青木高見のジャズコレクション Kenny Burrell (g) ケニー・バレル


寸評
ケニー・バレル (Kenny Burrell 1931年7月31日~) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・ギタリスト。
特徴は、コンテンポラリーで洗練されていて、ブルージーな味わいがある。
リーダー作以外に、多くの有名ミュージシャンのバックとして入った時にも素晴らしい演奏を多く残している。
世界中にファンを持ち、日本でも熱狂的なファンがいる。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Kenny Burrell / Introducing Kenny Burrell / Introducing

Recorded : May 29, 1956

Personnel :
Kenny Burrell (g)
Tommy Flanagan (p)
Paul Chambers (b)
Kenny Clarke (ds)
Candido (conga drum)

Song name :
01. This Time the Dream's on Me
02. Fugue 'N Blues
03. Takeela
04. Weaver of Dreams
05. Delilah
06. Rhythmorama
07. Blues For Skeeter

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・バレル (Kenny Burrell 1931年~) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市出身のジャズ・ギタリスト。
アルバムはケニー・バレル、1956年5月29日の録音、ブルーノートからのリリース、初リーダー作。
共演者は、ピアノがトミー・フラナガン、ベースがポール・チェンバース、ドラムのケニー・クラーク、コンガがキャンディド。
演奏は、豪華なメンバーに支えられ、ブルージーなギターが冴える。
ブルーノート・サウンドと言われる哀愁を帯びた演奏の典型。
ケニー・バレルの簡単な経歴は、大学で音楽を学んだ後。
1951年、ディジー・ガレスピー楽団に入団、これが初レコーディングデビューとされている。
1955年、ニューヨークで活動を初めた頃、ブルーノートのプロデューサー、アルフレッド・ライオンの目にとまったとされる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはケニー・バレル、1956年5月29日の録音、ブルーノートからの初リーダー作。共演者は、ピアノがトミー・フラナガン、ベースがポール・チェンバース、ドラムのケニー・クラーク、コンガがキャンディド。演奏は、豪華メンバーに支えられ、ブルージーなギターがジャズ史を塗り替えていく。
(青木高見)





Donald Byrd and Kenny Burrell / All Night Long Donald Byrd and Kenny Burrell / All Night Long

(注) このアルバムはドナルド・バードのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Donald Byrd 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : December 28, 1956

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Kenny Burrell (g)
Mal Waldron (p)
Hank Mobley (ts)
Jerome Richardson (ts, fl)
Doug Watkins (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. All Night Long (Kenny Burrell)
02. Boo-Lu (Hank Mobley)
03. Flickers (Mal Waldron)
04. Li'l Hankie (Hank Mobley)
05. Body and Soul * (Frank Eyton, Johnny Green, Edward Heyman, Robert Sour)
06. Tune Up * (Miles Davis)
* Bonus track on CD reissue
※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード (Donald Byrd 1932年12月9日~) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
ケニー・バレル (Kenny Burrell 1931年~) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市出身のジャズ・ギタリスト。
アルバムはドナルド・バードとケニー・バレル、1956年12月28日の録音、プレスティッジ・レーベルからのリリース。
その他の共演者は、ピアノがマル・ウォルドロン、テナーサックスがハンク・モブレー、テナーとフルートがジェローム・リチャードソン、ベースがダグ・ワトキンス、ドラムがアート・テイラー。
LPには入っていない曲をCD発売に併せて追加して販売する 「Bonus track on CD reissue」。
これが聴きたくてLPを手放し、CDを買う。
たとえ、そのボーナス・トラックが、駄作であっても、おおいに満足している。
LPを所持し続けている人は、LPのイメージが壊されるの嫌い、買い替えはしない。
どちらも、それぞれの 「こだわり」 があって嬉しくなる。
肝心な演奏だが、セッションの延長という感じ。
しかし、そこは超が付くベテラン、無理なくまとめる、逆に、その普段の様な音が聴き処。
ちなみに、追加されたボーナス・トラックの 「Body and Soul」 はケニー・バレルが特に素晴らしく、今回は買い替えて正解。
(青木高見)





Kenny Burrell / Blue Lights Volume One Kenny Burrell / Blue Lights Volume One

Recorded : May 1958

Personnel :
Kenny Burrell (g)
Louis Smith (tp)
Junior Cook (ts)
Tina Brooks (ts)
Duke Jordan (p)
Sam Jones (b)
Art Blakey (ds)

Song name :
01. Phinupi
02. Yes Baby
03. Scotch Blues
04. The Man I Love
05. I Never Knew

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・バレル (Kenny Burrell 1931年~) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市出身のジャズ・ギタリスト。
アルバムはケニー・バレル、1958年5月の録音、ブルーノートからのリリース。
共演者は、ピアノがデューク・ジョーダン、トランペットがルイ・スミス、テナー・サックスがティナ・ブルックスとジュニア・クック、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがアート・ブレイキー。
どうでしょう、この素晴らしいメンバー。
聴く前から、ワクワクして落ちつかない。
演奏は、おりしも50年代後半、ハードバップの全盛期。
個々のミュージシャンの躍動感が素晴らしい。
ジャズ史の観点からも、後世に残る貴重な音源といえる。
日本ではジャズ喫茶が流行(はや)ったころ、擦り切れるほど、かかった盤でもある。
アルバム・ジャケットはアンディ・ウォ-ホールのイラスト。
ちなみに、Vol.1がブルー、Vol.2 がパープル。
(青木高見)





Kenny Burrell / At the Five Spot Cafe
Kenny Burrell / At the Five Spot Cafe

Recorded : August 25, 1959

Personnel :
Kenny Burrell (g)
Tina Brooks (ts) #01-#04
Bobby Timmons (p) #01-#04
Roland Hanna (p) #05-#08
Ben Tucker (b)
Art Blakey (ds)

Song name :
01. Birk's Works
02. Lady Be Good
03. Lover Man
04. Swingin'
05. Hallelujah
06. Beef Stew Blues
07. If You Could See Me Now
08. 36-23-36

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・バレル (Kenny Burrell 1931年~) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市出身のジャズ・ギタリスト。
アルバムはケニー・バレル、1959年8月25日の録音、ファイブ・スポットのライブ。
共演者は二つのユニット。
1曲目から4曲目が、ピアノがボビー・ティモンズ、テナー・サックスがティナ・ブルックス。
5曲目から8曲目が、ピアノがローランド・ハナ。
通しでベースがベン・タッカー、ドラムがアート・ブレイキー。
演奏は、ティナ・ブルックスのテナーが、とろける程カッコいい。
それと電光石火の如くアート・ブレイキーが全員を煽(あお)るのもイカシテル。
ところが、肝心なケニー・バレルは、それには動じず、淡々と弾く、そこがまた憎い。
この音こそが、ブルーノート社主のアルフレッド・ライオンが狙っていた音だろう。
次々に傑作が生まれる瞬間を味わい、次月と新作をリリースしていったアルフレッド・ライオンは絶頂期にあり、どんなに幸せだっただろう。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはケニー・バレル、1959年8月25日の録音、ファイブ・スポットのライブ。共演者は二つのユニット。1曲目から4曲目が、ピアノがボビー・ティモンズ、テナー・サックスがティナ・ブルックス。5曲目から8曲目が、ピアノがローランド・ハナ。通しでベースがベン・タッカー、ドラムがアート・ブレイキー。演奏は、ティナ・ブルックスのテナーが、とろける程カッコいい。それと電光石火の如くアート・ブレイキーが全員を煽(あお)るのもイカシテル。ところが、肝心なケニー・バレルは、それには動じず、淡々と弾く、そこがまた憎い。この音こそが、ブルーノート社主のアルフレッド・ライオンが狙っていた音だろう。次々に傑作が生まれる瞬間を味わい、次月と新作をリリースしていったアルフレッド・ライオンは絶頂期にあり、どんなに幸せだっただろう。
(青木高見)





Kenny Burrell / A night At The Vanguard Kenny Burrell / A night At The Vanguard

Recorded : September 16-17, 1959

Personnel :
Kenny Burrell (g)
Richard Davis (b)
Roy Haynes (ds)

Song name :
01. All Night Long
02. Will You Still Be Mine
03. I'm a Fool to Want You
04. Trio
05. I Can't See For Lookin'
06. Cheek To Cheek
07. Broadway
08. Soft Winds
09. Just A-Sittin' and A-Rockin'
10. Well You Needn't

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・バレル (Kenny Burrell 1931年~) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市出身のジャズ・ギタリスト。
アルバムはケニー・バレル、1959年9月16日・17日の録音、ニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードでのライヴ。
共演者は、ベースがリチャード・デイヴィス、ドラムがロイ・ヘインズ。
演奏は、ギター、ベース、ドラムのトリオ。
ケニー・バレルのリーダー作ではあるが、三人対等のインタープレイが見事。
所持のCDは、5曲目の 「I Can't See For Lookin'」 と、6曲目の 「Cheek To Cheek」 が追加され全10曲バージョン。
(青木高見)





Kenny Burrell / Guitar Forms Kenny Burrell / Guitar Forms

Recorded :
December 4 and 15, 1964
April 5 and 12, 1965

Personnel :
#02, #05, #06, #07, #08,
Kenny Burrell (g)
Gil Evans (arr)
Johnny Coles (tp)
Louis Mucci (tp)
Jimmy Cleveland (tb)
Jimmy Knepper (tb)
Andy Fitzgerald (fl, english-horn, b-cl)
Ray Beckenstein (fl, english-horn, b-cl)
George Marge (fl, english-horn)
Steve Lacy (ss)
Richie Kamuca (ts, oboe)
Bob Tricarico (ts, bassoon, fl)
Ray Alonge (f-horn)
Julius Watkins (f-horn)
Billy Barber (tu)
Ron Carter (b)
Lee Konitz (as)
Elvin Jones (ds)
Charlie Persip (ds)

#01, #03, #09
Kenny Burrell (g)
Roger Kellaway (p)
Joe Benjamin (b)
Grady Tate (ds)
Willie Rodriguez (conga)

#04
Kenny Burrell (g) solo

Song name :
01. Downstairs
02. Lotus Land
03. Terrace Theme
04. Excerpt From Prelude No.2
05. Moon And Sand
06. Loie
07. Greensleeves
08. Last Night When We Were Young
09. Breadwinner

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・バレル (Kenny Burrell 1931年~) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市出身のジャズ・ギタリスト。
アルバムはケニー・バレル、1964年12月4日と15日、1965年4月5日と12日の録音、邦題 「ケニー・バレルの全貌」 。
ジャズ・ギターの至宝ともいえるケニー・バレル、ここではギル・エバンスのアレンジによる不思議な世界が広がる。
多彩な共演者を招き、ブルース、フラメンコ、クラッシック、モダンジャズ、ボサノバとケニー・バレルのギターが冴えまくる。
あらためてケニー・バレルの卓越したギターワークに感心させられる。
忘れてならないのは、幅広い交遊関係もケニー・バレルの人柄を物語っている。
あらためて、タイトル  「ケニー・バレルの全貌」 の意味が徐々にわかってくる。
スイングジャーナル選定、ゴールドディスク受賞作品。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはケニー・バレル、1964年12月4日と15日、1965年4月5日と12日の録音、邦題 「ケニー・バレルの全貌」 。ジャズ・ギターの至宝ともいえるケニー・バレル、ここではギル・エバンスのアレンジによる不思議な世界が広がる。多彩な共演者を招き、ブルース、フラメンコ、クラッシック、モダンジャズ、ボサノバとケニー・バレルのギターが冴えまくる。あらためてケニー・バレルの卓越したギターワークに感心させられる。忘れてならないのは、幅広い交遊関係もケニー・バレルの人柄を物語っている。あらためて、タイトル  「ケニー・バレルの全貌」 の意味が徐々にわかってくる。スイングジャーナル選定、ゴールドディスク受賞作品。
(青木高見)





Kenny Burrell / A Generation Ago Today Kenny Burrell / A Generation Ago Today

Recorded :
December 16 and 20, 1966
January 31, 1967
March 28, 1967

Personnel :
Kenny Burrell (g)
Richard Wyands (p)
Mike Mainieri (vib)
Phil Woods (as)
Ron Carter (b)
Grady Tate (ds)

Song name :
01. As Long as I Live
02. Wholly Cats
03. A Smooth One
04. I Surrender Dear
05. If I Had You
06. Poor Butterfly"
07. Stompin' at the Savoy
08. Rose Room

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・バレル (Kenny Burrell 1931年7月31日~) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・ギタリスト。
アルバムはケニー・バレル、1966年12月16日、1967年1月31日、同年3月28日の録音、ヴァーヴ・レーベルからのリリース。
コンセプトはケニー・バレルがチャーリー・クリスチャンに捧げた作品、1940年代初頭、ベニー・グッドマン・セクステットに在籍していた頃の曲を取り上げている。
共演者は、ピアノがリチャード・ワイアンズ、ヴィブラフォンがマイク・マイニエリ、アルトサックスがフィル・ウッズ、ベースがロン・カーター、ドラムがグラディー・テイト。
ジャズ・コレクションの楽しみの一つに、誰と誰が共演しているかを見てから実際に聴いてみる。
さしずめ、このアルバムは、シブくメチャ上手い共演者が、いい仕事をして価値を上げている。
ピアノのリチャード・ワイアンズ、ドラムのグラディー・テイト、特にアルトサックスのフィル・ウッズは抜群の上手さ。
そして肝心のケニー・バレルは、いつものバップは控えめにして、シックで都会的にBGM風に演奏している。
話は替るが、このまったくジャズっぽくないジャケットは、好き嫌いが分かれる処(ところ)。
個人的には最近、ジャケ買いはしなくなった。
長い間コレクションしているとジャケットなど、どうでもよくなっている。
いっその事、昔の海賊盤レコードみたいに、真っ白でもいいと思う時がある。
(青木高見)





Kenny Burrell / Midnight Blue Kenny Burrell / Midnight Blue

Recorded : April 1967

Personnel :
Kenny Burrell (g)
Stanley Turrentine (ts)
Major Holley (b)
Bill English (ds)
Ray Barretto (conga)

Song name :
01. Chitlins Con Carne
02. Mule
03. Soul Lament
04. Midnight Blue
05. Wavy Gravy
06. Gee Baby, Ain't I Good To You
07. Saturday Night Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・バレル (Kenny Burrell 1931年~) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市出身のジャズ・ギタリスト。
アルバムはケニー・バレル、1967年4月の録音、ブルーノートからのリリース、大半がケニー・バレルの作曲でブルース・フィーリングあふれる一枚。
共演者は、テナー・サックスがスタンリー・タレンタイン、ベースがメジャー・ホーリー、ドラムがビル・イングリッシュ、コンガがレイ・バレット。
特にスタンリー・タレンタインもブルースを吹いたら、めっぽう上手い、そのスタンリー・タレンタインとの共演がミソ。
都会的で洗練された感覚こそ、当時のブルーノートの最先端の音だった。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはケニー・バレル、1967年4月の録音、ブルーノートからのリリース、大半がケニー・バレルの作曲でブルース・フィーリングあふれる一枚。共演者は、テナー・サックスがスタンリー・タレンタイン、ベースがメジャー・ホーリー、ドラムがビル・イングリッシュ、コンガがレイ・バレット。特にスタンリー・タレンタインもブルースを吹いたら、めっぽう上手い、その氏との共演が貴重。都会的で洗練された感じは、当時のブルーノートの最先端の音だった。
(青木高見)





Kenny Burrell / From Vanguard With Love (KIC J212) Kenny Burrell / From Vanguard With Love (KIC J212)

Recorded : August 26 and 27, 1993

Personnel :
Kenny Burrell (g)
James Williams (p)
Peter Washington (b)
Sherman Ferguson (ds)

Song name :
01. Opening Introduction
02. I Mean You
03. Maya's Dance
04. Yardbird Suite
05. Manteca
06. Black And Tan Fantasy
07. Lament
08. Then Along Came You
09. Fungi Mama
10. Good News Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・バレル (Kenny Burrell 1931年7月31日~) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・ギタリスト。
アルバムはケニー・バレル、1993年8月26日と27日の録音、ニューヨークにあるビレッジ・バンガードのライブ、邦題「バンガードより愛をこめて」。
「キング スーパー ジャズ 50コレクション」 キングレコードが誇る老舗ジャズレーベル 「パドルホイール (Paddle Wheel Records)」 からのリリース。
洋邦問わず名作厳選50タイトルが新価格で一挙リリースされた内の1枚。
共演者は、ピアノがジェームス・ウィリアムズ、ベースがピーター・ワシントン、ドラムがシャーマン・ファーガソン。
大音量で聴けば、居ながらにして気分はビレッジ・バンガード。
最新リマスタリングにより臨場感は鮮明に蘇(よみがえ)る!
演奏は、ブルース、スイング、バラードの三位一体の妙味。
ライブの名盤には至らなかったが、非の打ち所のない演奏の記録。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲