青木高見のジャズコレクション Betty Bennett (vo) ベティー・ベネット


寸評
ベティー・ベネット (Betty Bennett 1921年10月23日~) はアメリカ合衆国ネブラスカ州リンカーン生まれの女性ジャズ歌手。
ピアノのアンドレ・プレビンの前妻。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】

sell

【以下コンテンツ】


Betty Bennett / Nobody Else But Me sell Betty Bennett / Nobody Else But Me

Recorded : October 4-7, 1955

Personnel :
Betty Bennett (vo)
Andre Previn (p)
Barney Kessel (g) #02-#04, #06-#08, #10, #12
Shorty Rogers (tp, flh) #02-#04, #06-#08, #10, #12
Frank Rosolino (tb) #02-#04, #06-#08, #10, #12
Harry Klee (as) #02-#04, #06-#08, #10, #12
Harry Klee (fl) #01, #05, #09, #11
Bob Cooper (ts) #02-#04, #06-#08, #10, #12
Arther Gleghorn (fl) #01, #05, #09, #11
Jimmy Giuffre (bs) #02-#04, #06-#08, #10, #12
Gus Bivona (cl) #01, #05, #09, #11
Dave Pell (bcl) #01, #05, #09, #11
Philip Memoli (obe) #01, #05, #09, #11
John Cave (frh) #01, #05, #09, #11
Catherine Johnk (harp) #01, #05, #09, #11
Ralf Pena (b)
Shelly Manne (ds) #02, #03, #08, #10
Irv Cottler (ds) #04, #06, #07, #12

Song name :
01. Nobody Else But Me
02. You're Driving Me Crazy
03. My Man's Gone Now
04. Island in the West Indies
05. The Next Time I Care
06. Tomorrow Mountain
07. Treat Me Rough
08. Mountain Greenery
09. This Is the Moment
10. You Took Advantage of Me
11. Have Yourself a Merry Little Christmas
12. Sidewalks of Cuba

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ベティー・ベネット(Betty Bennett 1921年10月23日~)はアメリカ合衆国ネブラスカ州リンカーン生まれの白人女性ジャズ歌手。
アルバムはベティー・ベネット、1955年10月4日~7日の録音。
共演者は、ピアノがアンドレ・プレヴィン、ギターがバーニー・ケッセル、トランペットとフリューゲルホーンがショーティ・ロジャース、トロンボーンがフランク・ロソリーノ、バリトンサックスがジミー・ジュフリー、ベースがラルフ・ペナ、ドラムがシェリー・マンほか多数。
何とも豪華なミュージシャンを揃えたものだろう。
内容は、どんな曲を歌っても清楚で清潔感がある歌唱が特徴といえるベティー・ベネット。
聴いていて全く飽きない。
当たり障りがないのでBGM風に聴いている、爽やかな空気になるのがいい。
黒人歌集のエラ、サラ、カーメンとは対極を成す歌手ではないだろうか。
ちなみにピアノのアンドレプレビンとは1952年に結婚したが、その後離婚した。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲