青木高見のジャズコレクション Ike Quebec (ts) アイク・ケベック


略歴
アイク・ケベック(Ike Abrams Quebec 1918年8月17日~1963年1月16日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれのジャズ・テナーサクソフォン奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Ike Quebec / Heavy Soul Ike Quebec / Heavy Soul

Recorded : November 26, 1961

Personnel :
Ike Quebec (ts)
Freddie Roach (org)
Milt Hinton (b)
Al Harewood (ds)

Song name :
01. Acquitted
02. Just One More Chance
03. Que's Dilemma
04. Brother Can You Spare A Dime
05. The Man I Love
06. Heavy Soul
07. I Want A Little Girl
08. Nature Boy

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アイク・ケベック (Ike Abrams Quebec 1918年8月17日~1963年1月16日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれのジャズ・テナーサクソフォン奏者。
アルバムはアイク・ケベック、1961年11月26日の録音、ブルーノート4093番。
共演者は、オルガンがフレディ・ローチ、ベースがミルト・ヒントン、ドラムがアル・ヘアウッド。
有名な逸話に、ブルーノートの社主アルフレッド・ライオンにセロニアス・モンクや無名若手ミュージシャンを紹介したこと、そのほかにミュージシャンのスケジュール調整、彼らのスタジオまでの送迎など。
最終的にブルーノートのアドヴァイザー兼スタッフの様な働きをした功績がある。
中山康樹氏の著書「超ブルーノート入門・完結編集英社新書(集英社新書)」の記述にはこうある。
「1961年に末期癌であることがアルフレッド・ライオンに伝わり、仕事のお礼というより治療費捻出のため矢継ぎ早のアルバム制作を行った」とある。
そういう意味では異色のミュージシャンといえる。
演奏は、個人的にアイク・ケベックのテナーは今を忘れさせてくれる。
バックで流れるオルガンもいっそう神秘的な気分にさせられる。
通(とお)しで長時間聴いていると腑抜けな気持ちにさせられ、しまいに何もする気が無くなってしまう。
これはアルコールに似ている。
多くのジャズ評でもアイク・ケベックといえば、まずこのアルバムが紹介される。
以下がアイク・ケベックの数少ないリーダー作。
・From Hackensack to Englewood Cliffs (1959 released 2000, Blue Note)
・The Complete Blue Note 45 Sessions (1959-62, released 2005, Blue Note)
・Heavy Soul (1961, Blue Note)
・It Might as Well Be Spring (1961, Blue Note)
・Blue and Sentimental (1961, Blue Note)
・Easy Living (1962 released 1987, Blue Note) containing all tracks on Congo Lament (released 1981)
・Soul Samba (1962, Blue Note)
(青木高見)





Ike Quebec / It Might As Well Be Spring (春の如く) Ike Quebec / It Might As Well Be Spring

Recorded : December 9, 1961

Personnel :
Ike Quebec (ts)
Freddie Roach (organ)
Milt Hinton (b)
Al Harewood (ds)

Song name :
01. It Might As Well Be Spring
02. A Light Reprieve
03. Easy, Don't Hurt
04. Lover Man
05. Ol' Man River
06. Willow Weep For Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アイク・ケベック (Ike Abrams Quebec 1918年8月17日~1963年1月16日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれのジャズ・テナーサクソフォン奏者。
アルバムはアイク・ケベック、1961年12月9日の録音、ブルーノート4105番、邦題 「春の如く」。
共演者は、オルガンがフレディ・ローチ、ベースがミルト・ヒントン、ドラムがアル・ヘアウッド。
演奏は、ワン・ホーン・アルバム。
冒頭の曲 「It Might As Well Be Spring」 邦題 「春の如く」 がいい。
バックはピアノでなく、燻し銀のオルガン・トリオが何と素晴らしいことか。
ひと頃、春のお花見に、これを入れて出かけていた。
哀愁のケベックと桜、酒がドンドン進み危なかった。
坂口安吾の 「桜の森の満開の下」 と重なった。
小説は怖いが、ケベックも坂口安吾も深層心理をエグル部分で一致している。
話は戻るが、アイク・ケベックのアルバムは少ない。
少ない理由は、1958年アルフレッド・ライオンの手伝いが多忙だったからかもしれない。
マンハッタンとニュージャージーにあるルディ・ヴァン・ゲルダー・スタジオと、ミュージシャンをピックアップする仕事をしていた。
また、顔の広い音楽ディレクターとして、有名なところでは、アルフレッド・ライオンにセロニアス・モンクやバド・パウエル、その他若手のミュージシャンを多く紹介した。
アルフレッド・ライオン語録に 「ケベックがいなかったらブルーノートを途中で諦めていたかもしれない」 とまで言わせた男である。
(青木高見)





Ike Quebec / Blue And Sentimental Ike Quebec / Blue And Sentimental

Recorded :
December 16, 1961 #01-#07
December 23, 1961 #08

Personnel :
#01-#07 December 16, 1961
Ike Quebec (p, ts)
Grant Green (g)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

#08 December 23, 1961
Ike Quebec (ts)
Sonny Clark (p)
Grant Green (g)
Sam Jones (b)
Louis Hayes (ds)

Song name :
01. Blue And Sentimental
02. Minor Impulse
03. Don't Take Your Love From Me
04. Blues For Charlie
05. Like
06. That Old Black Magic (Does not appear on LP configuration)
07. It's Allright With Me (Does not appear on LP configuration)
08. Count Every Star

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アイク・ケベック (Ike Abrams Quebec 1918年8月17日~1963年1月16日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれのジャズ・テナーサクソフォン奏者。
アルバムはアイク・ケベック、1961年12月18日・23日の録音、ブルーノート4098番。
共演者は。
1曲目から7曲目が、ギターがグラント・グリーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
8曲目が、ピアノがソニー・クラーク、ギターがグラント・グリーン、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがルイ・ヘイズ。
当時、誰もが流行のハード・バップに酔いしれていた頃、かたくなに自分のスタイルを崩さなかったアイク・ケベック。
本来の演奏活動をブルーノートの手伝いで棒に振った事。
ジャズマンに多く見られる薬との戦い。
そして何より、病気で若くして他界してしまったのでマイナーなイメージが付きまとう。
個人的には、このマイナーさが堪(たま)らなくいい。
一徹に枯淡を貫いた本物の男の演奏に打ちのめされる。
流行ほど、愚かで、真実を見誤るものはない。
(青木高見)





Ike Quebec / Easy Living Ike Quebec / Easy Living

Released : 1987

Recorded : January 20, 1962

Personnel :
Ike Quebec (ts)
Sonny Clark (p)
Stanley Turrentine (ts) #01-#05
Bennie Green (tb) #01-#05
Milt Hinton (b)
Art Blakey (ds)

Song name :
01. See See Rider
02. Congo Lament
03. Que's Pills
04. B.G.'s Groove Two
05. I.Q. Shuffle
06. I've Got a Crush on You
07. Nancy (With the Laughing Face)
08. Easy Living

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アイク・ケベック (Ike Abrams Quebec 1918年8月17日~1963年1月16日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれのジャズ・テナーサクソフォン奏者。
アルバムはアイク・ケベック、1962年1月20日の録音、リリースは1987年、ブルーノート4103番。
共演者は、ピアノがソニー・クラーク、テナーサックスがスタンリー・タレンタイン、トロンボーンがベニー・グリーン、ベースがミルト・ヒントン、ドラムがアート・ブレイキー。
どうして、こんなに素晴らしい演奏なのに日の目を見なかったのだろう。
発掘音源で後世にリリースされた経緯で一番かわいそうなのはアイク・ケベック自身かもしれない。
しかし、それほど当時のブルーノートの商品に対する厳しい姿勢は凄(すさ)まじい。
また、それがブルーノート王国を築いた所以(ゆえん)でもある。
たぶん、ブルーノートには、まだまだ多くのミュージシャンの別テイクが眠っているに違いない。
アイク・ケベックはブルーノートの社主アルフレッド・ライオンに多くの素晴らしいミュージシャンを紹介した。
またミュージシャンの送り迎えの運転手までして尽力をつくした。
今、現存するアイク・ケベックのアルバムはアルフレッド・ライオンがケベックへの恩返しとして収録した逸話が心温まる。
(青木高見)





Ike Quebec / Bossa Nova Soul Samba Ike Quebec / Bossa Nova Soul Samba

Recorded : October 5, 1962

Personnel :
Ike Quebec (ts)
Kenny Burrell (g)
Wendell Marshall (b)
Willie Bobo (ds)

Song name :
01. Loie
02. Lloro Tu Despedida
03. Goin' Home
04. Me 'n You
05. Libestraum
06. Shu Shu
07. Blue Samba
08. Favela
09. Linda Flor
10. Loie (Alt.)
11. Shu Shu (Alt.)
12. Favela (Alt.)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アイク・ケベック (Ike Abrams Quebec 1918年8月17日~1963年1月16日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれのジャズ・テナーサクソフォン奏者。
アルバムはアイク・ケベック、1962年10月5日の録音、ブルーノート4114番、異色のボサノバ・ジャズ。
共演者は、ギターがケニー・バレル、ベースがウェンデル・マーシャル、ドラムがウィリー・ボボ。
なんと、この録音の数ヶ月後に44歳という若さで亡ってしまう。
演奏は、少しもそんな事を感じさせない。
しかし、この選曲を聴いた時、他界する事を予感していたのではと感じた。
演目は、ドボルザークの 「新世界・第3楽章」。
日本では、堀内敬三の 「遠き山に日は落ちて」。
野上彰の 「家路」 で広く知られている。
また、リストの 「愛の夢・第3番」 もめったにジャズマンが演奏しない曲。
吹きまくらないテナー・ボサノバもあったのかと感激。
悲しい事や、寂しい事があった時は、避けたい一枚。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲