青木高見のジャズコレクション Philly Joe Jones (ds) フィーリー・ジョー・ジョーンズ


寸評
フィーリー・ジョー・ジョーンズ (Philly Joe Jones 本名:Joseph Rudoiph Jones 1923年7月15日~1985年8月30日) はアメリカ合衆国ペンシルべニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・ドラマー。
偉大なドラマーのジョー・ジョーンズと区別するため、出身地のフィーリーを付けた。
ハイライトはやはり、マイルス・デイヴィス・クインテットのレギュラー・ドラマーとして活躍したこと。
特徴は当時のマイルスの影響からか誇張しない堅実なドラムをモットーとした。
言い換えれば、マイルスの言う事を素直に聞くユニットだったと今になって気付く。
後にマイルスはトニー・ウィリアムスの様な過激なドラムに替えていく。
自分の変化に伴い、ガンガンとドラマーを替えていくマイルスに翻弄された一人のドラマーともいえるのではないか。
そんな事を思って聴くと、フィーリー・ジョー・ジョーンズが、いっそう好きになった。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Philly Joe Jones / Blues For Dracula Philly Joe Jones / Blues For Dracula

Recorded : September 17, 1958

Personnel :
Philly Joe Jones (ds, narrator)
Tommy Flanagan (p)
Nat Adderley (cor)
Johnny Griffin (ts)
Julian Priester (tb)
Jimmy Garrison (b)

Song name :
01. Blues for Dracula
02. Trick Street
03. Fiesta
04. Tune-Up
05. Ow!

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フィーリー・ジョー・ジョーンズ (Philly Joe Jones 本名:Joseph Rudoiph Jones 1923年7月15日~1985年8月30日) はアメリカ合衆国ペンシルべニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・ドラマー。
アルバムはフィーリー・ジョー・ジョーンズ、1958年9月17日の録音、リヴァーサイド・レコードからのリリース、初リーダー作。
共演者は、ピアノがトミー・フラナガン、コルネットがナット・アダレイ、テナーサックスがジョニー・グリフィン、トロンボーンがジュリアン・プリースター、ベースがジミー・ギャリソン。
ジャズのジャケットとは程遠い、ドラキュラに扮したフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
一度見たら、絶対忘れられなくなるアルバム・デザイン。
冒頭の1曲目も奇怪、フィーリー・ジョー・ジョーンズのドラキュラ 「俳優:ベラ・ルゴシ」 の物真似のナレーションが続く。
肝心なジャズを聴けないので不安になるも、やがて、まともなジャズが最後まで聴けて、まずは、ひと安心。
このアルバムが録音された時期に近いフィーリー・ジョー・ジョーンズの参加アルバムを探してみると。
・ジョン・コルトレーン 1957年9月15日の録音、ブルーノート盤、唯一のリーダー作の 「Blue Train」。
・ソニー・クラーク 1958年録音、ブルーノートからのリリース、1588番、日本では超が付く人気盤 「Cool Struttin'」。
・マイルス・デイヴィス 1958年2月4日と3月4日の録音 「Milestones」 、特にマイルス・デイヴィスのマラソンセッション 「Cookin'」 「Relaxin'」 「Steamin'」。
・ビル・エヴァンス 1958年録音の2枚目のリーダー作 「Everybody Digs」。
・チェット・ベイカー 1958年の録音 「CHET」。 その他多数。
超有名ミュージシャンの、これぞというアルバムにフィーリー・ジョー・ジョーンズが参加していた。
やはり、卓越した技術と感性は天才級といってよい。
そんなフィーリー・ジョー・ジョーンズの初リーダー作がなぜ、ちゃらけたドラキュラなのか。
本来、器用なフィーリー・ジョー・ジョーンズは、映画 「魔人ドラキュラ」 の俳優 「ベラ・ルゴシ」 の物真似が得意だったという。
「ベラ・ルゴシ」とは(出典:ウィキペディア)
【ベラ・ルゴシ(Béla Lugosi、または ルゴシ・ベーラ Lugosi Béla、1882年10月20日 - 1956年8月16日)は、主にアメリカ合衆国で活動したハンガリー人俳優。
出身地はオーストリア=ハンガリー帝国(現在のルーマニア)ルゴジュで、本名はブラシュコー・ベーラ・フェレンツ・デジェー(Blaskó, Béla Ferenc Dezső)。
身長185cm。
ユニバーサル映画 『魔人ドラキュラ』 (1931年)におけるドラキュラ役が特に名高く、戦前のホラー映画界における、フランケンシュタイン・モンスター役で知られるボリス・カーロフと並ぶ大スター。
また、薬物中毒を公表した初めての俳優ともいわれる。】
という訳で。
ドラムのスティックにぶら下がった、コウモリには参った。
コレクションの中でも、特に変なジャケット、いや変じゃなく、ユニークな1枚になった。
以下、演目の作曲家を明記した。
01. Blues for Dracula (Johnny Griffin)
02. Trick Street (Owen Marshall)
03. Fiesta (Cal Massey)
04. Tune-Up (Miles Davis)
05. Ow! (Dizzy Gillespie)
(青木高見)





Philly Joe Jones / Drums Around The World Philly Joe Jones / Drums Around The World

Recorded :
May 4, 1959  #04, #07, #08
May 11, 1959  #01-#03, #06
May 28, 1959  #05

Personnel :
Philly Joe Jones (ds)
Wynton Kelly (p) #01-#04, #06-#08,
Blue Mitchell (tp) #01-#03, #06,
Lee Morgan (tp) #01-#04, #06-#08,
Herbie Mann (fl, piccolo) #04, #07, #08
Cannonball Adderley (as) #01-#04, #06-#08,
Benny Golson (ts) #01-#04, #06-#08,
Sahib Shihab (bs) #01-#04, #06-#08,
Curtis Fuller (tb) #01-#04, #06-#08,
Jimmy Garrison (b) #04, #07 #08,
Sam Jones (b) #01-#03, #06,

Song name :
01. Blue Gwynn
02. Stablemates
03. Stablemates [alternate take]
04. Carioca
05. Tribal Message
06. Cherokee
07. Land of the Blue Veils
08. Philly J.J.

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フィーリー・ジョー・ジョーンズ (Philly Joe Jones 本名:Joseph Rudoiph Jones 1923年7月15日~1985年8月30日) はアメリカ合衆国ペンシルべニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・ドラマー。
アルバムはフィーリー・ジョー・ジョーンズ、1959年5月の録音、リヴァーサイド・レコードからのリリース。
共演者は、ピアノがウイントン・ケリー、トランペットがリー・モーガンとブルー・ミッチェル、フルートとピッコロがハービー・マン、アルトサックスがキャノンボール・アダレイ、テナーサックがベニー・ゴルソン、バリトンサックスがサヒブ・シハブ、トロンボーンがカーティス・フラー、ベースがジミー・ギャリソンとサム・ジョーンズ。
まずは、フィーリー・ジョー・ジョーンズの為なら、これだけの豪華ミュージシャンが集まる。
やはり、フィーリー・ジョー・ジョーンズの人柄を思わずにいられない。
演奏は 「フィーリー・ジョー・ジョーンズ祭り」 といった感じ。
一糸乱れぬ緻密なビックバンドと思って聴くとハズす。
目玉は、フィーリー・ジョー・ジョーンズが、これでもかと言うほど叩きまくる。
それを、みんなで後押ししている、メンバーもつられ、弾(はじ)けた音が爽快。
フィーリー・ジョー・ジョーンズって、やはり少し変わっている。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲