青木高見のジャズコレクション Billie Holiday (vo) ビリー・ホリデイ


寸評
ビリー・ホリデイ (Billie Holiday 出生名 : Eleanora Fagan ニックネーム:レディ・デイ 1915年4月7日~1959年7月17日) はアメリカ合衆国メリーランド州ボルティモア生まれの黒人女性ジャズ歌手。
人種差別、麻薬、アルコール依存症、借金、逮捕、服役など波乱に満ちた人生の脇には常に歌があった。
情緒豊かに歌詞を噛みしめる様に歌う歌唱は、彼女の人生と重なり、強い個性となっている。
44歳の短い人生だったが、良かったか、悪かったか、本人しか知り得ない。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (トリビュート・アルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Billie Holiday / Strange Fruit Billie Holiday / Strange Fruit

Personnel :
Billie Holiday (vo)
Eddie Heywood (p)
Sonny White (p)
Frankie Newton (tp)
Kenneth Holon (ts)
Vic Dickenson (tb)

Recorded, Song name :
Rec : April 20, 1939
01. Strange Fruit (邦題 : 奇妙な果実)
02. Yesterdays
03. Fine And Dandy
04. I Gotta Right To Sing The Blues (邦題 : ブルースを歌おう)

Rec : March 25, 1944
05. How Am I To Know
06. My Old Flame
07. I'll Get By
08. I Cover The Waterfront (邦題 : 水辺にたたずみ)

Rec : April 1-8, 1944
09. I'll Be Seeing You
10. I'm Yours
11. Embraceable You
12. As Time Goes By (邦題 : 時の過ぎゆくまま)
13. She's Funny That Way
14. Lover Come Back To Me (邦題 : 恋人よ我に帰れ)
15. I Love My Man (Billie's Blues)
16. On The Sunny Side Of The Street (邦題 : 明るい表通り)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ビリー・ホリデイ (Billie Holiday 出生名 : Eleanora Fagan ニックネーム:レディ・デイ 1915年4月7日~1959年7月17日) はアメリカ合衆国メリーランド州ボルティモア生まれの黒人女性ジャズ歌手。
アルバムはビリー・ホリデイ、1939年4月20日、1944年3月25日・4月1日から8日の録音、コモドア・レコードからのリリース。
タイトル「奇妙な果実」 は木に首を吊った黒人の事、アルバム全体に流れる人種差別や過酷な生活環境など黒人の叫びが表現されている。
このアルバムを聴くたびに、ジャズを別の観点から、いつも考えさせられる。
ジャズ・ヴォーカルの作品としても個性が強い。
ビリー・ホリデイを、優しくサポートするバックのミュージシャン達の演奏も聴き処といえる。

【Strange Fruit (奇妙な果実)の歌詞】
Southern trees bear strange fruit
南部の木には奇妙な果実がなる
Blood on the leaves and blood at the root
葉には血が、根にも血を滴たらせ
Black bodies swinging in the southern breeze
南部の風に揺らいでいる黒い死体
Strange fruit hanging from the poplar trees.
ポプラの木に吊るされている奇妙な果実
Pastoral scene of the gallant south
美しい南部の田園に
The bulging eyes and the twisted mouth
飛び出した眼、苦痛に歪む口
Scent of magnolias sweet and fresh
マグノリアの甘く新鮮な香りが
Then the sudden smell of burning flesh.
突然肉の焼け焦げている臭いに変わる
Here is a fruit for the crows to pluck
カラスに突つかれ
For the rain to gather for the wind to suck
雨に打たれ 風に弄ばれ
For the sun to rot for the trees to drop
太陽に朽ちて 落ちていく果実
Here is a strange and bitter crop.
奇妙で悲惨な果実
(青木高見)





Billie Holiday / Solitude Billie Holiday / Solitude

Recorded : March and April 1952

Personnel :
Billie Holiday (vo)
Charlie Shavers (tp)
Flip Phillips (ts)
Oscar Peterson (p)
Barney Kessel (g)
Ray Brown (b)
Alvin Stoller (ds)

Song name :
01. East of the Sun (And West of the Moon)
02. Blue Moon
03. You Go to My Head
04. You Turned the Tables on Me
05. Easy to Love
06. These Foolish Things
07. I Only Have Eyes for You
08. Solitude
09. Everything I Have Is Yours
10. Love for Sale
11. Moonglow
12. Tenderly
13. If the Moon Turns Green
14. Remember
15. Autumn in New York
16. Autumn in New York (78rpm take)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ビリー・ホリデイ (Billie Holiday 出生名 : Eleanora Fagan ニックネーム:レディ・デイ 1915年4月7日~1959年7月17日) はアメリカ合衆国メリーランド州ボルティモア生まれの黒人女性ジャズ歌手。
アルバムはビリー・ホリデイ、1952年3月・4月の録音。
共演者は、ピアノがオスカー・ピーターソン、ギターがバーニー・ケッセル、ベースがレイ・ブラウンほか。
録音時、ビリー・ホリデイ37歳、借金と麻薬漬けの生活でニューヨークから西海岸に移住した頃となる。
時は 「Strange Fruit(奇妙な果実)」 から8年程しか経過していないがビリー・ホリデイは心身とも疲れている。
そんな彼女に共演者達が、優しく手を差しのべるような演奏が悲しくも、けなげで美しい。
命と引き換えた円熟の歌唱は心を打たれる。

【タイトルにもなった 「Solitude」 の歌詞】
Duke Ellington / Eddie Delange / Irving Mills
In my solitude
あたしの孤独な心の中で
You haunt me
あんたがあたしにつきまとう
With dreadful ease
残酷なほどたやす
Of days gone by
過ぎた日々の中で
In my solitude
あたしの孤独な心の中で
You taunt me
あんたがあたしを嘲る
With memories
記憶とともに
That never die
亡びることはないだろう
I sit in my chair
あたしは椅子に座って
And filled with despair
絶望感に満たされる
There’s no one could be so sad
これほど悲しんでいるやつもいないだろう
With gloom everywhere
何処もかしこも陰鬱で
I sit and I stare
わたしは座ってじっと見つめる
I know that I’ll soon go mad
知っているんだ あたしはもうすぐ発狂するだろ
In my solitude
あたしはこの孤独の中で
I’m afraid
恐れているんだ
Dear lord above
親愛なる主よ
Send back my love
あたしの愛を返してよ
(青木高見)





Billie Holiday / Lady In Satin Billie Holiday / Lady In Satin

Recorded : February 18-20, 1958

Personnel :
Billie Holiday (vo)
Ray Ellis (arr, cond)
Mel Davis (tp)
Bernie Glow (tp)
Urbie Green (tb)
J.J. Johnson (tb)
Tom Mitchell (tb)
Jack Green (tb)
Tom Mitchell (btb)
Eddie Powell (reeds)
Romeo Penque (reeds)
Danny Bank (fl)
Phil Bodner (fl)
Romeo Penque (fl)
Mal Waldron (p)
Hank Jones (p)
Milt Hinton (b)
Barry Galbraith (g)
Osie Johnson (ds)
George Ockner (violin and concertmaster)
Milton Lomask (vln)
Sam Rand (vln)
Sid Brecher (vla)
Richard Dickler (vla)
David Soyer (cello)
Maurice Brown (cello)
Bobby Rosengarden (xyl)
Bradley Spinney (xyl)
Janet Putnam (harp)
Elise Bretton (backing vocals)
Miriam Workman (backing vocals)

Song name :
01. I'm A Fool To Want You
02. For Heaven's Sake
03. You Don't Know What Love Is
04. I Get Along Without You Very Well
05. For All We Know
06. Violets For Your Furs
07. You've Changed
08. It's Easy To Remember
09. But Beautiful
10. Glad To Be Unhappy
11. I'll Be Around
12. The End Of A Love Affair

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ビリー・ホリデイ (Billie Holiday 出生名 : Eleanora Fagan ニックネーム:レディ・デイ 1915年4月7日~1959年7月17日) はアメリカ合衆国メリーランド州ボルティモア生まれの黒人女性ジャズ歌手。
アルバムはビリー・ホリデイ、1958年2月18日から20日の録音。
共演者は、編曲がレイ・エリス、ピアノにマル・ウォルドロン、ハンク・ジョーンズ、J.J.ジョンソンほか、管楽器、ハープ入りのオーケストラ、バックコーラス。
内容は亡くなる1年前の歌唱。
声はしゃがれて若き日のホリデイは、すでにない。
しかし、百戦錬磨の魂の歌声に感銘を受ける。
録音に参加したメンバーも、ビリー・ホリデイのバックを担当できた事を感謝し、全身全霊で演奏に臨む。
かくして、普通のジャズ・オーケストラとは一線を画す、精神性の高い作品といえる。
(青木高見)





Billie Holiday / Last Recording Billie Holiday / Last Recording

Recorded : March 3, 4, and 11, 1959

Song No, Recorded, Personnel :
#08, #09, #10, #11  Rec : March 3, 1959
Billie Holiday (vo)
Ray Ellis (arr, cond)
Hank Jones (p)
Barry Galbraith (g)
Romeo Penque (as, ts, b-cl)
Jimmy Cleveland (tb)
Joe Benjamin (b)
Osie Johnson (ds)
Janet Putnam (harp)

#02, #03, #04, #07  Rec : March 4, 1959
Billie Holiday (vo)
Ray Ellis (arr, cond)
Hank Jones (p)
Barry Galbraith (g)
Harry Edison (tp)
Gene Quill (as)
Jimmy Cleveland (tb)
Milt Hinton (b)
Osie Johnson (ds)

#01, #05, #06, #12  Rec : March 11, 1959
Billie Holiday (vo)
Ray Ellis (arr, cond)
Hank Jones (p)
Barry Galbraith (g)
Harry Edison (tp)
Joe Wilder (tp)
Al Cohn (ts)
Danny Bank (bs)
Billy Byers (tb)
Milt Hinton (b)
Osie Johnson (ds)

Song name :
01. All of You
02. Sometimes I'm Happy
03. You Took Advantage of Me
04. When It's Sleepy Time Down South
05. There'll Be Some Changes Made
06. 'Deed I Do
07. Don't Worry 'bout Me
08. All the Way
09. Just One More Chance
10. It's Not for Me to Say
11. I'll Never Smile Again
12. Baby Won't You Please Come Home

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ビリー・ホリデイ (Billie Holiday 出生名 : Eleanora Fagan ニックネーム:レディ・デイ 1915年4月7日~1959年7月17日) はアメリカ合衆国メリーランド州ボルティモア生まれの黒人女性ジャズ歌手。
アルバムはビリー・ホリデイ、1959年3月3日・4日・11日の録音、ヴァーヴ・レコードからのリリース、ラスト・レコーディングとされる。
編曲と指揮がレイ・エリス、ピアノがハンク・ジョーンズ、ギターがバリー・ギャルブレイス、トランペットがハリー・スィート・エディションとジョー・ワイルダー、アルトサックスがロメオ・ペンケとジーン・クイル、テナーサックスがアル・コーン、バリトンサックスがダニー・バンク、トロンボーンがジミー・クリーブランド、ベースがジョー・ベンジャミンとミルト・ヒントン、ドラムがオシー・ジョンソン 、ハープがジャネット・パットナム(パトナム)ほか。
ビリー・ホリデイの一連のアルバムを聴いてきても、このアルバムを聴かないでビリー・ホリデイを聴いた事にはならない思う。
長期間のドラッグとアルコール漬けの生活で往年の歌唱は、ここにはない。
しかし、最後の力を振り絞った静かな境地、唄への情熱は切々と伝わってくる。
編曲と指揮を担当したレイ・エリスをはじめとする、マスター級の豪華メンバーもおそらく、この偉大なジャズ・シンガーと最後のお別れになる事を予測して演奏に望んだと思う。
その渾身の演奏も聴き処といえる。
事実、この録音の4ヶ月後、ビリー・ホリデイはこの世を去って行く。
ジャズ・ヴォーカルとは、いかなるものかを思い知らされる1枚。
(青木高見)





Anita O'day / Trav'lin' Light Anita O'day / Trav'lin' Light

(注) このアルバムはアニタ・オデイのリーダーアルバム扱いとしています。
そのため 「 Anita O'day 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : January 18 and 19, 1961

Personnel :
Anita O'day (vo)
Russell Garcia (arr, prod)   #02, #04-#08
Johnny Mandel (arr, cond)  "#01, #03, #09-#12
Jimmy Rowles (p)   #02, #04-#08
Russ Freeman (p)   #01, #03, #09-#12
Barney Kessel (leader-g)   #02, #04-#08
Al Caiola (g)   #01, #03, #09-#12
Al Porcino (tp)   #01, #03, #09-#12
Don Fagerquist (tp)   #02, #04-#08
Jack Sheldon (tp)   #01, #03, #09-#12
John Anderson, Jr. (tp)   #01, #03, #09-#12
Ray Triscari (tp)   #01, #03, #09-#12
Chuck Gentry (sax)   #01, #03, #09-#12
Joe Maini (sax)   #01, #03, #09-#12
Ben Webster (ts)   "02, #04-#08
Dick Nash (tb)   #01, #03, #09-#12
Frank Rosolino (tb)   #01, #03, #09-#12
L. MacCreary (tb)   #01, #03, #09-#12
Stu Williamson (tb)   #01, #03, #09-#12
Buddy Clark (b)
Mel Lewis (ds)

Song name :
01. Trav'lin' Light
02. The Moon Looks Down and Laughs
03. Don't Explain
04. Remember
05. Some Other Spring
06. What a Little Moonlight Can Do
07. Miss Brown to You
08. God Bless the Child
09. If the Moon Turns Green
10. I Hear Music
11. Lover, Come Back to Me
12. Crazy He Calls Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ (Anita O'Day 出生名 : Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
アルバムはアニタ・オデイ、1961年1月18日・19日の録音、ヴァーヴの音源、発売がポリドール株式会社、販売がポリグラム株式会社、世界初の日本CD化、シリーズ 「ヴァーヴ・ヴォーカル・コレクション」 の1枚。
バックは、編曲とプロデューサーがラッセル・ガーシア(ガルシア)、編曲と指揮がジョニー・マンデル。
ピアノがジミー・ロウルズ、ラス・フリーマン、ギターがバーニー・ケッセルとアル・カイオラ、トランペットがアル・ポルシーノ、ドン・ファガークイスト、ジャック・シェルドン、ジョン・アンダーソン・ジュニア、サックスがジョー・マイーニ(マイニ)、ベン・ウェブスター、トロンボーンがディック・ナッシュ、フランク・ロソリーノ、ステュー・ウィリアムソン、ベースがバディ・クラーク、ドラムがメル・ルイスほか。
マスター級の豪華共演者に、まず驚かされた。
つまりアニタ・オデイは、これだけの素晴らしいメンバーを集められる偉大なヴォーカリストになっていた証ともいえる。
個人的に、バックで今誰が演奏しているのか想像するのも一興。
アルバムだが、アニタ・オデイのビリー・ホリデイの愛唱曲集。
そのため当初 「シングス・ビリー・ホリデイ」 のタイトルでリリースされる予定だったらしい。
ビリー・ホリデイが亡くなったのは、1959年7月なのでトリビュートの意味合いもある。
アニタ・オデイの素晴らしい歌唱は、それに充分答えている。
(青木高見)





Terence Blanchard (Billie Holiday) / The Billie Holiday Songbook Terence Blanchard (Billie Holiday) / The Billie Holiday Songbook

(注) このアルバムはテレンス・ブランチャードのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Terence Blanchard 」 で同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : at the Manhattan Center Ballroom, New York, New York on October 20, 27 and 29, 1993.

Personnel :
Terence Blanchard (tp)
Billie Holiday (personnel)
Jeanie Bryson (vo)
Bruce Barth (p)
Christopher Thomas (b)
Troy Davis (ds)

Song name :
01 .Detour Ahead
02. Nice Work If You Can Get It
03. In My Solitude
04. What A Little Moonlight Can Do
05. Good Morning Heartache
06. I Cried For You
07. Don't Explain
08. Fine And Mellow
09. I Cover The Waterfront
10. Left Alone
11. Strange Fruit
12. Lady Sings The Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : テレンス・ブランチャード (Terence Blanchard 1962年3月13日~) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオリンズ生まれのジャズ・トランペット奏者。
ビリー・ホリデイ (Billie Holiday 出生名 : Eleanora Fagan ニックネーム:レディ・デイ 1915年4月7日~1959年7月17日) はアメリカ合衆国メリーランド州ボルティモア生まれの黒人女性ジャズ歌手。
アルバムはテレンス・ブランチャード、1993年のリリース、ビリー・ホリディーにささげた演奏。
共演者は、ジニ- (ジャニー)・ブライソンのヴォーカルとストリングス。
柔らかく伸びやかなテレンス・ブランチャードのトランペットの音色がシックに、今は亡きビリー・ホリディーを偲ぶ。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはテレンス・ブランチャード、1993年のリリース、ビリー・ホリディーにささげた演奏。
共演者は、ジニ- (ジャニー)・ブライソンのヴォーカルとストリングス。
柔らかく伸びやかなテレンス・ブランチャードのトランペットの音色がシックに、今は亡きビリー・ホリディーを偲ぶ。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲