青木高見のジャズコレクション Dizzy Reece (tp) ディジー・リース


略歴
ディジー・リース (Dizzy Reece 出生名 : Alphonso Son "Dizzy" Reece 1931年1月5日~) はジャマイカ・キングストン生まれのジャズ・トンペット奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Dizzy Reece / Star Bright Dizzy Reece / Star Bright

Recorded : November 19, 1959

Personnel :
Dizzy Reece (tp)
Wynton Kelly (p)
Hank Mobley (ts)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. The Rake
02. I'll Close My Eyes
03. Groovesville
04. The Rebound
05. I Wished on the Moon
06. A Variation on Monk

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ディジー・リース (Dizzy Reece 出生名 : Alphonso Son "Dizzy" Reece 1931年1月5日~) はジャマイカ・キングストン生まれのジャズ・トンペット奏者。
アルバムはディジー・リース、1959年11月19日の録音、ブルーノート4023番。
共演者は、ピアノがウィントン・ケリー、テナーサックスがハンク・モブレー、ベースがポール・チェンバース、ドラムがアート・テイラー。
演奏は、ブルーノート4006番 「ブルース・イン・トリニティ」 に続く、ディジー・リースの渾身のワンホーン・アルバム。
ウィントン・ケリーとは同郷のジャマイカ(面識はなかったとされる)、モブレー、チェンバース、テイラーの安定したバック、見事なまでの典型的なブルーノートの音。
とりわけ、こういう編成に入った時のハンク・モブレーの、力の抜けたテナーは、もう絶品。
ジャズは完全無欠な演奏が必ず最高にならないところがいい。
ミュージシャンの奏でる、それぞれの楽器が一期一会にして、渾然一体となった瞬間に最高の輝きを放つ。
まさに 「ブライト!輝いてる」 。
ただタイトルの 「Star Bright」 が入っていない。
ちなみに 「Duke Jordan / Flight To Jordan」 にディジー・リースが参加した、スペル違いの 「Star Brite」 が存在している。
(青木高見)





Dizzy Reece / Soundin' Off Dizzy Reece Dizzy Reece / Soundin' Off Dizzy Reece

Recorded : May 12, 1960

Personnel :
Dizzy Reece (tp)
Walter Bishop Jr. (p)
Doug Watkins (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. A Ghost of a Chance
02. Once in a While
03. Eb Pob
04. Yesterdays
05. Our Love Is Here to Stay
06. Blue Streak

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ディジー・リース (Dizzy Reece 出生名 : Alphonso Son "Dizzy" Reece 1931年1月5日~) はジャマイカ・キングストン生まれのジャズ・トンペット奏者。
アルバムはディジー・リース、1960年5月12日の録音、ブルーノート4033番、ワンホーン。
共演者は、ピアノがウォルター・ビショップ・ジュニア、ベースがダグ・ワトキンス、ドラムがアート・テイラー。
ディジー・リースの 「Dizzy」 は偉大なトランペット奏者のディジー・ガレスピーから取ったものではないらしい。
子供の頃のアダ名だったらしく、意味は 「おっちょこちょい」。
ディスコグラフィーではブルーノートの4作目となる。
生まれはジャマイカだが渡英して、やがてニューヨークに進出。
演奏は本人が語っている 「人の声っぽいくトランペットを吹く」 を独自のユニークさで演奏したという。
バックのリズム隊、特にピアノのウォルター・ビショップ・ジュニアは、いつもと違いレッド・ガーランド調のブロックがいい。
ブラインドテストされたら、ピアノはレッド・ガーランドと答えてしまいそうだ。
この収録の1960年5月に、このメンバーでヴィレッジ・ヴァンガードに演奏しており、チームとしてのまとまりが、そおまま収録されている。
聴けば聴くほど味の出てくる。
やはり、こういう作品をリリースしていたブルーノートのジャズに対する徹底した姿勢が凄い。
(青木高見)





Dizzy Reece / Asia Minor Dizzy Reece / Asia Minor

Recorded : March 13, 1962

Personnel :
Dizzy Reece (tp)
Hank Jones (p)
Joe Farrell (ts, fl)
Cecil Payne (bs)
Ron Carter (b)
Charlie Persip (ds)

Song name :
01. The Shadow of Khan
02. The Story of Love
03. Yamask
04. Spiritus Parkus [Parker's Spirit]
05. Summertime
06. Ackmet

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ディジー・リース (Dizzy Reece 出生名 : Alphonso Son "Dizzy" Reece 1931年1月5日~) はジャマイカ・キングストン生まれのジャズ・トンペット奏者。
アルバムはディジー・リース、1962年3月13日の録音、音源はニュージャズ(NEW JAZZ)、発売元はビクター音楽産業株式会社。
共演者は、ピアノがハンク・ジョーンズ、テナーサックスとフルートがジョー・ファレル、バリトンサックスがセシル・ペイン、ベースがロン・カーター、ドラムがチャーリー・パーシップ。
ディジー・リースの少ないアルバムの一枚、アルバム・タイトルが 「エイジア マイナー (Asia Minor)」 。
演奏は、タイトルはそうだが、それほどアジア色が強くなく、全体として標準的なハード・バップ。
ディスコグラフィーで見るとブルーノートから、すでに名盤がリリースされた後という事。
60年代に入り、どのミュージシャンも既存のジャズを脱し新しいジャズの模索を始めているが、ここではその傾向はみられない。
また、メンバーの意外性が付加価値の一端になっている様な気がする。
安定したピアノがハンク・ジョーンズにベースのロン・カーター。
「リターン・トゥ・フォーエヴァー / チック・コリア (Chick Corea / Return to Forever)」で有名なジョー・ファレル。
ここでは、吹きすぎ、いや良い味を添えていると意見が別れるベテラン・バリトンのセシル・ペイン。
有名ミュージシャンの渋めのアルバムにその名を見る事ができるドラムのチャーリー・パーシップ。
ジャズは聴く時の心境のありようで、いくらでも変化(へんげ)してしまう。
心を空にして先入観なしに聴けば、ディジー・リースが近づいてくる。
渾身の 「サマータイム(Summertime)」 にノックアウト。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲