青木高見のジャズコレクション Chet Baker (tp, vo) チェット・ベイカー


略歴
Chet Baker チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
クールなトランペットと中性的なヴォーカルは退廃感と叙情性が漂う。
若い頃はジェームス・ディーン似の風貌、不良っぽさと粋なトランペットで女性を虜(とりこ)にした。
活動の後半は薬に溺れ破滅的な生活を送る。
ところが、ひとたび演奏となれば妥協のない極上のトランペットと歌を披露した。
黒人達が作り上げてきたジャズを白人でありながら遜色なく個性を作り上げたチェット・ベイカー。
最期はオランダのホテルで謎の転落死、享年58歳。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Chet Baker Let's Get Lost (PD83054) Chet Baker Sings (CJ32-5005) Chet Baker Sings (TOCJ-5661) Chet Baker Sings and Plays (TOCJ-6811) Chet Baker and Art Pepper / The Route (CDP 7 92931 2) Chet Baker And Crew (TOCJ-5345) Chet Baker - Art Pepper / Playboys (CDP 7 94474 2) Chet Baker / It Could Happen To You (UCCD-99067) Chet Baker / In New York (OJCCD-207-2) Chet Baker - Bill Evans / CHET (OJCCD-087-2) Chet Baker - Bill Evans / Plays The Best Of Lerner And Loewe (VICJ-2205) Chet Baker / In Milan (UCCO-9418) Chet Baker / With Fifty Italian Strings (VICJ-2183) Chet Baker / She Was Too Good To Me (KICJ 8202) Chet Baker - Christopher Mason / Silent Night (TECX-25020) Chet Baker / My Favourite Songs (The Last Great Concert) (ENJ-5)

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
Russ Freeman - Chet Baker / Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman Chet Baker - Russ Freeman (CP32-5362) Gerry Mulligan - Chet Baker / Reunion with Chet Baker (CDP 7 46857 2)

【INDEX (共演アルバム)】
Bobby Jaspar I Get Chet

【以下コンテンツ】


Chet Baker Let's Get Lost (PD83054) Chet Baker / Let's Get Lost (PD83054)

Recorded : 1953-1956

Personnel :
Chet Baker (tp, vo)
Frank Strazzeri (p)
Nicola Stilo (fl, g)
John Leftwich (b)
Ralph Penland (ds. per)

Song name :
01. Moon amd Sand
02. Imagination
03. You're My Thrill
04. For Heaven's Sake
05. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
06. I Don't Stand A Ghost Of A Change With You
07. Daydream
08. Zingaro A/K/A Portrait In Black and White
09. Blame It On My Youth
10. My One And Only Love
11. Everything Happens To Me
12. Almost Blue

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
LPは1987年から1988年の録音、1989年のリリース、発売元がノーバス(Novus)PL83054・RCA(RCA)PL83054番、9曲入り、ドキュメンタリー映画「Let's Get Lost」のサウンド・トラック盤。
CDは発売元がノーバス(Novus)・RCA(RCA)、輸入盤、ハービー・ハンコック(Herbie Hancock)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、、4、6、11曲目の3曲が追加され全12曲入り。
メンバーはヴォーカルとトランペットがチェット・ベイカー、ピアノがフランク・ストラッツェリ (ストラッゼリ)、ギターがニコラ・スティロ、ベースがジョン・レフトウイッチ、ドラムとパーカッションがラルフ・ペンランドほか。
映画は1988年5月13日オランダ・アムステルダムのホテルの窓から転落死いた直前までの姿を追っている。
亡くなった直後に封切られ「アカデミー賞ドキュメンタリー部門」にノミネートされた。
ジャケットのポートレイトは異様に老けたチェット・ベイカー。
美男子と言われた若き日の面影は見る影もない。
しかし演奏は容姿とは違い、ジャズに人生を賭けた男のヴォーカルとトランペットが刺さる。
黒人達が作り上げてきたジャズを白人でありながら遜色なく個性を作り上げたチェット・ベイカー。
アルバム・タイトル「Let's Get Lost(ここからいっしょに逃げ出そうぜ、迷子になろうぜ)」これが全てを物語っている。
(青木高見)





Russ Freeman / Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman

「ジャズ/ラス・フリーマン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/チェット・ベイカー」でも同じ内容を掲載しています。  →

Russ Freeman / Four Classic Albums (AMSC 1181) Russ Freeman / Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman
Recorded : July 29-30, 1953

Personnel :
Russ Freeman (p)
Chet Baker (tp)
Carson Smith (b)
Larry Bunker (ds)

Song name :
(Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman A1) (Four Classic Albums Disk1 #01). Long Ago And Far Away
(Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman A2) (Four Classic Albums Disk1 #02). Happy Little Sunbeam
(Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman A3) (Four Classic Albums Disk1 #03). Moon Love
(Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman A4) (Four Classic Albums Disk1 #04). Bea'S Flat
(Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman B1) (Four Classic Albums Disk1 #05). No Ties
(Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman B2) (Four Classic Albums Disk1 #06). Band Aid
(Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman B3) (Four Classic Albums Disk1 #07). The Thrill Is Gone
(Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman B4) (Four Classic Albums Disk1 #08). All The Things You Are

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラス・フリーマン(Russ Freeman 出生名:Russell Donald Freeman 1926年5月28日~2002年6月27日)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、編曲家。
チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
LPは1953年7月29日・30日の録音、発売元がパシフィック・レーベル(Pacific Jazz)PJLP-6番、8曲入り。
CDは発売元がアビッド(Avid)「Four Classic Albums」AMSC1181番、輸入盤。
メンバーはピアノがラス・フリーマン、トランペットのチェット・ベイカー、ベースがカーソン・スミス、ドラムがラリー・バンカー。
何かと暗いイメージが付きまとうチェット・ベイカーだが、この時期は明るい雰囲気があり、ここが聴きどころ。
(青木高見)





Chet Baker Sings (TOCJ-5661) Chet Baker / Sings (TOCJ-5661)

Song number, Recorded :
#07-14 Rec:February 15, 1954
#01-02, #05-06 Rec:July 23, 1956
#03-04 Rec:July 30, 1956

Personnel :
Chet Baker (tp, vo)
Russ Freeman (p)
Russ Freeman (celesta) #01-06
James (Jimmy) Bond (b) #01-06
Carson Smith (b) #08-14
Reter Littman (ds) #01-05
Lawrence Marable (ds) #06
Bob Neel (ds) #?
Song name :
01. That Old Feeling
02. It's Always You
03. Like Someone In Love
04. My Ideal
05. I've Never Been In Love
06. My Buddy
07. But Not For Me
08. Time After Time
09. I Get Along Without You Very Well
10. My Funny Valentine
11. There Will Never Be Another You
12. The Thrill Is Gone
13. I Fall In Love Too Easily
14. Look For The Silver Lining

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
LPは1954年2月15日・6月30日の録音、発売元がパシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)PJ-1222番、14曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、英語ライナーノーツなし、山口弘滋氏による日本語解説、14曲入り。
メンバーはヴォーカルとトランペットがチェット・ベイカー、ピアノとチェレスタがラス・フリーマン、ベースがカーソン・スミス、ジミー(ジェームス)・ボンド、ドラムがボブ・ニール、ピーター・リットマンほか。
共演者でドラム担当がライナーによって色々な明記がある、ある資料は1956年7月23日、ベースのジミー(ジェームス)・ボンドとドラムのピーター・リットマンがオーバーダビングを行ったとある。
チェット・ベイカーのヴォーカル、その中性的な声質と歌唱は倦怠感と叙情性が入り混じる。
演目はスタンダード中心で、これも売れる理由のひとつ。
半世紀近く経った今でも根強いファンがいる、アルバムは特に女性が買っていくと聞く。
(青木高見)





Chet Baker Sings (CJ32-5005) Chet Baker / Sings (CJ32-5005)

Song number, Recorded :
#01, #07-12 Rec:February 15, 1954
#06 Rec:February 15, 1954 or February 28, 1955
#02,#04, #05 Rec:July 23, 1955
#03 Rec:July 30, 1956

Song number, Personnel :
[01]
Chet Baker (tp, vo)
Russ Freeman (p)
Joe Pass (g)
Carson Smith (b)
Bob Neel (ds)

[02]
Chet Baker (tp, vo)
Russ Freeman (p)
Joe Pass (g)
Jimmy Bond (b)
Reter Littman (ds)

[03]
Chet Baker (tp, vo)
Russ Freeman (p)
Joe Pass (g)
Jimmy Bond (b)
Lawrence Marable (ds)

[04]
Chet Baker (tp, vo)
Russ Freeman (p)
Joe Pass (g)
Jimmy Bond (b)
Reter Littman (ds)

[05]
Chet Baker (tp, vo)
Russ Freeman (p)
Joe Pass (g)
Jimmy Bond (b)
Reter Littman (ds)

[06]
Chet Baker (tp, vo)
Russ Freeman (p)
Joe Pass (g)
Bud Shank (fl)
Corky Hale (harp)
Red Mitchell (b)
Bob Neel (ds)
and Strings

[07-12]
Chet Baker (tp, vo)
Russ Freeman (p)
Joe Pass (g)
Carson Smith (b)
Bob Neel (ds)

Song name :
01. My Funny Valentine
02. That Old Feeling
03. Like Someone In Love
04. My Buddy
05. It's Always You
06. Someone to watch over me
07. But Not for Me
08. Look for the Silver Lining
09. I Get Along Without You Very Well
10. I Fall In Love Too Easily
11. Thrill Is Gone
12. There will never be another you

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
CDは1954年から1956年の録音、発売元が東芝EMI株式会社、英語のライナーノーツなし、詳しい日本語解説なし、12曲入り。
チェット・ベイカー、パシフィック・ジャズ・レーベルからのリリース、ジョー・パスがギターをオーバーダビングして再発。
元音源は1954年録音のモノラルでパシフィック・ジャズ・レーベル「Chet Baker / Sings」。
後年、オリジナル・マスターが紛失したという噂が流れ、チェット・ベイカーの破天荒な人生に重なり物議(ぶつぎ)を醸(かも)した逸話がある。
(青木高見)





Chet Baker Sings and Plays (TOCJ-6811) Chet Baker / Sings and Plays (TOCJ-6811)

Recorded :
February 28, 1955
March 7, 1955

Song number, Personnel :
[#01, #03, #05-08, #10-11]
Chet Baker (tp, vo)
Russ Freeman (p)
Carson Smith (b)
Bob Neel (ds)

[#02, #04, #06, #09]
Chet Baker (tp, vo)
Marty Paich (arr)
Frank Campo (arr)
Johnny Mandel (arr)
Russ Freeman (p)
Bud Shank (fl)
Red Mitchell (b)
Bob Neel (ds)
Ray Kramer (cello)
Ed Lustgarten (cello)
Kurt Reher (cello)
Eleanor Slatkin (cello)
Corky Hale (harp)

Song name :
01. Let's Get Lost
02. This Is Always
03. Long Ago (and Far Away)
04. Someone to Watch Over Me
05. Just Friends
06. I Wish I Knew
07. Daybreak
08. You Don't Know What Love Is
09. Grey December
10. I Remember You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
LPは1955年2月28日・3月7日の録音、発売元がパシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)PJ-1202番、10曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、ビル・ブラウン(Bill Brown)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、小川隆夫氏による日本語解説、10曲入り。
メンバーは。
1、3、5、7,8、10、11曲目、ヴォーカルとトランペットがチェット・ベイカー、ピアノトリオ、ピアノがラス・フリーマン、ベースがカーソン・スミス、ドラムがボブ・ニール。
2、4、6、9曲目、ヴォーカルとトランペットがチェット・ベイカー、オーケストラ、アレンジがマーティ・ペイチほか2名、ピアノがラス・フリーマン、フルートがバド・シャンク、ベースがレッド・ミッチェル、ドラムがボブ・ニール、ハープがコーキー・ヘイル、それにセロ4名。
唄で人気が出た頃「俺はトランぺッターなのだ、歌は余興だ」という自負があった。
ところが歌の方がヒットしてしまい「俺、歌のチェット」でもいいかな的になったという。
それにしても、線の細さ、繊細さ、デリケートさ、何より退廃感が漂う歌唱は実にユニーク。
(青木高見)





Chet Baker and Art Pepper / The Route (CDP 7 92931 2) Chet Baker and Art Pepper / The Route (CDP 7 92931 2)

「ジャズ/チェット・ベイカー」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/アート・ペッパー」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : July 26, 1956

Personnel :
Chet Baker (tp)
Art Pepper (as)
Pete Jolly (p)
Richie Kamuca (ts)
Leroy Vinnegar (b)
Stan Levey (ds)

Song name :
01.Tynan Time
02.The Route
03.Sonny Boy
04.Minor Yours
05.Little Girl
06.Ol' Croix
07.I Can't Give You Anything But Love
08. The Great Lie
09. Sweet Lorraine
10. If I Should Love You
11. Younger Than Springtime

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
アート・ペッパー(Art Pepper 出生名:Arthur Edward Pepper,Jr. 1925年9日1日~1982年6月15日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州ガーデナ生まれのジャズ・サックス奏者、作曲家。
LPは1956年7月26日の録音、発売元がキャピトル・レコード(Capitol Records)CDP 7 92931 2番、パシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)CDP 7 92931 2番、11曲入り。
CDは発売元がキャピトル(Capitol)・パシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)、輸入盤、マイケル・カスクーナ(Michael Cuscuna)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、11曲入り。
メンバーはトランペットがチェット・ベイカー、アルトサックスがアート・ペッパー、テナーサックスがリッチー・カミューカ、ピアノがピート・ジョリー、ベースがリロイ・ヴィネガー、ドラムがスタン・レヴィー。
西海岸のリーダー級のミュージシャンが集められている。
チェット・ベイカーとアート・ペッパーの歳の差はアート・ペッパーが4つ上、共演作で有名なアルバム「Chet Baker and Art Pepper / Playboys」が同年10月31日の録音なので前哨戦といったところか。
2人は白人で男前で、かなりモテたという。
(青木高見)





Chet Baker And Crew (TOCJ-5345) Chet Baker / Chet Baker And Crew (TOCJ-5345)

Recorded : July 31, 1956

Personnel :
Chet Baker (tp)
Bobby Timmons (p)
Phil Urso (ts)
Jimmy Bond (b)
Peter Littman (ds)
Bill Loughbrough (chromatic timpani) #01, #09, #12

Song name :
01. To Mickey's Memory
02. Slightly Above Moderate
03. Halema
04. Revelation
05. Something For Liza
06. Lucius Lu
07. Worryin' the Life Out of Me
08. Medium Rock

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日、)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
LPは1956年7月31日の録音、発売元がパシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)PJ-1224番、8曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、ウディ・ウッドワード(Woody Woodward)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、山口弘滋氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーはトランペットがチェット・ベイカー、ピアノがボビー・ティモンズ、テナーサックスがフィル・ウルソ(アーソ)、ベースがジミー・ボンド、ドラムがピーター・リットマンほか。
演奏は、いつものロマンティックなチェット・ベイカーではなく軽快なハード・バップ。
ジャケットはヨットに乗った御一行、海に向かってトランペットを吹くチェット・ベイカー。
その意味からかアルバム・タイトルか「チェット・ベイカーと乗組員」となっている。
(青木高見)





Chet Baker - Art Pepper / Playboys (CDP 7 94474 2) Chet Baker - Art Pepper / Playboys (CDP 7 94474 2)

「ジャズ/チェット・ベイカー」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/アート・ペッパー」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : October 31, 1956

Personnel :
Chet Baker (tp)
Art Pepper (as)
Phil Urso (ts)
Carl Perkins (p)
Curtis Counce (b)
Lawrence Marable (ds)

Song name :
01. For Minors only
02. Minor-Yours
03. Resonant Emotions
04. Tynan Tyme
05. Picture of Heath
06. For Miles and Miles
07. CTA

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
アート・ペッパー(Art Pepper 出生名:Arthur Edward Pepper,Jr. 1925年9日1日~1982年6月15日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州ガーデナ生まれのジャズ・サックス奏者、作曲家。
LPは1956年10月31日の録音、発売元がワールド・パシフィック・レコード(World Pacific Records)PJ-1234番、7曲入り。
CDは発売元がパシフィック・ジャズ(Pacific Jazz)、輸入盤、トッド・セルバート(Todd Selbert)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、7曲入り。
メンバーはトランペットがチェット・ベイカー、アルトサックスがアート・ペッパー、ピアノのカール・パーキンス、テナーサックスがフィル・ウルソ(アーソ)、ベースのカーティス・カウンス、ドラムのローレンス・マラブル。
チェット・ベイカーとアート・ペッパーの歳の差はアート・ペッパーが4つ上、歳も近く、私生活も共通する点が多い。
特に薬で絶頂期の演奏が出来なくなった事、女にモテる容姿、その影に潜む、不良っぽさと危うさ。
話は飛ぶがアルバム・ジャケットのセミヌードのお嬢さん人形で胸を隠している。
雑誌プレイボーイとのタイアップがあったので、こうなったという。
(青木高見)





Russ Freeman - Chet Baker / Chet Baker and Russ Freeman (CP32-5362) Russ Freeman - Chet Baker / Chet Baker and Russ Freeman (CP32-5362)

「ジャズ/ラス・フリーマン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/チェット・ベイカー」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : November 6, 1956

Personnel :
Russ Freeman (p)
Chet Baker (tp, vo)
Leroy Vinnegar (b)
Shelly Manne (ds)

Song name :
01. Love Nest
02. Fan Tan
03. Summer Sketch
04. An Afternoon At Home
05. Say When
06. Lush Life
07. Amblin'
08. Hugo Hurwhey

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラス・フリーマン(Russ Freeman 出生名:Russell Donald Freeman 1926年5月28日~2002年6月27日)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、編曲家。
チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
LPは1956年11月6日の録音、発売元がパシフィック・レコード(Pacific Jazz)1232番、8曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、ピート・ウェルディング(Pete Welding)氏による英語ライナーノーツ、和田政幸氏によるライナーノーツ和訳、8曲入り。
メンバーはピアノがラス・フリーマン、トランペットがチェット・ベイカー、ベースがリロイ・ヴィネガー、ドラムがシェリー・マン。
ラス・フリーマンとチェット・ベイカーの歳の差はラス・フリーマンが3才歳上。
ここではラス・フリーマンの考える編曲とピアノ、選曲が光る。
抒情的で哀愁のある上質なピアノをバックにチェット・ベイカーの躍動感あふれるワン・ホーン。
(青木高見)





Gerry Mulligan - Chet Baker / Reunion with Chet Baker (CDP 7 46857 2) Gerry Mulligan - Chet Baker / Reunion with Chet Baker (CDP 7 46857 2)

「ジャズ/ジェリー・マリガン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/チェット・ベイカー」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : December 1957

Personnel :
Gerry Mulligan (bs)
Chet Baker (tp)
Henry Grimes (b)
Dave Bailey (ds)

Song name :
01. Reunion
02. When Your Lover Has Gone
03. Stardust
04. My Heart Belongs To Daddy
05. Jersey Bounce
06. The Surrey With The Fringe On Top
07. Trav'lin Light
08. Trav'lin Light (Alternate Take)
09. Ornithology
10. People Will Say We're In Love
11. The Song Is You
12. Gee Baby, Ain't I Good To You
13. Gee Baby, Ain't I Good To You (Alternate Take)
14. I Got Rhythm
15. All The Things You Are

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジェリー・マリガン(Gerry Mulligan 出生名:Gerald Joseph Mulligan 1927年4月6日~1996年1月20日)はアメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区生まれのジャズ・バリトンサックス奏者、ピアニスト、作曲家、編曲家。
チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
LPは1957年12月の録音、発売元がワールド・パシフィック・レコード(World Pacific Records)PJ-1241番、8曲入り。
以下、LPの演目。
A1. Reunion
A2. When Your Lover Has Gone
A3. Stardust
A4. My Heart Belongs To Daddy
B1. Jersey Bounce
B2. The Surrey With The Fringe On Top
B3. Travelin' Light
B4. Ornithology
CDは発売元がEMIマンハッタン・レコード(EMI Manhattan Records)、輸入盤、マイケル・カスクーナ(Michael Cuscuna)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、10~15曲目の5曲が追加され全15曲入り。
メンバーはバリトンサックスがジェリー・マリガン、トランペットがチェット・ベイカー、ベースがヘンリー・グライムス、ドラムがデイヴ・ベイリー。
1952年~1953年、ジェリー・マリガンとチェット・ベイカーはピアノレス・カルテットを結成した。
すぐ解散となったが解散後も共演を行った。
その2人が1957年12月、ニューヨークで「Reunion(再会)」その時の録音が本作。
(青木高見)





Chet Baker It Could Happen To You (UCCD-99067) Chet Baker / It Could Happen To You (UCCD-99067)

Recorded : August 1958

Personnel :
Chet Baker (vo, tp)
Kenny Drew (p)
George Morrow (b) #01-02, #05, #07-08
Sam Jones (b) #03-04, #06, #09–12
Philly Joe Jones (ds) #01-02, #05–#08, #10–#12
Dannie Richmond (ds) #03, #04, #09

Song name :
01. Do It the Hard Way
02. I'm Old Fashioned
03. You're Driving Me Crazy
04. It Could Happen to You
05. My Heart Stood Still
06. The More I See You
07. Everything Happens to Me
08. Dancing on the Ceiling
09. How Long Has This Been Going On?
10. Old Devil Moon
11. While My Lady Sleeps [Take 10]
12. You Make Me Feel So Young [Take 05]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
LPは1958年8月の録音、発売元がリヴァーサイド・レコード(Riverside Records)RLP-1120番、10曲入り。
CDは制作がユニバーサル・クラシック&ジャズ、発売・販売元がユニバーサル・ミュージック株式会社、リヴァーサイド・レコード(Riverside Records)による英語オリジナル・ライナーノーツ、ユニバーサル・ミュージック株式会社による日本語解説、11、12区曲目の2曲が追加され全12曲入り。
メンバーはトランペットとヴォーカルがチェット・ベイカー、ピアノがケニー・ドリュー、ベースがジョージ・モロウとサム・ジョーンズ、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズとダニー・リッチモンド。
演奏はスタンダード中心の選曲でチェット・ベイカーのお家芸の歌とトランペット。
ピアノのケニー・ドリューとドラムのダニー・リッチモンドの共演にも耳を傾けたい。
(青木高見)





Chet Baker In New York (OJCCD-207-2) Chet Baker / In New York (OJCCD-207-2)

Recorded : September 1958

Personnel :
Chet Baker (tp)
Al Haig (p)
Johnny Griffin (ts)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)
  
Song name :
01. Fair Weather
02. Polka Dots And Moonbeams
03. Hotel 49
04. Solar
05. Blue Thoughts
06. When Light Are Low
07. Soft Winds

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
LPは1958年9月の録音、発売元がリヴァーサイド・レコード(Riverside Records)RLP 1119番、6曲入り。
CDは発売元がOJC、輸入盤、オリン・キープニュース(Orrin Keepnews)氏とリヴァーサイド・レコード(Riverside Records)による英語オリジナル・ライナーノーツ、7曲目の1曲が追加され全7曲入り。
メンバーはトランペットとヴォーカルがチェット・ベイカー、ピアノがアル・ヘイグ、テナーサックスがジョニー・グリフィン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
白人ピアニストでベテランのアル・ヘイグ、当時リバーサイドの看板テナーサックスのジョーニー・グリフィン。
リズム隊はイーストコーストで百戦錬磨のベーシストのポール・チェンバースとドラムのフィリー・ジョー・ジョーンズ。
チェット・ベイカー本人は得意とする歌はなくトランペットだけで勝負している。 たしかに、ピアノがマル・ウォルドロンやボビー・ティモンズだったら、まったく雰囲気は変わっていたかもしれない。
演目もマイルス・デイヴィスの「Solar」をはじめ東海岸を意識した意気込みが伝わってくる。
(青木高見)





Chet Baker - Bill Evans / CHET (OJCCD-087-2) Chet Baker - Bill Evans / CHET (OJCCD-087-2)

「ジャズ/チェット・ベイカー」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ビル・エヴァンス」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
December 30, 1958
January 19, 1959

Personnel :
Chet Baker (tp)
Bill Evans (p)
Kenny Burrell (g)
Herbie Mann (fl)
Pepper Adams (bs)
Paul Chambers (b)
Connie Kay (ds)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. Alone Together
02. How High The Moon
03. It Never Entered My Mind
04. 'Tis Autumn
05. If You Could See Me Now
06. September Song
07. You'd Be So Nice To Come Home To
08. Time On My Hands (You In My Arms)
09. You And The Night And Music
10. Early Morning Mood / Additional track not on original LP release.

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
ビル・エヴァンス(Bill Evans 1929年8月16日~1980年9月15日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州プレインフィールド生まれのジャズ・ピアニスト。
LPは1958年12月30日・1959年1月19日の録音、発売元がリヴァーサイド・レコード(Riverside Records)RLP-1135番、9曲入り。
CDは発売元がOJC、輸入盤、リヴァーサイド・レコード(Riverside Records)による英語オリジナル・ライナーノーツ、10曲目の1曲が追加され全10曲入り。
メンバーはトランペットがチェット・ベイカー、ピアノがビル・エヴァンス、ギターがケニー・バレル、バリトン・サックスがペッパー・アダムス、フルートがハービー・マン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがコニー・ケイとフィリー・ジョー・ジョーンズ。
収録後に偶然、居残ったビル・エヴァンスとポール・チェンバースとフィリー・ジョー・ジョーンズがトリオで演奏した。
これが、のちにリリースされるアルバム「On Green Dolphin Street」となる。
あろう事にチェット・ベイカーと演奏した「You And The Night And The Music」を再び演奏した。
個人的には、居残ったのは偶然ではなく示し合わせて、もう1枚作る計画があったのではないかと思ってしまう。
話は戻るが。
1950年代半ばチェット・ベイカーはマイルス・デイヴィスと2分する程の人気があった。
ところが1950年代後半から1960年にかけて薬物依存におちいる。
ロック界でも破滅型のジミヘン、ジャニス、ジム・モリソンと重なる。
薬物依存の波乱万丈の人生、神は彼らに短い生涯と引き換えにカリスマ性を与えた。
ポートレイトは若かりしチェット・ベイカーに、よりそう女性。
今にして思えば眼光に奥に潜(ひそ)む危(あやう)さを感じる。
(青木高見)





Chet Baker - Bill Evans / Plays The Best Of Lerner And Loewe (VICJ-2205) Chet Baker - Bill Evans / Plays The Best Of Lerner And Loewe (VICJ-2205)

「ジャズ/チェット・ベイカー」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ビル・エヴァンス」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : July 21 and 22, 1959

Personnel :
Chet Baker (tp)
Bill Evans (p) #01-02, #06-08
Bob Corwin (p) #03-05
Herbie Mann (fl)
Herbie Mann (ts) #05
Zoot Sims (as, ts)
Pepper Adams (bs)
Earl May (b)
Clifford Jarvis (ds)

Song name :
01. I've Grown Accustomed To Her Face
02. I Could Have Danced All Night
03. The Heather on the Hill
04. On the Street Where You Live
05. Almost Like Being In Love
06. Thank Heaven For Little Girls
07. I Talk To the Trees
08. Show Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
ビル・エヴァンス(Bill Evans 1929年8月16日~1980年9月15日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州プレインフィールド生まれのジャズ・ピアニスト。
LPは1959年7月21日・22日の録音、発売元がリヴァーサイド・レコード(Riverside Records)RLP 1152番、8曲入り、作曲家アラン・ジェイ・ラーナー&フレデリック・ロウのマイ・フェア・レディの作品集。
CDは発売元がビクター・エンターテインメント株式会社、リヴァーサイド・レコード(Riverside Records)による英語オリジナル・ライナーノーツ、8曲入り。
メンバーはトランペットがチェット・ベイカー、ピアノがビル・エヴァンスとボブ・コーウイン、フルートとテナーサックス(#05)がハービー・マン、アルトサックスとテナーサックスがズート・シムズ、バリトンサックスがペッパー・アダムス、ベースがアール・メイ、ドラムがクリフォード・ジャーヴィス。
ジャズ・リスナーの楽しみに意外な共演者による演奏がある。
チェット・ベイカー、ビル・エヴァンス、ハービー・マン、ズート・シムズ、ペッパー・アダムスが共演している。
チェット・ベイカーとしては異色の1枚。
前作「Chet Baker / CHET」の共演者はビル・エヴァンス、ペッパー・アダムス、フルートがハービー・マンだった。
ある評でリヴァーサイド・レーベルのプロディーサー、オリン・キープニュースの二匹目のドジョウ狙いというのがあった。
自分としては、可愛いらしいジャケットと意外な共演者の演奏で満足。
以下、演目の出典を明記した。
01. I've Grown Accustomed To Her Face [From My Fair Lady]
02. I Could Have Danced All Night [From My Fair Lady]
03. The Heather on the Hill [From Brigadoon], The
04. On the Street Where You Live [From My Fair Lady]
05. Almost Like Being In Love [From Brigadoon]
06. Thank Heaven For Little Girls [From Gigi]
07. I Talk To the Trees [From Paint Your Wagon]
08. Show Me [From My Fair Lady]
(青木高見)





Chet Baker In Milan (UCCO-9418) Chet Baker / In Milan (UCCO-9418)

Recorded :
September 25 and 26, 1959
October 6, 1959

Personnel :
Chet Baker (tp)
Renato Sellani (p)
Glauco Masetti (as) #01-#06
Gianni Basso (ts) #01-#06
Franco Cerri (b)
Gene Victory (ds)

Song name :
01. Lady Bird
02. Cheryl Blues
03. Tune Up
04. Line for Lyons
05. Pent Up House
06. Look for the Silver Lining
07. Indian Summer
08. My Old Flame

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
LPは1曲目1959年9月25日、2~4曲目1959年9月26日、5~8曲目1959年10月6日の録音、発売元がジャズランド(Jazzland)918S番、8曲入り。
CD制作がユニバーサル・クラシック&ジャズ、発売・販売元がユニバーサル・ミュージック株式会社、ピーター・ドリュー(Peter Drew)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、ライナーノーツの一部和訳、8曲入り。
メンバーはトランペットチェット・ベイカー、ピアノがレナト・セラーニ、アルトサックスがグラウコ・マセッティ、テナーサックスがジャンニ・バッソ、ベースがフランコ・セリ(チェリ)、ドラムがジーン・ヴォクトリー。
共演者は全員イタリアのミュージシャン。
アルバム・ジャケットはチェット・ベイカーのバックがイタリアの3色が面白い。
演奏は特長である憂鬱(ゆううつ)さ、危(あぶ)なさは、ここではない。
イタリアに来て歓迎されたのが嬉しかったのか軽快なトランペット。
こういうチェット・ベイカーもいい。
「俺はアメリカで人気のジャズ・トランぺッターのチェット・ベイカーだ、どうだ、上手いだろう」。
共演のイタリアのジャズ・ミュージシャンも遜色(そんしょく)なく中々いい。
この後チェット・ベイカーはヨーロッパ巡業し行く先々で歓迎を受けた。
当然収入が増えた分、薬を大量に手に入る事ができ破滅人生が加速していく。
以下、演目の作曲者を明記した。
01. Lady Bird / Tadd Dameron
02. Cheryl Blues / Charlie Parker
03. Tune Up / Miles Davis
04. Line for Lyons / Gerry Mulligan
05. Pent Up House / Sonny Rollins
06. Look for the Silver Lining / Buddy DeSylva, Jerome Kern
07. Indian Summer / Al Dubin, Victor Herbert
08. My Old Flame / Sam Coslow, Arthur Johnston
作曲者がタッド・ダメロン、チャーリー・パーカー、マイルス・デイヴィス、ジェリー・マリガン、ソニー・ロリンズと続く。
ここらへんを持ってきたのはチェット・ベイカーのジャズの先人に対するリスペクトかもしれない。
ちなみにアルバム「Chet Baker With Fifty Italian Strings (VICJ-2183)」も同時期イタリアでストリングスものでジャズランドからリリースされた。
(青木高見)





Chet Baker With Fifty Italian Strings (VICJ-2183) Chet Baker / Chet Baker With Fifty Italian Strings (VICJ-2183)

Song number, Recorded :
#04-05, #08, #11 Rec: September 28, 1959
#01-02, #06-07 Rec:September 29, 1959
#03, #09-10 Rec:October 5, 1959

Personnel :
Chet Baker (vo, tp)

Len Mercer (arr, cond)
Giulio Libano (p, celeste)
Glauco Masetti (as)
Fausto Papetti (bs)
Mario Pezzotta (tb)
Franco Cerri (b)
Gene Voctory (ds)
Unidentified string section

Song name :
01. My Funny Valentine
02. I Should Care
03. Violets for Your Furs
04. The Song Is You
05. When I Fall in Love
06. Goodbye
07. Autumn In New York
08. Angel Eyes
09. Street of Dreams
10. Forgetful
11. Deep in a Dream

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
LPは4~5曲目、8曲目、11曲目が1959年9月28日。
1~2曲目、6~7曲目が1959年9月29日。
3曲目、9~10曲目が1959年10月5日、発売元がジャズランド(JAZZLAND)JLP 21番、10曲入り。
CDは発売元がビクター・エンターテインメント株式会社、英語の歌詞、ピーター・ドリュー(Peter Drew)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、小川隆夫氏による日本語解説、11曲目の1曲が追加され全11曲入り。
メンバーはトランペットとヴォーカルがチェット・ベイカー、そのほかイタリアのミュージシャン。
アルバム「Chet Baker / In Milan」の録音日が1959年9月25日と26日、10月6日なので同時期に収録された。
演奏はチェット・ベイカーの十八番(おはこ)のトランペットとボーカルにイタリアのオーケストラ。
イタリアに渡ったはいいが、何と1960年にイタリアで逮捕されてしまう。
(青木高見)





Chet Baker She Was Too Good To Me (KICJ 8202) Chet Baker / She Was Too Good To Me (KICJ 8202)

Recorded :
July 17, 1974
October 31, 1974
? 11, 1974

Personnel :
Chet Baker (tp, vo)
Bob James (el-p)
Dave Friedman (vib)
Paul Desmond (as)
Hubert Laws (fl, afl)
Ron Carter (b)
Jack DeJohnette (ds)
Steve Gadd (ds)
Romeo Penque (fl, Cl)
George Marge (alf, Oboe d'amore)
Lewis Eley (vln)
Max Ellen (vln) 
Barry Finclair (vln)
Paul Gershman (vln)
Harry Glickman (vln)
Emanuel Green (vln)
Harold Kohon (vln)
David Nadien (vln)
Herbert Sorkin (vln)
Warren Lash (Cello)
Jessie Levy (Cello)
George Ricci (Cello)

Song name : 
01. Autumn Leaves
02. She Was Too Good To Me
03. Funk In Deep Freeze
04. Tangerine
05. With A Song In My Heart
06. What'll I Do
07. It's You Or No One

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
LPは1974年7月・8月の録音、発売元がCTIレコード(CTI Records)CTI 6050 S1番、7曲入り。
CDは発売元キングレコード株式会社、ダグ・ラムジー(Doug Ramsey)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、キングレコード株式会社によるライナーノーツ和訳、7曲入り。
メンバーはトランペットがチェット・ベイカー、プロデューサーがクリード・テイラー、アルトサックスがポール・デスモンド、エレピがボブ・ジェームス、ベースがロン・カーター、ドラムがジャック・ディジョネットとスティーブ・ガッド、フルートがヒューバート・ロウス、その他ストリングス。
1973年、チェット・ベイカーは永いドラック中毒からからようやく抜け出した頃で、師匠であるディジー・ガレスピーの尽力によるところが大きかったという。
ディジー・ガレスピーはチャーリー・パーカーでヤク物がジャズ・ミュージシャンを破滅に追い込んでいく事をイヤというほど見ている。
そういう意味で、説得力があったと想像する。
1975年頃よりチェット・ベイカーは活動拠点を主にヨーロッパに移すので録音は復帰後まもない時となる。
共演者全員、チェットの復帰を祝っている様な感じがしてならない。
演奏はクリード・テイラーのCTIの音、柔らかなBGM風チェット・ベイカー。
(青木高見)





Chet Baker - Christopher Mason / Silent Night (TECX-25020) Chet Baker - Christopher Mason / Silent Night (TECX-25020)

「ジャズ/チェット・ベイカー」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/クリストファー・メイスン」でも同じ内容を掲載しています。  →
「クリスマス集/チェット・ベイカー」でも同じ内容を掲載しています。  →


Recorded : Jan 7, 1986

Personnel :
Chet Baker (tp)
Christopher Mason (as)
Mike Pellera (p)
James (Jim) Singleton (b)
Johnny Vidacovitch (ds)

Song name :
01. Silent Night (Part 1)
02. The First Noel
03. We Three Kings
04. Hark! The Herald Angels Sing
05. Nobody Knows The Trouble I've Seen
06. Amazing Grace
07. Come All Ye Faithful
08. Joy To The World
09. Amen
10. It Came Upon A Midnight Clear
11. Swing Low, Sweet Chariot
12. Silent Night (Part 2)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
クリストファー・メイスン(Christopher Mason 出生名:Christopher Kendall Mason 1950年5月24日~)はアメリカ合衆国カリフォルニア州グレンデール生まれのジャズとブルースのアルトサックス、ソプラノサックス、フルート奏者、ソングライター、バンドリーダー。
LPは1986年1月7日の録音、発売元がヴァリック・レコード(Varrick Records)VR-032番、12曲入り。
CDは発売元がテイチク株式会社、英語イナーノーツなし、岩浪洋三氏による日本語解説、12曲入り。
メンバーはトランペットがチェット・ベイカー、アルトサックスがクリストファー・メイスン、ピアノがマイク・ペレイラ、ベースがジェームス(ジム)・シングルトン、ドラムがジョニー・ヴィダコヴィッチ。
共演者は主にニューオリンズで活動しているミュージシャン。
チェット・ベイカーが晩年、ニューオリンズのアルト奏者とニューオリンズで吹き込んだクリスマス・ソング集。
以下、演目の邦題。
01. Silent Night (Part 1)(きよしこの夜)
02. The First Noel(初めてのクリスマス)
03. We Three Kings(ウィ・スリー・キングス)
04. Hark! The Herald Angels Sing(天にはさかえ)
05. Nobody Knows The Trouble I've Seen(誰も知らない私の悩み)
06. Amazing Grace(至上の愛 (アメイジング・グレース))
07. Come All Ye Faithful(神の御子は今宵しも)
08. Joy To The World(もろびとこぞりて)
09. Amen(エイメン)
10. It Came Upon A Midnight Clear(天なる神にはみさかえあり)
11. Swing Low, Sweet Chariot(揺れるよ幌馬車)
12. Silent Night (Part 2)(きよしこの夜)
(青木高見)





Chet Baker My Favourite Songs (The Last Great Concert) (ENJ-5) Chet Baker / My Favourite Songs (The Last Great Concert) (ENJ-5)

Recorded : April 28, 1988

Personnel :
Chet Baker (tp, vo)
Walter Norris (p)
Herb Geller (as)
John Schroder (g)
Lucas Lindholm (b)
Radio Orchestra Hannover (orc)
Song name :
01. All Blues
02. My Funny Valentine
03. Well, You Needn't
04. Summertime
05. In Your Own Sweet Way
06. Django
07. I Fall In Love Too Easily

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェット・ベイカー(Chet Baker 出生名:Chesney Henry Baker Jr. 1929年12月23日~1988年5月13日)はアメリカ合衆国オクラホマ州イェール生まれの白人トランペット奏者、歌手。
LPは1988年4月24日の録音、発売元がエンヤ・レコード(Enja Records)enja 5097 1番、7曲入り。
CDは発売元がクラウンレコード株式会社、英語ライナーノーツなし、原田充氏による日本語解説、7曲入り。
メンバーはトランペットとヴォーカルがチェット・ベイカー、ピアノがウォルター・ノリス、アルトサックスがハーブ・ゲラー、ギターがジョン・シュレーダー、ストリングスはNDRビッグバンド、 ハノーバー放送交響楽団、指揮がディーテル・グラビシュニッヒ。
1988年4月28日、非業の死を遂げる2週間前の録音、ディスコグラフィーでは最終盤とされる。
演目にの十八番(おはこ)の「My Funny Valentine」が収録されているが別人の様な弱々しく切ない声。
哀れというより空しさが漂うトランペットも今となっては聴きどころ。
[追補・死因について]
時は1988年5月13日、オランダ・アムステルダムの宿泊先だったホテルの3階の窓の下の路上で血まみれのチェット・ベイカーが発見された。
まさかその遺体がチェット・ベイカーだとは風貌が違うため誰も思わなかったという、享年58才。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲