青木高見のジャズコレクション Bud Shank (as, fl) バド・シャンク


略歴
Bud Shank バド・シャンク(Bud Shank 出生名:Clifford Everett Shank Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日)Clifford Everett Shank Jr.はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト系ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Bud Shank - Shorty Rogers - Bill Perkins / Bud Shank Quintets - Bud Shank and Bill Perkins (CP32-5356) Bud Shank - Shorty Rogers - Bill Perkins / Bud Shank Quintets - Bud Shank and Bill Perkins (CP32-5356) Bud Shank / The Bud Shank Quartet - Featuring Claude Williamson (TOCJ-5386) Bud Shank / The Bud Shank Quartet - featuring Claude Williamson (TOCJ-6375) Bud Shank / The Rhythm Section (VACY-1018)

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
Bud Shank - Laurindo Almeida / Brazilliance Vol.1 (CDP 7 96339 2) Julie London - Bud Shank - Cole Porter / Sings the Choicest of Cole Porter - With Bud Shank Quintet (CDP-7-93455-2)

【INDEX (ザ・エル・エー・フォー The L.A.4 (unit) 】
ザ・エル・エー・フォー The L.A.4 (unit) / The L.A.4 (CCD-4016) ザ・エル・エー・フォー The L.A.4 (unit) / Pavane Pour Une Infante Defunte (PHCE-4118)

---------------- Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) ----------------
Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC 1071) Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - The Bud Shank Quartet Featuring Claude Williamson Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - The Swings To TV Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - The Swings To TV Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - Plays Tenor Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - Take Romance


【INDEX (共演アルバム)】
Ernestine Anderson The Toast Of The Nation's Critics Bob Cooper Sextet Herb Ellis Meets Jimmy Giuffre Bob Cooper Bob Cooper Shifting Winds Bob Cooper Flute 'N Oboe


【以下コンテンツ】


Bud Shank - Shorty Rogers - Bill Perkins / Bud Shank Quintets - Bud Shank and Bill Perkins (CP32-5356) Bud Shank / Bud Shank Quintets - Bud Shank and Bill Perkins (CP32-5356) Bud Shank - Shorty Rogers - Bill Perkins / Bud Shank Quintets - Bud Shank and Bill Perkins (CP32-5356)

「ジャズ/バド・シャンク」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ショーティ・ロジャース」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/ビル・パーキンズ」でも同じ内容を掲載しています。  →

Song number, Recorded :
#01-06 [Bud Shank Quintets] Rec:March 1955
#07-13 [Bud Shank and Bill Perkins] Rec:May 2, 1955

Song number, Recorded, Personnel :
Bud Shank (as)
#01-06 [Bud Shank Quintets]
Shorty Rogers (flh)
Jimmy Rowles (p)
Harry Babasin (b)
Roy Harte (ds)

#07-13 [Bud Shank and Bill Perkins]
Bill Perkins (fl, as, ts)
Hampton Hawes (p)
Red Mitchell (b)
Mel Lewis (ds)

Song name :
01. Shank's Pranks
02. Casa De Luz
03. Lotus Bud
04. Left Bank
05. Jasmine
06. Just A Few
07. Fluted Columns
08. Fluted Columns [Alternate Take]
09. Paradise
10. I Hear Music
11. Royal Garden Blues
12. A Sinner Kisses An Angel
13. It Had To Be You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バド・シャンク (Bud Shank 本名:Clifford Everett "Bud" Shank, Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日) はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト系ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
ショーティ・ロジャース (Shorty Rogers 1924年4月14日~1994年11月7日) はアメリカ合衆国マサチューセッツ州グレート・バリントン生まれのジャズ・トランぺッター、フリューゲル・ホーン奏者、編曲者、指揮者。
ビル・パーキンズ(Bill Perkins 出生名:William Reese "Bill" Perkins 1924年7月22日~2003年8月9日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ生まれのジャズ・サックス、フルート奏者。
LPは1955年3月・5月の録音、発売元がパシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)PJ-1205番、12曲入り、ファースト・アルバム。
以下、LPの演目。
[Bud Shank Quintet]
A1. Shank's Pranks
A2. Casa De Luz
A3. Lotus Bud
A4. Left Bank
A5. Jasmine
A6. Just A Few
[Bud Shank and Bill Perkins]
B1. Paradise
B2. Fluted Columns
B3. I Hear Music
B4. Royal Garden Blues
B5. A Sinner Kisses An Angel
B6. It Had To Be You
CDは発売元が東芝EMI株式会社、トッド・シルバート(Todd Selbert)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、和田政幸氏によるライナーノーツ和訳、8曲目 「Fluted Columns [Alternate Take]」 が追加され全13曲入り。
メンバーは。
1~6曲目、アルト・テナー・バリトン・アルトフルートがバド・シャンク、フリューゲルホーンがショーティ・ロジャース、ピアノがジミー・ロウルズ、、ベースがハリー・ババシン、ドラムがロイ・ハート。
7~13曲目、アルト・テナー・バリトン・アルトフルートがバド・シャンク、フルートとアルトサックスとテナーサックがビル・パーキンス、ピアノがハンプトン・ホーズ、ベースがレッド・ミッチェル、ドラムがメル・ルイス。
副題の通り、ショーティ・ロジャースとビル・パーキンスをフィーチャー。
バド・シャンク・ファースト・アルバムという事で2人の力を借りた形だが、どうして、どうして、そこには堂々として完成されたバド・シャンクがいる。
それもそのはず、この作品以前に4つのビックバンドで長い間、研鑽を積んできている。
と言う事で、むしろ遅すぎるリーダー作になる。
西海岸特有の明るいジャズが何とも清々(すがすが)しい。
(青木高見)





Bud Shank / The Bud Shank Quartet - Featuring Claude Williamson (TOCJ-5386) Bud Shank / The Bud Shank Quartet - Featuring Claude Williamson (TOCJ-5386)

「ジャズ/バド・シャンク」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/クロード・ウィリアムソン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : January 25, 1956

Personnel :
Bud Shank (as, fl)
Claude Williamson (p)
Don Prell (b)
Chuck Flores (ds)

Song name :
01. Bag Of Blues
02. Nature Boy
03. All This And Heaven Too
04. Jubilation
05. Do Nothin' Till You Hear From Me
06. Nocturne For Flute
07. Walkin'
08. Carioca

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バド・シャンク(Bud Shank 出生名:Clifford Everett Shank Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日)Clifford Everett Shank Jr.はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト系ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
クロード・ウィリアムソン(Claude Williamson 出生名:Claude Berkeley Williamson 1926年11月18日~)はアメリカ合衆国バーモント州ブラトルバロ生まれのジャズ・ピアニスト。
LPは1956年1月25日の録音、パシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)PJ-1215番、8曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、英語ライナーノーツなし、後藤誠氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーは、アルトサックスとフルートがバド・シャンク、ピアノがクロード・ウィリアムソン、ベースがドン・プレル、ドラムがチャック・フローレス。
ジャケット・イラストが強烈で一度見たら忘れない。
バド・シャンクはリーダー作以外にも数々のバンドに参加していて楽譜に強いジャズマン、サラリとした明るい音。
ジャズが黒人達によって誕生し、やがて、それを白人達が吸収しアメリカという土壌で育った。
ちなみにピアノのクロード・ウィリアムソンもまた黒い音ではない。
バド・シャンクと相性が良く極上のな西海岸ジャズが聴ける。
(青木高見)





Bud Shank / The Bud Shank Quartet (TOCJ-6375) Bud Shank / The Bud Shank Quartet - featuring Claude Williamson (TOCJ-6375)

「ジャズ/バド・シャンク」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/クロード・ウィリアムソン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : November 7-8, 1956

Personnel :
Bud Shank (as, fl)
Claude Williamson (p, celeste)
Don Prell (b)
Chuck Flores (ds)

Song name :
01. A Night In Tunisia
02. Tertia
03. All Of You
04. Theme
05. Jive At Five
06. Softly As In Morning Sunrise
07. Polka Dots And Moonbeams
08. Pavane (Pavane For a Dead Princess)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バド・シャンク(Bud Shank 出生名:Clifford Everett Shank Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日)Clifford Everett Shank Jr.はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト系ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
クロード・ウィリアムソン(Claude Williamson 出生名:Claude Berkeley Williamson 1926年11月18日~)はアメリカ合衆国バーモント州ブラトルバロ生まれのジャズ・ピアニスト。
LPは1956年11月7日・8日の録音、パシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)PJ-1230番、8曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、英語ライナーノーツなし、岡崎正通氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーは、アルトサックスとフルートがバド・シャンク、ピアノがクロード・ウィリアムソン、ベースがドン・プレル、ドラムがチャック・フローレス。
同年1月のアルバム「Bud Shank / The Bud Shank Quartet」とメンバーも同じ続編と言える。
バド・シャンクのサックスとフルートは突然聴きたくなる。
サラりとした軽さと何と言っても明るい気持ちにさせてくれる感触、これが飽きない理由。
(青木高見)





Laurindo Almeida - Bud Shank / Brazilliance Vol.1 (CDP 7 96339 2) Laurindo Almeida - Bud Shank / Brazilliance Vol.1 (CDP 7 96339 2)

「ジャズ/ローリンド・アルメイダ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/バド・シャンク」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : April 15-22, 1953

Personnel :
Laurindo Almeida (g)
Bud Shank (as, fl)
Harry Babasin (b)
Roy Harte (ds)

Song name :
01. Atabaque
02. Amor Flamengo
03. Stairway To The Stars
04. Acertate Mas
05. Terra Seca
06. Speak Low
07. Speak Low [Alternate Take]
08. Inquietacao
09. Baa-Too-Kee
10. Carinoso
11. Tocata
12. Hazardous
13. Nono
14. Noctambulism
15. Blue Baiao

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ローリンド・アルメイダ(Laurindo Almeida 1917年9月2日~1995年7月26日)はブラジル・サンパウロ生まれのギタリスト。
スタン・ケントン楽団に迎えられ本格的な音楽活動を開始。
バド・シャンク(Bud Shank 出生名:Clifford Everett Shank Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日)Clifford Everett Shank Jr.はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト系ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
LPは1953年4月15日~22日の録音、パシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)PJ-1204番、14曲入り。
CDは発売元がワールド・パシフィック(World Pacific)、輸入盤、ピート・ウェルディング(Pete Welding)氏による英語ライナーノーツ、14曲入り。
メンバーはギターがローリンド・アルメイダ、アルトサックスがバド・シャンク、ベースがハリー・ババシン、ドラムがロイ・ハート。
アコースティック・ギターにシルクのようなアルトサックスが甘く溶け合う。
メンバーで、ベースがレイ・ブラウンでドラムがシェリー・マンだったら70年に結成された「L.A.Four」になる。
演奏は「L.A.Four」の原型が、ここにある事がわかる。
その事は「L.A.Four」が、この2人がカラーが軸になっている事を確認できる。
(青木高見)





Bud Shank / The Rhythm Section (VACY-1018) Bud Shank / The Rhythm Section (VACY-1018)

Recorded : November 2-21, 1996

Personnel :
Bud Shank (as)
Cyrus Chestnut (p)
George Mraz (b)
Lewis Nash (ds)

Song name :
01. September Song
02. Besame Mucho
03. Angel Eyes
04. Someday My Prince Will Come
05. Beautiful Love
06. I Remember Clifford
07. Tenderly
08. Here's That Rainy Day
09. I Remember You
10. Night And Day
11. Autumn

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バド・シャンク(Bud Shank 出生名:Clifford Everett Shank Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日)Clifford Everett Shank Jr.はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト系ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
CDは1996年11月2日~21日の録音、発売元がキーストーン(Key'stone)、製造元がビデオアーツ・ミュージック(Videoarts Music Inc.)、英語ライナーノーツなし、岩浪洋三氏による日本語解説、11曲入り。
メンバーは、アルトサックスがバド・シャンク、ピアノ・トリオが 「マンハッタン・トリニティ」。
ピアノがサイラス・チェスナット、ベースがジョージ・ムラーツ、ドラムがルイス・ナッシュ。
演奏水準は高く、選曲もリクエストされたスタンダード中心に聴きやすく仕上がってっているが、バド・シャンク本人が 「ハイ!吹きました」 的でがっかり。
ジャズの重要な要素に 「感情移入」 がある、多少ミスろうが、音が悪かろうが、これがないと面白くない。
このアルバムには、それが無い。
(青木高見)





Julie London - Bud Shank - Cole Porter / Sings the Choicest of Cole Porter - With Bud Shank Quintet (CDP-7-93455-2) Julie London - Bud Shank - Cole Porter / Sings the Choicest of Cole Porter - With Bud Shank Quintet (CDP-7-93455-2)

「ジャズ/ジュリー・ロンドン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/バド・シャンク」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1965

Personnel :
Julie London (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Bud Shank (as, fl, cond)
Russ Freeman (p)
Joe Pass (g)
Monty Budwig (b)
Colin Bailey (ds)

Song name :
01. All Through the Night
02. What Is This Thing Called Love?
03. Get Out of Town
04. My Heart Belongs to Daddy [Version 1]
05. So in Love
06. You'd Be So Nice To Come Home To
07. In the Still of the Night
08. At Long Last Love
09. I Love You
10. I've Got You Under My Skin
11. Love For Sale
12. Easy to Love
13. Make It Another Old-Fashioned, Please
14. You Do Something to Me
15. My Heart Belongs to Daddy [Version 2]
16. Always True to You in My Fashion
17. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジュリー・ロンドン(Julie London 出生名: Julie Peck 1926年9月26日~2000年10月18日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンタローザ生まれの女優、ジャズ歌手。
バド・シャンク(Bud Shank 出生名:Clifford Everett "Bud" Shank, Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日)はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト系ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
LPは1965年の録音、発売元がリバティー(Liberty)LRP-3434番、10曲入り、コール・ポーター集 以下、LPの演目。
A1. I've Got You Under My Skin
A2. You Do Something To Me
A3. Get Out Of Town
A4. All Through The Night
A5. So In Love
B1. At Long Last Love
B2. Easy To Love
B3. My Heart Belongs To Daddy
B4. Ev'ry Time We Say Goodbye
B5. In The Still Of The Night
CDは発売元がEMIレコード(EMI Records)、輸入盤、ディック・オリヴァー(Dick Oliver)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、7曲が追加され全17曲入り。
以下CDで追加された7曲。
02. What Is This Thing Called Love?
06. You'd Be So Nice To Come Home To
09. I Love You
11. Love For Sale
13. Make It Another Old-Fashioned, Please
15. My Heart Belongs to Daddy [Version 2]
16. Always True to You in My Fashion
メンバーはヴォーカルがジュリー・ロンドン、ピアノがラス・フリーマン、ギターがジョー・パス、アルト・サックスとフルートがバド・シャンク、ベースがモンティ・バドウィグ、ドラムがコーリン・ベイリー。
リーダー級のメンバーがバックを務める。
ジュリー・ロンドンのために書いたようなコール・ポーターの楽曲は、まさに適役。
今、気が付いたがジュリー・ロンドンと同じ歳のバド・シャンク。
センチメンタルで妖艶なテナーサックスが甘く寄り添う。
(青木高見)



【ザ・エル・エー・フォー The L.A.4 (unit)】


ザ・エル・エー・フォー The L.A.4 (unit) / The L.A.4 (CCD-4016) ザ・エル・エー・フォー The L.A.4 (unit) / The L.A.4 (CCD-4016)

「ジャズ/ザ・エル・エー・フォー(The L.A.4)」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ローリンド・アルメイダ」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/バド・シャンク」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/レイ・ブラウン」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/シェリー・マン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1976

Personnel :
[ザ・エル・エー・フォー The L.A.4 (unit)]
Laurindo Almeida (g)
Bud Shank (as, fl)
Ray Brown (b)
Shelly Manne (ds)

Song name :
01. Dindi
02. Rainbows
03. Rondo Espressivo
04. Manteca
05. St. Thomas
06. Concirto De Aranjuez

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : 「The L.A.4」は1974年~1982年にかけてカリフォルニア州ロサンゼルスで活動していたジャズ・カルテット。
メンバーはギターがローリンド・アルメイダ、サックスとフルートがバド・シャンク、ベースがレイ・ブラウン、ドラマーがシェリー・マン、1977年以降、ドラムがジェフ・ハミルトンに交代した。
LPは1976年の録音、発売元がコンコード・ジャズ(Concord Jazz)CJ-18番、6曲入り。
CDは発売元がコンコード・ジャズ(Concord Jazz)、輸入盤、ゴードン・ラデュー(Gordon Raddue)氏による英語ライナーノーツ、6曲入り。
メンバーはギターがローリンド・アルメイダ、アルトサックスとフルートがバド・シャンク、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがシェリー・マン。
名称はロス・アンジェルスの頭文字、もしくは実質上リーダーであるローリンド・アルメイダの頭文字だとされているが明確な内容は不明。
演奏はヨーロッパのクラシック音楽、ボサノヴァ、サンバの影響を受けながら高度な技術の4人が作り出すユニークなサウンド。
演目はボサ・ノヴァ風の「ジンジ」「ブラジル風バッハ5番」、カリプソ風の「セント・トーマス」、そして「アランフェス協奏曲」など様々なジャンルから選ばれている。
(青木高見)





ザ・エル・エー・フォー The L.A.4 (unit) / Pavane Pour Une Infante Defunte (PHCE-4118) ザ・エル・エー・フォー The L.A.4 (unit) / Pavane Pour Une Infante Defunte (PHCE-4118)

[ジャズ/ザ・エル・エー・フォー The L.A.4]のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ローリンド・アルメイダ」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/バド・シャンク」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/レイ・ブラウン」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/シェリー・マン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : October 15-16, 1976

Personnel :
[The L.A.4 (Four)]
Laurindo Almeida (g)
Bud Shank (as, fl)
Ray Brown (b)
Shelly Manne (ds)

Song name :
01. Pavane Pour Une Infante Defunte
02. Autumn Leaves
03. C'est What
04. Corcovado
05. Wave
06. Reveil
07. Samba de Orfeu

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : 「The L.A.4」は1974年~1982年にかけてカリフォルニア州ロサンゼルスで活動していたジャズ・カルテット。
メンバーはギターがローリンド・アルメイダ、サックスとフルートがバド・シャンク、ベースがレイ・ブラウン、ドラマーがシェリー・マン、1977年以降、ドラムがジェフ・ハミルトンに交代した。
CDは1976年10月15日・16日の録音、発売元が日本フォノグラム株式会社、英語ライナーノーツなし、油井正一氏による日本語解説、7曲入り、邦題「なき王女のためのパバァーヌ」。
メンバーはギターのローリンド・アルメイダ、ベースのレイ・ブラウン、アルトサックスとフルートのバド・シャンク、ドラムのシェリー・マン。
フランスが生んだ巨匠モーリス・ラヴェルの若き日の作品を取り上げている。
名称はロス・アンジェルスの頭文字、もしくは実質上リーダーであるローリンド・アルメイダの頭文字だとされているが明確な内容は不明。
演奏はヨーロッパのクラシック音楽、ボサノヴァ、サンバの影響を受けながら高度な技術の4人が作り出すユニークなサウンド。
アルバム・タイトルの「パヴァーヌ(仏: pavane)」とは16世紀のヨーロッパに普及した「行列舞踏」。
「パヴァーヌの行進」というのがあってスペインに影響された16世紀イタリアの宮廷作法にも通じるところがある。
ただ、名称の由来は今だに諸説あるという。
一つは「パドヴァの踊り(padovana)」の転訛したもの。
一つは一列に並んだ女性を、孔雀(クジャク)(ラテン語でpavo、スペイン語でpavon)の尻尾を見立てたとする説。
待てよ!これでアルバムテンジャケットが孔雀(クジャク)の謎が解けた。
以下、演目の邦題を明記した。
01. Pavane Pour Une Infante Defunte / 亡き王女のためのパヴァーヌ
02. Autumn Leaves / 枯葉
03. C'est What
04. Corcovado / 静かな夜
05. Wave / 波
06. Reveil
07. Samba de Orfeu / オルフェのサンバ
色々なジャンルから選び出し良く吟味されている。
(青木高見)



---------------- Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) ----------------
Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - The Bud Shank Quartet Featuring Claude Williamson

Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC 1071) Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - The Bud Shank Quartet Featuring Claude Williamson

Recorded : January 25, 1956

Personnel :
Bud Shank (as, fl)
Claude Williamson (p)
Don Prell (b)
Chuck Flores (ds)

Song name :
(The Bud Shank Quartet A1) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #01). Bag Of Blues
(The Bud Shank Quartet A2) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #02). Nature Boy
(The Bud Shank Quartet A3) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #03). All This And Heaven Too
(The Bud Shank Quartet A4) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #04). Jubilation
(The Bud Shank Quartet B1) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #05). Do Nothin' Till You Hear From Me
(The Bud Shank Quartet B2) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #06). Nocturne For Flute
(The Bud Shank Quartet B3) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #07). Walkin'
(The Bud Shank Quartet B4) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #08). Carioca

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バド・シャンク(Bud Shank 出生名:Clifford Everett Shank Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日)Clifford Everett Shank Jr.はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト系ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
クロード・ウィリアムソン(Claude Williamson 出生名:Claude Berkeley Williamson 1926年11月18日~)はアメリカ合衆国バーモント州ブラトルバロ生まれのジャズ・ピアニスト。
LPは1956年1月25日の録音、パシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)PJ-1215番、8曲入り。
CDは発売元がアビッド・エンタテインメント(Avid Entertainment)、輸入盤、英語オリジナル・ライナーノーツ、CD2枚組、全37曲入り。
メンバーは、アルトサックスとフルートがバド・シャンク、ピアノがクロード・ウィリアムソン、ベースがドン・プレル、ドラムがチャック・フローレス。
ジャケット・イラストが強烈で一度見たら忘れない。
バド・シャンクはリーダー作以外にも数々のバンドに参加していて楽譜に強いジャズマン、サラリとした明るい音色が特徴。
ジャズが黒人達によって誕生し、やがて、それを白人達が吸収しアメリカという土壌で育った。
ちなみに、ピアノのクロード・ウィリアムソンもまた、黒い音ではない。
バド・シャンクと相性が良く典型的な西海岸ジャズが聴ける。
(青木高見)





Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - The Swings To TV

Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC 1071) Bud Shank. Four Classic Albums (AMSC1071) / The Swings To TV

Recorded :
January 21, 1958
February 18, 1958

Personnel :
Bud Shank (as, fl)
Russ Freeman (prod)
Claude Williamson (p)
Bob Cooper (ts, oboe)
Don Prell (b)
Chuck Flores (ds)
Jack Pepper (violin) #01-02, #04-05
Eudice Shapiro (violin) #01-02, #04-05
Bob Sushel (violin) #01-02, #04-05
Milt Thomas (viola) #01-02, #04-05
Ray Kramer (cello) #01-02, #04-05

Song name :
(The Swings To TV #01) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #09). When You Wish Upon A Star
(The Swings To TV #02) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #10). Put Your Dreams Away
(The Swings To TV #03) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #11). Thanks for the Memory
(The Swings To TV #04) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #12). Tenderly
(The Swings To TV #05) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #13). Danny Boy
(The Swings To TV #06) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #14). Dinah
(The Swings To TV #07) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #15). As Long As There's Music
(The Swings To TV #08) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #16). A Romantic Guy, I
(The Swings To TV #09) (Bud Shank Four Classic Albums Disk1 #17). Steve Allen Theme
(The Swings To TV #10). The Love Nest

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バド・シャンク(Bud Shank 出生名:Clifford Everett Shank Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日)Clifford Everett Shank Jr.はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト系ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
LPは1958年1月25日・2月18日の録音、ワールド・パシフィック・レコード(World Pacific Records)1002番、10曲入り。
CDは発売元がアビッド・エンタテインメント(Avid Entertainment)、輸入盤、英語オリジナル・ライナーノーツ、CD2枚組、全37曲入り。
メンバーは、アルトサックス・フルートがバド・シャンク、プロデューサーがラス・フリーマン、ピアノがクロード・ウィリアムソン、テナーサックスとオーボエがボブ・クーパー、ベースがドン・プレル、ドラムがチャック・フローレス、ほか曲によってヴァイオリン、チェロ、ビオラ。
西海岸で活躍していたバド・シャンクとボブ・クーパーが当時人気だったテレビ番組のテーマ・ソングを演奏。
個人的に、そのテレビ番組は観た事がないが聴くだけでも満足できる。
当時の西海岸の最新ジャズが、どんな音をしていたかがわかる。
ちなみにアルバム 「Bud Shank Four Classic Albums (AMSC 1071)」 ではディスク1のCDに収まらなかった最後の1曲 「The Love Nest」 がディスク2の冒頭の1曲目に収録されている。
(青木高見)





Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - The Swings To TV

Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC 1071) Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - The Swings To TV

Recorded :
January 21, 1958
February 18, 1958

Personnel :
Bud Shank (as, fl)
Russ Freeman (prod)
Claude Williamson (p)
Bob Cooper (ts, oboe)
Don Prell (b)
Chuck Flores (ds)
Jack Pepper (violin) #01-02, #04-05
Eudice Shapiro (violin) #01-02, #04-05
Bob Sushel (violin) #01-02, #04-05
Milt Thomas (viola) #01-02, #04-05
Ray Kramer (cello) #01-02, #04-05

Song name :
(The Swings To TV #01). When You Wish Upon A Star
(The Swings To TV #02). Put Your Dreams Away
(The Swings To TV #03). Thanks for the Memory
(The Swings To TV #04). Tenderly
(The Swings To TV #05). Danny Boy
(The Swings To TV #06). Dinah
(The Swings To TV #07). As Long As There's Music
(The Swings To TV #08). A Romantic Guy, I
(The Swings To TV #09). Steve Allen Theme
(The Swings To TV #10) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #01). The Love Nest

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バド・シャンク(Bud Shank 出生名:Clifford Everett Shank Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日)Clifford Everett Shank Jr.はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト系ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
LPは1958年1月25日・2月18日の録音、ワールド・パシフィック・レコード(World Pacific Records)1002番、10曲入り。
CDは発売元がアビッド・エンタテインメント(Avid Entertainment)、輸入盤、英語オリジナル・ライナーノーツ、CD2枚組、全37曲入り。
メンバーは、アルトサックス・フルートがバド・シャンク、プロデューサーがラス・フリーマン、ピアノがクロード・ウィリアムソン、テナーサックスとオーボエがボブ・クーパー、ベースがドン・プレル、ドラムがチャック・フローレス、ほか曲によってヴァイオリン、チェロ、ビオラ。
西海岸で活躍していたバド・シャンクとボブ・クーパーが当時人気だったテレビ番組のテーマ・ソングを演奏。
個人的に、そのテレビ番組は観た事がないが聴くだけでも満足できる。
当時の西海岸の最新ジャズが、どんな音をしていたかがわかる。
ちなみにアルバム 「Bud Shank Four Classic Albums (AMSC 1071)」 ではディスク1のCDに収まらなかった最後の1曲 「The Love Nest」 がディスク2の冒頭の1曲目に収録されている。
(青木高見)





Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - Plays Tenor

Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC 1071) Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - Plays Tenor

Recorded : November 29, 1957

Personnel :
Bud Shank (ts)
Claude Williamson (p)
Don Prell (b)
Chuck Flores (ds)

Song name :
(Plays Tenor #01) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #02). Thou Swell
(Plays Tenor #02) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #03). Tenderly
(Plays Tenor #03) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #04). Over The Rainbow
(Plays Tenor #04) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #05). Long Ago
(Plays Tenor #05) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #06). I Never Knew
(Plays Tenor #06) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #07). All The Things You Are
(Plays Tenor #07) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #08). Body And Soul
(Plays Tenor #08) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #09). Blue Lou

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バド・シャンク(Bud Shank 出生名:Clifford Everett Shank Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日)Clifford Everett Shank Jr.はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト系ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
LPは1957年11月29日の録音、パシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)PJ-4番、8曲入り。
CDは発売元がアビッド・エンタテインメント(Avid Entertainment)、輸入盤、英語オリジナル・ライナーノーツ、CD2枚組、全37曲入り。
メンバーは、アルトサックス・フルートがバド・シャンク、ピアノがクロード・ウィリアムソン、ベースがドン・プレル、ドラムがチャック・フローレス。
、 ほぼ、レギュラー化したワンホーン・カルテット。
ここでのバド・シャンクはアルトサックスからテナーサックスに持ち替えての演奏、ここが聴きどころ。
スタンダードを適度に織りまぜ軽快で明るい西海岸ジャズを、たっぷり楽しめる。
(青木高見)





Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - I'll Take Romance

Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC 1071) Bud Shank / Four Classic Albums (AMSC1071) - I'll Take Romance

Recorded :
November 29, 1954
April 4 and 5, 1958

Personnel :
Bud Shank (as, fl)
Len Mercer = Souvenir d'Italie (arr, cond) #01, #02, #04-#08, #10
Claude Williamson (p) #03, #09, #11
Bruno De Filippi (g) #01-02, #04-08, #10
Giulio Libano (tp) #01-02, #04-08, #10
Appio Squajella (fl, french horn) #01-02, #04-08, #10
Glauco Masetti (as) #01-02, #04-08, #10
Eraldo Volonte (ts) #01-02, #04-08, #10
Fausto Papetti (bs) #01-02, #04-08, #10
Bob Brookmeyer (valve-tb) #03, #09, #11
Don Prell (b) #01-02, #04-08, #10
Joe Mondragon (b) #03, #09, #11
Larry Bunker (ds) #03, #09, #11
Jimmy Pratt (ds) #01-02, #04-08, #10
Sam Cytron (violin) #03, #09, #11
Milton Feher (violin) #03, #09, #11
Tibor Zelig (violin) #03, #09, #11
Myron Sandler (viola) #03, #09, #11
Paul Bergstrom (cello9 #03, #09, #11
Unidentified (harp)
Song name :
(I'll Take Romance #01) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #10). Smoke Gets In Your Eyes
(I'll Take Romance #02) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #11). Deep Purple
(I'll Take Romance #03) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #12). Out of This World
(I'll Take Romance #04) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #13). What a Difference a Day Made
(I'll Take Romance #05) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #14). Embraceable You
(I'll Take Romance #06) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #15). I'll Take Romance
(I'll Take Romance #07) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #16). These Foolish Things
(I'll Take Romance #08) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #17). Someone to Watch Over Me
(I'll Take Romance #09) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #18). You Are Too Beautiful
(I'll Take Romance #10) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #19). How Deep Is The Ocean?
(I'll Take Romance #11) (Bud Shank Four Classic Albums Disk2 #20). When Your Lover Has Gone

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バド・シャンク(Bud Shank 出生名:Clifford Everett Shank Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日)Clifford Everett Shank Jr.はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト系ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
LPは1954年11月29日・1958年4月4日と5日の録音、ワールド・パシフィック・ジャズ(World Pacific Records)WP-1251番、11曲入り。
CDは発売元がアビッド・エンタテインメント(Avid Entertainment)、輸入盤、英語オリジナル・ライナーノーツ、CD2枚組、全37曲入り。
メンバーは、アルトサックス・フルートがバド・シャンク、編曲と指揮が Len Mercer = Souvenir d'Italie、ピアノがクロード・ウィリアムソン、バルブトロンボーンがボブ・ブルックマイヤー、ベースがドン・プレルとジョー・モンドラゴン、ドラムがラリー・バンカー、ほか大勢。
ジャズとイージーリスニング好きの自分にとっては何ともいいアルバム。
演目もスタンダード中心でにバド・シャンクの考えるジャズを楽しめる。
また、これ程の地道な活動をしていた事を再認識した。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲