青木高見のジャズコレクション Rita Reys (vo) リタ・ライス


寸評
リタ・ライス (Rita Reys 1924年12月21日~2013年7月28日) はオランダ・ロッテルダム生まれの女性ジャズ・ヴォーカリスト。
旦那さんがジャズ・ピアニストのピム・ヤコブス。
アン・バートンと並ぶオランダを代表する女性ジャズ・ヴォーカリスト。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Rita Reys / The Cool Voice Of Rita Reys Rita Reys / The Cool Voice Of Rita Reys

Recorded :
January.17.1955 #03,
August.16.1955 #05, #06,
February.16.1956 #01, #02, #04,
May.3.1956 #07, #08, #10, #12,
June.25.1956 #09, #11,

Personnel :
Rita Reys (vo)
Donald Byrd (tp) #07-#12,
Ack Van Rooyen (tp) #01, #02, #04,
Gerard Van Rooyen (tp) #05, #06,
Dick Bezemer (tb) #03,
Hank Mobley (ts) #07, #08, #10, #12,
Ira Sullivan (ts) #09, #11,
Toon Van Vliet (ts) #03, #05, #06,
Herman Schoonderwalt (bs) #01, #02, #04,
Kenny Drew (p) #09, #11,
Rob Madna (p) #01, #02, #04, #06,
Horace Silver (p) #07, #08, #10, #12,
Gerard Van Rooyen (p) #03,
Chris Bender (b) #03,
Dick Bezemer (b) #01, #02, #04, #06,
Wilbur Ware (b) #09, #11,
Doug Watkins (b) #07, #08, #10, #12,
Art Blakey (ds) #07-#12,
Wessel Ilcken (ds) #01-#06,

Song name :
01. I Cried for You
02. You'd Be So Nice to Come Home To
03. My One and Only Love
04. That Old Black Magic
05. Spring Will Be a Little Late This Year
06. Taking a Chance on Love
07. It's All Right with Me
08. Gone with the Wind
09. My Funny Valentine
10. But Not for Me
11. I Should Care
12. There Will Never Be Another You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : (Rita Reys 1924年12月21日~2013年7月28日)はオランダ・ロッテルダム生まれの女性ジャズ・ヴォーカリスト。
アルバムはリタ・ライス、1955年と翌56年の録音。
共演者はトランペットがドナルド・バード、テナーサックスがハンク・モブレー、アート・ブレイキーバンドほか多数。
演奏はリタ・ライスの実質的なファースト。
歌唱は少しハスキーでキャシャっぽいが、歌詞の演出力、特に歌いまわしが抜群に上手い。
目を見張るのは、超有名な共演者達をよく、ここまで集めたものである。
2013年7月28日、ウェブでリタ・ライスの突然の訃報を知る。
こういう歌手は、いつまでも歌い続けてくれると思っていたので本当に悲しい。
また一つ、ジャズ界の星が消えた。

参加ミュジシャンがあまりに凄いので、以下、曲名、作曲者、録音日、参加ミュージシャンを別途明記する。

01. I Cried for You (Gus Arnheim, Arthur Freed, Abe Lyman)
Recorded : 05/03/1956
Rita Reys (vo)
Donald Byrd (tp)
Hank Mobley (ts)
Horace Silver (p)
Doug Watkins (b)
Art Blakey (ds)

02. You'd Be So Nice to Come Home To (Cole Porter)
Recorded : 05/03/1956
Rita Reys (vo)
Donald Byrd (tp)
Hank Mobley (ts)
Horace Silver (p)
Doug Watkins (b)
Art Blakey (ds)

03. My One and Only Love (Guy Wood, Robert Mellin)
Recorded : 06/25/1956
Rita Reys (vo)
Donald Byrd (tp)
Ira Sullivan (ts)
Kenny Drew (p)
Wilbur Ware (b)
Art Blakey (ds)

04. That Old Black Magic (Harold Arlen, Johnny Mercer)
Recorded : 05/03/1956
Rita Reys (vo)
Donald Byrd (tp)
Horace Silver (p)
Doug Watkins (b)
Art Blakey (ds)

05. Spring Will Be a Little Late This Year (Frank Loesser)
Recorded : 06/25/1956
Rita Reys (vo)
Donald Byrd (tp)
Hank Mobley (ts)
Ira Sullivan (ts)
Kenny Drew (p)
Wilbur Ware (b)
Art Blakey (ds)

06. Taking a Chance on Love (Vernon Duke, John La Touche, Ted Fetter)
Recorded : 05/03/1956
Rita Reys (vo)
Donald Byrd (tp)
Hank Mobley (ts)
Horace Silver (p)
Doug Watkins (b)
Art Blakey (ds)

07. It's All Right with Me (Cole Porter)
Recorded : 02/16/1956
Rita Reys (vo)
Ack Van Rooyen (tp)
Herman Schoonderwalt (bs)
Rob Madna (p)
Dick Bezemer (b)
Wessel Ilcken (ds)

08. Gone with the Wind (Allie Wrubel, Herb Magidson)
Recorded : 02/16/1956
Rita Reys (vo)
Ack Van Rooyen (tp)
Herman Schoonderwalt (bs)
Rob Madna (p)
Dick Bezemer (b)
Wessel Ilcken (ds)

09. My Funny Valentine (Lorenz Hart, Richard Rodgers)
Recorded : 01/17/1955
Rita Reys (vo)
Dick Bezemer (tb)
Toon Van Vliet (ts)
Gerard Van Rooyen (p)
Chris Bender (b)
Wessel Ilcken (ds)

10. But Not for Me (George Gershwin, Ira Gershwin)
Recorded : 02/16/1956
Rita Reys (vo)
Ack Van Rooyen (tp)
Herman Schoonderwalt (bs)
Rob Madna (p)
Dick Bezemer (b)
Wessel Ilcken (ds)

11. I Should Care (Axel Stordahl, Paul Weston, Sammy Cahn)
Recorded : 08/16/1955
Rita Reys (vo)
Gerard Van Rooyen (tp)
Toon Van Vliet (ts)
Wessel Ilcken (ds)

12. There Will Never Be Another You (Harry Warren, Mack Gordon)
Recorded : 08/16/1955
Rita Reys (vo)
Gerard Van Rooyen (tp)
Toon Van Vliet (ts)
Rob Madna (p)
Dick Bezemer (b)
Wessel Ilcken (ds)
(青木高見)





Rita Reys / Sings Antonio Carlos Jobim Rita Reys / Sings Antonio Carlos Jobim

(注) このアルバムはリタ・ライスのリーダーアルバム扱いとしています。
演目がアントニオ・カルロス・ジョビンの曲のため「 Antonio Carlos Jobim 」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1981

Personnel :
Rita Reys (vo)
Pim Jacobs (p)
Wim Overgaauw (g)
Ruud Jacobs (b)
Benny Behr (strings)
Rogier Van Otterloo (cond)
Ruud Jacobs (producer)
Antonio Carlos Jobim (comp)

Song name :
01. How Intensitiveabr
02. Dindibr
03. So Danco Sambabr
04. Once I Lovedbr
05. Quit Night Of Quiet Starsbr
06. This Happy Madnessbr
07. Tristebr
08. Song Of The Sabiabr
09. Meditationbr
10. Once Againbr

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : (Rita Reys 1924年12月21日~2013年7月28日)はオランダ・ロッテルダム生まれの女性ジャズ・ヴォーカリスト。
アントニオ・カルロス・ジョビン(Antônio Carlos Brasileiro de Almeida Jobim ニックネーム:トム・ジョビン 1927年1月25日~1994年12月8日)はブラジル出身の作曲家、編曲家、ピアニスト、バンドリーダー。
アルバムはリタ・ライス、1981年の録音、アントニオ・カルロス・ジョビン特集。
共演者は、ピアノがピム・ヤコブス、ギターがウイム・オーヴァーハウ、ベースがルード・ヤコブス、ドラムがピーター・イプマ。
この四人はオランダで有名なジャズマン。
特にピアノのピム・ヤコブスは、リタ・ライスの旦那さんでもある。
演奏は本場ブラジルやアメリカのボサ・ノヴァとは一味ちがったヨーロッパ・テイストのボサノヴァ。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲