青木高見のジャズコレクション Anita O'Day (vo) アニタ・オデイ


寸評
アニタ・オデイ (Anita O'Day 出生名 : Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
アニタを聴くと、浅草で神輿をかつぐ、チャキチャキな姉(あね)さんとダブる。
自分の歌唱の欠点を全て、魅力に替えてしまった女将の雰囲気が堪(たま)らない。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
Anita O'day An Evening With Anita O'day

【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Anita O'day / The Lady Is A Tramp Anita O'day / The Lady Is A Tramp

Recorded, Song No. :
January 22, 1952  #01-#04
July 1952  #05, #06, #11, #12
December 1952  #07-#10

Song No., Recorded, Personel :
#01-#04  January 22, 1952
Anita O'day (vo)
Ralph Burns (p, arr)
Roy Eldridge (tp)
Bud Johnson (ts)
Cecil Payne (bs)
Bill Harris (tb)
Al Mckibbon (b)
Don Lamond (ds)

#05, #06, #11, #12  July 1952
Anita O'day (vo)
Roy Kral (p, arr)
Esrl Backus (g)
Johnny Frigo (b)
Red Lionberg (ds)

#07-#10  December 1952
Anita O'day (vo)
Larry Russell (arr, strings-cond)
Andy Secrest (tp)

Song name :
01. Rock 'n Roll Blues
02. Love For Sale
03. Lullaby Of The Leaves
04. Lover Come Back To Me
5 05. No Soap, No Hope Blues
06. Speak Low
07. Pagan Love Song
08. Ain't This A Wonderful Day
09. Somebody's Crying
10. Vaya Con Dios
11. The Lady Is A Tramp
12. Strawberry Moon

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ (Anita O'Day 出生名 : Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
アルバムはアニタ・オデイ、1952年の録音、ポリドール・レーベルからのリリース。
共演者は。
1、2、3,4曲目が。
ピアノと編曲がラルフ・バーンズ、トランペットがロイ・エルドリッジ、テナーサックスがバッド・ジョンソン、バリトンサックスがセシル・ペイン、ベースがアル・マッキボン、ドラムがドン・ラモンドほか。
5,6、11、12曲目が。
ピアノと編曲がロイ・クラールほか。
7、8、9、10曲目が。
編曲とオーケストラ指揮がラリー・ラッセル。
3ッのバンドで初期のアニタ・オデイを楽しめる。
ファンにとっては垂涎(すいえん)の1枚。
(青木高見)





Anita O'day / An Evening With Anita O'day Anita O'day / An Evening With Anita O'day

Recorded :
#01-#04      April 15, 1954
#05-#06, #11, #12 June 28, 1954
#07-#10      August 11, 1955

Personnel :
Anita O'day (vo)
#01-#04   Recorded at Los Angels, April 15, 1954
Arnold Ross (p)
Barney Kessel (g)
Monty Budwig (b)
Jackie Mills (ds)

#05-#06, #11, #12   Recorded at Los Angels, June 28, 1954
Bud Lavin (p)
Monty Budwig (b)
John Poole (ds)

#07-#10   Recorded at Los Angels, August 11, 1955
Jimmie Rowles (p)
Tal Farlow (g)
Leroy Vinneger (b)
Larry Bunker (ds)

Song name :
01. Just One Of Those Things
02. Gypsy In My Soul
03. The Man I Love
04. Frankie And Johnny
05. Anita’s Blues
06. I Cover The Waterfront
07. You’re Getting To Be A Habit With Me
08. From This Moment On
09. You Don’t Know What Love Is
10. Medley:
  There’ll Never Be Another You
  Just Friends
11. I Didn’t Know What Time It Was
12. Let’s Fall In Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ (Anita O'Day 出生名 : Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。 アルバムはアニタ・オデイ、1954年4月・6月と1955年7月の録音、ヴァーヴ音源、ポリドール株式会社よりのリリース。
共演者は。
1~4曲目 1954年4月15日の録音、ピアノがアーノルド・ロス、ギターがバーニー・ケッセル、ベースがモンティー・バドウィッグ 、ドラムがジャッキー・ミルズ。
5,6,11,12曲目 1954年6月28日の録音、ピアノがバッド・ラヴィン、ベースがモンティー・バドウィッグ、ドラムがジョン・プール。
7~10曲目 1955年8月11日の録音、ピアノがジミー・ロウルズ、ギターがタル・ファーロウ、ベースがリロイ・ヴィネガー、ドラムがラリー・バンカー。
アニタ・オデイのディスコグラフィーでは初期の作品となる。
歌い方に初々しさがあるもテナーサックスの様に歌う歌唱はすでに完成している。
ここでは、3つのコンボをバックでアニタ・オデイを存分に楽しめる。
(青木高見)





Anita O'day / This Is Anita Anita O'day / This Is Anita

Recorded : December 6–8, 1955

Personnel :
Anita O'Day (vo)

[Buddy Bregman Orchestra]
Buddy Bregman (arr, cond)
Paul Smith (p)
Barney Kessel (g)

Song name :
01. You're The Top
02. Honeysuckle Rose
03. A Nightingale Sang In Berkekey Square
04. Who Cares?
05. I Can't Get Started
06. Fine And Dandy
07. As Long As I Live
08. No Moon At All
09. Time After Time
10. I'll See You In My Dreams
11. I Fall In Love Too Easily
12. Beautiful Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ (Anita O'Day 出生名 : Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
アルバムはアニタ・オデイ、1955年12月6日から8日の録音、ヴァーヴ・レコードの1作目。
バックは、アレンジとオーケストラ指揮がバディ・ブレグマン、ピアノがポール・スミス、ギターがバーニー・ケッセル他。
個人的に、1958年ニューポート·ジャズ·フェスティバルでの強烈な印象があるが、3年前の作品に、このような初々しい作品存在している。
ツッパリ前の可憐さ、独特なリズム感、ビブラート、じゃがれ声、全て彼女にしか表現できない歌唱。
一般評では、やはり 「ヴァーヴのアニタ」 として熱狂的なファンがいる。
自分の歌唱の欠点を全て、魅力に替えてしまう女将の雰囲気が堪らない。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはアニタ・オデイ、1955年12月6日から8日の録音、ヴァーヴ・レコードの一作目。バックは、アレンジとオーケストラ指揮がバディ・ブレグマン、ピアノがポール・スミス、ギターがバーニー・ケッセル他。個人的に、1958年ニューポート·ジャズ·フェスティバルでの強烈な印象があるが、三年前の作品に、このような初々しい作品存在している。ツッパリ前の可憐さ、独特なリズム感、ビブラート、じゃがれ声、全て彼女にしか表現できない歌唱。一般評では、やはり 「ヴァーヴのアニタ」 として熱狂的なファンがいる。自分の歌唱の欠点を全て、魅力に替えてしまう女将の雰囲気が堪らない。
(青木高見)





Anita O'day / Pick Yourself Up With Anita O'day Anita O'day / Pick Yourself Up With Anita O'day

Recorded : January 4 - December 20, 1956

Personnel :
Anita O'day (vo)
Buddy Bregman (cond) #03, #04, #06-09, #11
Paul Smith (p)
Larry Bunker (vib) #01, #02, #05, #10
Barney Kessel (g) #01, #02, #05, #10
Al Hendrickson (g) #03, #04, #06-09, #11, #12
Conrad Gozzo (tp) #03, #04, #06-09, #11, #12
Conte Candoli (tp) #03, #04, #06-09, #11, #12
Harry Edison (tp) #01, #02, #05, #10
Pete Candoli (tp) #03, #04, #06-09, #11, #12
Ray Linn (tp) #03, #04, #06-09, #11, #12
Bud Shank (as) #03, #04, #06-09, #11, #12
Herb Geller (as) #03, #04, #06-09, #11, #12
Bob Cooper (ts) #03, #04, #06-09, #11, #12
Georgie Auld (ts) #03, #04, #06-09, #11, #12
Jimmy Giuffre (bs) #03, #04, #06-09, #11, #12
Frank Rosolino (tb) #03, #04, #06-09, #11, #12
George Roberts (tb) #03, #04, #06-09, #11, #12
Lloyd Ulyate (tb) #03, #04, #06-09, #11, #12
Milt Bernhart (tb) #03, #04, #06-09, #11, #12
Joe Mondragon (b)
Alvin Stoller (ds)

Song name :
01. Don't Be That Way
02. Let's Face The Music And Dance
03. I Never Had A Chance
04. Stompin' At The Savoy
05. Pick Yourself Up
06. Stars Fell On Alabama
07. Sweet Georgia Brown
08. I Won't Dance
09. Man With A Horn
10. I Used To Be Color Blind
11. There's A Lull In My Life
12. Let's Begin

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ (Anita O'Day 出生名 : Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
アルバムはアニタ・オデイ、1956年1月4日から12月20日の録音、ヴァーヴ・レコードからのリリース。
バックは、オーケストラ指揮がバディー・ブレグマン。
ピアノがポール・スミス、ビブラフォンがラリー・バンカー、ギターがバーニー・ケッセルとアル・ヘンドリックソン、トランペットがコンテ・キャンドリ、ハリー・スィート・エディション、ピート・キャンドリ、アルトサックスがバド・シャンク、ハーブ・ゲラー、テナーサッススがジョージ・オールド、バリトンサックスがジミー・ジュフリー、トロンボーンがフランク・ロソリーノ、ジョージ・ロバーツ、ミルト・バーンハート、ベースがジョー・モンドラゴン、ドラムがアルバン・ストーラー、ほか。
どうだろう、何とも一流のミュージシャンが集められている。
アニタ・オデイは、さぞ満足だったに違いない。
また、これだけの大規模な編成でアニタ・オデイ名義のアルバムをリリースさせた音楽プロデューサーのノーマン・グランツの手腕が凄い。
演奏は、申し分のない面々のバックにして堂々と、しかも楽しんでいる姉御(あねご)の歌唱がたまらない。
ジャケットは、赤をバックに、白いセーターに、とんがった胸は刺激的。
かくして、密度の濃いアニタ・オデイ・ファンにとって垂涎の1枚となる。
(青木高見)





Anita O'Day / Anita Sings The Most Anita O'Day / Anita Sings The Most

Recorded : January 31, 1957

Personnel :
Anita O'Day (vo)
Oscar Peterson (p)
Herb Ellis (g)
Ray Brown (b)
John Poole (ds)

Song name :
01. S'Wonderful/They Can't Take That Away From Me
02. Tenderly
03. Old Devil Moon
04. Love Me Or Leave Me
05. We'll Be Together Again
06. Stella By Starlight
07. Taking A Chance On Love
08. Them There Eyes
09. I've Got The World On A String
10. You Turned The Tables On Me
11. Bewitched, Bothered and Bewildered

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ (Anita O'Day 出生名 : Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
アルバムはアニタ・オデイ、1957年1月31日の録音、ヴァーヴ・レコードからのリリース。
共演者は、ピアノのオスカー・ピーターソン、ギターがハーブ・エリス、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがジョン・プール。
演奏は、オスカー・ピーターソンの極上のレギュラー・ユニットをバックに、気持ちよく唄うアニタ・オデイが見事。
選曲もスタンダード中心に聴きやすい。
アニタ・オデイを聴いていて 「キュート」 という言葉を思い出した。
「キュート」 は 「プリティー」 と違って、可愛いだけではなく 「きびきびした」 が入る。
まさに、アニタ・オデイにピッタリな言葉かもしれない。
(青木高見)





Anita O'Day / At Mister Kelly's Anita O'Day / At Mister Kelly's

Recorded : April 27, 1958

Personnel :
Anita O'Day (vo)
Joe Masters (p)
L.B. Wood (b)
John Poole (ds)

Song name :
01. But Not for Me
02. I Have a Reason for Living
03. Varsity Drag
04. My Love for You
05. It Never Entered My Mind
06. Tea for Two
07. Every Time I'm with You
08. Have You Met Miss Jones?
09. The Wildest Gal in Town
10. Star Eyes
11. Loneliness Is a Well
12. The Song Is You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ (Anita O'Day 出生名 : Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
アルバムはアニタ・オデイ、1958年4月27日の録音、シカゴのジャズ・クラブ 「ミスター・ケリー」 でのライブ、ヴァーヴの音源、ユニバーサル・ミュージック・クラシックからのリリース。
共演者は、ピアノがジョー・マスターズ、ベースがラリー・ウッズ、ドラムがジョン・プール。
ジャズのカテゴリーの中で、スタンダードの 「Tea For Two 邦題:二人でお茶を」 を見事に歌い上げたアニタ・オデイ。
逆に 「Tea For Two 邦題:二人でお茶を」 の名演と言ったら、このアルバムが上位に上がってくる。
それにしても、凄い白人女性歌手だと思う。
並み居る黒人女性歌手を押しのけて活躍した。
演奏は、ピアノトリオにアニタ・オデイというのが貴重。
それも名門 「ミスター・ケリー」 でのライブとくる。
ライブのアニタ・オデイは圧巻、恐ろしい。
人に教えたくない、アニタ・オデイを独り占めしたい。
「オ~ 愛する アニタ~」
ってのも、あったっけ、ち、が、う、ダロッ。
(青木高見)





Anita O'Day / Anita O'Day Swings Cole Porter With Billy May Anita O'Day / Anita O'Day Swings Cole Porter With Billy May

(注) このアルバムはアニタ・オデイのリーダーアルバム扱いとしています。
作曲者がコール・ポーターのため 「 Cole Porter 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1959-1960
Tracks #01-12 originally issued on the 12" LP
"Anita O'Day Swings Cole Porter with Billy May"
(Verve MGV 2118 and MGVS 6059).

Tracks #13-24 originally issued on the 12" LP
"Anita O'Day and Billy May Swings Rodgers and Hart"
(Verve MGV 2141 and MGVS 62141).

Personnel :
Anita O'Day (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Billy May (arr, cond)

Personnel on tracks #01-05  Recorded : April 2, 1959
Conrad Gozzo (tp)
Uan Rasey (tp)
Frank Beach (tp)
Dave Wells, Si Zentner (tb)
Lloyd Ulyate (tb)
Ed Kusby (tb)
Ronnie Lang (as)
Wilbur Schwartz (as)
Justin Gordon (ts)
Gene Cipriano (ts, as)
Chuck Gentry (bs)
Al Pellegrini (p)
Bobby Gibbons (g)
George Morrow (b) Irv Cottler (ds)

Personnel on tracks #06-12  Recorded : April 9, 1959
Conrad Gozzo, Uan Rasey, Frank Beach (tp)
Dave Wells (tb)
Si Zentner, Dick Noel (tb)
Ed Kusby (tb)
Skeets Herfurt (as)
Wilbur Schwartz (as)
Justin Gordon (ts)
Gene Cipriano (ts)
Chuck Gentry (bs)
Al Pellegrini (p)
Tommy Tedesco (g)
George Morrow (b)
Mel Lewis (ds)

Personnel on tracks #13-16  Recorded : June 6,1960
Pete Candoli (tp)
Conrad Gozzo (tp)
Uan Rasey (tp)
Murray McEachern (tb)
Tommy Shepard (tb)
Bill Schaefer (tb)
Ed Kusby (tb)
Wilbur Schwartz (as)
Ted Nash (as)
Justin Gordon (ts)
Fred Fallensby (ts)
Chuck Gentry (bs)
Joe Castro (p)
Al Hendrickson (g)
Ralph Peña (b)
Irv Cottler (ds)

Personnel on tracks #17-20:
Joe Castro (p)
Al Hendrickson (g)
Ralph Peña (b)
Irv Cottler (ds)
plus string section (9 violins, 4 violas, 4 cellos, harp)
Recorded : June 7, 1960

Personnel on tracks #21-24  Recorded : June 8, 1960
Pete Candoli (tp)
Conrad Gozzo (tp)
Uan Rasey (tp)
Ed Kusby (tb)
Murray McEachern (tb)
Tommy Pederson (tb)
Bill Schaefer (tb)
Wilbur Schwartz (as)
Ted Nash (as)
Justin Gordon (ts)
Fred Fallensby (ts)
Chuck Gentry (bs)
Joe Castro (p)
Al Hendrickson (g)
Ralph Peña (b)
Irv Cottler (ds)

Song name :
01. Just One Of Those Things
02. Love For Sale
03. You'd Be So Nice To Come Home To
04. Easy To Love
05. I Get A Kick Out Of You
06. All Of You
07. Get Out Of Town
08. I've Got You Under My Skin
09. Night And Day
10. It's Delovely
11. I Love You
12. What Is This Thing Called Love?
13. You're The Top
14. My Heart Belongs To Daddy
15. Why Shouldn't I
16. From This Moment On
17. Love For Sale
18. Just One Of Those Things
19. Lover
20. It Never Entered My Mind
21. Ten Cents A Dance
22. I'v Got Five Dollars
23. To Keep My Love Alive
24. Spring Is Here

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ (Anita O'Day Birth name:Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
コール・ポーター (Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日) はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
アルバムはアニタ・オデイ。
01~12曲目 1959年4月2日・9日の録音、コール・ポーター特集。
13~24曲目 1960年6月6日から8日の録音、ロジャー・アンド・ハート特集。
バックは全曲、ビリー・メイ・オーケストラ。
そうとう自信がないと歌えないコール・ポーターのハードルは髙い。
見事な歌唱に大満足。
(青木高見)





Anita O'day / Cool Heat JImmy Giuffre Arrangements Anita O'day / Cool Heat JImmy Giuffre Arrangements

Recorded :
#02, #04, #08, #10  April 6, 1959
#01, #05, #09, #11  April 7, 1959
#03, #06, #07, #12  April 8, 1959
#13 - #24  April 2 and 9, 1959
#25 / Bonus Track  December 23, 1959

Personnel :
Anita O'day (vo)
{#01 - #12]
#02, #04, #08, #10  April 6, 1959
Jimmy Giuffre (arr, orchestra-cond, reeds)
Frank Rosolino (tb)
Alan Harding (reeds)
Bud Shank (reeds)
Jim Hall (g)
George Morrow (b)
Mel Lewis (ds)

#01, #05, #09, #11  April 7, 1959
Jimmy Giuffre (arr, orchestra-cond, reeds)
Frank Rosolino (tb)
Lester Robinson (tb)
Art Pepper (as)
Richie Kamuca (ts)
George Morrow (b)
Mel Lewis (ds)

#03, #06, #07, #12  April 8, 1959
Jimmy Giuffre (arr, orchestra-cond)
Conte Candoli (tp)
Tommy Reeves (tp)
Jack Sheldon (tp)
Frank Rosolino (tb)
Lester Robinson (tb)
Gil Falco (tb)
Jim Hall (g)
George Morrow (b)
Mel Lewis (ds)

#13 - #24  April 2 and 9, 1959
アルバム 「Anita O'Day / Anita O'Day Swings Cole Porter With Billy May」 を参照。
Billy May (arr, cond)

#25 / Bonus Track  December 23, 1959
Heinie Beau (cl, arr)
Jess Stacy (p)
Barney Kessel (g)
Red Nichols (cornet)
Benny Carter (as)
Eddie Miller (ts)
Moe Schneider (tb)
Morty Corb (b)
Gene Krupa (ds)

Song name :
01. Mack the Knife
02. Easy Come, Easy Go
03. Orphan Annie
04. You're a Clown
05. Gone with the Wind
06. Hooray for Hollywood
07. It Had to Be You
08. Come Rain or Come Shine
09. Hershey Bar
10. A Lover Is Blue
11. My Heart Belongs to Daddy"
12. The Way You Look Tonight

13. Just One Of Those Things
14. Love For Sale
15. You'd Be So Nice To Come Home To
16. Easy To Love
17. I Get A Kick Out Of You
18. All Of You
19. Get Out Of Town
20. I've Got You Under My Skin
21. Night And Day
22. It's Delovely
23. I Love You
24. What Is This Thing Called Love?
25. Memories Of You  [Bonus Track]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ (Anita O'Day 出生名 : Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
アルバムはアニタ・オデイ。
1から12曲目が 「Cool Heat」。
13から24曲目がアルバム 「Anita O'Day / Anita O'Day Swings Cole Porter With Billy May」。
25曲目の 「Memories Of You」 がボーナス・トラック。
録音日は。
#02, #04, #08, #10  1959年4月6日。
#01, #05, #09, #11  1959年4月7日。
#03, #06, #07, #12  1959年4月8日。
#13 - #24  1959年4月2日と9日。
#25  1959年12月23日。
時代が経過すると、売らんがためにメーカーは、従来のアルバムをカップリングしてリリースされる事がある。
それでも、ファンは殆ど持っているので特に、改めて買う必要もない。
そこで、目玉としてボーナス・トラックを数曲追加してくる。
ファンは、たとえそれが1曲でも、それを聴きたくなる。
このアルバムもそれで、25曲目の 「Memories Of You」 が聴きたくて入手。
(青木高見)





Anita O'day / Waiter, Make Mine Blues Anita O'day / Waiter, Make Mine Blues

Recorded :
August 1, 1960  #01, #05, #06, #10
October 4, 1960  #02, #03, #04, #07, #08, #09, #11, #12
October 7, 1960  #03, #04, #09, #12

Personnel :
Anita O'day (vo)
Russell Garcia (arr, cond)
Geoff Clarkson (p)
Barney Kessel (g)
Al Hendrickson (g)
Bud Shank (fl)
Frank Rosolino (tb)
Harry Betts (tb)
Kenny Shroyer (tb)
Al McKibbon (b)
Mel Lewis (ds)

Song name :
01. That Old Feeling
02. Angel Eyes
03. The Thrill Is Gone
04. Detour Ahead"
05. Yesterdays
06. Waiter, Make Mine Blues
07. Whatever Happened to You
08. When Sunny Gets Blue
09. Stella by Starlight
10. Mad About the Boy
11. A Blues Serenade
12. Goodbye

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ (Anita O'Day 出生名 : Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
アルバムはアニタ・オデイ、1960年8月・10月の録音、ヴァーヴの音源、発売がポリドール株式会社、販売がポリグラム株式会社、世界初の日本CD化、「ヴァーヴ・ヴォーカル・コレクション」 シリーズの1枚。
共演者は、編曲と指揮がラッセル・ガーシア(ガルシア)、ピアノがジョフ・クラークソン、ギターがバーニー・ケッセルとアル・ヘンドリックソン、フルートがバド・シャンク、トロンボーンがハリー・ベッツとフランク・ロソリーノとケン・シュロイヤー、ベースがアル・マッキボン、ドラムがメル・ルイスほか、ストリングス。
上記、録音日で演目がダブっているのは追加収録されたのか、誤表記なのか不明、出典はCDライナーをのまま転記。
演奏は、マスター級の豪華共演者によるバック。 演目は、スタンダード中心で安心する、アニタ・オデイの絶頂期のみごとな歌唱がいい。
ファンにとっては必携の1枚。
(青木高見)





Anita O'Day / Sings The Winners Anita O'Day / Sings The Winners Anita O'Day / Sings The Winners

Recorded : 1958-1963

Song name, Recorded, Personne :
Anita O'Day (vo) Sings in all tracks

01. Take the "A" Train (B.Strayhorn-D.Ellington)
02. Tenderly (W.Gross-J.Lawrence)
03. A Night in Tunisia (D.Gillespie)
04. Four (M.Davis)
05. Early Autumn (R.Burns-W.Herman-J.Mercer)
06. Four Brothers (J.Giuffre)
Rec : April 3, 1958
[Anita O'Day with Marty Paich and his Orchestra]
Marty Paich (p, arr, cond)
Sam Noto (tp)
Bill Catalano (tp)
Jules Chailen (tp)
Phil Gilbert (tp)
Lee Katzman (tp)
Bob Enevoldson (tb)
Jim Amlotte (tb)
Kent Larsen (tb)
Archie Lecoque (tb)
Ken Shroyer (tb)
Lennie Niehaus (as)
Bud Shank (as)
Richie Kamuca (ts)
Bill Parkins (ts)
Jack DuLong (bs)
Red Kelly (b)
Mel Lewis (ds)

07. Sing, Sing, Sing (L.Prima)
08. My Funny Valentine (R.Rodgers-L.Hart)
09. Frenesi (A.Dominguez-L.Whitcup)
10. Body and Soul (E.Heyman-R.Sour-F.Eyton-J.Green)
11. Whats Your Story Morning Glory (J.Lawrence-P.F.Webster-M.L.Williams)
12. Peanut Vendor (L.W.Gilbert-M.Simons-M.Sunshine)
13. Whisper Not (B.Golson-L.Feather)
Rec : April 2, 1958
[Anita O'Day with Russ Garcia and his Orchestra]
Russell Garcia (arr, cond, dir)
Same Personal

13. Whisper Not (B.Golson-L.Feather)  (Additional Track)
Rec : October 1962
[Anita O'Day and the Three Sounds]
Gene Harris (p)
Andy Simkins (b)
Bill Dowdy (ds)

14. Blue Champagne (G.Miller)  (Additional Track)
Rec : August 23, 1960
[Anita O'Day with Bill Holman Big Band]
Bill Holman (arr, dir)
parsonal unkown

15. Stompin At The Savoy (B.Goodman-A.Razaf-E.Sampson-C.Webb)  (Additional Track)
Rec : December 20, 1956
[Anita O'Day with Buddy Bregman and his Orchestra]
Conte Candoli (tp)
Pete Candoli (tp)
Conrad Gozzo (tp)
Ray Linn (tp)
Milt Bernhart (tb)
Lloyd Elliott (tb)
Frank Rosolino (tb)
George Roberts (tb)
Herb Geller (as)
Bud Shank (as)
George Auld (ts)
Bob Cooper (ts)
Jimmy Giuffre (bs)
Paul Smith (p)
Al Hendrickson (g)
Joe Mondragon (b)
Alvin Stoller (ds)

16. Hershey Bar (J.Mandel)  (Additional Track)
Rec : July 1959
[Anita O'Day with Billy May and his Orchestra]
Frank Rosolino (tb)
Jimmy Giuffre (ts, arr)

17. Don't Be That Way (B.Goodma-E.Sampson-M.Parish)  (Additional Track)
Rec : December 18, 1956
[Anita O'Day and her Combo]
Harry Edison (tp)
Larry Bunker (vib)
Paul Smith (p)
Barney Kessel (g)
Joe Mondragon (b)
Alvin Stoller (ds)

18. Peel Me A Grape (D.Fischberg)  (Additional Track)
Rec : February 1962
Cal Tjader (vib)
Lonnie Hewitt (p)
Freddie Schreiber (b)
Johnnie Rae (ds)

19. Star Eyes (G.DePaul-D/Raye)  (Additional Track)
Rec : April 27, 1958
Joe Masters (p)
Larry Woods(b)
John Pool(ds)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ (Anita O'Day 出生名 : Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
アルバムは1曲目から12曲目までがオリジナルで1958年4月の録音。
13曲目から19曲目までがCDバージョンに追加されたトラック。
バックは1曲目から6曲目迄がマーティ・ペイチ・オーケストラ。
7曲目から12曲目迄がラッセル・ガーシア(ガルシア)・オーケストラ。
追加トラックはそれぞれのユニットが担当。
演目は多彩で 「A列車で行こう」 「テンダリー」 「チュニジアの夜」 など冒頭からスタンダードが並ぶ。
演奏は、アニタ・オデイの50年代の絶頂期、それも最高のバック・バンドが付き、特に完成度が高い。
という訳で全19曲と、たっぷりアニタ・オデイを楽しめる。
それにしても、この独特な歌唱は実にユニーク。
アニタ・オデイを聴くと、つい、江戸の神輿(みこし)を、かつぐ威勢(いせい)のいい姉(アネ)さんとダブってしまう。
男勝(まさ)りの、シカゴ生まれのツッパリ姉御(アネゴ)。
それ程、活力に満ちていて最高に粋を感じる。
こんな歌手、他にはいない。
(青木高見)





Anita O'day / All The Sad Young Men Anita O'day / All The Sad Young Men

Recorded : October 16, 1961

Personnel :
Anita O'day (vo)
Gary McFarland (arr, cond)
Hank Jones (p)
Barry Galbraith (g)
Bernie Glow (tp)
Herb Pomeroy (tp)
Doc Severinsen (tp)
Bob Brookmeyer (tb)
Willie Dennis (tb)
Phil Woods (cl, as)
Walter Levinsky (cl, as)
Zoot Sims (ts, woodwind)
George Duvivier (b)
Mel Lewis (ds)

Song name :
01. Boogie Blues
02. You Came a Long Way from St. Louis
03. I Want to Sing a Song
04. A Woman Alone with the Blues
05. The Ballad of the Sad Young Men
06. Do Nothing till You Hear from Me
07. One More Mile
08. Night Bird
09. Up State
10. Senor Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ (Anita O'Day 出生名 : Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
アルバムはアニタ・オデイ、1961年10月16日の録音、ヴァーヴ・レコードの音源、ユニバーサル・ミュージック合同会社よりのリリース。
バックは、編曲と指揮がゲイリー・マクファーランド、ピアノがハンク・ジョーンズ、ギターがバリー・ギャルブレイス、トランペットがハーブ・ポメロイ、トロンボーンがウィリー・デニス、クラリネットとアルトサックスがフィル・ウッズ、テナーサックスがズート・シムス、ベースがジョージ・デュヴィヴィエ、ドラムがメル・ルイスほか。
一人の女性ヴォーカルのために、マスター級の豪華メンバーが、こんなにも多く集まった。
という事は、当時のアニタ・オデイが、いかに人気があったかという証。
アルバム・タイトルは、悲しそうな感じがするが、中身はシックな姉御(あねご)の、いつもの歌唱。
驚くのは、この豪華バックと堂々と渡り合っている、いや、むしろバックを引っ張っている感じが凄い。
(青木高見)





Anita O'day / Trav'lin' Light Anita O'day / Trav'lin' Light

(注) このアルバムはアニタ・オデイのリーダーアルバム扱いとしています。
ビリー・ホリデイへのトリビュート・アルバムのため 「 Billie Holiday 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : January 18 and 19, 1961

Personnel :
Anita O'day (vo)
Russell Garcia (arr, prod)   #02, #04-#08
Johnny Mandel (arr, cond)  "#01, #03, #09-#12
Jimmy Rowles (p)   #02, #04-#08
Russ Freeman (p)   #01, #03, #09-#12
Barney Kessel (leader-g)   #02, #04-#08
Al Caiola (g)   #01, #03, #09-#12
Al Porcino (tp)   #01, #03, #09-#12
Don Fagerquist (tp)   #02, #04-#08
Jack Sheldon (tp)   #01, #03, #09-#12
John Anderson, Jr. (tp)   #01, #03, #09-#12
Ray Triscari (tp)   #01, #03, #09-#12
Chuck Gentry (sax)   #01, #03, #09-#12
Joe Maini (sax)   #01, #03, #09-#12
Ben Webster (ts)   "02, #04-#08
Dick Nash (tb)   #01, #03, #09-#12
Frank Rosolino (tb)   #01, #03, #09-#12
L. MacCreary (tb)   #01, #03, #09-#12
Stu Williamson (tb)   #01, #03, #09-#12
Buddy Clark (b)
Mel Lewis (ds)

Song name :
01. Trav'lin' Light
02. The Moon Looks Down and Laughs
03. Don't Explain
04. Remember
05. Some Other Spring
06. What a Little Moonlight Can Do
07. Miss Brown to You
08. God Bless the Child
09. If the Moon Turns Green
10. I Hear Music
11. Lover, Come Back to Me
12. Crazy He Calls Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ (Anita O'Day 出生名 : Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
アルバムはアニタ・オデイ、1961年1月18日・19日の録音、ヴァーヴの音源、発売がポリドール株式会社、販売がポリグラム株式会社、世界初の日本CD化、「ヴァーヴ・ヴォーカル・コレクション」 シリーズの1枚。
共演者は、編曲とプロデューサーがラッセル・ガーシア(ガルシア)、編曲と指揮がジョニー・マンデル。
ピアノがジミー・ロウルズ、ラス・フリーマン、ギターがバーニー・ケッセルとアル・カイオラ、トランペットがアル・ポルシーノ、ドン・ファガークイスト、ジャック・シェルドン、ジョン・アンダーソン・ジュニア、サックスがジョー・マイーニ(マイニ)、ベン・ウェブスター、トロンボーンがディック・ナッシュ、フランク・ロソリーノ、ステュー・ウィリアムソン、ベースがバディ・クラーク、ドラムがメル・ルイスほか。
マスター級の豪華共演者に、まず驚かされる。
つまりアニタ・オデイは、これだけの素晴らしいメンバーを集められる偉大なヴォーカリストになっていた証といえる。
個人的に、バックで今誰が演奏しているのか想像して聴く楽しみがある。
アルバムだが、アニタ・オデイのビリー・ホリデイの愛唱曲集。
そのため当初 「シングス・ビリー・ホリデイ」 のタイトルでリリースされる予定だったらしい。
ビリー・ホリデイが亡くなったのが、1959年7月なのでトリビュートの意味合いもある。
アニタ・オデイの素晴らしい歌唱は、それに充分答えている。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲