青木高見のジャズコレクション Chris Connor (vo) クリス・コナー


寸評
クリス・コナー (Chris Connor 1927年11月8日~2009年8月29日) はアメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティ生まれの白人女性ジャズ歌手。
少しハスキーがたまらない魅力。
スタン・ケントン・オーケストラから出た女性歌手の一人。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Chris Connor / Sings Lullabys of Birdland Chris Connor / Sings Lullabys of Birdland

Recorded :
1954 #01-#05,
8/1953 #6-#8,
1954 #09-#14,

Personnel :
Chris Connor (vo)

#01-#05, : Ellis Larkins' Trio
Ellis Larkins (p)

#6-#8, : Sy Oliver's Orchestra
Sy Oliver (arr, tp, comp, singer and bandleader)

#09-#14, : Vinnie Burke's Quartet
Vinnie Burke (b and bandleader)

Song name :
01. Lullaby Of Birdland
02. What Is There To Say
03. Try A Little Tenderness
04. Spring Is Here
05. Why Shouldn't I
06. Ask Me
07. Blue Silhouette
08. Chiquita From Chi-Wah-Wah
09. A Cottage For Sale
10. How Long Has This Been Going On
11. Stella By Starlight
12. Gone With The Wind
13. He's Coming Home
14. Goodbye

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クリス・コナー (Chris Connor 1927年11月8日~2009年8月29日) はアメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティ生まれの白人女性ジャズ歌手。
アルバムはクリス・コナー、1953年ベツレヘム・レーベルからソロデビューし記念作。
演目は、ほとんどがミディアムテンポのため、しっとりと彼女の歌に酔える。
バックは1~5曲目がエリス・ラーキンスのピアノ・トリオ。
6~8曲目がサイ・オリヴァー・オーケストラ。
9~14曲目がヴィニー・バーク・カルテット。
というように3つのバンドがあって、それぞれ個性があり、クリスも唄い方を変えるのが聴きどころ。
アルバムタイトルで冒頭の一曲目の「Lullaby Of Birdland」邦題「バードランドの子守唄」。
作曲は盲目のピアニスト「ジョージ・シアリング」。
「バードランド」はマンハッタン52丁目にあったジャズクラブ。
「バードランド」の「バード」はチャーリー・パーカーの愛称からとったもの。
「ジョージ・シアリング」がこのクラブにために作ったとされる。
今や世界中で多くのジャズ・ミュージシャンに演奏されスタンダード化する。
クリス・コナーは「Lullaby Of Birdland」を見事に自分のものとして歌いきって実に素晴らしい。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : クリス・コナー、1953年ベツレヘム・レーベルからソロデビュー記念作。
演目は、ほとんどがミディアムテンポのため、しっとりと彼女の歌に酔える。
バックは1~5曲目がエリス・ラーキンスのピアノ・トリオ。6~8曲目がサイ・オリヴァー・オーケストラ。9~14曲目がヴィニー・バーク・カルテット。
というように3つのバンドがあって、それぞれ個性があり、クリスも唄い方を変えるのが聴きどころ。
何といってもアルバムタイトルで冒頭の一曲目の「Lullaby Of Birdland」邦題「バードランドの子守唄」をクリス・コナーは見事に自分のものとして歌いきって実に素晴らしい。
(青木高見)




Chris Connor / This Is Chris Chris Connor / This Is Chris

Recorded : 4/1955

Personnel :
Chris Connor (vo)
Ralph Sharon (p)
Joe Puma (g)
Herbie Mann (fl)
J.J. Johnson (tb)
Kai Winding (tb)
Milt Hinton (b)
Osie Johnson (ds)

Song name :
01. Blame It On My Mouth
02. It's All Right With Me
03. Someone To Watch Over Me
04. Trouble Is A Man
05. All This And Heaven Too
06. The Thrill Is Gone
07. I Concentrate On You
08. All Dressed Up With A Broken Heart
09. From This Moment On
10. Ridin' High

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クリス・コナー (Chris Connor 1927年11月8日~2009年8月29日) はアメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティ生まれの白人女性ジャズ歌手。
アルバムはクリス・コナー、1955年ベツレヘム・レーベルの録音で、粋で都会的な一枚。
バックは、ピアノがラルフ・シャロン、トロンボーンがJ.J.ジョンソンとカイ・ウィンディング、フルートがハービー・マン、ギターがジョー・ピューマ、ベースがミルト・ヒントン、ドラムがオシー・ジョンソン。
何と豪華なミュージシャン達だろう。
クリス・コナーには悪いが、本人がいなくてもバックだけで充分楽しめそう。
演目はコール・ポーターの曲が四曲とファンとしては嬉しい。
クリス・コナーはスタン・ケントン楽団のジューン・クリスティの後がまとして入団した経緯がある。
スタン・ケントンのお眼鏡(めがね)にかなったことは、満点に近い歌唱の証ともいえる。
女性ジャズ歌手を大別すると、まず黒人か白人。
そして白人の中でもクリス・コナーは特異な位置にある。
多くの女性ジャズ歌手の場合、ポップス寄り、ソウル寄り、カントリー寄りなどと、何々寄りが大半をしめる。
ところがクリス・コナーにあっては、何々寄りはなく、ジャズ一本勝負。
歌い方も変に崩さず、ストレートな歌唱がたまらない。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : いやはや、何と豪華なミュージシャン達だろう。
クリス・コナーには悪いが、本人がいなくてもバックだけで充分楽しめる。
女性ジャズ歌手を大別すると、まず黒人か白人。
そして白人の中でもクリス・コナーは純粋なジャズを歌う。
なぜかというと、多くの女性ジャズ歌手の場合、ポップス寄り、ソウル寄り、カントリー寄りなどと、何々寄りが大半をしめるから。
クリス・コナーには何々寄りはなく、ジャズ一本の直球勝負。
歌い方も変に崩さず、ストレートな歌唱にたまらない魅力を感じる。
(青木高見)





Chris Connor / A Jazz Date With Chris Connor Chris Connor / A Jazz Date With Chris Connor

Recorded :
November.16.1956 #02, #06, #07, #09,
December.17.1956 #01, #04, #08, #10,
December.19.1956 #03, #05, #11, #12,

Personnel :
Chris Connor (vo)
Ralph Sharon (p, arr)
Eddie Costa (vib)
Oscar Pettiford (b)
Osie Johnson (ds)
Joe Puma (g) #01, #04, #08, #10,
Joe Wilder (tp) #02, #06, #07, #09,
Sam Most (fl) #01, #04, #08, #10,
Al Cohn (ts) #02=solo, #03=solo, #05-#07=1st-solo, #09=1st-solo, #12=solo,
Lucky Thompson (ts) #03=obbligato, #5=2nd-solo, #11=2nd-solo, #12=obbligato,
Chino Pozo (bongo) #03, #05, #11, #12,
Mongo Santamaria (conga) #03, #05, #11, #12,

Song name :
01. Moon Ray
02. Poor Little Rich Girl
03. Squeeze Me
04. Fancy Free
05. It's A Most Unusual Day
06. All I Need Is You
07. It Only Happens When I Dance With You
08. Lonely Town
09. Everything I've Got
10. Driftwood
11. I'm Shooting High
12. My Shining Hour

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クリス・コナー (Chris Connor 1927年11月8日~2009年8月29日) はアメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティ生まれの白人女性ジャズ歌手。
アルバムはクリス・コナー、1956年録音、アトランティック・レーベルからのリリース。
バックは通しで、ピアノとアレンジがラルフ・シャロン、ヴァイブがエディ・コスタ、ベースがオスカー・ペティフォード、ドラムがオシー・ジョンソン。
演目によって、トランペットがジョー・ワイルダー、フルートがサム・モスト、テナーサックスがアル・コーンとラッキー・トンプソン、ボンゴがチノ・ポゾ、コンガがモンゴ・サンタマリア。
このCDの購入動機は、この豪華でシブいバックに尽きる。
このメンバーにハスキーなクリス・コナーが絡む、もうこれだけで聴く前からワクワクしてくる。
実際に聴いてみると案の定すばらしい。
思えばアトランティック・レーベルのクリス・コナーは絶頂期の歌唱で最高かもしれない。
クリス・コナーには申し訳ないが、個人的にエディ・コスタ、ジョー・ワイルダー、アル・コーン、ラッキー・トンプソンとの大御所のモンゴ・サンタマリアは元々大好きなミュージシャン。
それがユニットで聴けてしまう。
ほとんど、バックだけを聴いている自分。
考えてみれば、クリス・コナーだからこそ、これだけのベテラン勢が集まった事も思う。
(青木高見)





Chris Connor / Chris Craft Chris Connor / Chris Craft

Recorded :
March.13.1958 #14, #15, #19, #21,
April.8.1958 #17, #18, #20, #24,
May.23.1958 #13, #16, #22, #23

Personnel :
Chris Connor (vo)
Stan Free (p, arr)
Mundell Lowe (g)
Ed Shaughnessy (ds)
George Duvivier (b) #13, #16-#18, #20, #22-#24,
Percy Heath (b) #14, #15, #19, #21,
Bobby Jaspar (fl) #14, #15, #19, #21,
Al Epstein (english-horn, b-cl)

Song name :
01. (#13) Moonlight In Vermont
02. (#14) Blow, Gabriel, Blow
03. (#15) Here Lies Love
04. (#16) Be A Clown
05. (#17) Good For Nothing (But Love)
06. (#18) On The First Warm Day
07. (#19) Chinatown My Chinatown
08. (#20) One Love Affair
09. (#21) The Night We Called It A Day
10. (#22) Johnny One Note
11. (#23) Lover Man
12. (#24) Be My All

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クリス・コナー (Chris Connor 1927年11月8日~2009年8月29日) はアメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティ生まれの白人女性ジャズ歌手。
アルバムはクリス・コナー、1958年録音、アトランティック・レーベルからのリリース。
バックは通しで、ピアノがスタン・フリー、ギターのマンデル・ロウ、ドラムがエド・ショウネッシー。
演目によって、ベースがジョージ・ディヴィヴィエとパーシー・ヒース、フルートがボビー・ジャズパー、イングリッシュホルンがアル・エプスタイン。
演奏は、速いテンポのものからシットリとしたバラードまで多彩にちりばめられて楽しめる。
ギターのマンデル・ロウは女性ヴォーカルのバックをやらせたら一級の腕。
アレンジとピアノのスタン・フリー、似たミュージシャンに女性ヴォーカルのコンダクターのスタン・フリーマンがいるが別人。
話は飛ぶが「クリス・クラフト」といえばアルトサックスのソニー・クリスも同じ名前のアルバム「クリス・クラフト」があるが、こちらも素晴らしい。
クリス・クラフトは、アメリカ合衆国、1924年創業のモーターボート・メーカー。
高級なウッドボートを多く製造した名門ボートメーカー。
そのため「クリス・コナー」も「ソニー・クリス(後期盤)」もジャケットがモーターボートになっている。
ちなみにウェブでクリス・コナーのジャケットに載っている船と同型の船を捜してみると中古で見つかった。
Make:Chris-Craft
Model:Roamer 68 Flybridge Motoryacht
Year:1975
Condition:Used
Price:US$249,000
Type:Power
Class:Flybridge
Length:68 ft
Fuel Type:Diesel
Hull Material:Aluminum
Location:Vero Beach, Florida
約3000万だよ、こりゃ驚いた!
向こうでは「クリス・コナー」製のボートはセレブ・ボートとされていた。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲