青木高見のジャズコレクション Herbie Mann (fl, arr) ハービー・マン


略歴
ハービー・マン (Herbie Mann 本名:Herbert Jay Solomon 1930年4月16日~2003年7月1日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン生まれのジャズ・フルート奏者。
ジャズ・フルートの第一人者として有名。
晩年はプロデューサーとしても活躍した。
数多くのアルバムに参加した。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Herbie Mann / Yardbird Suite Herbie Mann / Yardbird Suite

Recorded : May 14, 1957

Personnel :
Herbie Mann (fl, ts)
Phil Woods (as)
Eddie Costa (vibes, p)
Joe Puma (g)
Wendell Marshall (b)
Bobby Donaldson (ds)

Song name :
01. Yardbird Suite
02. Here's That Mann
03. One For Tubby
04. Squire's Parlor
05. Who Knew
06. Opicana

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ハービー・マン (Herbie Mann 本名:Herbert Jay Solomon 1930年4月16日~2003年7月1日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン生まれのジャズ・フルート奏者。
アルバムはハービー・マン、1957年の録音、サヴォイ・レーベルからのリリース。
共演者は、バイブがエディ・コスタ、ギターがジョー・ピューマ、アルト・サックスがフィル・ウッズ、ベースがウエンデル・マーシャル、ドラムがボビー・ドナルドソン。
気心の知れた仲間と、ガチンコでバップの師、チャーリー・パーカーに取り組んでいた頃の貴重な演奏を楽しめる。
ここでは若きハービー・マンのテナー・サックスも聴ける。
ハービー・マンの特徴として、ジャズを越えた様々なジャンルへの参加。
また、多くのミュージシャン・アルバムのサイドマンとしての参加が挙げられる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはハービー・マン、1957年の録音、サヴォイ・レーベルからのリリース。
気心の知れた仲間と、ガチンコでバップの師、チャーリー・パーカーに取り組んでいた頃の貴重な演奏を楽しめる。
ここでは若きハービー・マンのテナー・サックスも聴ける。
ハービー・マンの特徴として、ジャズを越えた様々なジャンルへの参加。
また、多くのミュージシャン・アルバムのサイドマンとしての参加が挙げられる。
(青木高見)





Herbie Mann / Village Gate Herbie Mann / Village Gate

Recorded : December 1962

Personnel :
Herbie Mann (fl)
Hagood Hardy (vib)
Ahmed Abdul Malik (b)
Ben Tucker (b)
Rudy Collins (ds)
Ray Mantilla (per)
Chief Bay (per)

Song name :
01. Comin' Home Baby
02. Summertime
03. It Ain't Necessarily So

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ハービー・マン (Herbie Mann 本名:Herbert Jay Solomon 1930年4月16日~2003年7月1日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン生まれのジャズ・フルート奏者。
アルバムはハービー・マン、1962年12月ニューヨークのヴィレッジ・ゲイトで行われたライブ。
共演者は、ヴァイブがヘイグッド・ハーディ、ベースがアーマッド・アブドゥル・マリクと 「Comin' Home Baby」 のみベン・タッカー、ドラムがルディ・コリンズ、パーカッションがレイ・マンテラとチーフ・ベイ。
たしかな技術に支えられた抜群のセンスのハービー・マン。
早い時期からジャズというジャンルにとらわれずに世界中の音を多彩に取り入れていた事がわかる。
当アルバムの演奏は曲数は少ないものの内容は濃い。
発売当時、強烈な黄色いジャケットと演奏は、ジャズに新しい風を吹きこみ話題になった。
ちなみにヴァイブがヘイグッド・ハーディはカナダ出身の作曲家でピアニストのヴァイブが聴けるのも貴重。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはハービー・マン、1962年12月ニューヨークのヴィレッジ・ゲイトで行われたライブ。
たしかな技術に支えられた抜群のセンスのハービー・マン。
早い時期からジャズというジャンルにとらわれずに世界中の音を多彩に取り入れていた事がわかる。
当アルバムの演奏は曲数は少ないものの内容は濃い。
発売当時、強烈な黄色いジャケットと演奏は、ジャズに新しい風を吹きこみ話題になった。
ちなみにヴァイブがヘイグッド・ハーディはカナダ出身の作曲家でピアニストのヴァイブが聴けるのも貴重。
(青木高見)





Herbie Mann / Memphis Underground Herbie Mann / Memphis Underground

Recorded : August 21, 1968

Personnel :
Herbie Mann (fl, arr)
Roy Ayers (vib)
Larry Coryell (g)
Sonny Sharrock (g)
and Memphis Rhythm Section

Song name :
01. Memphis Underground
02. New Orleans
03. Hold On, I'm Comin'
04. Chain Of Fools
05. Battle Hymn Of The Republic

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ハービー・マン (Herbie Mann 本名:Herbert Jay Solomon 1930年4月16日~2003年7月1日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン生まれのジャズ・フルート奏者。
アルバムはハービー・マン、1968年8月21日の録音、心地よいジャズロックにどっぷり浸ろう。
共演者は、ヴァイブがロイ・エアーズ、ギターがラリー・コリエルとソニー・シャーロック。
演目は冒頭の 「Memphis Underground」 はハービー・マンの曲、それ以外はブルース、ソウル、そして「タロさんの赤ちゃんが風邪引いた」のリパブリック賛歌と多彩。
百戦錬磨のフルートはモダンかつダイナミックで楽しむための音楽がまさにここにある。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはハービー・マン、1968年8月21日の録音、心地よいジャズロックにどっぷり浸ろう。
演目は冒頭の 「Memphis Underground」 はハービー・マンの曲、それ以外はブルース、ソウル、そして「タロさんの赤ちゃんが風邪引いた」のリパブリック賛歌と多彩。
百戦錬磨のフルートはモダンかつダイナミックで楽しむための音楽がまさにここにある。
(青木高見)





Herbie Mann / Peace Pieces Herbie Mann / Peace Pieces

Recorded :
March 16, 1995
June 16, 1995

Personnel :
Herbie Mann (fl)
Bruce Dunlap (g)
Randy Brecker (flh)
Eddie Gomez (b)
Lewis Nash (ds)
Sammy Figueroa (per)
Paul Socolow (b) #02, #05,
Ricky Sebastian (ds) #02, #05,

Song name :
01. Peri's Scope
02. Funkallero
03. Interplay
04. Turn Out the Stars
05. We Will Meet Again
06. Blue in Green
07. Waltz for Debby
08. Very Early
09. Peace Piece

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ハービー・マン (Herbie Mann 本名:Herbert Jay Solomon 1930年4月16日~2003年7月1日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン生まれのジャズ・フルート奏者。
アルバムはハービー・マン、1995年3月と6月の録音、ビル・エヴァンスのトリビュート。
共演者は、ギターがブルース・ダンラップ、フリューゲルホーンがランディ・ブレッカー、ベースがエディ・ゴメス、ドラムがルイス・ナッシュ、パーカッションがサミー・フィゲロアほか。
演奏でピアノレスはエヴァンスの代役は誰も務まらないので当然。
その分ギターのブルース・ダンラップが代役を活かし最高の抜擢。
またエヴァンス・トリオの生きの証人エディ・ゴメスはそのものズバリ。
意外だと思ったのがランディ・ブレッカー、ここでは叙情豊かな美しい音色でスマッシュヒット。
研ぎ澄まされた緊張感の中で、新たなエヴァンス・ミュージックが開花した珠玉の作品といえる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはハービー・マン、1995年3月と6月の録音、ビル・エヴァンスのトリビュート。
共演者は、ギターがブルース・ダンラップ、フリューゲルホーンがランディ・ブレッカー、ベースがエディ・ゴメス、ドラムがルイス・ナッシュ、パーカッションがサミー・フィガロアほか。
演奏でピアノレスはエヴァンスの代役は誰も務まらないので当然。
その分ギターのブルース・ダンラップが代役を活かし最高の抜擢。
またエヴァンス・トリオの生きの証人エディ・ゴメスはそのものズバリ。
意外だと思ったのがランディ・ブレッカー、ここでは叙情豊かな美しい音色でスマッシュヒット。
研ぎ澄まされた緊張感の中で、新たなエヴァンス・ミュージックが開花した珠玉の作品といえる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲