青木高見のジャズコレクション Duke Jordan (p) デューク・ジョーダン


略歴
Duke Jordan デューク・ジョーダン (Duke Jordan 出生名:Irving Sidney Jordan 1922年4月1日~2006年8月8日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
豊かな表現力、クラシックの香り、端正な奏法は文学的と評される。
1952年、ジャズ・シンガーのシーラ・ジョーダンと結婚するも1962年に離婚。
1978年、デンマーク・コペンハーゲンに移住。
2006年、デンマーク・コペンハーゲンでアメリカに戻る事なく亡くなった。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Duke Jordan / Trio And Quintet (COCB-53412) Duke Jordan / Flight To Jordan (CDP 7 46824 2) Duke Jordan / Flight To Denmark (SCCD 31011) Duke Jordan / Two Loves Duke Jordan Trio (VACZ-1099) Duke Jordan / Plays Standards Vol.1 Autumn Leaves (35DIW 15CD)

【INDEX (共演アルバム)】
Herb Geller Plays


【以下コンテンツ】


Duke Jordan / Trio And Quintet (COCB-53412) Duke Jordan / Trio And Quintet (COCB-53412)

Song number, Recorded :
#01-05 Rec:October 10, 1955
#06-10 Rec:November 20, 1955

Personnel :
Duke Jordan (p)
Eddie Bert (tb) #06-08, #10
Cecil Payne (bs) #06-10
Percy Heath (b)
Art Blakey (ds)

Song name :
01. Forecast
02. Sultry Eve
03. They Can't Take That Away from Me
04. A Night in Tunisia
05. Summertime
06. Flight to Jordan
07. Two Lovers
08. Cu-Ba
09. Yesterdays
10. Scotch Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デューク・ジョーダン (Duke Jordan 出生名:Irving Sidney Jordan 1922年4月1日~2006年8月8日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
LPは1955年10月10日と11月20日の録音、サヴォイ・レコード(Savoy Records)MG-12149番、10曲入り。
CDは発売元がコロムビア・ミュージック・エンターテインメント株式会社、アイラ・ギトラー(Ira Gitler)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、杉田宏樹氏による日本語解説、10曲入り。
メンバーは。
1~5曲目、ピアノがデューク・ジョーダン、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがアート・ブレイキー。
6~10曲目、ピアノがデューク・ジョーダン、トロンボーンがエディ・バート、バリトンサックスがセシル・ペイン、ベースがパーシー・ヒース、ドラムがアート・ブレイキー。
デューク・ジョーダンと意外なメンバーの共演、ここが聴きどころ。
スイング・ジャーナル選定 「ゴールド・ディスク賞」 受賞作品。
(青木高見)





Duke Jordan / Flight To Jordan (CDP 7 46824 2) Duke Jordan / Flight To Jordan (CDP 7 46824 2)

Recorded : August 4, 1960

Personnel :
Duke Jordan (p)
Stanley Turrentine (ts)
Dizzy Reece (tp)
Reggie Workman (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. Flight To Jordan
02. Starbrite
03. Squawkin
04. Deacon Joe
05. Split Quick
06. Si-Joya
07. Diamond Stud [Does not appear on L.P.]
08. I Should Care [Does not appear on L.P.]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デューク・ジョーダン (Duke Jordan 出生名:Irving Sidney Jordan 1922年4月1日~2006年8月8日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
LPは1960年8月4日の録音、ブルーノート(Blue Note)BLP4046番、6曲入り。
CDは発売元がブルーノート(Blue Note)、輸入盤、レナード・フェザー(Leonard Feather)氏による英語ライナーノーツ、7~8曲目が追加され全8曲入り。
メンバーは、ピアノがデューク・ジョーダン、トランペットがディジー・リース、テナーサックスがスタンリー・タレンタイン、ベースがレジー・ワークマン、ドラムがアート・テイラー。
ブルーノートからのリリースで、ちゃんとブルーノート・サウンドになるから不思議。
もし、ほかのレーベルだったら間違いなく雰囲気は変わる。
それほどレーベルというものはアルバム・カラーを大きく左右する。
ちなみに、トランペットのディジー・リースは共演が少ないので、こちらも貴重。
(青木高見)





Duke Jordan / Flight To Denmark (SCCD 31011) Duke Jordan / Flight To Denmark (SCCD 31011)

Recorded :
November 25, 1973
December 2, 1973

Personnel :
Duke Jordan (p)
Mads Vinding (b)
Ed Thigpen (ds)

Song name :
01. No Problem
02. Here's That Rainy Day
03. Everything Happens To Me
04. Glad I Met Pat (take 3)
05. Glad I Met Pat (take 4)
06. How Deep Is The Ocean?
07. On Green Dolphin Street
08. If I Did - Would You? (take 1)
09. If I Did - Would You? (take 2)
10. Flight to Denmark
11. No Problem (take 2)
12. Jordu (take 1)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デューク・ジョーダン (Duke Jordan 出生名:Irving Sidney Jordan 1922年4月1日~2006年8月8日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
LPは1973年11月25日と12月2日の録音、スティープルチェイス(Steeple Chase)SCS-1011番、8曲入り。
CDは発売元がスティープルチェイス(Steeple Chase)、輸入盤、ローランド・バゲーナス(Roland Baggenaes)氏による英語ライナーノーツ。
以下の4曲が追加され全12曲入り。
05. Glad I Met Pat (take 4)
09. If I Did - Would You? (take 2)
11. No Problem (take 2)
12. Jordu (take 1)
メンバーは、ピアノがデューク・ジョーダン、ベースがマッズ・ビィンディング、ドラムがエド・シグペン。
1978年、デューク・ジョーダンはデンマーク・コペンハーゲンに移住する、残りの人生を、この地で全(まっと)うした。
演奏は 「チャーリー・パーカー・オン・ダイアル」 の共演に始まる生粋のハード・バップ・ピアノ。
活動の後半から詩人の様な深い味わいが強くなる。
アルバム・ジャケットは雪の中に、たたずむデューク・ジョーダン。
個人的に雪の日に必ず聴く。
条件反射で雪が降ると、このアルバムが無性に聴きたくなる。
降り積もる白い雪、暖かい紅茶を淹れて一言 「ジャズっていい~」。
(青木高見)





Duke Jordan / Two Loves Duke Jordan Trio (VACZ-1099) Duke Jordan / Two Loves Duke Jordan Trio (VACZ-1099)

Recorded :
November 25, 1973
December 2, 1973

Personnel :
Duke Jordan (p)
Mads Vinding (b)
Ed Thigpen (ds)

Song name :
01. Subway Inn
02. My Old Flame
03. Blue Monk
04. Two Loves
05. No Problem [take1]
06. Glad I Met Pat [take2]
07. Here's That Rainy Day [take2]
08. On Green Dolphin Street [take1]
09. Embraceable You
10. Wait And See
11. I'll Remember April
12. Lady Dingbat
13. Jordu [take1]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デューク・ジョーダン (Duke Jordan 出生名:Irving Sidney Jordan 1922年4月1日~2006年8月8日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
LPは1973年11月25日と12月2日の録音、スティープルチェイス(SteepleChase)SCS-1024番、9曲入り。
CDは制作がビデオアーツ・ミュージック株式会社、発売元がコロムビア・ミュージック・エンターテインメント株式会社、英語ライナーノーツなし、若月眞人・狩野ハイディ氏によるローランド・バゲーナス(Roland Baggenaes)氏のライナーノーツ和訳。
以下の4曲が追加され全13曲入り。
05. No Problem [take1]
06. Glad I Met Pat [take2]
07. Here's That Rainy Day [take2]
08. On Green Dolphin Street
メンバーは、ピアノがデューク・ジョーダン、ベースがマッズ・ビィンディング、ドラムがエド・シグペン。
演奏は、「Flight To Denmark」 と同日のセッション、共演者も同じ。
1973年、デューク・ジョーダンはスティープルチェイス・レーベルと契約をする。
このレーベルから上質なアルバムを数多くのリリースしていく事になる。
13曲中7曲がデューク・ジョーダンの作品、その他はスタンダード、珠玉のピアノ・トリオ。
(青木高見)





Duke Jordan / Plays Standards Vol.1 Autumn Leaves (35DIW 15CD) Duke Jordan / Plays Standards Vol.1 Autumn Leaves (35DIW 15CD)

Recorded : 1983

Personnel :
Duke Jordan (p)
Jesper Lundgaard (b)
Aage Tanggaard (ds)

Song name :
01. I Should Care
02. Autumn Leaves
03. Cry Me A River
04. Gone With The Wind
05. These Foolish Things
06. The Way You Look Tonight

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デューク・ジョーダン (Duke Jordan 出生名:Irving Sidney Jordan 1922年4月1日~2006年8月8日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
CDはデューク・ジョーダン、1983年の録音、発売元がDIW(Disk Union)レコード、解説書なし、演目とメンバー紹介のみ。
メンバーは、ピアノがデューク・ジョーダン、ベースがイェスパー・ルンゴー、ドラムがオーア・タンゴー。
デューク・ジョーダン61歳の作品。
元々、派手なピアニストでない、それに加え全てを、やりつくした様な枯淡の境地が深い味わい。
2006年8月8日、デンマーク・コペンハーゲンでアメリカに戻る事なく亡くなった。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲