青木高見のジャズコレクション Buck Clayton (tp) バック・クレイトン

寸評
バック・クレイトン (Buck Clayton 本名 : Wilbur Dorsey Clayton) 1911年11月12日~1991年12月8日) はアメリカ合衆国カンザス州出身のジャズ・トランペット奏者。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Buck Clayton / The Essential Buck Clayton Buck Clayton / The Essential Buck Clayton

Recorded and Personnel :
#01 (1953), #05 (1954), #08 (1954)
Buck Clayton (tp)
Mel Powell (p)
Steve Jordan (g)
Edmond Hall (cl)
Henderson Chambers (tb)
Walter Page (b)
Jimmy Crawford (ds)

#02, #04, #06, #07, #09, #11, #12, #14, (1957)
Buck Clayton (tp)
Hank Jones (p)
Kenny Burrell (g)
Earle Warren (as)
Vic Dickenson (tb)
Aaron Bell (b)
Jo Jones (ds)

#03 (1954), #10 (1953), #13 (1954)
Buck Clayton (tp)
Jimmy Jones (p)
Steve Jordan (g)
Ruby Braff (tp)
Buddy Tate (ts)
Benny Morton (tb)
Aaron Bell (b)
Bobby Donaldson (ds)

Song name :
01. S' Wonderful
02. Claytonia
03. Kandee
04. Squeeze Me
05. I Can'T Get Started
06. Buck Huckles
07. Cool Too
08. Love Is Just Around The Corner
09. Blues Blase
10. It's Been So Long
11. Ballin' The Jack
12. Good Morning Blues
13. Just A Groove
14. Queen's Express

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バック・クレイトン (Buck Clayton 本名 : Wilbur Dorsey Clayton) 1911年11月12日~1991年12月8日) はアメリカ合衆国カンザス州出身のジャズ・トランペット奏者。
アルバムはバック・クレイトン、LPの 「 Buckin' The Blues (1957年3月14日録音) 」 は8曲入り。
当アルバムは、ヴァンガード・レコード (Vanguard Records) によるCD化により 「 The Essential Buck Clayton 」 14曲入りでリリースされたもの。
バック・クレイトンは、数々のコンボに参加しているが、中でもカウント・ベイシー楽団に在籍していた頃の演奏に人気がある。
「 カンザス・シティ・ジャズ 」 は1920年頃に生まれた。
場所柄、アメリカの中央部に位置した土地の影響が音に強く反映されている。
ここだけ禁酒法が廃止され、歓楽街が乱立していた。
カウント・ベイシー楽団を中心に巨大ダンスホールで、自由で束縛の無い演奏環境が音に現れた。
ブルースを基調に、独特の演奏形態が育(はぐく)まれる。
若きチャーリー・パーカーも、この地の出身、これを聴いて 「ビ・バップ」 の構想を練ったという。
特徴は、抜けの良い音を中心に、躍動感と即興性が混在している。
個人演奏のアピール度も高く、音によるエンターテインメント性も重要な要素のひとつ。
さあ正真正銘の 「カンザス・シティ・ジャズ」 をたっぷリ楽しめる。
(青木高見)





Buck Clayton / Tenderly Buck Clayton / Tenderly

Recorded : 1959

Personnel :
Buck Clayton (tp)
Jean-Claude Pelletier (p, org)
Jean Bonal (g)
Roland Lobligeois (b)
Kansas Fields (ds)

Song name :
01. I've Got My Love to Keep Me Warm
02. Rosetta Hines
03. Lonesome
04. Tenderly
05. Sugar Blues
06. Black and Blue Razaf
07. Premier Bal
08. These Foolish Things
09. Louise Robin
10. Pennies From Heaven Johnson
11. Stompin' at the Savoy
12. I'm In the Mood For Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バック・クレイトン (Buck Clayton 本名 : Wilbur Dorsey Clayton) 1911年11月12日~1991年12月8日) はアメリカ合衆国カンザス州出身のジャズ・トランペット奏者。
アルバムはバック・クレイトン、1959年パリでの録音、インナー・シティ・レコード (INNER CITY) からのリリース。
共演者は、ピアノとオルガンがジャン・クロード・ペルティエ、ギターがジャン・ボナール、ベースがローランド・ロブリジョワ、ドラムがカンサス・フィールズ。
フランスのジャズマンをバックに、優雅にお洒落に吹くバック・クレイトンがいい。
なにしろ聴いていて心が和(なご)む。
アルバム・タイトルの 「テンダリー (Tenderly)」。
意味は 「やさしい」 が同義語の中では一番ピッタリくる。
作曲は、ウォルター・グロス(Walter Gross)、氏は1930年から40年代に活躍した、指揮者、編曲家、ピアニスト。
歌詞は、ジャック・ローレンス(Jack Lawrence)。
最初に歌ったのはクラーク・デニス、ヒットさせたのは1947年のサラ・ヴォーン。
その後、多くのミュージシャンに演奏され続けている。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲