青木高見のジャズコレクション Sarah Vaughan (vo) サラ・ヴォーン


略歴
Sarah Vaughan サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズ歌手。
声量は温かく情熱的、どんなジャンルの歌も自分のものにしてしまう技量。
女性ジャズ・ヴォーカリスト御三家のひとり。
その3人とはビリー・ホリデイ、エラ・フィッツジェラルド、そしてサラ・ヴォーン。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Sarah Vaughan / Sarah Vaughan (PHCE-10005) Sarah Vaughan / In The Land Of Hi-Fi (826 454-2) Sarah Vaughan / At Mister Kelly's (422 832 791-2) Sarah Vaughan / No Count Sarah (UCCU-9294) Sarah Vaughan / Popular Vocal Hits (20PD-1007) Sarah Vaughan - George Gershwin / The George Gershwin Songbook, Volume 2 (846 896-2) Sarah Vaughan / Crazy And Mixed Up (VICJ-23568) Sarah Vaughan / Brazilian Romance (SRCS 9555) Sarah Vaughan - Quincy Jones / Sarah Vaughan with Quincy Jones Misty (846 488-2) Sarah Vaughan - Quincy Jones / Vaughan And Violins Sarah Vaughan - Quincy Jones / Vaughan With Voices Sarah Vaughan / Best Of Sarah Vaughan (PHCA-4103)

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
Count Basie - Sarah Vaughan / Count Basie and Sarah Vaughan (CDP 7243 8 37241 2 3)

【INDEX (共演アルバム)】
Cole Porter / I Get A Kick Out Of You - The Cole Porter Songbook Volume 2 (314-511-070-2)

【以下コンテンツ】


Sarah Vaughan / Sarah Vaughan (PHCE-10005) Sarah Vaughan / Sarah Vaughan (PHCE-10005)

Recorded :
December 16, 1954
December 18, 1954

Personnel :
Sarah Vaughan (vo)
Jimmy Jones (p)
Clifford Brown (tp)
Paul Quinichette (ts)
Herbie Mann (fl)
Joe Benjamin (b)
Roy Haynes (ds)

Song name :
01. Lullaby Of Birdland
02. April in Paris
03. He's My Guy
04. Jim
05. You're Not the Kind
06. Embraceable You
07. I'm Glad There Is You
08. September Song
09. It's Crazy

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サラ・ヴォーン (Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズ歌手。
LPは1954年12月16日・18日の録音、エマーシー(EmArcy)MG-36004番、9曲入り。
CDは発売元が日本フォノグラム、販売元が日本ポリグラム、英語歌詞、英語ライナーノーツなし、油井正一氏による日本語解説、9曲入り。
メンバーはヴォーカルがサラ・ヴォーン、ピアノがジミー・ジョーンズ、トランペットがクリフォード・ブラウン、テナーサックスがポール・クイニシェット、フルートがハービー・マン、ベースがジョー・ベンジャミン、ドラムがロイ・へインズ。
歌唱は天性のジャズ・センス、幅広い声域、豊かな声量、総合的な歌唱力と全てが並外れている。
凄いのはチャーリー・パーカーとディジー・ガレスピーに直接指導を受け、ビ・バップを歌唱に活かした。
アルバムではトランペットのクリフォード・ブラウンの参加が貴重。
女性ジャズ・ヴォーカリストの御3家のひとり、その3人とはビリー・ホリデイ、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン。
(青木高見)





Sarah Vaughan / In The Land Of Hi-Fi (826 454-2) Sarah Vaughan / In The Land Of Hi-Fi (826 454-2)

Recorded : October 25, 1955

Personnel :
Sarah Vaughan (vo)
[The Ernie Wilkins orchestra]
Ernie Wilkins (arr, cond)
Jimmy Jones (p)
Turk Van Lake (g)
Ernie Royal (tp)
Bernie Glow (tp)
Cannonball Adderley (as)
Sam Marowitz (as)
Jerome Richardson (fl, ts)
Kai Winding (tb)
J. J. Johnson (tb)
Joe Benjamin (b)
Roy Haynes (ds)

Song name :
01. Over The Rainbow
02. Soon
03. Cherokee
04. I'll Never Smile Again
05. Don't Be on the Outside
06. How High The Moon
07. It Shouldn't Happen to a Dream
08. Sometimes I'm Happy
09. Maybe
10. An Occasional Man
11. Why Can't I?
12. Oh My

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サラ・ヴォーン (Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズ歌手。
LPは1955年10月25日の録音、エマーシー(EmArcy)MG 36058番、12曲入り。
CDは発売元がエマーシー(EmArcy)、輸入盤、エマーシー(EmArcy)による英語オリジナル・ライナーノーツ、12曲入り。
メンバーはヴォーカルがサラ・ヴォーン、バックがアーニー・ウィルキンス・オーケストラ、編曲と指揮がアーニー・ウィルキンス、ピアノがジミー・ジョーンズ、トランペットがアーニー・ロイヤル、アルトサックスがキャノンボール・アダレイ、フルートとテナーサックスがジェローム・リチャードソン、トロンボーンがカイ・ウィンディングとJJジョンソン、ベースがジョー・ベンジャミン、ドラムがロイ・へインズほか。
演奏はリーダー級のメンバーによる重厚なサウンドをバックに溌剌(はつらつ)としたサラ・ヴォーンの魅力の1枚。
(青木高見)





Sarah Vaughan / At Mister Kelly's (422 832 791-2) Sarah Vaughan / At Mister Kelly's (422 832 791-2)

Song number, Recorded : #01-12 Rec:August 6, 1957
#13 Rec:August 7, 1957
#14-20 Rec:August 8, 1957

Personnel :
Sarah Vaughan (vo)
Jimmy Jones (p)
Richard Davis (b)
Roy Haynes (ds)

Song name :
01. September In The Rain
02. Willow Weep For Me
03. Just One Of Those Things
04. Be Anything But Darling Be Mine
05. Thou Swell
06. Stairway To The Stars
07. Honeysuckle Rose
08. Just A Gigolo
09. How High The Moon
10. Dream
11. I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter
12. It's Got To Be Love
13. Alone
14. If This Isn't Love
15. Embraceable You
16. Lucky In Love
17. Dancing In The Dark
18. Poor Butterfly
19. Sometimes I'm Happy
20. I Cover The Waterfront

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サラ・ヴォーン (Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズ歌手。
LPは1957年8月6日~8日の録音、マーキュリー(Mercury)MG 20326番、9曲入り、アメリカ・シカゴにある「ミスターケリーズ (Mister Kelly's)」でのライブ。
CDは発売元がエマーシー(EmArcy)、輸入盤、リー・ジェスク(Lee Jeske)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、10~20曲目の11曲が追加され全20曲入り。
メンバーはヴォーカルがサラ・ヴォーン、ピアノがジミー・ジョーンズ、ベースがリチャード・デイヴィス、ドラムがロイ・ヘインズ。
円熟の歌唱、ベテランのバック勢もノッっていて、あたかも、その場に居合わせたような気分にしてくれる。
曲目の多さに引かれLPを売ってCDに買い替えた、お釣りが出た。
以下、録音された1957年の日本の出来事を明記する。
2月に吉田茂と佐藤栄作が自民党に入党、岸信介内閣が誕生。
12月にパ・リーグの大映と毎日が合併し大毎オリオンズとなる。
立教大学を卒業した長嶋茂雄が巨人軍に入団。
日本は猛烈な勢いで戦後復興が加速していく。
海の向こうのアメリカでは、かくも優雅で洒落たジャズが流れていた。
粋なジャズを聴いても、すぐ当時の日本の出来事を引き合いに出す貧乏性な自分の性格。
(青木高見)





Sarah Vaughan / No Count Sarah (UCCU-9294) Sarah Vaughan / No Count Sarah (UCCU-9294)

Recorded :
January 5, 1958
December 15, 1958
December 23, 1958

Personnel :
Sarah Vaughan (vo)
Johnny Mandel (arr)
Luther Henderson (arr)
Ronnell Bright (p)
[The Count Basie Orchestra]
Freddie Green (g)
Thad Jones (arr, tp)
Wendell Culley (tp)
Snooky Young (tp)
Joe Newman (tp)
Marshal Royal (as)
Frank Wess (as)
Frank Foster (arr, ts)
Billy Mitchell (ts)
Charlie Fowlkes (bs)
Henry Coker (tb)
Al Grey (tb)
Benny Powell (tb)
Richard Davis (b)
Sonny Payne (ds)

Song name :
01. Smoke Gets In Your Eyes
02. Doodlin'
03. Darn That Dream
04. Just One of Those Things
05. Moonlight In Vermont
06. No 'Count Blues
07. Cheek to Cheek
08. Stardust
09. Missing You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サラ・ヴォーン (Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズ歌手。
LPは1958年1月5日・12月15日・23日の録音、マーキュリー(Mercury)MG 20441番、9曲入り。
CDは発売元がユニバーサル・クラシック&ジャズ、販売元がユニバーサル・ミュージック株式会社、マーキュリー(Mercury)による英語オリジナル・ライナーノーツ、佐藤秀樹氏による日本語解説、9曲入り。
メンバーはメンバーはカウント・ベイシーがいないカウント・ベイシー楽団。
ピアノがロンネル・ブライト、ギターがフレディ・グリーン、トランペットがサド・ジョーンズ、ウェンデル・カリー、スヌーキー・ヤング、ジョー・ニューマン、アルトサックスがマーシャル・ロイヤル、フランク・ウェス、テナーサックスがフランク・フォスター、ビリー・ミッチェル、バリトン・サックスがチャーリー・フォークス、トロンボーンがヘンリー・コーカー、アル・グレー、ベニー・パウエル、ベースがリチャード・ディヴィス、ドラムがソニー・ペイン。
レギュラーと違うのはピアノのロンネル・ブライトとドラムのリチャード・ディヴィスの参加。
どうして親分のカウント・ベイシーがいなかったのだろう。
まっ、それは良いとして。
アルバム・タイトルは「ノー・カウント」スポーツ競技などので得点を数えない意味。
それとカウント・ベイシーがいない意味の「ノー・カウント」とシャレている。
(青木高見)





Count Basie - Sarah Vaughan / Count Basie and Sarah Vaughan (CDP 7243 8 37241 2 3) Count Basie - Sarah Vaughan / Count Basie and Sarah Vaughan (CDP 7243 8 37241 2 3)

「ジャズ/カウント・ベイシー」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/サラ・ヴォーン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
July 19, 1960
January 10–13, 1961

Personnel :
Count Basie (p, comd)
Sarah Vaughan (vo)
Joe Williams (vo) #12-13

[The Count Basie Orchestra]
Kirk Stuart (p)
Freddie Green (g)
Sonny Cohn (tp)
Joe Newman (tp)
Snooky Young (tp)
Thad Jones (tp, arr)
Marshal Royal (as, cl)
Frank Wess (as, ts, fl)
Frank Foster (arr,ts)
Billy Mitchell (ts)
Charlie Fowlkes (bs, fl)
Henry Coker (tb)
Al Grey (tb)
Benny Powell (tb)
Eddie Jones (b)
Sonny Payne (ds)
Ernie Wilkins (arr)

Song name :
01. Perdido
02. Lover Man
03. I Cried for You
04. Alone
05. There Are Such Things
06. Mean to Me
07. The Gentleman Is a Dope
08. You Go to My Head
09. Until I Met You
10. You Turned the Tables on Me
11. Little Man
12. Teach Me Tonight
13. If I Were a Bell
14. Until I Met You [alternate version]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カウント・ベイシー(Count Basie 出生名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日)はアメリカ合衆国ニュー・ジャージー州レッド・バンク生まれのジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズボーカリスト。
LPは1960年7月・1961年1月の録音、ルーレット(Roulette)SR 52061番、10曲入り。
以下、LPの演目。
A1. Perdido
A2. Lover Man (Oh Where Can You Be?)
A3. I Cried For You
A4. Alone
A5. There Are Such Things
B1. The Gentleman Is A Dope
B2. You Go To My Head
B3. Until I Met You
B4. You Turned The Tables On Me
B5. Little Man (You've Had A Busy Day)
CDは発売元がルーレット(Roulette)、輸入盤、James Gavin(James Gavin)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、6、12~14曲目の4曲が追加され全14曲入り。
メンバーはヴォーカルがサラ・ヴォーン、カウント・ベイシー・オーケストラ。
演奏はザ・カウント・ベイシー・オーケストラをバックにゴージャズに堂々と唄うサラ・ヴォーン。
9曲目「アンティル・アイ・メット・ユー(Until I Met You)」は名曲「コーナー・ポケット」に歌詞を付けて題名を替えただけ。
(青木高見)





Sarah Vaughan / Popular Vocal Hits (20PD-1007) Sarah Vaughan / Popular Vocal Hits (20PD-1007)

Recorded : 1963-1967

Personnel :
Sarah Vaughan (vo)

Song name :
01. A Lover's Concerto
02. Yesterday
03. Michelle
04. The Boy From Ipanema
05. A Taste Of Honey
06. Alfie
07. Funny
08. Everybody Loves Somebody
09. It Had Better Be Tonight
10. Moon River
11. Dear Heart
12. The Days Of Wine And Roses
13. Charade
14. Shadow Of Your Smile (The)
15. Darling
16. Danny Boy

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サラ・ヴォーン (Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズ歌手。
CDは1963年から1967年の録音、 1988年3月5日のリリース、マーキュリー・レーベルの音源、発売元が日本フォノグラム株式会社(Nippon Phonogram Co., Ltd.)、歌詞付き、英語ライナーノーツなし、青木啓(ひらく)氏による日本語解説、16曲入り、日本の企画で販売されたサラ・ヴォーン集。
演目はスタンダードとビートルズなどのポピュラーのベストチョイス。
(青木高見)





Sarah Vaughan - George Gershwin / The George Gershwin Songbook, Volume 2 (846 896-2) Sarah Vaughan - George Gershwin / The George Gershwin Songbook, Volume 2 (846 896-2)

「ジャズ/サラ・ヴォーン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ジョージ・ガーシュウィン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : October 26, 1955 - August 15, 1964

Personnel :
Sarah Vaughan (vo)
George Gershwin (comp)
Hal Mooney [Studio Orchestra] (arr, cond) #01-12
Jimmy Jones (p) #01-12, #15

Song name :
01. But not for me
02. Isn't it a pity
03. Of thee I sing
04. I'll build a stairway to paradise
05. Someone to watch over me
06. Bidin' my time
07. Man I Love (The)
08. How Long Has This Been Going On?
09. My one and only (what am I gonna do)
10. Lorelei
11. I've got a crush on you
12. Summertime
13. Fascinatin' Rhythm
14. Maybe
15. Embraceable You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズボーカリスト。
ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin 出生名:ジェイコブ・ガーショヴィッツ(Jacob Gershowitz)1898年9月26日~1937年7月11日)はロシア系ユダヤ人の移民でアメリカ合衆国ニューヨーク生まれの作曲家。
アメリカ音楽のポピュラーとクラシックを作り上げたとされる。
ちなみに兄のアイラ・ガーシュウィン(Ira Gershwin 1896年12月6日~1983年8月17日)は作詞家。
CDは1955年から1964年の録音、発売元がエマーシー(EmArcy)846 896-2番 、輸入盤、J.R.テイラー(J.R. Taylor)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、15曲入り、ジョージ・ガーシュイン集のボリューム2。
メンバーはヴォーカルがサラ・ヴォーン、オーケストラがハル・ムーニー、ピアノがジミー・ジョーンズ。
演奏は極上なオーケストラと抜群の歌唱のサラ・ヴォーンでジョージ・ガーシュインを楽しめる。
ジョージ・ガーシュインの曲は特に難しいとされる。
そう思って聴くとサラ・ヴォーンが並外れて上手い歌手だと実感できる。
(青木高見)





Sarah Vaughan / Crazy And Mixed Up (VICJ-23568) Sarah Vaughan / Crazy And Mixed Up (VICJ-23568)

Recorded : March 1-2, 1982

Personnel :
Sarah Vaughan (vo)
Roland Hanna (p)
Joe Pass (g)
Andy Simpkins (b)
Harold Jones (ds)

Song name :
01. I Didn't Know What Time It Was
02. That's All
03. Autumn Leaves
04. Love Dance
05. The Island
06. Seasons
07. In Love in Vain
08. You Are too Beautiful

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サラ・ヴォーン (Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズボーカリスト。
LPは1982年3月1日・2日の録音、パブロ(Pablo)2312 137番、8曲入り。
CDは発売元がビクター音楽産業株式会社、英語歌詞、ノーマン・グランツ(Norman Granz)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、青木啓氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーはヴォーカルがサラ・ヴォーン、ピアノがローランド・ハナ、ギターがジョー・パス、ベースがアンディ・シンプキンス、ドラムがハロルド・ジョーンズ。
共演者は超の付くベテラン。
歌唱は高度の技術、強さと柔らかさ、歌に対する飽くなき探求心、ジャズ本来のスピード感とエレガントさ全てが備わっている。
こういうアルバムは下手なコメントは無用。
(青木高見)





Sarah Vaughan / Brazilian Romance (SRCS 9555) Sarah Vaughan / Brazilian Romance (SRCS 9555)

「ジャズ/サラ・ヴォーン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ミルトン・ナシメント」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ブラジル音楽/サラ・ヴォーン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : January, February, 1987

Personnel :
Sarah Vaughan (vo)
Milton Nascimento (vo)
George Duke (key)
Alphonso Johnson (b)
Dori Caymmi (g, arr)
Dan Huff (g)
Carlos Vega (ds)
Paulinho da Costa (per)
Hubert Laws (fl) #08
Tom Scott (lyricon) #03, (ts) #01
Ernie Watts (as) #06
Marcio Montarroyos (flh) #02Romance, (tp) #01
Chuck Domanico (b, photograph)
Siedah Garrett (background vo) #10
Gracinha Leporace (background vo) #10
Kate Markowitz (background vo) #10
Gordon Marron (vln)
Barry Socher (vln)
Wilbert Nuttycombe (vln)
Robert Sanov (vln)
Jay Rosen (vln)
Shari Zippert (vln)
Ronald Folson (vln)
Irving Geller (vln)
Jean Hugo (vln)
Connie Kupka (vln)
Arthur Zadinsky (vln)
Bill Hybel (vln)
Marilyn Graham (vln)
Joseph Goodman (vln)
R. Hill (vln)
Kenneth Burward-Hoy (viola)
Gareth Nuttycombe (viola)
Marilyn H. Baker (viola)
Herschel Wise (viola)
Suzie Katayama (cello)
Larry Corbett (cello)
David Speltz (cello)
Todd Hemenway (cello)
Gayle Levant (harp)

Song name :
01. Make This City Ours Tonight
02. Romance
03. Love and Passion
04. So Many Stars
05. Photograph
06. Nothing Will Be as It Was
07. It's Simple
08. Obsession
09. Wanting More
10. Your Smile

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズ歌手。
ミルトン・ナシメント(Milton Nascimento 1942年10月26日~)はブラジル・リオデジャネイロ州リオデジャネイロ出身の歌手、ギタリスト、「ブラジルの声」の異名を持つ。
LPは1987年1月・2月の録音、発売元がCBS(CBS)FM42519番、10曲入り。
CDは1999年8月21日のリリース、発売元がSME(SME Records)SRCS 9555、英語歌詞、立原真沙さんによる歌詞対訳、英語ライナーノーツなし、中村善郎氏による日本語解説、10曲入り。
メンバーはヴォーカルがサラ・ヴォーンとミルトン・ナシメント、キーボードがジョージ・デューク、ギターとアレンジがドリ・カイーミ、フルートがヒューバート・ローズ、テナーサックスがトム・スコット、アルト・サックスがアーニー・ワッツそ、パーカッションがパウリーニョ(ポーリニョ)・ダ・コスタ、曲の提供がドリ・カイーミ、セルジオ・メンデス、ダニーロ・カイミ、フェルナンド・レポレスほか。
ブラジルの一流ミュージシャンが参加している。
ここではサラ・ヴォーン、ジャズから離れてピュアなブラジル音楽をバックに歌う。
本人がブラジル音楽を歌うのは、これが初めてではないが、本アルバムはブラジル音楽の1枚としてカウントしたい。
真剣に聴くもよし、BGM風に流すもよし、いずれにしても、いつもと違うサラ・ヴォーン。
(青木高見)





Sarah Vaughan - Quincy Jones / Sarah Vaughan with Quincy Jones Misty (846 488-2) Sarah Vaughan - Quincy Jones / Vaughan And Violins Sarah Vaughan - Quincy Jones / Vaughan With Voices Sarah Vaughan - Quincy Jones / Sarah Vaughan with Quincy Jones Misty (846 488-2)

「ジャズ/サラ・ヴォーン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/クインシー・ジョーンズ」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
[Vaughan and Violins] Rec:July 7, 8 and 12, 1958
[Vaughan with Voices] Rec:October 12, 1963

Personnel :
[Vaughan and Violins]
Sarah Vaughan (vo)
Quincy Jones (arr, cond, prod)
Maurice Vander (p) A1-2, A5-6
Ronnel Bright (p) A3-4, B1-5
Michel Hausser (vib) A3-4, B1-5
Pierre Cullaz (g) A3-4, B1-5
Marcel Hrasko (as) A3-4, B1-5
Zoot Sims (ts) A3-4, B1-5
Jo Hrasko (bs) A3-4, B1-5
William Boucaya (bs) A3-4, B1-5
Richard Davis (b)
Kansas Field (ds) A1-2, A5-6
Kenny Clarke (ds) A3-4, B1-5

[Vaughan with Voices]
Sarah Vaughan (vo)
Quincy Jones (prod)
Robert Farnon (arr, cond)
The Svend Saaby Danish (choir)

Song name :
01. Please Be Kind
02. The Midnight Sun Will Never Set
03. Live for Love
04. Misty
05. I'm Lost
06. Love Me
07. That's All
08. Day by Day
09. Gone with the Wind
10. I'll Close My Eyes
11. The Thrill Is Gone
12. Charade
13. It Could Happen To You
14. Blue Orchids
15. This Heart of Mine
16. Then I'll Be Tired of You
17. Funny
18. My Coloring Book
19. How Beautiful Is Night
20. Hey There From ''The Pajama Game'' 
21. Deep Purple
22. I'll Be Around
23. Days of Wine and Roses

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズ歌手。
クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones 出生名:Quincy Delight Jones II 1933年3月14日~)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの音楽プロデューサー、作曲家、編曲家。
LP「Vaughan and Violins」は1958年7月7日・8日・12日の録音、マーキュリー(Mercury)MG 20370番、11曲入り。
以下、LPの演目。
A1. Gone With The Wind
A2. Day By Day
A3. Please Be Kind
A4. Live For Love
A5. I’ll Close My Eyes
B1. Misty
B2. The Midnight Sun Will Never Set
B3. That’s All
B4. I’m Lost
B5. Love Me
B6. The Thrill Is Gone
LP「Vaughan with Voices」は1963年10月12日の録音、マーキュリー(Mercury)MG 20882番、12曲入り。
以下、LPの演目。
A1. My Coloring Book
A2. Hey There
A3. Deep Purple
A4. Days Of Wine And Roses
A5. I'll Be Around
A6. Funny
B1. Charade
B2. It Could Happen To You
B3. This Heart Of Mine
B4. Then I'll Be Tired Of You
B5. How Beautiful Is Night
B6. Blue Orchids
CDは「Vaughan and Violins」と「Vaughan with Voices」のカップリング盤、発売元がマーキュリー(Mercury)、輸入盤、マイケル・ボーン(Michael Bourne)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、23曲入り。
メンバーは。
「Vaughan and Violins」、ヴォーカルがサラ・ヴォーン、プロデューサー、編曲、指揮がクインシー・ジョーンズ、ピアノがモーリス・ヴァンデールとロンネル・ブライト、テナーサックスがズート・シムズ、ベースがリチャード・ディヴィス、ドラムがカンザス・フィールズとケニー・クラークほか。
「Vaughan with Voices」、ヴォーカルがサラ・ヴォーン、プロデューサーがクインシー・ジョーンズ、編曲と指揮がロバート・ファーノン、合唱団がスヴェンド・サービー・デンマーク合唱団。
両盤ともクインシー・ジョーンがプロデュース。
演奏は全曲スローテンポ、ゆったりとしたイージー・リスニング調。
ここでのサラ・ヴォーンは歌詞を噛みしめながら、しっとりと歌う。
全23曲という曲の多さ、ゆったりしたい時、寛(くつろ)ぎたい時に、かけっぱなしで楽しめる。
(青木高見)





Sarah Vaughan / Best Of Sarah Vaughan (PHCA-4103) Sarah Vaughan / Best Of Sarah Vaughan (PHCA-4103)

Recorded : 1950-1960

Personnel :
Sarah Vaughan (vo)

Song name :
01. A Lover's Concerto
02. Stardust
03. Days Of Wine And Roses
04. Moon River
05. Shadow Of Your Smile (The)
06. September Song
07. Yesterday
08. Misty
09. All Of Me
10. My Funny Valentaine
11. Smoke Gets In Your Eyes
12. Everybody Loves somebody
13. The Boy From Ipanema
14. Charade
15. Love
16. Michelle
17. Danny Boy
18. I Left My Heart In San Francisco

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サラ・ヴォーン (Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズ歌手。
CDは1950年から1960年の録音、マーキュリー・レーベルの音源、発売元はマーキュリー・ミュージック・エンタテインメント株式会社、販売元はポリグラム株式会社、英語歌詞、英語ライナーノーツなし、青木啓氏による日本語解説、18曲入り、副題は「ラヴァース・コンチェルト~ポップス・オン・サラ・ヴォーン」。
サラ・ヴォーンがマーキュリー・レーベルに残した全盛期、特にポピュラーのスタンダード・ナンバーを集めた1枚。
以下、演目の邦題を明記した。
01. ラバース・コンチェルト
02. スターダスト
03. 酒とバラの日々
04. ムーン・リバー
05. いそしぎ
06. セプテンバー・ソング
07. イエスタデイ
08. ミスティ
09. オール・オブ・ミー
10. マイ・ファニー・バレンタイン
11. 煙が目にしみる
12. 誰かが誰かを愛してる
13. イバネマの娘
14. シャレード
15. ラブ
16. ミッシェル
17. ダニー・ボーイ
18. 想い出のサンフランシスコ
ヒット・チャート入りしたナンバーを一機に楽しめる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲