青木高見のジャズコレクション Stan Levey (ds) スタン・レヴィー(リーヴィー)


寸評
スタン・レヴィー(リーヴィー) (Stan Levey 1926年4月5日~2005年4月19日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのジャズ・ドラマー。
50年代を中心に西海岸を拠点に活躍した。
特記すべきは、スタン・ケントン楽団に籍を置いていた事。
粋で正確な独特なセンスが特徴と言える。
〈青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】
Frank Rosolino Frank Rosolino Quintet (vsop #16CD Mode 107)

【以下コンテンツ】


Stan Levey / Grand Stan Stan Levey / Grand Stan

Recorded : November 1954

Personnel :
Stan_levey (ds, leader)
Sonny Clark (p)
Conte Candoli (tp)
Richie Kamuca (ts)
Frank Rosolino (tb)
Leroy Vinnegar (b)

Song name :
01. Yesterdays
02. Angel Cake
03. Why Do I Love You
04. Grand Stan
05. Hit That Thing
06. Blues At Sunrise
07. A Gal In Calico
08. Tiny's Tune

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スタン・レヴィー(リーヴィー) (Stan Levey 1926年4月5日~2005年4月19日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのジャズ・ドラマー。
アルバムはスタン・レヴィー(リーヴィー)、1954年11月の録音、ベツレヘム・レーベルからのリリース。
共演者は、ピアノがソニー・クラーク、トランペットがコンテ・キャンドリ、テナーサックスがリッチー・カミューカ、トロンボーンがフランク・ロソリーノ、ベースがリロイ・ヴィネガー。
西海岸のジャズシーンの名ドラマーとして活躍したスタン・レヴィー(リーヴィー)のリーダー作。
共演者がいい、ピアノのソニー・クラーク、百戦練磨のシブい三管、ベースのリロイ・ヴィネガー。
この編成、どこに不満があろうか。
強力なメンバーに囲まれて、明るいスタン・レヴィーのドラムが冴える。
ジャズ大国のアメリカで50年代、上手いドラマーとなると意外に少ない。
それも白人で、明るい音が出せるドラマーとなると、さらに少なくなる。
そんな希少な一人が、スタン・レヴィー(リーヴィー)といえる。
余談だが、スタン・レヴィー(リーヴィー)、コンテ・キャンドリ、リッチー・カミューカ、フランク・ロソリーノはスタン・ケントン・オーケストラ出身。
その点を考えると演奏は、お互いに手の内を知り尽くした仲で、言わばOB会の様なもの。
それが、音に安心感を与え、極上のジャズが生まれる。
(青木高見)





Stan Levey / This time the drum's on me Stan Levey / This time the drum's on me

Recorded : September 27-28, 1955

Personnel :
Stan Levey (ds)
Lou Levy (p)
Dexter Gordon (ts)
Conte Candoli (tp)
Frank Rosolino (tb)
Leroy Vinnegar (b)

Song name :
01. Diggin' for Diz
02. Ruby, My Dear
03. Tune-Up
04. La Chaloupee (From Tales of Hoffmann)
05. Day in and Day Out
06. Stanley the Steamer
07. This Time the Drum's on Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スタン・レヴィー(リーヴィー) (Stan Levey 1926年4月5日~2005年4月19日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのジャズ・ドラマー。
アルバムはスタン・レヴィー(リーヴィー)、1955年9月27日・28日の録音、ベツレヘム・レーベルからのリリース、豪華メンバーを従えたリーダー作。
共演者は、ピアノがルー・レビー、トランペットがコンテ・カンドリ、テナー・サックスがデクスター・ゴードン、トロンボーンがフランク・ロソリーノ、ベースがリロイ・ヴィネガー。
ライナーにドラムの前に立つスタン・レヴィーの写真が載っているが、必要最小限のドラムセットでこの音を出すのだから凄い。
演奏は、リーダー作なのに前面に出ることなくバックに徹しているところが凄くて鳥肌が立つ。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはスタン・レヴィー(リーヴィー)、1955年9月27日・28日の録音、ベツレヘム・レーベルからのリリース、豪華メンバーを従えたリーダー作。共演者は、ピアノがルー・レビー、トランペットがコンテ・カンドリ、テナー・サックスがデクスター・ゴードン、トロンボーンがフランク・ロソリーノ、ベースがリロイ・ヴィネガー。ライナーにドラムの前に立つスタン・レヴィーの写真が載っているが、必要最小限のドラムセットでこの音を出すのだから凄い。演奏は、リーダー作なのに前面に出ることなくバックに徹しているところが凄くて鳥肌が立つ。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲