青木高見のジャズコレクション Kenny Drew (p) ケニー・ドリュー


寸評
ケニー・ドリュー (Kenny Drew 1928年8月28日~1993年8月4日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
1950年代 ビ・バップのピアニストとして卓越した技術により多くのセッションに参加。
1963年 演奏の拠点を欧州に移す、渡欧の理由は人種差別問題から逃避する説が有力。
成果は無二の親友となる欧州のベース奏者、ニールス・ペデルセンとの邂逅(かいこう)。
渡欧して後、BGM的な作風に変わり、数多くのアルバムをリリースする。
後期の演奏を聴いても、本来、漆黒のハード・バッパーである事を忘れてはならない。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Kenny Drew / Introducing The Kenny Drew Trio Kenny Drew / Introducing The Kenny Drew Trio

Recorded : April 16, 1953

Personnel :
Kenny Drew (p)
Curley Russell (b)
Art Blakey (ds)

Song name :
01. Yesterdays
02. Stella By Starlight
03. Gloria
04. Be My Love
05. Lover Come Back To Me
06. Everything Happens To Me
07. It Might As Well Be Spring
08. Drew’s Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・ドリュー (Kenny Drew 1928年8月28日~1993年8月4日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはケニー・ドリュー、1953年4月16日の録音、ブルーノート 5023番。
共演者は、ベースがカーリー・ラッセル、ドラムがアート・ブレイキー。
ケニー・ドリューの晩年作 「欧州三部作」 以降しか聴いていないリスナーにとっては、ケニー・ドリューはBGMピアニストだと思われがち。
ケニー・ドリューは、この事を、どう思っていたのだろう。
今から、およそ半世紀前、ジャズがビ・バップからハード・バップに移り変わわる時期。
ジャズ・ミュージシャンが、どんどん表れて、しのぎを削っていた時代。
それも、アメリカ合衆国の一部の黒人達に限られていた事実はジャズの特異性を感ずる。
録音技術が急速に進歩した事により、長時間の演奏が可能となり商売として成熟していく。
そのレーベルの、ひとつにブルーノートがある。
当時、ニューフェイスだったケニー・ドリューも、社主アルフレッド・ライオンの目にとまり、早い時期にアルバムを残す事ができた。
リズム隊は、スタートしたばかりのジャズ・メッセンジャーズのアート・ブレイキーとカーリー・ラッセルが投入された。
演奏は、すでに完成しているケニー・ドリューのピアノが素晴らしい。
当時の雰囲気を伝えるジャケットを眺めて聴けば、気分は更にハード・バップの真髄に近付ける。
(青木高見)





Kenny Drew / Talkin' And Walkin' Kenny Drew / Talkin' And Walkin'

Recorded :
November 18, 1955  #10 - #12
December 1955  #01 - #09

Personnel :
Kenny Drew (p)
Jack Sheldon (tp) #10, #11 #12
Joe Maini (as, ts)
Leroy Vinnegar (b)
Lawrence Marable (ds)

Song name :
01. Talkin' Walkin'
02. In the Prescribed Manner
03. Prelude to a Kiss
04. Wee-Dot
05. Hidden Channel
06. Deadline
07. I'm Old Fashioned
08. Minor Blues
09. Walkin' Talkin'
10. It's a Only a Paper Moon [Bonus track on CD reissue]
11. Leroy's Blues [Bonus track on CD reissue]
12. Contour [Bonus track on CD reissue]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・ドリュー (Kenny Drew 1928年8月28日~1993年8月4日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはケニー・ドリュー。
1~9曲目が1955年12月。
10~12曲目が同年11月の録音。
ジャズ・ウエスト・レーベルからのリリース。
共演者は、トランペットがジャック・シェルドン、アルトとテナーサックスがジョー・マイーニ(マイニ)、ベースがリロイ・ヴィネガー 、ドラムがローレンス・マラブル。
演奏は、百戦錬磨のリズム陣と、サックスで珍しいジョー・マイーニ(マイニ)の参加が貴重。
全体としては、ケニー・ドリューが得意とするハード・パップ。
(青木高見)





Kenny Drew / Kenny Drew Trio Kenny Drew / Kenny Drew Trio

Recorded : September 20, 1956

Personnel :
Kenny Drew (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. Caravan
02. Come Rain Or Come Shine
03. Ruby My Dear
04. Weird-O
05. Taking A Chance On Love
06. When You Wish Upon A Star
07. Blues For Nica
08. It's Only Paper Moon

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・ドリュー (Kenny Drew 1928年8月28日~1993年8月4日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはケニー・ドリュー、1956年9月20日の録音、リバーサイド・レーベルからのリリース。
共演者は、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィリー・ジョー・ジョーンズ。
ジャズを楽しむ要素の、キレと冴え、ドライブ感、スイング感、即興性、掛け合い演奏と全て揃ったピアノ・トリオ。
演目もスタンダード中心で聴きやすい。
日本中のジャズ喫茶で、気が遠くなるほど鳴ったに違いない音を、じっくり楽しみたい。
(青木高見)





Kenny Drew / This is New Kenny Drew / This is New

Personnel and Recorded :
March 28, 1957  #01-03
Kenny Drew (p)
Donald Byrd (tp)
Hank Mobley (ts)
Wilbur Ware (b)
G.T.Hogan (ds)

April 3, 1957  #04-07
Kenny Drew (p)
Donald Byrd (tp)
Wilbur Ware (b)
G.T.Hogan (ds)

Song name :
01. This Is New
02. Carol
03. It's You Or No One
04. You're My Thril
05. Little T
06. Paul's Pal
07. Why Do I Love You?

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・ドリュー (Kenny Drew 1928年8月28日~1993年8月4日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはケニー・ドリュー、1957年3月28日、4月3日の録音。
共演者は、トランペットがドナルド・バード、テナーサックスがハンク・モブレー、ベースがウィルバー・ウェア、ドラムがGTホーガン。
ハード・バップ全盛時代、百戦練磨のハード・バッパー達を支えたピアノ。
ジャケット・デザインは 「新しい芽吹き」 を象徴している。
タイトルも  「This is New」 。
当時の最先端だった音、時は経過したが、ジャズファンにとっては、むしろ輝きは増してくるから堪(たま)らない。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはケニー・ドリュー、1957年3月28日、4月3日の録音。共演者は、トランペットがドナルド・バード、テナーサックスがハンク・モブレー、ベースがウィルバー・ウェア、ドラムがGTホーガン。ハード・バップ全盛時代、百戦練磨のハード・バッパー達を支えたピアノ。ジャケット・デザインは 「新しい芽吹き」 を象徴している。タイトルも  「This is New」 。当時の最先端だった音、時は経過したが、ジャズファンにとっては、むしろ輝きは増してくるから堪(たま)らない。
(青木高見)





Kenny Drew / Undercurrent Kenny Drew / Undercurrent

Recorded : December 11, 1960

Personnel :
Kenny Drew (p)
Freddie Hubbard (tp)
Hank Mobley (ts)
Sam Jones (b)
Louis Hayes (ds)

Song name :
01. Undercurrent
02. Funk-Cosity
03. Lion’s Den
04. The Pot’s on
05. Groovin’the Blues
06. Ballade

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・ドリュー (Kenny Drew 1928年8月28日~1993年8月4日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはケニー・ドリュー、1960年12月11日の録音、ブルーノートからのリリース。
共演者は、トランペットがドナルド・バード、テナー・サックスがハンク・モブレー、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがルイ・ヘイズ。
1963年、人種差別から逃れ渡欧したケニー・ドリュー。
向こうでベースのニールス・ペデルセンとコンビを組み、1970年後半に再度人気を不動のものとした。
ここでは、渡欧前の燻し銀のハード・バップ・ピアノに2管の妙味。
典型的なブルーノート・サウンドを楽しめる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはケニー・ドリュー、1960年12月11日の録音、ブルーノートからのリリース。共演者は、トランペットがドナルド・バード、テナー・サックスがハンク・モブレー、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがルイ・ヘイズ。1963年、人種差別から逃れ渡欧したケニー・ドリュー。向こうでベースのニールス・ペデルセンとコンビを組み、1970年後半に再度人気を不動のものとした。ここでは、渡欧前の燻し銀のハード・バップ・ピアノに2管の妙味。典型的なブルーノート・サウンドを楽しめる。
(青木高見)





Kenny Drew / Dark Beauty Kenny Drew / Dark Beauty

Recorded : May 21-22, 1974

Personnel :
Kenny Drew (p)
Niels Henning Orsted Pedersen (b)
Albert Heath (ds)

Song name :
01. Run away
02. Dark Beauty
03. Summer Night
04. All Blues
05. A Felicidade
06. It could Happen to You
07. Love Letters
08. Silk Bossa
09. Blues Inn
10. In Your Own Sweet Way
11. A Stranger in Paradise

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・ドリュー (Kenny Drew 1928年8月28日~1993年8月4日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはケニー・ドリュー、1974年5月21日・22日の録音、新境地を開拓しに渡欧、絶妙なピアノ・トリオを生んだ。
共演者は、ベースがニールス・ペデルセン、ドラムがアルバート・ヒース。
渡欧理由は人種差別問題から回避とされている。
実際、ケニー・ドリュー以外で、ヨーロッパに拠点を移した黒人ミュージシャンは大勢いる。
このアルバムは、その欧州での活動の1作目となる。
タイトルも、強烈に象徴するかのように 「ダークビューティー」 。
ジャケットも黒ければ、演奏も漆黒。
もともとケニー・ドリューは生粋のハード・バップ・ピアニスト。
ここをオサエテおけば、後にリリースされる甘い香りの欧州3部作も無難に聴けるというもの。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはケニー・ドリュー、1974年5月21日・22日の録音、新境地を開拓しに渡欧、絶妙なピアノ・トリオを生んだ。共演者は、ベースがニールス・ペデルセン、ドラムがアルバート・ヒース。渡欧理由は人種差別問題から回避とされている。実際、ケニー・ドリュー以外で、ヨーロッパに拠点を移した黒人ミュージシャンは大勢いる。このアルバムは、その欧州での活動の1作目となる。タイトルも、強烈に象徴するかのように 「ダークビューティー」 。ジャケットも黒ければ、演奏も漆黒。もともとケニー・ドリューは生粋のハード・バップ・ピアニスト。ここをオサエテおけば、後にリリースされる甘い香りの欧州3部作も無難に聴けるというもの。
(青木高見)





Kenny Drew / By Request Kenny Drew / By Request

Recorded :
August 24-25, 1985

Personnel :
Kenny Drew (p)
Niels Henning Orsted Pedersen (b)
Ed Thigpen (ds)

Song name :
01. Softly As In A Morning Sunrise
02. Misty
03. On Green Dolphin Street
04. Smoke Gets In Your Eyes
05. You'd Be So Nice To Come Home To
06. My Funny Valentine
07. Lover Come Back To Me
08. As Time Goes By
09. Fly Me To The Moon
10. 'Round Midnight ('Round About Midnight)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・ドリュー (Kenny Drew 1928年8月28日~1993年8月4日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはケニー・ドリュー、1985年8月24日・25日の録音、日本の企画、演目をリクエストで決めたピアノ・トリオ。
共演者は、ベースがニールス・ペデルセン、ドラムがエド・ジグペン。
演奏は、ブルージーさが根底に流れ、洗練された美しい表現力が素晴らしい。
ここは、こちらも割り切って、渡欧のケニー・ドリューを楽しみたい。
BGM風に聴き流すのもよし、注意深く聴くもよし、ケニー・ドリューなら、どう聴いても満足させてくれる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはケニー・ドリュー、1985年8月24日・25日の録音、日本の企画、演目をリクエストで決めたピアノ・トリオ。共演者は、ベースがニールス・ペデルセン、ドラムがエド・ジグペン。演奏は、ブルージーさが根底に流れ、洗練された美しい表現力が素晴らしい。ここは、こちらも割り切って、渡欧のケニー・ドリューを楽しみたい。BGM風に聴き流すのもよし、注意深く聴くもよし、ケニー・ドリューなら、どう聴いても満足させてくれる。
(青木高見)





Kenny Drew / Expressions Kenny Drew / Expressions

Recorded : May 7-9, 1990

Personnel :
Kenny Drew (p)
Niels Henning Orsted Pedersen (b)
Alvin Queen (ds)

Song name :
01. Autumn In Rome
02. Cathedral In Milano
03. Oboe Concerto D Minor
04. Anastasia
05. My Funny Valentine
06. Isn’t It Romantic
07. Valse Italiano
08. Sorrento
09. The Big Boot
10. Expressions

邦題
01. ローマの秋
02. ミラノのカテドラル
03. ベニスの愛(オーボエ協奏曲 ニ短調)
04. アナスターシア
05. マイ・ファニー・バレンタイン
06. イズント・イット・ロマンティック
07. ワルツ・イタリアーノ
08. ソレント
09. ビッグ・ブーツ
10. 旅の終りに

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・ドリュー (Kenny Drew 1928年8月28日~1993年8月4日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはケニー・ドリュー、1990年5月7日から9日の録音、邦題  「 旅の終わりに (Expressions) 」 。
共演者は、ベースがニールス・ペデルセン、ドラムがアルビン・クイーン。
シリーズ欧州3部作 「 パリ北駅着印象 」 「 欧州紀行 」 の最後を飾る作品。
ケニー・ドリューが最も活躍したした時代は1950年代、ビ・バップのピアニストとして卓越した技術により多くのセッションに参加してきた。
1963年、演奏の拠点を欧州に移す。
渡欧の理由はアメリカでの人気が今一つだった事。
それと、人種差別問題から回避する説が一般的。
渡欧の成果は、無二の親友となるベースのニールス・ペデルセンとの邂逅(かいこう)。
デンマークの美しい自然。
ヨーロッパの人々の温かい心に接し、演奏は更に洗練され透明さを増す。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲