青木高見のジャズコレクション Al Cohn (ts) アル・コーン


略歴
Al Cohn アル・コーン(Al Cohn 出生名:Alvin Gilbert Cohn 1925年11月24日~1988年2月15日)はアメリカ合衆国ペンシルヴェニア州ストラウズバーグ生まれのジャズ・サックス奏者、作曲家、編曲家、バンドマスター。
1940年代にウディ・ハーマン楽団の第2期を支えた1人、編曲家としての腕が光る。
サックスは味のある音色も特徴。
日本では熱狂的なコレクターがいる。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Al Cohn - Zoot Sims / From A To Z (74321477902) Al Cohn / Cohn On The Saxophone (DCD 102)

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
Zoot Sims - Al Cohn - Phil Woods / A Night At The Half Note (TOCJ-5413)

---------------- Al Cohn / Four Classic Albums Plus (AMSC 969) ----------------制作中
Al Cohn / Four Classic Albums Plus (AMSC 969) Al Cohn / Mr, Music Al Cohn / The Al Cohn Quintet Featuring Bob Brookmeyer Al Cohn / Al Cohn Quintet Featuring Zoot Sims Al Cohn / Bob Brookmeyer Featuring Al Cohn Al Cohn / Winner's Circle

【INDEX (共演アルバム)】
Lurlean Hunter / Night Life Urbie Green All About Urbie Green And His Big Band Urbie East Coast Jazz


【以下コンテンツ】


Al Cohn - Zoot Sims / From A To Z (74321477902) Al Cohn - Zoot Sims / From A To Z (74321477902)

「ジャズ/アル・コーン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ズート・シムズ」でも同じ内容を掲載しています。  →

Song number, Recorded :
#03-05, #07-16 Rec:January 23, 1956
#01-02, #06 Rec:January 24, 1956

Personnel :
Al Cohn (ts)
Zoot Sims (ts)
Hank Jones (p) #07, #10-12, #01-16
Dave McKenna (p) #01-06, #08-09, #13-14
Dick Sherman (tp) #01-06, #08-09, #13-14
Milt Hinton (b)
Osie Johnson (ds)

Song name :
01. Mediolistic
02. Crimea River
03. A New Moan
04. A Moment's Notice
05. My Blues
06. Sandy's Swing
07. Somebody Loves Me
08. More Bread
09. Sherm's Terms
10. From A To Z
11. East Of The Sun
12. Tenor For Two Please, Jack
13. My Blues (Alternate take)
14. More Bread (Alternate take)
15. Tenor For Two Please, Jack (Alternate take)
16. Somebody Loves Me (Alternate take)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アル・コーン(Al Cohn 出生名:Alvin Gilbert Cohn 1925年11月24日~1988年2月15日)はアメリカ合衆国ペンシルヴェニア州ストラウズバーグ生まれのジャズ・サックス奏者、作曲家、編曲家、バンドマスター。
ズート・シムズ(Zoot Sims 出生名:John Haley Sims 1925年10月29日~1985年3月23日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州イングルウッド生まれの白人ジャズ・テナーサックス、ソプラノ・サックス奏者。
LPは1956年1月23日~24日の録音、RCAビクター(RCA Victor)LPM-1282番、12曲入り。
以下、LPの演目。
A1. Mediolistic
A2. Crimea River
A3. A New Moan
A4. A Moment's Notice
A5. My Blues
A6. Sandy's Swing
B1. Somebody Loves Me
B2. More Bread
B3. Sherm's Terms
B4. From A To Z
B5. East Of The Sun (And West Of The Moon)
B6. Tenor For Two Please, Jack
CDは発売元がRCAビクター(RCA Victor)、輸入盤、ジョン・スチュアート・ウィルソン(John Steuart Wilson)氏、RCAビクター(RCA Victor)による英語オリジナル・ライナーノーツ、13~16曲目の4曲が追加され全16曲入り。
メンバーはテナーサックスがアル・コーンとズート・シムズ、ピアノがデイブ・マッケンナとハンク・ジョーンズ、トランペットがディック・シャーマン、ベースがミルト・ヒントン、ドラムがオシー・ジョンソン。
アルバムタイトルの「From A To Z」は「A」がアル・コーンで「Z」がズート・シムズの頭文字。
アルファベットの最初と最後にもなるので日本の伝統芸能の開演の口上「隅から隅までずずずい~っと宜しくお願い申し奉(たてまつ)ります」といったところか。
2管テナーだがテナーバトルはなく、お互いのリスペクトが上質で温かい音となる。
(青木高見)





Al Cohn / Cohn On The Saxophone (DCD 102) Al Cohn / Cohn On The Saxophone (DCD 102)

Recorded : September 29, 1956

Personnel :
Al Cohn (ts)
Hank Jones (p)
Frank Rehak (tb)
Milt Hinton (b)
Osie Johnson (ds)

Song name :
01. We Three
02. Idaho
03. The Things I Love
04. Singing The Blues
05. Be Loose
06. When Day Is Done
07. Good Old Blues
08. Softly As In Morning Sunrise
09. Abstract Of You
10. Blue Lou
11. Them There Eyes

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アル・コーン(Al Cohn 出生名:Alvin Gilbert Cohn 1925年11月24日~1988年2月15日)はアメリカ合衆国ペンシルヴェニア州ストラウズバーグ生まれのジャズ・サックス奏者、作曲家、編曲家、バンドマスター。
LPは1956年9月29日の録音、ドーン・レコード(Dawn Records)DLP 1110番、10曲入り。
CDは発売元がドーン・レコード(Dawn Records)、輸入盤、ゲイリー・クレイマー(Gary Kramer)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、11曲目の1曲が追加され全11曲入り。
メンバーはテナーサックスがアル・コーン、ピアノがハンク・ジョーンズ、トロンボーンがフランク・レハック、ベースがミルト・ヒントン、ドラムがオジー・ジョンソン。
演奏は白人の都会的なセンスが光る。
隠匿めいた気持ちになる、1曲目「We Three」の出だしは鳥肌もの。
アルバム・ジャケットは超が付くカッコよさ、ジャケット良ければ中身良し。
(青木高見)





Zoot Sims - Al Cohn - Phil Woods / A Night At The Half Note (TOCJ-5413) Zoot Sims - Al Cohn - Phil Woods / A Night At The Half Note (TOCJ-5413)

「ジャズ/ズート・シムズ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/アル・コーン」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/フィル・ウッズ」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : February 6-7, 1959

Personnel :
Zoot Sims (ts)
Al Cohn (ts)
Phil Woods (as) #03-04
Mose Allison (p)
Knobby Totah (b)
Paul Motian (ds)

Song name :
01. Lover, Come Back to Me
02. It Had to Be You
03. Wee Dot
04. After You've Gone

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ズート・シムズ(Zoot Sims 出生名:John Haley Sims 1925年10月29日~1985年3月23日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州イングルウッド生まれの白人ジャズ・テナーサックス、ソプラノ・サックス奏者。
アル・コーン(Al Cohn 出生名:Alvin Gilbert Cohn 1925年11月24日~1988年2月15日)はアメリカ合衆国ペンシルヴェニア州ストラウズバーグ生まれのジャズ・サックス奏者、作曲家、編曲家、バンドマスター。
フィル・ウッズ(Phil Woods 出生名:Philip Wells Woods 1931年11月2日~)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州スプリングフィールド生まれのジャズ・アルトサックス奏者、作曲家。
LPは1956年2月6日・7日の録音、ユナイテッド・アーティスト・レコード(United Artists Records)UAS 5040番、4曲入り、ニューヨークのライブハウス「ハーフ・ノート」でのライブ。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、LPの英語の写真付きライナーノーツ、小川隆夫氏による日本語解説、4曲入り。
メンバーはテナーサックスがズート・シムズ、アル・コーン、アルトサックスがフィル・ウッズ、ピアノがモーズ・アリソン、ベースがノビー・トッター(ノビル・トター)、ドラムがポール・モチアン。
聴きどころは何と言ってもズート・シムズ、アル・コーン、フィル・ウッズの3人の共演。
また共演の少ないピアノのモーズ・アリソン、ドラムのポール・モチアンにも耳を傾けたい。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲