青木高見のジャズコレクション Richie Kamuca (ts) リッチー・カミューカ


寸評
リッチー・カミューカ (Richie Kamuca 本名 : Richard Kamuca 1930年7月23日~1977年7月22日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・サックス奏者。
1951年から1953年にスタン・ケントン楽団に在籍。
1954年から1955年はウディ・ハーマン楽団に在籍。
1969年にサド・メル楽団にも席を置く。
その間、西海岸、東海岸を行き来して、多くのミュージシャンとの共演歴が多い。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】
Frank Rosolino Frank Rosolino Quintet (vsop #16CD Mode 107)

【以下コンテンツ】


Bill Perkins And Richie Kamuca / Tenors Head On Bill Perkins And Richie Kamuca / Tenors Head On

(注) このアルバムはビル・パーキンスのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Bill Perkins 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
July 1956 #01-#08
October 29, /1956 #09-#13

Personnel :
Bill Perkins (ts, bass-clarinet, fl)
Richie Kamuca (ts)
Hampton Hawes (p) #09-#13
Pete Jolly (p) #01-#08
Red Mitchell (b)
Mel Lewis (ds) #09-#13
Stan Levey (ds) #1-#08

Song name :
01. Cotton Tail
02. I Want A Little Girl
03. Blues For Two
04. Indian Summer
05. Don't Be That Way
06. Oh! Look At Me Now
07. Spain
08. Pick A Dilly
09. Solid De Sylva
10. Just Friends
11. All Of Me
12. Limehouse Blues
13. Sweet And Lovely

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ビル・パーキンズ (Bill Perkins 本名 : William Reese ''Bill'' Perkins 1924年7月22日~2003年8月9日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ生まれのジャズ・サックス、フルート奏者。
リッチー・カミューカ (Richie Kamuca 本名 : Richard Kamuca 1930年7月23日~1977年7月22日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・サックス奏者。
アルバムはビル・パーキンズとリッチー・カミューカ、1956年の録音、二人の貴重な共演。
共演者は、ピアノがハンプトン・ホースとピート・ジョリー、ベースがレッド・ミッチェル、ドラムがメル・ルイスとスタン・レヴィー。
まったく心配のない共演者に支えられて存分にジャズを楽しんでいる演奏がいい。
ビル・パーキンスもリッチー・カミューカも、共に大型バンドで研鑽してきた実力者。
アルバムジャケットで二人の中に金髪の美女がいるのを最近になって気付いた。
(青木高見)





Richie Kamuca / The Richie Kamuca Quartet Richie Kamuca / The Richie Kamuca Quartet

Recorded : June 1957

Personnel :
Richie Kamuca (ts)
Carl Perkins (p)
Leroy Vinnegar (b)
Stan Levey (ds)

Song name :
01. Just Friends
02. Rain Drain
03. What's New
04. Early Bird
05. Nevertheless
06. My one and only love
07. Fire One
08. Cherokee

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : リッチー・カミューカ (Richie Kamuca 1930年7月23日~1977年7月22日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
アルバムはリッチー・カミューカ、1957年の録音。
共演者はピアノがカール・パーキンス、ベースがリロイ・ヴィネガー、ドラムがスタン・レヴィー。
演奏は西海岸の名手をバックにリッチー・カミューカのワンホーンを楽しめる。
ハード・ブロウなのだが明るく元気になってしまうのは、やはり土地柄のせいか。
こういうテナーは、東海岸のアルバムと交互で聴けば、また格別。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : リッチー・カミューカ(Richie Kamuca 1930年7月23日~1977年7月22日)はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
アルバムはリッチー・カミューカ、1957年の録音。
共演者はピアノがカール・パーキンス、ベースがリロイ・ヴィネガー、ドラムがスタン・レヴィー。
演奏は西海岸の名手をバックにリッチー・カミューカのワンホーンを楽しめる。
ハード・ブロウなのだが明るく元気になってしまうのは、やはり土地柄のせいか。
こういうテナーは、東海岸のアルバムと交互で聴けば、また格別。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲