
01. Walk On
02. Would You Like To Take A Walk
03. On The Sunny Side Of The Street
04. Walkin
05. Walkin' My Baby Back Home
06. I'll Walk Alone
07. Walkin' By The River

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : リロイ・ヴィネガー(Leroy Vinnegar 1928年7月13日~1999年8月3日)はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・ベーシスト。
アルバムはリロイ・ヴィネガー、1957年7月・9月の録音、ファースト・アルバム。
共演者は、ピアノがカール・パーキンス、ヴィブがビクター・フェルドマン、トランペットがジェラルド・ウイルソン、テナーサックスがテディ・エドワース、ドラムがトニー・バズレー。
演目は、リロイ・ヴィネガーの真骨頂ともいえる 「ウォーキング・ベース」 にちなんだ曲が並ぶ。
ウォーキング・ベースとは、四分音符で、ボン、ボン、ボン、ボンと一定のテンポキープで歩いている様なリズムの奏法。
リロイ・ヴィネガーは、このウォーキング・ベースを得意とするベーシストだった。
意外なのは、これを独学で身につけたと云うから恐れ入ってしまう。
演奏は、ベーシストのリーダー作なのに出しゃばってガンガンやらない所がいい。
そしてベテランの共演者が、いい味を出して倍楽しめる。
全員が 「俺が俺が」 が極端に少ないジャズは隠れた名盤といえる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはリロイ・ヴィネガー、1957年7月・9月の録音、ファースト・アルバム。共演者は、ピアノがカール・パーキンス、ヴィブがビクター・フェルドマン、トランペットがジェラルド・ウイルソン、テナーサックスがテディ・エドワース、ドラムがトニー・バズレー。演目は、リロイ・ヴィネガーの真骨頂ともいえる 「ウォーキング・ベース」 にちなんだ曲が並ぶ。ウォーキング・ベースとは、四分音符で、ボン、ボン、ボン、ボンと一定のテンポキープで歩いている様なリズムの奏法。リロイ・ヴィネガーは、このウォーキング・ベースを得意とするベーシストだった。意外なのは、これを独学で身につけたと云うから恐れ入ってしまう。演奏は、ベーシストのリーダー作なのに出しゃばってガンガンやらない所がいい。そしてベテランの共演者が、いい味を出して倍楽しめる。全員が 「俺が俺が」 が極端に少ないジャズは隠れた名盤といえる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲