青木高見のジャズコレクション Serge Chaloff (bs) サージ・チャロフ

寸評
サージ・チャロフ (Serge Chaloff 1923年11月24日~1957年7月16日) はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン生まれの白人ジャズ・バリトン・サクソフォン奏者。
ピアニストの父とピアノ教師の母を両親に持ち幼少より高度な技術を身につけている。
チャーリー・パーカーの影響を受けた初期のミュージシャンとされる。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


erge Chaloff / Boston Blow-Up Serge Chaloff / Boston Blow-Up

Recorded : April 4-5, 1955

Personnel :
Serge Chaloff (bs)
Ray Santisi (p)
Herb Pomeroy (tp)
Boots Mussulli (as)
Everett Evans (b)
Jimmy Zitano (ds)

Song name :
01. Bob the Robin
02. Yesterday's Gardenias
03. Sergical
04. What's New?
05. Mar-Dros
06. Junior
07. Body and Soul
08. Kip
09. Diane's Melody
10. Unison

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サージ・チャロフ (Serge Chaloff 1923年11月24日~1957年7月16日) はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン生まれの白人ジャズ・バリトン・サクソフォン奏者。
アルバムはサージ・チャロフ、1955年4月4日・5日の録音、キャピトル・レコード・レーベルからの録音。
共演者は、ピアノがレイ・サンティシ、トランペットがハーブ・ポメロイ、アルトサックスがブーツ・ムスーリ、ベースがエヴェレット・エヴァンス、ドラムがジミー・ジターノ。
タイトルの通り出生地ボストンを拠点にしていた共演者とのセッション。
バリトン・サックスというとジェリー・マリガンが有名だが、サージ・チャロフから多大な影響を受けた師だっとという。
演奏は、サージ・チャロフとアルト・サックス、トランペットとの3管の妙味。
1957年に亡くなってしまう事を思うと4曲目の 「WHAT'S NEW」 や7曲目の 「BODY AND SOUL」 は胸が熱くなる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはサージ・チャロフ、1955年4月4日・5日の録音、キャピトル・レコード・レーベルからの録音。共演者は、ピアノがレイ・サンティシ、トランペットがハーブ・ポメロイ、アルトサックスがブーツ・ムスーリ、ベースがエヴェレット・エヴァンス、ドラムがジミー・ジターノ。タイトルの通り出生地ボストンを拠点にしていた共演者とのセッション。バリトン・サックスというとジェリー・マリガンが有名だが、サージ・チャロフから多大な影響を受けた師だっとという。演奏は、サージ・チャロフとアルト・サックス、トランペットとの3管の妙味。1957年に亡くなってしまう事を思うと4曲目の 「WHAT'S NEW」 や7曲目の 「BODY AND SOUL」 は胸が熱くなる。
(青木高見)





Serge Chaloff / Blue Serge Serge Chaloff / Blue Serge

Recorded : March 4, 1956

Personnel :
Serge Chaloff (bs)
Sonny Clark (p)
Leroy Vinnegar (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. A Handful Of Stars
02. The Goof And I
03. Thanks For The Memory
04. All The Things You Are
05. I've Got The World On A Strin
06. Susie's Blues
07. Stairway To The Stars
8. How About You?

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サージ・チャロフ (Serge Chaloff 1923年11月24日~1957年7月16日) はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン生まれの白人ジャズ・バリトン・サクソフォン奏者。
アルバムはサージ・チャロフ、1956年3月4日の録音、キャピタル・レコード・レーベルからのリリース。
共演者は、ピアノがソニー・クラーク、ベースがリロイ・ヴィネガー、ドラムがフィリー・ジョー・ジョーンズ。
アルバム1955年 「ボストン・ブロウ・アップ」 の翌年の作品。
何と、この録音の翌年に亡くなってしまう、元気な、この演奏の後に他界してしまう事を誰が予測できただろう。
ジャケット・デザインが、仕立て中の青の生地(きじ)のサージとダジャレている。
サージ・チャロフは、ピアニストの父とピアノ教師の母を両親に持ち、幼少より高度な技術を身につけている。
チャーリー・パーカーの影響を受けため活気あるメロディラインと、陰のバラードは対照的で特徴かもしれない。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはサージ・チャロフ、1956年3月4日の録音、キャピタル・レコード・レーベルからのリリース。共演者は、ピアノがソニー・クラーク、ベースがリロイ・ヴィネガー、ドラムがフィリー・ジョー・ジョーンズ。アルバム1955年 「ボストン・ブロウ・アップ」 の翌年の作品。何と、この録音の翌年に亡くなってしまう、元気な、この演奏の後に他界してしまう事を誰が予測できただろう。ジャケット・デザインが、仕立て中の青の生地(きじ)のサージとダジャレている。サージ・チャロフは、ピアニストの父とピアノ教師の母を両親に持ち、幼少より高度な技術を身につけている。チャーリー・パーカーの影響を受けため活気あるメロディラインと、陰のバラードは対照的で特徴かもしれない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲