青木高見のジャズコレクション Freddie Redd (p) フレディ・レッド


略歴
フレディ・レッド (Freddie Redd 1928年5月29日~) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Freddie Redd / The Music From The Connection Freddie Redd / The Music From The Connection

Recorded : February 15, 1960

Personnel :
Freddie Redd (p)
Jackie McLean (as)
Michael Mattos (b)
Larry Ritchie (ds)

Song name :
01. Who Killed Cock Robin
02. Wigglin'
03. Music Forever
04. Time To Smile
05. Theme for Sister Salvation
06. Jim Dunn's Dilemma
07. O.D. (Overdose)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・レッド (Freddie Redd 1928年5月29日~) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはフレディ・レッド、1959年7月15日封切りの舞台劇 「ザ・コネクション (原作 : ジャック・ゲルバー)」 の音楽担当になったフレディ・レッドの傑作。
録音は1960年2月15日、ブルーノート4027盤。
共演者は、アルトサックスがジャッキー・マクリーン、ベースがマイケル・マトス、ドラムがラリー・リッチー。
舞台ではミュージシャン自身が俳優として実際に出て演奏も兼ねた。
内容は、麻薬中毒患者を扱ったもので、舞台では現役の素人をそのまま使い、音楽は当初からジャズと決めて書かれたという。
ここをフレディ・レッドは見事にやってのけた。
アルトのジャッキー・マクリーンを指名したのはフレディ・レッド自身で、この時期マクリーンは前年に傑作 「Swing, Swang, Swingin'」 をリリースして絶好調期。
個人的には、マクリーンを選んだ理由の一つに、チャーリー・パーカーに音質が似ていること。
演奏は、舞台のタイトルがそのまま使用されている。
最後の曲の 「O.D. (Overdose)」 は薬の過剰摂取の意味だという。
こんなに素晴らしい演奏をした二人が、実際にジャンキーだった事は皮肉といえる。
特に黒人が薬に走るケースが多いのには、差別と貧困があったことを忘れていけない。
異色のブルーノートNo.4027は、永遠に語り継がれる。
(青木高見)





Freddie Redd / Shades Of Redd Freddie Redd / Shades Of Redd

Recorded : August 13, 1960

Personnel :
Freddie Redd (p)
Jackie McLean (as)
Tina Brooks (ts)
Paul Chambers (b)
Louis Hayes (ds)

Song name :
01. The Thespian
02. Blues-Blues-Blues
03. Shadows
04. Melanie
05. Swift
06. Just a Ballad For My Baby
07. Ole
08. Melanie (alternate take)
09. Ole (alternate take)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・レッド (Freddie Redd 1928年5月29日~) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはフレディ・レッド、1960年8月13日の録音、ブルーノート4045番。
共演者は、アルトサックスがジャッキー・マクリーン、テナーサックスがティナ・ブルックス、ベースがポール・チェンバース、ドラムがルイ・ヘイズ。
演奏は、全曲フレディ・レッドによる作品でマクリーンとブルックスの二管の絶妙なブレンドが聴きどころ。
アルバム 「The Music From The Connection」 が同年2月の録音で、その直後の作品となる。
ジャケットの赤とタイトルの 「Shades Of Redd」 をかけている。
ビ・バップからハード・バップへ進化し、やがてハード・バップも終焉をむかえる頃の演奏を楽しめる。
ブルーノート4000番台は、ハード・バップ末期の貴重な音源が残っている。
どんなに時が経過しようとも、ブルーノートの4000番台は永遠に不滅。
CDでは8曲目の 「Melanie」 、9曲目の 「Ole」 の代替テイクが追加された。
しっかりリハーサルを行って臨んだことがうかがえる。
(青木高見)





Freddie Redd / Under Paris Skies Freddie Redd / Under Paris Skies

Recorded :
June 26, 1971
June 29, 1971

Personnel :
Freddie Redd (p)
Didier Levallet (b)
Didier Carlier (ds)

Song name :
01. Diane I Love You
02. Bleeker Street Blues
03. To Bud With Love
04. This Heart Is Mine
05. You
06. My God Is Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレディ・レッド (Freddie Redd 1928年5月29日~) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはフレディ・レッド、1971年6月26日と29日の録音、渡欧した際の録音で憂(うれ)いのピアノ・トリオ作品。
共演者は、ベースがディディエ・ラヴァレ、ドラムがディディエ・カルリエ。
全曲フレディ・レッドの作品、見事な作曲力があったことをうかがい知ることができる。
ホーンを参加させずに、ピアノトリオで望んだた事で、本来のフレディ・レッドのセンチメンタルな部分が強調される。
フレディ・レッドとは、本来こういうピアニストなのだろう。
後から知った事だが、ジャズ喫茶の全盛時代、特に人気の高かったアルバムだったという。
言われてみれば、薄暗い地下に煙草の煙と珈琲の香りが混ざった空間を思い出させる音色。
ジャズ・ピアノの名盤は数あれど、自分のコレクションの中では、このアルバムは永久保存したい。
特に5曲目の 「You」 は胸を打たれる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲