青木高見のジャズコレクション Carl Perkins (p) カール・パーキンス


寸評
カール・パーキンス (Carl Perkins 1928年8月16日~1958年3月17日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
ロカビリー・ミュージシャンに同姓同名がいるがこの人とは別人。
ピアニストとしては致命傷ともいえる腕に欠陥がある。
原因は小児麻痺で左手が曲がった障害者である。
その不自由を補うため独自のヴォイシングを編み出す。
それは決して健常者では真似の出来ないリズムとメロディラインで独特なタイム感を産んだ。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Carl Perkins / Introducing Carl Perkins / Introducing

Recorded : 1955 - 1956

Personnel :
Carl Perkins (p)
Leroy Vinnegar (b)
Lawrence Marable (ds)

Song name :
01. Way Cross Town
02. You Don't Know What Love Is
03. The Lady Is a Tramp
04. Marblehead
05. Woodyn You
06. Westside
07. Just Friends
08. It Could Happen To You
09. Why Do I Care
10. Lilacs In The Rain
11. Carl's Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カール・パーキンス (Carl Perkins 1928年8月16日~1958年3月17日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはカール・パーキンス、1955年から1956年の録音、原盤は 「Dootone」 レーベルからのリリース、唯一のリーダー作。
共演者は、ベースがリロイ・ヴィネガー、ドラムがローレンス・マラブル。
2人共、西海岸を代表する名手。
カール・パーキンスはピアニストとしては致命傷ともいえる腕に欠陥がある。
その不自由を補うため独自のヴォイシングを編み出す。
それは決して健常者では真似の出来ないリズムとメロディラインで独特なタイム感を産む。
それにしても、聴き終えて何ともゴージャスな気分になるのが素晴らしい。
(青木高見)





Carl Perkins / Memorial Carl Perkins / Memorial

Recorded, Personnel, Song name :

【Leroy Vinnegar Quartet】
Rec : October 21, 1957
Carl Perkins (p)
Richie Kamuca (ts)
Leroy Vinnegar (b)
Tony Bazley (ds)
01. Too Close For Comfort
02. What's New
03. Just Friends

【Herbie Mann Quartet】
July 8, 1957
Carl Perkins (p)
Herbie Mann (fl)
Leroy Vinnegar (b)
Bill Douglass (ds)
04. Adams Theme
05. Our Love Is Here To Stay
06. Song For Ruth

【Curtis Counce Quintet】
November 12, 1956
Carl Perkins (p)
Jack Sheldon (tp)
Harold Land (ts)
Curtis Counce (b)
Frank Butler (ds)
07. Love Walked In
08. Sophisticated Lady
09. A Fifth For Frank

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カール・パーキンス (Carl Perkins 1928年8月16日~1958年3月17日) はアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
ロカビリー・ミュージシャンに同姓同名がいるがこの人とは別人。
アルバムはカール・パーキンス。
1曲目から3曲目が、1957年10月21日の録音、メンバーは 「リロイ・ヴィネガー・カルテット」。
ピアノがカール・パーキンス、テナーサックスがリッチー・カミューカ、ベースがリロイ・ヴィネガー、ドラムがトニー・バズレー。
4曲目から6曲目が、1957年7月8日の録音、メンバーは 「ハービー・マン・カルテット」。
ピアノがカール・パーキンス、フルートがハービー・マン、ベースがリロイ・ヴィネガー、ドラムがビル・ダグラス。
7曲目から9曲目が、1956年11月12日の録音、メンバーは 「カーティス・カウンス・クインテット」。
ピアノがカール・パーキンス、トランペットがジャック・シェルドン、テナーサックスがハロルド・ランド、ベースがカーティス・カウンス、ドラムがフランク・バトラー。
メンバーはリーダー級のミュージシャンが集まっている、これだけで聴く前から、わくわくしてする。
カール・パーキンスは小児麻痺で左手が曲がった障害者である。
それがこのジャケットの写真でわかる、左腕は、ほぼ立った状態で弾いている。
そして何よりかわいそうなのが、30歳で自動車事故で亡くなってしまった。
芸術の世界では、ハンディキャップを持った人の方が健常者より才能を示す場合が多い。
だからと言って、判官びいきは嫌(きら)いだ、まっこうガチでジャズを聴きたい。
1曲目が始まった瞬間、本物のジャズが流れ、このミュージシャンが尋常でない事を実感する事になる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲