青木高見のジャズコレクション Shorty Rogers (tp, flh, arr) ショーティ・ロジャース


略歴
Shorty Rogers ショーティ・ロジャース(Shorty Rogers 出生名:Milton Rajonsky 1924年4月14日~1994年11月7日)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州グレート・バリントン生まれのジャズ・トランぺッター、フリューゲル・ホーン奏者、編曲者、指揮者。
ウエストコースト・ジャズの創始者の一人。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Shorty Rogers - Gerry Mulligan / Modern Sounds (TOCJ-6887) Shorty Rogers / Modern Sounds (EBF 294) Gerry Mulligan / Y Sus Diez (H-439) Shorty Rogers / Clickin' With Clax (WPCR-27407)

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
Bud Shank - Shorty Rogers - Bill Perkins / Bud Shank Quintets - Bud Shank and Bill Perkins (CP32-5356)

--- Shorty Rogers / Four Classic Albums (AMSC 1041) ---制作中
Shorty Rogers Four Classic Albums (AMSC 1041) Shorty Rogers The Big Shorty Rogers Express Shorty Rogers And His Giants Shorty Rogers Wherever The Five Winds Blow Shorty Rogers Chances Are It Swings


【INDEX (共演アルバム)】
Les Brown All Stars

sell


【以下コンテンツ】


Shorty Rogers - Gerry Mulligan / Modern Sounds (TOCJ-6887)

Shorty Rogers and Gerry Mulligan / Modern Sounds (TOCJ-6887) Shorty Rogers / Modern Sounds (EBF 294) Gerry Mulligan / Y Sus Diez (H-439) 「ジャズ/ショーティ・ロジャース」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ジェリー・マリガン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Song number, Album name, Recorded:
#01-06 [Shorty Rogers And His Giants] Rec:1951
#07-12 [Gerry Mulligan And His Tentette] Rec:1953

Song number, Personnel:
#01-06 [Shorty Rogers / Modern Sounds]
Shorty Rogers (tp)
Hampton Hawes (p)
John Graas (frh)
Art Pepper (as)
Jimmy Giuffre (ts)
Ene Englund (tuba)
Don Bagley (b)
Shelly Manne (ds)

#07-12 [Gerry Mulligan And His Tentette]
Gerry Mulligan (bs, p)
Chet Baker (tp)
Pete Candoli (tp)
Bud Shank (as)
Don Davidson (bs)
Bob Enevoldsen (tb)
John Graas (frh)
Ray Siegel (tuba)
Joe Mondragon (b)
Chico Hamilton (ds)
Larry Bunker (ds)

Song name:
[Shorty Rogers And His Giants]
01. Four Mothers
02. Didi
03. Sam And The Lady
04. Popo
05. Over The Rainbow
06. Apropos
[Gerry Mulligan And His Tentette]
07. Westwood Walk
08. Simbah
09. Walking Shoes
10. Rocker
11. A Ballad
12. Taking A Chance On Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ショーティ・ロジャース(Shorty Rogers 出生名:Milton Rajonsky 1924年4月14日~1994年11月7日)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州グレート・バリントン生まれのジャズ・トランぺッター、フリューゲル・ホーン奏者、編曲者、指揮者。
ジェリー・マリガン(Gerry Mulligan 出生名:Gerald Joseph Mulligan 1927年4月6日~1996年1月20日)はアメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区生まれのジャズ・バリトンサックス奏者、ピアニスト、作曲家、編曲家。
 CDは上記の各々(おのおの)LPから6曲を1枚に収録、2人の共演ではない、発売元が東芝EMI株式会社、ウィル・マクファーランド(Will McFarland)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、岡崎正通氏による日本語解説、12曲入り。
なお7~12曲目のジェリー・マリガンのLPからは、A4「Ontet」、B4「Flash」の2曲が削除され6曲となる。
メンバーは。
1~6曲目「Shorty Rogers / Modern Sounds」。
ピアノがハンプトン・ホーズ、フレンチホルンがジョン・グラス(グラース)、アルトサックスがアート・ペッパー、テナーサックスがジミー・ジュフリー、ベースがドン・バグリー(バグレー)、ドラムがシェリー・マンほか。
7~12曲目「Gerry Mulligan - tentet / Gerry Mulligan Y Sus Diez」。
トランペットがチェット・ベイカーとピート・キャンドリ、アルトサックスがバド・シャンク、トロンボーンがボブ・エネヴォルセン、ベースがジョー・モンドラゴン、ドラムがチコ・ハミルトンとラリー・バンカーほか。
2人は楽器以外に作曲・編曲・指揮・バンドリーダーとしても優れている。
以下、LPの内容。
 LP「Shorty Rogers / Modern Sounds」は1952年のリリース、発売元がキャピトル・レコード(Capitol Records)EBF 294番、LP2枚組、全5曲入り。
LPの演目。
A1. Popo
A2. Over The Rainbow
B1. Four Mothers
C1. Didi
D1. Apropos
 LP「Gerry Mulligan - tentet / Gerry Mulligan Y Sus Diez」は1953年のリリース、発売元がキャピトル・レコード(Capitol Records)H-439番、8曲入り。
LPの演目。
A1. Rocker
A2. Walking Shoes
A3. Simbah
A4. Ontet
B1. Westwood Walk
B2. A Ballad
B3. Taking A Chance On Love
B4. Flash
(青木高見)





Shorty Rogers / Clickin' With Clax (WPCR-27407) Shorty Rogers / Clickin' With Clax (WPCR-27407)

Song number, Recorded :
#01-04 Rec:March 27, 1956
#05-08 Rec:March 30, 1956

Personnel :
Shorty Rogers (flh, arr, comp)
Lou Levy (p)
Herb Geller (as)
Bud Shank (as, bs)
Bill Holman (ts)
Jimmy Giuffre (cl, ts, bs)
Ralph Pena (b)
Shelly Manne (ds)

Song name :
01. Toyland
02. I Dig Ed
03. Adam In New York
04. Clickin' With Clax
05. Put The Goodies On
06. Our Song
07. Pete's Meat
08. Mike's Peak

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ショーティ・ロジャース(Shorty Rogers 出生名:Milton Rajonsky 1924年4月14日~1994年11月7日)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州グレート・バリントン生まれのジャズ・トランぺッター、フリューゲル・ホーン奏者、編曲者、指揮者。
LPは1~4曲目が1956年3月27日の録音、5~8曲目が1956年3月30日の録音、発売元がアトランティック(Atlantic)K50481番、8曲入り。
CDは発売元がワーナーミュージック・ジャパン、トッド・セルバート(Todd Selbert)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、後藤誠氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーは編曲とフリューゲル・ホーンがショーティ・ロジャース、ピアノがルー・レヴィー、アルトサックスがハーブ・ゲラー、アルトサックス・バリトンサックスがバド・シャンク、テナーサックスがビル・ホルマン、クラリネット・テナーサックス・バリトンサックスがジミー・ジュフリー、ベースがラルフ・ペナ、ドラムがシェリー・マン。
メンバー全員がリーダー級、髙い音楽教養を見に付けているウエスト・コーストを代表するミュージシャン。
またリード奏者は、アルト、テナー、バリトン、クラリネットなどを吹くマルチ・リード奏者。
話は戻るが過去にアメリカのアトランティック・レーベルは火災により多くの貴重なテープを消失した。
当アルバムは、曰(いわ)く付きで、1970年代末にイギリスで初めて音源が発見され商品化された。
内容は高い技術の演奏で、この頃すでに、こういうジャズが完成していた事がわかる。
聴いていてリラックスするとか和むとかはではなく隙のない典型的なウエスト・コースト・ジャズが体感できる。
(青木高見)





Bud Shank / Bud Shank Quintets - Bud Shank and Bill Perkins (CP32-5356) Bud Shank - Shorty Rogers - Bill Perkins / Bud Shank Quintets - Bud Shank and Bill Perkins (CP32-5356) Bud Shank - Shorty Rogers - Bill Perkins / Bud Shank Quintets - Bud Shank and Bill Perkins (CP32-5356)

「ジャズ/バド・シャンク」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ショーティ・ロジャース」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/ビル・パーキンズ」でも同じ内容を掲載しています。  →

Song number, Recorded :
#01-06 [Bud Shank Quintets] Rec:March 1955
#07-13 [Bud Shank and Bill Perkins] Rec:May 2, 1955

Song number, Recorded, Personnel :
Bud Shank (as)
#01-06 [Bud Shank Quintets]
Shorty Rogers (flh)
Jimmy Rowles (p)
Harry Babasin (b)
Roy Harte (ds)

#07-13 [Bud Shank and Bill Perkins]
Bill Perkins (fl, as, ts)
Hampton Hawes (p)
Red Mitchell (b)
Mel Lewis (ds)

Song name :
01. Shank's Pranks
02. Casa De Luz
03. Lotus Bud
04. Left Bank
05. Jasmine
06. Just A Few
07. Fluted Columns
08. Fluted Columns [Alternate Take]
09. Paradise
10. I Hear Music
11. Royal Garden Blues
12. A Sinner Kisses An Angel
13. It Had To Be You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バド・シャンク(Bud Shank 出生名:Clifford Everett Shank Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日)はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト・ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
ショーティ・ロジャース(Shorty Rogers 出生名:Milton Rajonsky 1924年4月14日~1994年11月7日)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州グレート・バリントン生まれのジャズ・トランぺッター、フリューゲル・ホーン奏者、編曲者、指揮者。
ビル・パーキンズ(Bill Perkins 出生名:William Reese ''Bill'' Perkins 1924年7月22日~2003年8月9日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ生まれのジャズ・サックス、フルート奏者。
LPは1955年3月・5月の録音、発売元がパシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)PJ-1205番、12曲入り、ファースト・アルバム。
以下、LPの演目。
[Bud Shank Quintet]
A1. Shank's Pranks
A2. Casa De Luz
A3. Lotus Bud
A4. Left Bank
A5. Jasmine
A6. Just A Few
[Bud Shank and Bill Perkins]
B1. Paradise
B2. Fluted Columns
B3. I Hear Music
B4. Royal Garden Blues
B5. A Sinner Kisses An Angel
B6. It Had To Be You
CDは発売元が東芝EMI株式会社、トッド・シルバート(Todd Selbert)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、和田政幸氏によるライナーノーツ和訳、8曲目の1曲が追加され全13曲入り。
メンバーは。
1~6曲目、アルト・テナー・バリトン・アルトフルートがバド・シャンク、フリューゲルホーンがショーティ・ロジャース、ピアノがジミー・ロウルズ、、ベースがハリー・ババシン、ドラムがロイ・ハート。
7~13曲目、アルト・テナー・バリトン・アルトフルートがバド・シャンク、フルートとアルトサックスとテナーサックがビル・パーキンス、ピアノがハンプトン・ホーズ、ベースがレッド・ミッチェル、ドラムがメル・ルイス。
副題の通り、ショーティ・ロジャースとビル・パーキンスをフィーチャー。
バド・シャンク・ファースト・アルバムという事で2人の力を借りた形だが中心はバド・シャンク。
西海岸特有の明るい清々(すがすが)しいジャズ。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲