青木高見のジャズコレクション Walter Davis, Jr. (p) ウォルター・デイビス・ジュニア


寸評
ウォルター・デイヴィス・ジュニア(Walter Davis, Jr. 1932年9月2日~1990年6月2日)はアメリカ合衆国バージニア州リッチモンド生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
経歴は。 1950年代 マックス・ローチがウォルター・デイヴィス・ジュニアとハンク・モブレーを引き抜いてレギュラーにした程の腕。
1958年 アート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに在籍。
1960年代 一時引退するも、1970年代に復帰し多くのギグに参加。
クリント・イーストウッド監督の映画 「バード」 に楽曲を提供。
ハード・バップを根底にリズムと和音をダイナミックかつ繊細に表現するピアノは圧巻。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Walter Davis Jr. / Scorpio Rising Walter Davis Jr. / Scorpio Rising

Recorded : June 27, 1989

Personnel :
Walter Davis Jr. (p)
Santi Debriano (b)
Ralph Peterson (ds)

Song name :
01. Backgammon
02. Why Did I Chose You ?
03. Just One of Those Things
04. Pranayama
05. Two Different Worlds
06. 400 Years Ago Tomorrow
07. Skylark
08. Scorpio Rising

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ウォルター・デイヴィス・ジュニア(Walter Davis, Jr. 1932年9月2日~1990年6月2日)はアメリカ合衆国バージニア州リッチモンド生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはウォルター・デイヴィス・ジュニア、1989年6月27日の録音、スティープルチェイス・レーベルからのリリース。
共演者は、ベースがサンティ・デブリアーノ、ドラムがラルフ・ピーターソン。
サンティ・デブリアーノのベースは、粘っこさと明確さが特徴、オリバー・レイクやラヴィ・コルトレーンなどから熱いコールがある程の実力派。
ラルフ・ピーターソンのドラムは、個人的にジェリ・アレンとのユニットで知った、デビュー当時、少々叩き過ぎる印象が強かったが、当アルバムでは怒涛のピアノだったのでウルさく感じない。
ウォルター・デイヴィス・ジュニア本人は、久しぶりにピアノ・トリオの醍醐味をあじあわせてくれた。
明確なメロディーライン、大胆でいて繊細、都会的なスピード感がたまらない。
冒頭の 「Backgammon」 は度肝を抜かれる。
(青木高見)





Walter Davis Jr. / Illumination (Jazz City・PCCY-30026) Walter Davis Jr. / Illumination (Jazz City・PCCY-30026)

Recorded : May 1988

Personnel :
Walter Davis Jr. (p)
Bob Movor (as)
Ron Carter (b)
Kenny Washington (ds)

Song name :
01. Uranus
02. Be My Love
03. Reflections/Crepuscule With Nellie
04. Gone
05. Illumination
06. Do You Know What It Means To Miss New Orleans
07. Wail
08. On The Real Side
09. Back Gammon
10. My Heart Stood Still
11. Ruby My Dear

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ウォルター・デイヴィス・ジュニア(Walter Davis, Jr. 1932年9月2日~1990年6月2日)はアメリカ合衆国バージニア州リッチモンド生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはウォルター・デイヴィス・ジュニア、1988年5月の録音、日本の 「ジャズシティ・レーベル」 からのリリース。
共演者は、アルト・サックスがボブ・ムーヴァー、ベースがロン・カーター、ドラムがケニー・ワシントン。
演奏は、上質のジャズ・ピアノをたっぷリ楽しめる。
ただ演目の 「Back Gammon」 は、アルバム 「Scorpio Rising」 程ではない。
理由は、ベースのロン・カーターだと思う、どうしても気品が先に出てしまい不良っぽさとか危険さが減ってしまう。
肝心なピアノは、サスティンが強すぎて室内ジャズっぽくなってしまった。
やはり、そこらへんがジャズの難しいところ。
(青木高見)





Walter Davis Jr. / Kenny Clarke Pierre Michelot 「LIVE AU DREHER」 Walter Davis Jr. / Kenny Clarke Pierre Michelot 「LIVE AU DREHER」

Recorded :
March 27-28, 1981

Personnel :
Walter Davis Jr. (p)
Kenny Clarke (ds)
Pierre Michelot (b)

Song name :
01. Confirmation
02. All God's Chillun Got Rythm
03. Celia
04. X.W D
05. Lityle Benny
06. Round Midnight
07. John's Abbey
08. 52nd Street Theme
09. Monk's Mood

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ウォルター・デイヴィス・ジュニア(Walter Davis, Jr. 1932年9月2日~1990年6月2日)はアメリカ合衆国バージニア州リッチモンド生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはウォルター・デイヴィス・ジュニア、1981年3月27日・28日の録音、数少ないピアノ・トリオ・ライブ。
共演者は、ドラムがケニー・クラーク、ベースがピエール・ミシェロ。
デクスター・ゴードンなどの渡欧したミュージシャンをサポートしたリズム陣。
ライブはパリのクラブ 「DREHER」 。
惜しいが音質が悪い。
しかし、狭いライブハウスの臨場感があり、その場に居合わせた様な気分になる。
バド・パウエル風に、わざと弾く場面もあり、やはり凄いピアニストだ。
(青木高見)





Walter Davis Jr. / Davis Cup Walter Davis Jr. / Davis Cup

Recorded : August 2, 1959

Personnel :
Walter Davis Jr. (p)
Donald Byrd (tp)
Jackie McLean (as)
Sam Jones (b)
Arthur Taylor (ds)

Song name :
01. 'S Make It
02 .Loodle-Lot
03. Sweetness
04. Rhumba Nhumba
05. Minor Mind
06. Millie’s Delight

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ウォルター・デイヴィス・ジュニア(Walter Davis, Jr. 1932年9月2日~1990年6月2日)はアメリカ合衆国バージニア州リッチモンド生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはウォルター・デイヴィス・ジュニア、1959年8月2日の録音、唯一のブルーノート・レーベルのリーダー作品。
共演者は、トランペットがドナルド・バード、アルト・サックスがジャッキー・マクリーン、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがアート・テイラー。
全曲ウォルター・デイヴィス・ジュニアの作。
リズム隊をグイグイ牽引していくピアノがいい。
それにしても、こんなに上手いのに、リーダー作が少ない。
正直なところ、ウォルター・デイヴィス・ジュニアをもっと聴きたいのだ。
ハード・バップを根底にリズムと和音をダイナミックかつ繊細に表現するピアノは圧巻。
ドナルド・バードのアルバムで 「 Donald Byrd / Byrd In Paris Vol.1 and 2 Rec : October 22, 1958 」 のピアノがウォルター・デイヴィス・ジュニアだった。
   (青木高見)




▲ページの上に戻る▲