青木高見のジャズコレクション Clifford Brown (tp) クリフォード・ブラウン


寸評
クリフォード・ブラウン (Clifford Brown 1930年10月30日~1956年6月26日) はアメリカ合衆国デラウエア州ウイルミントン生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
あだ名は 「ブラウニー」。
ハード・バップ初期を代表する天才トランペッター。
ドラマーのマックス・ローチのバンド活動は高く評価される。
個人的にクリフォード・ブラウン以降、氏にまさるトランペッターは今のところ、出ていないような気がする。
クリフォード・ブラウンの死について。
事件は、1956年6月26日の朝、クリフォード・ブラウンとリッチー・パウエル夫妻の車はフィラデルフィアからシカゴに向かっていた。
現地ではマックス・ローチとソニー・ロリンズと合流する予定だったという。
パウエル夫人が運転する車はペンシルヴァニアでスリップ事故をおこし三人の命は一瞬にして奪われた。
クリフォード・ブラウン、享年25歳。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】



【以下コンテンツ】


Clifford Brown / Study In Brown Clifford Brown / Study In Brown

Recorded : February 23-25, 1955

Personnel :
Clifford Brown (tp)
Max Roach (ds)
Harold Land (ts)
Richie Powell (p)
George Morrow (b)
 
Song name :
01. Cherokee
02. Jacqui
03. Swingin'
04 .Land's End
05. George's Dilemma
06. Sandu
07. Gerkin For Perkin
08. If I Love Again
09. Take The "A" Train

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クリフォード・ブラウン (Clifford Brown 1930年10月30日~1956年6月26日) はアメリカ合衆国デラウエア州ウイルミントン生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムはクリフォード・ブラウン、1955年2月の録音、ブラウン・ローチ五重奏団を結成した翌年で天才トランペッター「ブラウニー」を中心に全体のチームワークがとれ絶好調期の名演とされる。
共演者は、ドラムのマックス・ローチを双頭にピアノがバド・パウエルの実弟のリッチー・パウエル、ベースがジョージ・モロウ、テナーサックスがハロルド・ランド。
これらの演奏はバップ期初期の卓越した名演とされ今でも多くのミュージシャンに継承されている。
クリフォード・ブラウンの性格は真面目で人から好かれたという。
性格を映し出したような、ふくよかな音色、トランペットという楽器の幅を大きくした。
(青木高見)





Clifford Brown / The Beginning and The End Clifford Brown / The Beginning and The End

#01, #02
Recorded : March 21, 1952
Personnel :
Clifford Brown (tp)
Vance Wilson (as, ts)
Duke Wells (p)
Eddie Lambert (g)
James Johnson (b)
Osie Johnson (ds)
Cris Powell (vo, conga)

#03, #04, #95
Recorded : June 25, 1956
Personnel :
Clifford Brown (tp)
Ziggy Vines (ts)
Billy Root (ts)
Sam Dockery (p)
Ace Tisone (b)
Ellis Tollin (ds)

Song name :
01. I Come From Jamaica
02. Ida Red
03. Walkin'
04. Night In Tunisia
05. Donna Lee

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クリフォード・ブラウン (Clifford Brown 1930年10月30日~1956年6月26日) はアメリカ合衆国デラウエア州ウイルミントン生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムはクリフォード・ブラウン、タイトル通り 「The Beginning and The End」。
1952年の初期の演奏2曲と、1956年6月26日の自動車事故で亡くなる当日の明け方まで地元のミュージシャンとジャムを行なったライブの3曲。
演奏は、天才ブラウニーの非の打ち所がない名演。
共演者のレベルの差が少しつらい。
もしここにマックス・ローチがいたらとも思うが、それはマックス・ローチの命も絶ってしまった事を意味する。
その点、共演者や録音の悪さを理解して聴けば、壮絶ともいえる気迫のトランペットに圧倒される。
(青木高見)





Clifford Brown / Incorporated Clifford Brown / Incorporated

Recorded :
August 2, 1954 #06
August 3, 1954 #01, #2
August 6, 1954 #05
August 10, 1954 #03, #04, #07

Personnel :
Clifford Brown (tp)
Max Roach (ds)
Harold Land (ts)
Richie Powell (p)
George Morrow (b)

Song name :
01. Sweet Clifford
02. I Don't Stand A Ghost Of A Chance With You
03. Stompin' At The Savoy
04. I'll String Along With You
05. Mildama
06. Darn That Dream
07. I Get A Kick Out Of You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クリフォード・ブラウン (Clifford Brown 1930年10月30日~1956年6月26日) はアメリカ合衆国デラウエア州ウイルミントン生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムはクリフォード・ブラウン、1954年8月の録音、ブラウン・ローチ五重奏団の迫力の演奏。
メンバーは 「Study In Brown」 と同じ。br /> トランペットがクリフォード・ブラウン、ドラムがマックス・ローチ、ピアノがバド・パウエルの実弟のリッチー・パウエル、ベースがジョージ・モロウ、テナーサックスがハロルド・ランド。
後世の評で、ローチのソロが長すぎるとか。
パウエルのピアノの力量不足とか。
評は、一般的に後になって色々と好き勝手な事を言われる。
ここは、ひとまずそい言うことは無視。
コンボ結成初期の録音で、適度な緊張感と何と言っても完璧な心温まるブラウニーの演奏をたっぷり楽しもう。
(青木高見)





Clifford Brown + Max Roach Clifford Brown + Max Roach

(注) このアルバムはクリフォード・ブラウンのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にマックス・ローチが参加しているため 「 Max Roach 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
August 2, 1954 #01, #02
August 3, 1954 #06
August 6, 1954 #04, #05, #08, #09
February 24, 1955 #03
February 25, 1955 #07

Personnel :
Clifford Brown (tp)
Max Roach (ds)
Richie Powell (p)
Harold Land (ts)
George Morrow (b)

Song name :
01. Delilah
02. Parisian Thoroughfare
03. The Blues Walk
04. Daahoud
05. Joy Spring
06. Jordu
07. What Am I Here For
08. Joy Spring [alt take]
09. Daahoud [alt take]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クリフォード・ブラウン (Clifford Brown 1930年10月30日~1956年6月26日) はアメリカ合衆国デラウエア州ウイルミントン生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
マックス・ローチ (Max Roach 1924年1月10日~2007年8月16日) はアメリカ合衆国ノースカロライナ州ニューランド生まれのジャズ・ドラマー。
二人の歳の差はマックス・ローチが6歳上。
アルバムはクリフォード・ブラウンとマックス・ローチ、1954年8月と1955年2月の録音。
共演者は、ピアノがリッチー・パウエル、テナーサックスがハロルド・ランド、ベースがジョージ・モロウ。
事件は、1956年6月26日の朝、クリフォード・ブラウンとリッチー・パウエル夫妻の車はフィラデルフィアからシカゴに向かっていた。
現地ではマックス・ローチとソニー・ロリンズと合流する予定だったという。
パウエル夫人が運転する車はペンシルヴァニアでスリップ事故をおこし三人の命は一瞬にして奪われた。
クリフォード・ブラウン、享年25歳。
ジャズ史に於いても、ジャズ・トランペットからも将来有望な天才が、この時一人消えてしまった。
今でも世界中の多くのジャズ評論家は、最高のジャズ・トランペットは間違いなくクリフォード・ブラウンだとしている。
(青木高見)





Clifford Brown / Jazz Immortal Clifford Brown / Jazz Immortal

Recorded :
July 12, 1954 #01-#03
August 12, 1954 #04-#09

Personnel :
Clifford Brown (tp)
Stu Williamson (vtb)
Zoot Sims (ts)
Bob Gordon (bs)
Russ Freeman (p)
Shelly Manne (ds)
Joe Mondragon (b) #01~#03
Carson Smith (b) #04~#09

Song name :
01. Daahoud
02. Finders Keepers
03. Joy Spring
04. Gone With The Wind
05. Bones For Jones
06. Blueberry Hill
07. Tiny Capers
08. Tiny Capers
09. Gone With The Wind

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クリフォード・ブラウン (Clifford Brown 1930年10月30日~1956年6月26日) はアメリカ合衆国デラウエア州ウイルミントン生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムはクリフォード・ブラウン、1954年6月と8月の録音、テナーサックスのズート・シムズをフィーチャーし、その他の共演者を西海岸派で固め、その中でブラウニーを鮮明に浮かび上がらせる一枚。
ここでいう西海岸派は、バルブ・トロンボーンのステュ・ウィリアムスン、バリトンサックスのボブ・ゴードン、ピアノはラス・フリーマン、ドラムはシェリー・マン、ベースがジョー・モンドラゴンとカーソン・スミスの事。
またアレンジャーがジャック・モントローズ、典型的な西海岸サウンドの中に鮮明にクリフォード・ブラウンをアピールさせた手腕が凄い。
クリフォード・ブラウン自身、短い人生の中でこの時期に精力的に収録を重ね、貴重な音源を残してくれた事を感謝したい。
(青木高見)





Clifford Brown and Max Roach / At Basin Street Clifford Brown and Max Roach / At Basin Street

(注) このアルバムはクリフォード・ブラウンのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にドラムの双頭のマックス・ローチが参加しているため 「Max Roach」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
February 16, 1956 #01, #02
February 17, 1956 #3, #5, #6
January 4, 1956 #4, #7

Personnel :
Clifford Brown (tp)
Max Roach (ds)
Sonny Rollins (ts)
Richie Powell (p)
George Morrow (b)

Song name :
01. 0What Is This Thing Called Love?0
02. Love Is a Many Splendored Thing
03. I'll Remember April
04. Powell's Prances
05. Time
06. Scene Is Clean
07. Gertrude's Bounce

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クリフォード・ブラウン (Clifford Brown 1930年10月30日~1956年6月26日) はアメリカ合衆国デラウエア州ウイルミントン生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムはクリフォード・ブラウン、1956年1月と2月の録音、ソニー・ロリンズの参加が貴重。
共演者は、ドラムがマックス・ローチ、ピアノがリッチー・パウエル、ベースがジョージ・モロウ、テナーサックスがソニー・ロリンズ。
後世の評でソニー・ロリンズの演奏が元気がないとか。
萎縮していたんじゃないかとか。
いや立派にブラウニーの双頭をなしているとか。
計算があっての事だとか。
というように、多くの評があり、それに目を通すだけでも十分楽しめる。
個人的は、1956年6月26日の自動車にマックス・ローチとソニー・ロリンズが乗っていたらと思うだけでも背筋が凍る。
(青木高見)





Clifford Brown / Clifford Brown with Strings Clifford Brown / Clifford Brown with Strings

Recorded : January 1955

Personnel :
Clifford Brown (tp)
Neal Hefti (arr)
Max Roach (ds)
Richie Powell (p)
George Morrow (b)
Barry Galbraith (g)

Song name :
01. Yesterdays
02. Laura
03. What's New
04. Blue Moon
05. Can't Help Lovin' Dat Man
06. Embraceable You
07. Willow Weep For Me
08. Memories Of You
09. Smoke Gets In Your Eyes
10. Portrait Of Jenny
11. Where Or When
12. Stardust

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クリフォード・ブラウン (Clifford Brown 1930年10月30日~1956年6月26日) はアメリカ合衆国デラウエア州ウイルミントン生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムはクリフォード・ブラウン、1955年1月の録音、ストリングス物で、今だにこのレベルを超えるものは無いと高評価を受けている。
演奏は、選曲のよさと編曲によるところが大、ニール・ヘフティによる抑制された粋なストリングスも見事。
ブラウニーのふくよかで心温まるのトランペットの音色は浄化作用がある。
それにしても凄い演奏を残してくれたものである。
(青木高見)





Max Roach / Max Roach and Clifford Brown In Concert Max Roach / Max Roach and Clifford Brown In Concert

(注) このアルバムはマックス・ローチのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「Max Roach」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
August 30, 1954 #01-04
April 1954 #05-08

Personnel :
#01-04
Max Roach (ds)
Clifford Brown (tp)
Harold Land (ts)
Richie Powell (p)
George Morrow (b)

#05-08
Max Roach (ds)
Clifford Brown (tp)
Teddy Edwards (ts)
Carl Perkins (p)
George Bledsoe (b)

Song name :
001. Jordu
002. I Can't Get Started
003. I Get a Kick Out of You
004. Parisian Thoroughfare
005. All God's Chillun Got Rhythm
006. Tenderly
007. Sunset Eyes
008. Clifford's Axe

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント :  メインコメント : マックス・ローチ (Max Roach 1924年1月10日~2007年8月16日) はアメリカ合衆国ノースカロライナ州ニューランド生まれのジャズ・ドラマー。
クリフォード・ブラウン (Clifford Brown 1930年10月30日~1956年6月26日) はアメリカ合衆国デラウエア州ウイルミントン生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
二人の歳の差はマックス・ローチが6歳上。
アルバムはマックス・ローチとクリフォード・ブラウン、1954年4月と8月の録音、数少ないライブ盤。
共演者は、ピアノがリッチー・パウエルとカール・パーキンス、テナーがハロルド・ランドとテディ・エドワーズ、ベースがジョージ・モロウとジョージ・ブレッドソー。
演奏は、スタジオ録音と違ってライブなので気合が入って気持いい。
クリフォード・ブラウンとカール・パーキンス、テディ・エドワーズの共演も興味をそそられる。
当初、レコードの二枚でリリースされていたものをCD化に伴い合体、完全コンプリート盤としてリリースした経緯がある。
演目もレコードの収録時間の制約が無くなったため全部網羅されている。
この二人のコンビは一般的には1954年頃とされる。
交通事故の内容は1956年6月26日の朝、クリフォード・ブラウンとリッチー・パウエル夫妻の車はフィラデルフィアからシカゴに向かっていた。
現地ではマックス・ローチとソニー・ロリンズと合流する予定だった。
パウエル夫人が運転する車はペンシルヴァニアでスリップ事故をおこし、三人の命は一瞬にして奪われてしまう。
クリフォード・ブラウンは若干25歳、ジャズ史に於いてもトランペット部門で将来有望な天才が一人消えてしまった。
それと同時に、この黄金のクインテットの消滅も意味する。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲