青木高見のジャズコレクション Cedar Walton (p) シダー・ウォルトン


寸評
シダー・ウォルトン (Cedar Walton 1934年1月17日~2013年8月19日) はアメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれのジャズ・ピアニスト、作曲者、音楽監督。
1955年代、ケニー・ドーハム・バンドに在籍。
1960年代、アート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに3年間在籍。
正確無比のモダン・ジャズ・ピアノが特徴。
一音一音に迫力がある。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Cedar Walton / Cedar! Cedar Walton / Cedar!

Recorded : July 10, 1967

Personnel :
Cedar Walton (p)
Kenny Dorham (tp) #01, #02, #05, #06, #07
Junior Cook (ts) #01, #05, #06
Leroy Vinnegar (b)
Billy Higgins (ds)

Song name :
01. Turquoise Twice
02. Twilight Waltz
03. My Ship
04. Short Stuff
05. Head and Shoulders
06. Come Sunday
07. Take the "A" Train [Bonus track on CD reissue]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : シダー・ウォルトン (Cedar Walton 1934年1月17日~2013年8月19日) はアメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれのジャズ・ピアニスト、作曲者、音楽監督。
アルバムはシダー・ウォルトン、1967年7月10日の録音、プレスティッジ・レーベルからのリリース。
共演者は、トランペットがケニー・ドーハム、テナーサックスがジュニア・クック、ベースがリロイ・ヴィネガー、ドラムがビリー・ヒギンス。
かつて 「ジャズ喫茶」 全盛時代、何度もリクエストがあっシダー・ウォルトンの数少ないリーダー作。
録音当時、シダー・ウォルトン33歳、当然共演者も、みな若い。
演奏は、そのため明るく溌剌として聴いていて気持ちいい。
アルバム・ジャケットは木目のデザイン。
「Cedar」 が 「杉材」 の意味で、こうなったと思う。
(青木高見)





Cedar Walton / My Funny Valentine Sweet Basil Trio Cedar Walton / My Funny Valentine Sweet Basil Trio

Recorded : February 15, 1991

Personnel :
Cedar Walton (p)
Ron Carter (b)
Billy Higgins (ds)

Song name :
01. My Funny Valentine
02. Just In Time
03. Detour Ahead
04. Memories Of You
05. 'Round Midnight

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : シダー・ウォルトン (Cedar Walton 1934年1月17日~2013年8月19日) はアメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれのジャズ・ピアニスト、作曲者、音楽監督。
アルバムはシダー・ウォルトン、1991年2月15日の録音、国内のアルファ・レコードからのリリース、ニューヨーク・ジャズクラブ・スイート・ベイジルのライブ。
共演者は、ベースがロン・カーター、ドラムがビリー・ヒギンズ。
ピアノトリオはスイート・ベイジルに出演するために結成された 「スイート・ベイジル・トリオ」。
当アルバムはアルファ・レコードの最初のアルバム・ジャケットで所持。
演奏は、居ながらにして、スイート・ベイジルの席に座っているような臨場感に浸れる。
百戦錬磨の3人による非の打ち所のない演奏がいい。
個人的に、シダー・ウォルトンはイースタン・リベリオンとアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに加入し新風を吹き込んだ時の印象が強い。
惜しくも2013年に亡くなってしまった。
どこかで、バリバリ演奏している様な気がしてならない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲