青木高見のジャズコレクション Tina Brooks (ts) ティナ・ブルックス


略歴
ティナ・ブルックス (Tina Brooks 出生名 : Harold Floyd Brooks 1932年7月7日~1974年8月13日) はアメリカ合衆国ノースカロライナ州ファイエットヴィル生まれのジャズ・テナー・サックス奏者。
ハロルド・フロイド・ブルックスは双子で弟はハリー、兄弟は8人兄弟、小柄で痩せていたので渾名が 「ティナ」。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Tina Brooks / True Blue Tina Brooks / True Blue

Recorded : June 25, 1960

Personnel :
Tina Brooks (ts)
Freddie Hubbard (tp)
Duke Jordan (p)
Sam Jones (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. Good old soul
02. Up Tight's creek
03. Theme for Doris
04. True blue
05. Miss Hazel
06. Nothing ever changes my love for you

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ティナ・ブルックス (Tina Brooks 出生名 : Harold Floyd Brooks 1932年7月7日~1974年8月13日) はアメリカ合衆国ノースカロライナ州ファイエットヴィル生まれのジャズ・テナー・サックス奏者。
アルバムはティナ・ブルックス、1960年6月25日の録音、ブルーノートからのリリース、唯一のリーダー作。
ブルーノートの社主アルフレッド・ライオンが新人発掘に異常なほど精を出していた事は有名な話。
トランペッターのベニー・ハリスがティナ・ブルックスを紹介した。
アルバム数が少ないがブルーノートで有名ミュージシャンと共演を残している。
当アルバムはフレディ・ハバードの息の合った演奏が印象深い。
ジャズ喫茶時代の 「幻の名盤」 だったがCDの普及で誰でもが気軽に聴けるようになった。
不思議なもので気軽に聴けるようになるとマイナー扱いになるので嬉しい。
真のファンは人気が出てくれないほうが隠匿性があっていいのだ。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはティナ・ブルックス、1960年ブルーノートの唯一のリーダー作。
ジャズ喫茶時代の「幻の名盤」だったがCDの普及で誰でもが気軽に聴けるようになった。
不思議なもので気軽に聴けるようになるとマイナー扱いになるので嬉しい。
真のファンは人気が出てくれないほうが隠匿性があっていいのだ。
(青木高見)





Tina Brooks / Back To The Tracks Tina Brooks / Back To The Tracks

Recorded : January 14, 1963

Personnel :
Tina Brooks (ts)
Kenny Drew (p)
Blue Mitchell (tp)
Jackie McLean (as)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. Back To The Tracks
02. Street Singer
03. The Blues And I
04. For Heaven's Sake
05. The Ruby And The Pearl

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ティナ・ブルックス (Tina Brooks 出生名 : Harold Floyd Brooks 1932年7月7日~1974年8月13日) はアメリカ合衆国ノースカロライナ州ファイエットヴィル生まれのジャズ・テナー・サックス奏者。
ハロルド・フロイド・ブルックスは双子で弟はハリー、兄弟は8人兄弟、小柄で痩せていたので渾名が 「ティナ」。
アルバムはティナ・ブルックス、1963年1月14日の録音、ブルーノート4052番、どういう理由かは不明なまま長い間リリースされなかった。
共演者は、ピアノがケニー・ドリュー、トランペットがブルー・ミッチェル、アルトサックスがジャッキー・マクリーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがアート・テイラー。
ジャズやブルースには、どうも運に恵まれず、影に隠れた名手が沢山いるがティナ・ブルックスもしかり。
演奏を聴いて、どうしてこれがオクラ入りになったのか不思議でならない。
今、人気が出て聴いていますよ、と言ったところで本人は、もうこの世にいない。
実に哀れ、ロリンズやショーターのような強引なテナーの音ではない。
小柄でしかも内気で控えめで、極めて誇張性のないティナ・ブルックスの音が最近好きになった。
好みは変わるものだと、つくずく思う。
ちなみにブルーノート・ナンバー。
4051番がジャッキー・マクリーンの「ジャッキーズ・バッグ」。
4953番がルー・ドナルドソンの「」ライト・フット。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : ティナ・ブルックス、1963年ブルーノート4052番、どういう理由かは不明なまま長い間リリースされなかった。
共演者はピアノがケニー・ドリュー、トランペットがブルー・ミッチェル、アルトサックスがジャッキー・マクリーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがアート・テイラー。
ジャズやブルースには、どうも運に恵まれず、影に隠れた名手が沢山いるがティナ・ブルックスもしかり。
演奏を聴いて、どうしてこれがオクラ入りになったのか不思議でならない。
今、人気が出て聴いていますよ、と言ったところで本人は、もうこの世にいない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲