青木高見のジャズコレクション Sonny Clark (p) ソニー・クラーク

寸評
ソニー・クラーク (Sonny Clark 1931年7月21日~1963年1月13日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州ハーミニー生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Sonny Clark / Dial S For Sonny Sonny Clark / Dial S For Sonny

Recorded : July 21, 1957

Personnel :
Sonny Clark (p)
Art Farmer (tp)  #01-#05
Hank Mobley (ts)  #01-#05
Curtis Fuller (tb)  #01-#05
Wilbur Ware (b)
Louis Hayes (ds)

Song name :
01. Dial "S" for Sonny
02. Bootin' It
03. It Could Happen to You
04. Sonny's Mood
05. Shoutin' on a Riff
06. Love Walked In

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クラーク (Sonny Clark 1931年7月21日~1963年1月13日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州ハーミニー生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはソニー・クラーク、1957年7月21日の録音、ブルーノートからのリリース。
共演者は、トランペットがアート・ファーマー、テナーサックスがハンク・モブレー、トロンボーンがカーティス・フラー、ベースがウィルバー・ウェア、ドラムがルイ・ヘイズ。
何と、ソニー・クラークの初リーダー作であり、誕生日の録音ときている。
フロントは3管はブルーノートの看板メンバー。
個人的には最後の曲 「Love Walked In」 、邦題は 「愛はそぞろに」 、ジョージ、アイラ、ガーシュインの曲が好き。
あまり演奏されない曲で貴重。
全体に派手さがない分、末永く聴き続けていられ、飽きのこない1枚。
(青木高見)





Sonny Clark / Quintets Sonny Clark / Quintets

Recorded :
December 8, 1957  #03, #04, #05
January 5, 1958  #01, #02

Recorded, Personnel, Song name :
[January 5, 1958  #01-Royal Flush, #02-Lover]
Sonny Clark (p)
Art Farmer (tp)
Jackie McLean (as)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

[December 8, 1957  #03-Minor Meeting, #04-Eastern Incident, #05-Little Sonny]
Sonny Clark (p)
Kenny Burrell (g)
Clifford Jordan (ts)
Paul Chambers (b)
Pete La Roca (ds)

Song name :
01. Royal Flush
02. Lover
03. Minor Meeting
04. Eastern Incident
05. Little Sonny

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クラーク (Sonny Clark 1931年7月21日~1963年1月13日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州ハーミニー生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはソニー・クラーク、3曲目から5曲目が1957年12月8日、1曲目と2曲目が1958年1月5日の録音、ブルーノートからのリリース。
当初、ブルーノート 1592番が割り当てられる予定だったが実際は市場には出されなかった。
理由は、アメリカでのソニー・クラークの不人気と採算にあわない事とされている。
以下、録音日、演目、共演者。
[1958年1月5日の録音 #01-Royal Flush, #02-Lover]
ピアノがソニー・クラーク、トランペットがアート・ファーマー、アルトサックスがジャッキー・マクリーン、ベースが,ポール・チェンバース、ドラムがフィリー・ジョー・ジョーンズ。
[1957年12月8日の録音 #03-Minor Meeting, #04-Eastern Incident, #05-Little Sonny]
ピアノがソニー・クラーク、ギターがケニー・バレル、テナーサックスがクリフォード・ジョーダン、ベースが,ポール・チェンバース、ドラムがピート・ラ・ロカ。
日本では 「もうひとつのクール・ストラッティン」 と呼ばれている。
もう、これは、この時期、この共演者で、この様な演奏が聴けるというだけで涙モノ、ヘタなコメントは不要。
(青木高見)





Sonny Clark / Sonny Clark Trio Sonny Clark / Sonny Clark Trio

Recorded : September 13, 1957

Personnel :
Sonny Clark (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. I Didn't Know What Time It Was (alternate take)
02. I Didn't Know What Time It Was
03. Two Bass Hit
04. Two Bass Hit (alternate take)
05. Be-Bop
06. Tadd's Delight (alternate take)
07. Tadd's Delight
08. Softly As In A Morning Sunrise
09. I'll Remember April

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クラーク (Sonny Clark 1931年7月21日~1963年1月13日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州ハーミニー生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはソニー・クラーク、1957年9月13日の録音、ブルーノート 1579番、「Cool Struttin'」 と並ぶ人気盤。
共演者は、ベースにポール・チェンバース、ドラムにフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
演目は、ガレスピーの2曲、タッド・ダメロンの2曲、他はリチャード・ロジャースなどのスタンダード。
特にこのアルバムの代名詞ともいえる 「朝日のようにさわやかに  (Softly As In A Morning Sunrise)」  にソニー・クラークの演奏表現が強調されている。
ブルース色の強さと、静粛さ、演歌に共通する哀愁が日本人の琴線に触れるものがあり、聴く者を虜にする。
カヴァーデザインはリード・マイルス。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはソニー・クラーク、1957年9月13日の録音、ブルーノート 1579番、「Cool Struttin'」 と並ぶ人気盤。共演者は、ベースにポール・チェンバース、ドラムにフィーリー・ジョー・ジョーンズ。演目は、ガレスピーの2曲、タッド・ダメロンの2曲、他はリチャード・ロジャースなどのスタンダード。特にこのアルバムの代名詞ともいえる 「朝日のようにさわやかに  (Softly As In A Morning Sunrise)」  にソニー・クラークの演奏表現が強調されている。ブルース色の強さと、静粛さ、演歌に共通する哀愁が日本人の琴線に触れるものがあり、聴く者を虜にする。
(青木高見)





Sonny Clark / Sonny's Crib Sonny Clark / Sonny's Crib

Recorded : September 1, 1957

Personnel :
Sonny Clark (p)
John Coltrane (ts)
Donald Byrd (tp)
Curtis Fuller (tb)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)

Song name : 
01. With A Song In My Heart
02. Speak Low
03. Come Rain Or Come Shine
04. Sonny's Crib
05. News For Lulu

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クラーク (Sonny Clark 1931年7月21日~1963年1月13日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州ハーミニー生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはソニー・クラーク、1957年9月1日の録音、ブルーノート 1576番。
共演者は、テナー・サックスがジョン・コルトレーン、トロンボーンはカーティス・フラー、トランペットのドナルド・バード、ベースのポール・チェンバース、ドラムのアート・テイラー。
ジョン・コルトレーンとソニー・クラークとの共演は、後にも先にもこのアルバムだけが貴重。
今でこそ共演者の豪華さに驚くが、当時はまだ無名だった。
演目は、スタンダードとソニー・クラークのオリジナルで、これといった強烈な印象はないものの、何回も聴いているうちに枯淡の奥深い味わいに魅せられていく。
ここら辺を計算してアルバムをつくるブルーノートの音作りが凄い。
ソニー・クラークの略歴は1957年にブルーノートと契約、何枚かのリーダー・アルバムを発表している。
その影にホレス・シルバーの代役に抜擢したブルーノート創設者アルフレッド・ライオンの推薦があった。
若干31歳の若さで他界してしまう。
死因はヘロインの過剰摂取。
当時のジャズマンが陥る蹉跌。
ブルースを基調とした哀愁のある音色とメロディーがソニー・クラークの特徴。
マイナーを好む日本人が、どこか懐かしさを感じる点が人気の理由。
アメリカでは日本の様な人気はなかった、というか、ステーキやハンバーガーをバカ食いしていた時代の当時のアメリカ人には、この 「枯淡」 は理解できなかったと思う。
(青木高見)





Sonny Clark / Cool Struttin' Sonny Clark / Cool Struttin'

Recorded : January 5, 1958

Personnel :
Sonny Clark (p)
Jackie Mclean (as)
Art Farmer (tp)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name : 01. Cool Struttin'
02. Blue Minor
03. Sippin' At Bells
04. Deep Night
05. Royal Flush
06. Lover

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クラーク (Sonny Clark 1931年7月21日~1963年1月13日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州ハーミニー生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはソニー・クラーク、1958年1月5日の録音、ブルーノート 1588番、日本では超が付く人気盤とされている。
人気の一つに共演者の好演がある。
アルト・サックスがジャッキー・マクリーン、トランペットがアート・ファーマー。
当時、最高のリズムセクションといわれたベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
全体としてのまとまり、あらゆる面でバランスがとれジャズの神髄を楽しめる。
ソニー・クラークよりもアルバム自体にファンがおり、現在もヒットセールスを記録しているという。
ところが、売り出した国、アメリカでは不人気だった理由が何となく解る様な気がする。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはソニー・クラーク、1958年1月5日の録音、ブルーノート 1588番、日本では超が付く人気盤とされている。人気の一つに共演者の好演がある。アルト・サックスがジャッキー・マクリーン、トランペットがアート・ファーマー。当時、最高のリズムセクションといわれたベースがポール・チェンバース、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。全体としてのまとまり、あらゆる面でバランスがとれジャズの神髄を楽しめる。ソニー・クラークよりもアルバム自体にファンがおり、現在もヒットセールスを記録しているという。ところが、売り出した国、アメリカでは不人気だった理由が何となく解る様な気がする。
(青木高見)



Sonny Clark / Leapin' and Lopin' Sonny Clark / Leapin' and Lopin'

Recorded : November 13, 1961

Personnel :
Sonny Clark (p)
Ike Quebec (ts) #2only
Tommy Turrentine (tp)
Charlie Rouse (ts)
Butch Warren (b)
Billy Higgins (ds)

Song name :
01. Something Special
02. Deep in a Dream
03. Melody for C
04. Melody for C (Alternate Take)
05. Eric Walks
06. Voodoo
07. Midnight Mambo
08. Zellmar's Delight

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クラーク (Sonny Clark 1931年7月21日~1963年1月13日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州ハーミニー生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはソニー・クラーク、1961年11月13日の録音、ブルーノート 4091番、クール・ストラッティンから3年、ブルーノート最後のリーダー作。
演奏は、技術、表現力、全てを出し切ったような達成感のようなものを感じる。
共演者は、一曲の参加しかないが燻し銀のアイク・ケベック、トランペットがトミー・タレンタイン、テナー・サックスがチャーリー・ラウズ、ベースがブッチ・ウォーレン、ドラムがビリー・ヒギンズ。
ソニー・クラークの経歴は、1957年にブルーノートと契約、何枚かのリーダー・アルバムを発表。
その影にホレス・シルバーの代役に抜擢したブルーノート創設者アルフレッド・ライオンの力がある。
若干31歳の若さで他界、死因はヘロインの過剰摂取とされている。
アメリカでの人気は常に低かった 「クール・ストラッティン (1958年)」 のピアニスト兼作曲者は、遠い国の日本で爆発的な人気が出た。
特徴がブルースを基調とした、哀愁のある音色とメロディーと枯淡のピアノ。
マイナーを好む日本人が懐かしさを感じる点が人気の理由とされる。
ちなみに、1986年このアルバムの曲をジョン・ゾーンのソニークラークメモリアルカルテットが 「Voodoo」 で発表した事で再度脚光を浴びた。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはソニー・クラーク、1961年11月13日の録音、ブルーノート 4091番、クール・ストラッティンから3年、ブルーノート最後のリーダー作。演奏は、技術、表現力、全てを出し切ったような達成感のようなものを感じる。共演者は、一曲の参加しかないが燻し銀のアイク・ケベック、トランペットがトミー・タレンタイン、テナー・サックスがチャーリー・ラウズ、ベースがブッチ・ウォーレン、ドラムがビリー・ヒギンズ。ソニー・クラークの経歴は、1957年にブルーノートと契約、何枚かのリーダー・アルバムを発表。その影にホレス・シルバーの代役に抜擢したブルーノート創設者アルフレッド・ライオンの力がある。若干31歳の若さで他界、死因はヘロインの過剰摂取とされている。アメリカでの人気は常に低かった 「クール・ストラッティン (1958年)」 のピアニスト兼作曲者は、遠い国の日本で爆発的な人気が出た。特徴がブルースを基調とした、哀愁のある音色とメロディーと枯淡のピアノ。マイナーを好む日本人が懐かしさを感じる点が人気の理由とされる。
(青木高見)





Sonny Clark / Sonny Clark Trio (CECC00059) Sonny Clark / Sonny Clark Trio (CECC00059)

Recorded : March 23, 1960

Personnel :
Sonny Clark (p)
George Duvivier (b)
Max Roach (ds)

Song name :
01. Minor Meeting
02. Nica
03. Sonny's Crip
04. Blues Mambo
05. Blues Blue
06. Junca
07. My Conception
08. Sonia

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クラーク (Sonny Clark 1931年7月21日~1963年1月13日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州ハーミニー生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはソニー・クラーク、1960年3月23日の録音、タイム・レーベルからのリリース。
共演者は、ベースがベースがジョージ・デュヴィヴィエ、ドラムがマックス・ローチ。
「Cool Struttin'」 の続編と思って聴くと、これが同じピアニストと思えないほど演奏が違う。
演目は、全曲ソニー・クラークで、どの曲も魅力的。
ガチガチした黒人さが消えている、白人的な音で意外性を感じる。
調べると理由がタイム・レーベルにある、このレーベルはこいう音を好んだとされる。
まして当CDは 「日本フォノグラム・ソニック・コンピューター・システム」 による徹底的なヒス除去された一枚。
ボリュームを上げれば上げる程、その美しい音質に感動。
この音質で、ソニー・クラークの最高のトリオが聴けてホントしあわせ者だ。
一人静かに、秘かに聴く至宝の一枚。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「HMV」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはソニー・クラーク、1960年3月23日の録音、タイム・レーベルからのリリース。共演者は、ベースがベースがジョージ・デュヴィヴィエ、ドラムがマックス・ローチ。「Cool Struttin'」 の続編と思って聴くと、これが同じピアニストと思えないほど演奏が違う。演目は、全曲ソニー・クラークで、どの曲も魅力的。ガチガチした黒人さが消えている、白人的な音で意外性を感じる。調べると理由がタイム・レーベルにある、このレーベルはこいう音を好んだとされる。まして当CDは 「日本フォノグラム・ソニック・コンピューター・システム」 による徹底的なヒス除去された一枚。ボリュームを上げれば上げる程、その美しい音質に感動。この音質で、ソニー・クラークの最高のトリオが聴けてホントしあわせ者だ。一人静かに、秘かに聴く至宝の一枚。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲