青木高見のジャズコレクション Doug Watkins (b) ダグ・ワトキンス


寸評
ダグ・ワトキンス (Doug Watkins 本名 : Douglas Watkins 1934年3月2日~1962年2月5日) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれのジャズ・ベーシスト。
ハイスクールでは同級生であったポール・チェンバースと 「いとこ」。
同校の上級生にトランペットのドナルド・バードがいて友人でもあった。
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズに初代ベーシスト。
1962年、自動車事故により他界、享年27歳。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Doug Watkins / Watkins At Large Doug Watkins / Watkins At Large

Recorded : December 8, 1956

Personnel :
Doug Watkins (b)
Duke Jordan (p)
Kenny Burrell (g) #01, #02, #04, #05
Donald Byrd (tp)
Hank Mobley (ts) #01, #02, #04, #05
Art Taylor (ds)

Song name :
01. Return to Paradise
02. Phinupi
03. Phil T. McNasty's Blues
04. More of the Same
05. Panonica

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ダグ・ワトキンス (Doug Watkins 本名 : Douglas Watkins 1934年3月2日~1962年2月5日) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれのジャズ・ベーシスト。
アルバムはダグ・ワトキンス、1956年12月8日の録音、トランジション・レコード・レーベルからのリリース。
共演者は、ピアノがデューク・ジョーダン、トランペットがドナルド・バード、テナーサックスがハンク・モブレー、ドラムがアート・テイラー。
当時、トランジション・レコードは幻のレーベルとされていて、ジャズ・レコード・コレクターにとっては垂涎の的、原版は高値が付いた。
理由は発売タイトルが少なく、原盤も散らばっており全てを揃えるのが非常に困難なレーベルだった事がある。
CD化で復刻され、今は当時の様な事はなくなった。
当アルバムは、そのトランジション・レコード・レーベルと言う事で、聴く前からワクワクする。
ダグ・ワトキンスの簡単な経歴は、ベースのポール・チェンバースとは 「いとこ」、ハイスクールでは同級生。
同校の上級生にドナルド・バードがおり友人であった。
活動ではアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズに初代ベーシストになる。
しかし惜しくも、1962年、自動車事故により他界してしまった、享年27歳。
何とも不幸な結末を思うと、音もいっそう心に染みてくる。
演奏は、数少ないダグ・ワトキンスのリーダー作。
冒頭の一音が鳴った瞬間から、芳香なハード・バップの香りが立ちこめる。
かつて、ジャズ喫茶で何万回とかかってきた音。
気持ちが高揚してきて、小刻みに体でリズムを刻み出していまう。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲