青木高見のジャズコレクション Sonny Criss (as) ソニー・クリス

寸評
ソニー・クリス (Sonny Criss 出生名 : William Criss 1927年10月23日~1977年11月19日) はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれののジャズ・サクソフォン奏者。
チャーリー・パーカーの影響を受けた。
1947年 ノーマン・グランツによって数々のジャム・セッションに参加。
1956年 インペリアル・レコードと契約し数々の名アルバムを録音。
1965年 プレスティッジ・レコードと契約、純粋のハード・バップ演奏に名声が高まる、その後もミューズやインパルスと契約し名演を残す。
1977年 胃がんを発病、病苦に耐えかね自殺。
個人的にソニー・クリスを聴きじはじめた理由は、この 「自殺」 の二文字。
超が付くほど繊細だったにちがいない。
ソニー・クリス節ともいえる、華麗でイカしたアルトサックスの音色にハマると抜け出せない。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Sonny Criss / JAZZ-U.S.A. Sonny Criss / JAZZ-U.S.A.

Recorded : 1955

Personnel :
Sonny Criss (as)
Kenny Drew (p)
Barney Kessel (g)
Bill Woodson (b)
Chuck Thompson (ds)

Song name : 01. Willow Weep For Me
02. These Foolish Things
03. Blue Friday
04. Sunday
05. More Than You Know
06. Easy Living
07. Alabamy Bound
08. Something's Gotta Give
09. West Coast Blues
10. Criss Cross
11. Ham's Blues
12. Sweet Georgia Brown

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クリス (Sonny Criss 出生名 : William Criss 1927年10月23日~1977年11月19日) はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれののジャズ・サクソフォン奏者。
アルバムはソニー・クリス、1955年の録音、リーダー作通算3枚目。
共演者は、ピアノがケニー・ドリュー、ギターがバニー・ケッセル、ベースがビル・ウッドソン、ドラムがチャック・トンプソン。
チャーリー・パーカーを彷彿とさせるメロディーと音色。
それもそのはず、15歳のクリスがメンフィスからロスに行った際、チャーリー・パーカーやハワード・マギーのバンドでプレーした経験が影響しているという。
その後の人生を決定付けた、チャーリー・パーカーの強烈な洗礼。
聴きどころは、百戦練磨の共演者、ピアノのケニー・ドリュー、ギターのバニー・ケッセルのベストマッチ。
極上のハード・バップが炸裂。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : 共演者は、ピアノがケニー・ドリュー、ギターがバニー・ケッセル、ベースがビル・ウッドソン、ドラムがチャック・トンプソン。
チャーリー・パーカーを彷彿とさせるメロディーと音色。
それもそのはず、15歳のクリスがメンフィスからロスに行った際、チャーリー・パーカーやハワード・マギーのバンドでプレーした経験が影響しているという。
その後の人生を決定付けた、チャーリー・パーカーの強烈な洗礼。
聴きどころは、百戦練磨の共演者、ピアノのケニー・ドリュー、ギターのバニー・ケッセルのベストマッチ。
極上のハード・バップが炸裂。
(青木高見)





Sonny Criss / Go Man! Sonny Criss / Go Man!

Recorded : 1956

Personnel :
Sonny Criss (as)
Sonny Clark (p)
Leroy Vinnegar (b)
Lawrence Marable (ds)

Song name :
01. Summertime
02. Memories Of You
03. Wailin' With Joe
04. How Deep Is The Ocean
05. The Blues For Rose
06. The Man I Love
07. Until The Real Things Come Along
08. Blue Prelude
09. After You've Gone
10. Come Rain Or Come Shine
11. How High The Moon
12. If I Had You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クリス (Sonny Criss 出生名 : William Criss 1927年10月23日~1977年11月19日) はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれののジャズ・サクソフォン奏者。
アルバムはソニー・クリス、1956年の録音、ワンホーン、リーダー作通算4枚目。
共演者は、ピアノがソニー・クラーク、ベースがルロイ・ヴィネガー、ドラムがローレンス・マラべル。
演奏は、レベルがひじょうに高い、これからスタートするというソニー・クリスの強い意思が音に表れている。
個人的に、ソニー・クリスの聴き方を自分で決めている。
① 演奏年代によってアルトの微妙な音色の変化を楽しむ。
② 録音年代によって、第一弾は、特に50年代を楽しみたい。
③ 心境の変化でフランスに渡るも、66年に帰国してからの一連のプレスティッジへの演奏を楽しむ。
④ 1969年から74年までの5年間、姿をくらましたりしたが、再び登場した75年からの 「ザナドゥ」 や 「ミューズ」 レーベルの演奏を堪能する。
⑤ 最期となる1977年に、何と拳銃自殺、波乱万丈の人生、唯一の心の拠り所はアルトサックスだった事を思って聴く。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「HMV」に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはソニー・クリス、1956年の録音、ワンホーン、リーダー作通算4枚目。
共演者は、ピアノがソニー・クラーク、ベースがルロイ・ヴィネガー、ドラムがローレンス・マラべル。
演奏は、レベルがひじょうに高い、これからスタートするというソニー・クリスの強い意思が音に表れている。
個人的に、ソニー・クリスの聴き方を自分で決めている。
① 演奏年代によってアルトの微妙な音色の変化を楽しむ。
② 録音年代によって、第一弾は、特に50年代を楽しみたい。
③ 心境の変化でフランスに渡るも、66年に帰国してからの一連のプレスティッジへの演奏を楽しむ。
④ 1969年から74年までの5年間、姿をくらましたりしたが、再び登場した75年からの 「ザナドゥ」 や 「ミューズ」 レーベルの演奏を堪能する。
⑤ 最期となる1977年に、何と拳銃自殺、波乱万丈の人生、唯一の心の拠り所はアルトサックスだった事を思って聴く。
(青木高見)





Sonny Criss / Plays Cole Porter Sonny Criss / Plays Cole Porter

(注) このアルバムはソニー・クリスのリーダーアルバム扱いとしています。
演目がコール・ポーター曲集のため 「Cole Porter」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
August 21, 1956  #01, #02, #06, #07, #08, #09, #10,
October 3, 1956  #03, #04, #05,

Personnel :
Sonny Criss (as)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Larry Bunker (vib)
Sonny Clark (p)
Buddy Clark (b)
Lawrence Marable (ds)

Song name :
01. I Love You
02. Anything Goes
03. Easy To Love
04. It's All Right With Me
05. In The Still Of The Night
06. Love For Sale
06. Night And Day
08. Just One Of Those Things
09. What Is This Thing Called Love?
10. I Get A Kick Out Of You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クリス (Sonny Criss 出生名 : William Criss 1927年10月23日~1977年11月19日) はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれののジャズ・サクソフォン奏者。
コール・ポーター (Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日) はアメリカ合衆国インディアナ州の作曲家・作詞家。
アルバムはソニー・クリス、1956年の録音、コール・ポーター集、リーダー作通算5枚目。
ソニー・クリスのディスコグラフィーの中でインペリアル・レーベルの三部作の一つ。
ほかの二枚は 「ゴー・マン」 と 「ジャズU.S.A」。
師匠のチャーリー・パーカーも、晩年コール・ポーターを演奏をしているが、あえて挑戦した意気込みに惚れる。
いい意味でチャーリー・パーカーの陰影さを持ちつつ、ストレートに仕上げた。
明るい音の影にセンチメンタルが見え隠れ、すでにソニー・クリス節は完成している。
ピアノがソニー・クラークなので二度おいしい。
(青木高見)





Sonny Criss / At the Crossroads Sonny Criss / At the Crossroads

Recorded : March 1959

Personnel :
Sonny Criss (as)
Ole Hansen (tb) #1
Wynton Kelly (p) / Joe Scott
Bob Cranshaw (b)
Walter Perkins (ds)

Song name :
01. Sweet Lorraine
02. You Don't Know What Love is
03. I Got it Bad
04. Sylvia
05. Softly as in a Morning Sunrise
06. Butt's Delight
07. Indiana

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クリス (Sonny Criss 出生名 : William Criss 1927年10月23日~1977年11月19日) はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれののジャズ・サクソフォン奏者。
アルバムはソニー・クリス、1959年3月の録音、ピーコック・レーベルからのリリース、LP時代、その希少性からファンの間で隠れた名盤とされた、リーダー作通算6枚目。
共演者は、ピアノがウイントン・ケリーで契約上の問題で 「ジョー・スコット」 という変名で参加している。
こういうのが秘密めいて堪らない。
その他、トロンボーンがオラ・ハンセン、ベースがボブ・クランショウ、ドラムがウォルター・パーキンス。
思えばソニー・クリスは、アルトの生演奏にこだわり、頑(かたく)なに西海岸を離れず、スタジオ演奏を拒んだため過小評価されてしった感がある。
そんなクリスを、ベースのボブ・クランショウとドラムのウォルター・パーキンスが応援しているような音が何とも嬉しい。
そして全体を引き締しるのが、大御所ウイントン・ケリー。
名盤とは、必ずしも名盤だからいいというものではない見本。
特に芸術作品にはエピソードが、その価値を高低をきめてしまう事が多い。
くそくらえダ!
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはソニー・クリス、1959年3月の録音、ピーコック・レーベルからのリリース、LP時代、その希少性からファンの間で隠れた名盤とされた、リーダー作通算6枚目。
共演者は、ピアノがウイントン・ケリーで契約上の問題で 「ジョー・スコット」 という変名で参加している。
こういうのが秘密めいて堪らない。
その他、トロンボーンがオラ・ハンセン、ベースがボブ・クランショウ、ドラムがウォルター・パーキンス。
思えばソニー・クリスは、アルトの生演奏にこだわり、頑(かたく)なに西海岸を離れず、スタジオ演奏を拒んだため過小評価されてしった感がある。
そんなクリスを、ベースのボブ・クランショウとドラムのウォルター・パーキンスが応援しているような音が何とも嬉しい。
そして全体を引き締しるのが、大御所ウイントン・ケリー。
名盤とは、必ずしも名盤だからいいというものではない見本。
特に芸術作品にはエピソードが、その価値を高低をきめてしまう事が多い。
くそくらえダ!
(青木高見)





Sonny Criss / This Is Criss ! Sonny Criss / This Is Criss !

Recorded : October 21, 1966

Personnel :
Sonny Criss (as)
Walter Davis,jr.(p)
Paul Chambers (b)
Alan Dawson (ds)

Song name :
01. Black Coffee
02. Days Of Wine And Roses
03. When Sunny Gets Blue
04. Greasy
05. Sunrise, Sunset
06. Steve's Blues
07. Skylark
8. Love For Sale

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クリス (Sonny Criss 出生名 : William Criss 1927年10月23日~1977年11月19日) はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれののジャズ・サクソフォン奏者。
アルバムはソニー・クリス、1966年10月21日の録音、ワンホーン、リーダー作通算9枚目。
共演者は、ピアノがウォルター・デイビス・ジュニア、ベースがポール・チェンバース、ドラムがアラン・ドーソン。
バックの控えめな演奏が一層ソニー・クリスの輪郭を際立たせる。
初期の一連の三部作より、落ち着きと広さが加わった感じがいい。
タイトルが 「This iS Criss!」 が内容を象徴していて、何とも微笑(ほほえ)ましい。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはソニー・クリス、1966年10月21日の録音、ワンホーン、リーダー作通算9枚目。
共演者は、ピアノがウォルター・デイビス・ジュニア、ベースがポール・チェンバース、ドラムがアラン・ドーソン。
バックの控えめな演奏が一層ソニー・クリスの輪郭を際立たせる。
初期の一連の三部作より、落ち着きと広さが加わった感じがいい。
タイトルが 「This iS Criss!」 が内容を象徴していて、何とも微笑(ほほえ)ましい。
(青木高見)





Sonny Criss / Portrait of Sonny Criss Sonny Criss / Portrait of Sonny Criss

Recorded : March 23, 1967

Personnel :
Sonny Criss (as)
Walter Davis,jr.(p)
Paul Chambers (b)
Alan Dawson (ds)

Song name :
01. A Million or More Times
02. Wee
03. God Bless the Child
04. On a Clear Day
05. Blues in the Closet
06. Smile

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント :  メインコメント : ソニー・クリス (Sonny Criss 出生名 : William Criss 1927年10月23日~1977年11月19日) はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれののジャズ・サクソフォン奏者。
アルバムはソニー・クリス、1967年3月23日の録音、ソニー・クリスのワンホーン、リーダー作通算10枚目。
共演者は、ピアノがウォルター・デイビス・ジュニア、ベースがポール・チェンバース、ドラムがアラン・ドーソン。
「This Is Criss !」 の翌年の録音でメンバーも同じ。
ジャケットデザイン、白いセーターにアルトを持ったクリスのポートレイト、まさにアルバムタイトルにふさわしい。
演目は 「A Million or More Times」 はどこかのコマーシャルの様でチャーミング。
「God Bless the Child」 は、力まない円熟のバラード。
ディスコグラフィーの中堅に位置するこういうアルバムにこそ、普段着のソニー・クリスが封印されている。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはソニー・クリス、1967年3月23日の録音、ソニー・クリスのワンホーン、リーダー作通算10枚目。
共演者は、ピアノがウォルター・デイビス・ジュニア、ベースがポール・チェンバース、ドラムがアラン・ドーソン。
「This Is Criss !」 の翌年の録音でメンバーも同じ。
ジャケットデザイン、白いセーターにアルトを持ったクリスのポートレイト、まさにアルバムタイトルにふさわしい。
演目は 「A Million or More Times」 はどこかのコマーシャルの様でチャーミング。
「God Bless the Child」 は、力まない円熟のバラード。
ディスコグラフィーの中堅に位置するこういうアルバムにこそ、普段着のソニー・クリスが封印されている。
(青木高見)





Sonny Criss / Up Up and Away Sonny Criss / Up Up and Away

Recorded : August 18, 1967

Personnel :
Sonny Criss (as)
Cedar Walton (p)
Tal Farlow (g)
Bob Cranshaw (b)
Lenny McBrowne (ds)

Song name :
01. Up, Up And Away
02. Willow Weep For Me
03. This Is For Benny
04. Sunny
05. Scrapple From The Apple
06. Paris Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クリス (Sonny Criss 出生名 : William Criss 1927年10月23日~1977年11月19日) はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれののジャズ・サクソフォン奏者。
アルバムはソニー・クリス、1967年8月18日の録音、リーダー作通算11枚面目。
共演者は、ピアノがシダー・ウォルトン、ギターがタル・ファーロー、ベースがボブ・クランショウ、ドラムがレニー・マクブラウン。
ベテラン・ピアノのシダー・ウォルトンに、技巧派ギターのタル・ファーローとソニー・クリスの共演。
最初は脳天気な気持ちで聴いていると、徐々に押し寄せてくる哀愁。
唯一、五曲目に 「Scrapple From The Apple」 を入れた心意気が堪らない。
頑固なまでの師匠のチャーリー・パーカーへの忠誠心は、まさに職人魂。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはソニー・クリス、1967年8月18日の録音、リーダー作通算11枚面目。
共演者は、ピアノがシダー・ウォルトン、ギターがタル・ファーロー、ベースがボブ・クランショウ、ドラムがレニー・マクブラウン。
ベテラン・ピアノのシダー・ウォルトンに、技巧派ギターのタル・ファーローとソニー・クリスの共演。
最初は脳天気な気持ちで聴いていると、徐々に押し寄せてくる哀愁。
唯一、五曲目に 「Scrapple From The Apple」 を入れた心意気が堪らない。
頑固なまでの師匠のチャーリー・パーカーへの忠誠心は、まさに職人魂。
(青木高見)





Sonny Criss / The Beat Goes On! Sonny Criss / The Beat Goes On!

Recorded : February 12, 1968

Personnel :
Sonny Criss (as)
Cedar Walton (p)
Bob Cranshaw (b)
Alan Dawson (ds)
 
Song name :
01. The Beat Goes On
02. Georgia Rose
03. Somewhere My Love
04. Calidad
05. Yesterdays
06. Ode to Billie Joe

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クリス (Sonny Criss 出生名 : William Criss 1927年10月23日~1977年11月19日) はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれののジャズ・サクソフォン奏者。
アルバムはソニー・クリス、1968年2月12日の録音、リーダー作通算12枚目、プレスティジ・レコードからのリリース。
共演者は、ピアノがシダー・ウォルトン、ベースがボブ・クランショウ、ドラムがアラン・ドーソン。
聴きどころは、ソニー・ボノ作曲のタイトルにもなっている 「The Beat Goes On」 のカヴァー。
それと、技巧派ピアノニストのシダー・ウォルトンの共演。
シダー・ウォルトンとベースのボブ・クランショウは前年のアルバムの 「Sonny Criss / Up Up and Away」 でも共演して意気投合している。  この時期、ソニー・クリスは絶頂期で、どんな曲を吹いても無難にこなした上で、クリス節が色濃く出てファンにはたまらない。
こういう中堅のアルバムにこそ、ソニー・クリスの本来の姿が秘められていて、涙ものといえる。
(青木高見)





Sonny Criss / Saturday Morning Sonny Criss / Saturday Morning

Recorded : March 1, 1975

Personnel :
Sonny Criss (as)
Barry Harris (p)
Leroy Vinnegar (b)
Lenny Mcbrowne (ds)

Song name :
01. Angel Eyes
02. Tin Tin Deo
03. Jeannie's Knees
04. Saturday Morning
05. My Heart Stood Still
06. Until the Real Thing Comes Along

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クリス (Sonny Criss 出生名 : William Criss 1927年10月23日~1977年11月19日) はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれののジャズ・サクソフォン奏者。
アルバムはソニー・クリス、1975年3月1日の録音、ザナドゥ・レーベルからのリリース、リーダー作通算18枚目。
共演者は、ピアノがバリー・ハリス、ベースがリロイ・ヴィネガー、ドラムがレニー・マクブラウン。
ディスコグラフィの中で後期になる。
かすれたアルトの音色は更に磨きがかかり、いたるところにクリス節が痛くて沁みる。
明るい中にも、哀愁おびた叙情、寂しさ。
切々と吹き上げるソニー・クリス、この時、何を思って吹いていたのだろう。
ピアノは燻銀(いぶしぎん)の親爺、バリー・ハリスが更なる高みへといざなう。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはソニー・クリス、1975年3月1日の録音、ザナドゥ・レーベルからのリリース、リーダー作通算18枚目。
共演者は、ピアノがバリー・ハリス、ベースがリロイ・ヴィネガー、ドラムがレニー・マクブラウン。
ディスコグラフィの中で後期になる。
かすれたアルトの音色は更に磨きがかかり、いたるところにクリス節が痛くて沁みる。
明るい中にも、哀愁おびた叙情、寂しさ。
切々と吹き上げるソニー・クリス、この時、何を思って吹いていたのだろう。
ピアノは燻銀(いぶしぎん)の親爺、バリー・ハリスが更なる高みへといざなう。
(青木高見)





Sonny Criss / Crisscraft Sonny Criss / Crisscraft

Recorded : February 24, 1975

Personnel :
Sonny Criss (as)
Dolo Coker (p)
Ray Crawford (g) out#01
Larry Gales (b)
Jimmie Smith (ds)

Song name :
01. The Isle Of Celia
02. Blues In My Heart
03. This Is For Benny
04. All Night Long
05. Crisscraft

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クリス (Sonny Criss 出生名 : William Criss 1927年10月23日~1977年11月19日) はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれののジャズ・サクソフォン奏者。
アルバムはソニー・クリス、1975年2月24日の録音、ミューズ・レーベルからのリリース、リーダー作通算19枚目。
共演者は、ピアノがドロ・コーカー、ギターがレイ・クロフォード、ベースがラリー・ゲイルズ、ドラムがジミー・スミス。
ジャケットだが、ソニー・クリスがアルトを吹いている写真のものと、この船のジャケットがある。
たぶん 「クリスクラフト」 なので、高級ボートメーカーの 「クリスクラフト」 との語呂合わせだと思う。
演奏は、1曲目 「The Isle Of Celia」 は、どこかで聴いた曲かと思えば。
ホレス・シルバーの 「ソング・フォー・マイ・ファザー」 とそっくりだ。
違うと言っても 「ソング・フォー・マイ・ファザー」 そのもの、その経緯を知りたい。
ピアノのドロ・コカー、ギターのレイ・クロフォードは隠れた名手。
この二人とソニー・クリスの共演というだけで期待感が湧く。
レーベルも 「ミューズ」 で益々貴重感が高まる。
ソニー・クリス自身は、もう、誰にも真似のできない孤高の境地に達している。
1977年に亡くなるので、僅か二年、そう思って聴くと目頭が熱くなる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはソニー・クリス、1975年2月24日の録音、ミューズ・レーベルからのリリース、リーダー作通算19枚目。
共演者は、ピアノがドロ・コーカー、ギターがレイ・クロフォード、ベースがラリー・ゲイルズ、ドラムがジミー・スミス。
ジャケットだが、ソニー・クリスがアルトを吹いている写真のものと、この船のジャケットがある。
たぶん 「クリスクラフト」 なので、高級ボートメーカーの 「クリスクラフト」 との語呂合わせだと思う。
演奏は、1曲目 「The Isle Of Celia」 は、どこかで聴いた曲かと思えば。
ホレス・シルバーの 「ソング・フォー・マイ・ファザー」 とそっくりだ。
違うと言っても 「ソング・フォー・マイ・ファザー」 そのもの、その経緯を知りたい。
ピアノのドロ・コカー、ギターのレイ・クロフォードは隠れた名手。
この二人とソニー・クリスの共演というだけで期待感が湧く。
レーベルも 「ミューズ」 で益々貴重感が高まる。
ソニー・クリス自身は、もう、誰にも真似のできない孤高の境地に達している。
1977年に亡くなるので、僅か二年、そう思って聴くと目頭が熱くなる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲