青木高見のジャズコレクション Wardell Gray (ts) ワーデル・グレイ


略歴
ワーデル・グレイ (Wardell Gray 1921年2月13日~1955年5月25日) はアメリカ合衆国オクラホマシティ生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
もっと長生きしていたら、皆が知るところの有名ミュージシャンになっていただろう。
スイングからビバップへ進化していく時期に活躍したが途中突如と途絶える。
最期のラスベガスの郊外の砂漠で変死体で発見された。
ここまで素晴らしいミュージシャンが謎の死で後世まで暗いイメージがつきまとう。
実に不幸なミュージシャンといえる。
ここは、ひとまずそういう事は忘れて輝いていた時の音に思いっきり浸ろう。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】



【以下コンテンツ】


Wardell Gray / One For Prez Wardell Gray / One For Prez

Recorded : 11/23/1946

Personnel :

Wardell Gray (ts)
Dodo Marmarosa (p)
Red Callender (b)
Harold "Doc" West (ds)
Chuck Thompson (ds)

Song name :

01. Dell's Bells
02. One For Prez
03. The Man I Love
04. Easy Swing
05. The Great Lie
06. Dell's Bells
07. One For Prez
08. The Man I Love
09. Easy Swing
10. Dell's Bells
11. Dell's Bells
12. Dell's Bells
13. The Man I Love
14. One For Prez
15. One For Prez
16. One For Prez

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ワーデル・グレイ(Wardell Gray 1921年2月13日~1955年5月25日)はアメリカ合衆国オクラホマシティ生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
アルバムはワーデル・グレイ若干25歳、1946年の録音。
共演者はピアノがドド・マーマロサ、ベースがレッド・カレンダー、ドラムがハロルド・ドック・ウェスト。
5曲目の「The Great Lie」のみドラムがチャック・トンプソン。
演目はワーデル・グレイの曲を中心にガーシュインの「The Man I Love」などの卓越した演奏が楽しめる。
オルタネイト・テイクが収録されて全16曲は貴重といえる。
共演者のドド・マーマロサの参加にも注目で、粋なピアノとワーデル・グレイとのユニゾンが実に素晴らしい。
ジャズの聴き方に前評判とか事前情報にたよらず、自分の耳だけを頼りに聴く楽しみがある。
さしずめこのワーデル・グレイは、その典型といえる。
知名度の低さ、人気のなさが、たまらない隠匿性があって一人悦に入(い)る。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : ワーデル・グレイ、1946年の録音。
演目はワーデル・グレイの曲を中心にガーシュインの「The Man I Love」などの卓越した演奏が楽しめる。
オルタネイト・テイクが収録されて全16曲は貴重といえる。
共演者のドド・マーマロサの参加にも注目で、粋なピアノとワーデル・グレイとのユニゾンが実に素晴らしい。
(青木高見)





Wardell Gray / Memorial Volume One Wardell Gray / Memorial Volume One

Recorded : 
11/11/1949
02/20/1953

Personnel :

#01-#14
Rec : 11/11/1949
Wardell Gray (ts)
Al Haig (p)
Tommy Potter (b)
Roy Haynes (ds)

#15-#18
Rec : 02/20/1953
Wardell Gray (ts)
Frank Morgan (as)
Sonny Clark (p)
Teddy Charles (vib)
Dick Nivison (b)
Lawrence Marable (ds)

Song name :

01. Twisted
02. Twisted [Alternate Take C]*
03. Twisted [Alternate Take A]*
04. Twisted [Alternate Take D]*
05. Easy Living
06. Easy Living [Alternate Take]*
07. Southside
08. Southside [Alternate Take D]*
09. Southside [Alternate Take A]*
10. Southside [Alternate Take B]*
11. Southside [Alternate Take C]*
12. Southside [Alternate Take F]*
13. Southside [Alternate Take G]*
14. Sweet Lorraine
15. So Long Broadway
16. Paul's Cause
17. Man I Love
18. Lavonne
* Bonus Track

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ワーデル・グレイ(Wardell Gray 1921年2月13日~1955年5月25日)はアメリカ合衆国オクラホマシティ生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
アルバムはワーデル・グレイ、1949年と1953年の録音。
共演者は1949年録音で、ピアノがアル・ヘイグ、ベースがトミー・ポッター、ドラムがロイ・ヘインズ。
1953年でピアノがソニー・クラーク、アルト・サックスがフランク・モーガン、ヴァイブがテディ・チャールス、ベースがディック・ニヴィソン、ドラムがローレンス・マラブル。
どうだろう、この豪華共演者は、それでいて演目はCD化に伴いオルタネイト・テイクがボーナス・トラックとして、オマケで入っている。
特に「Easy Living」の巧さは、いったい何だろう。
やはりワーデル・グレイは天才だったのだ。
面白いのはジャンキー仲間のアルト・サックスがフランク・モーガンが入っている。
フランク・モーガンは監獄入りで人生の半分を棒に振ったが出所後、カンバックして人気を得た。
いっぽうワーデル・グレイはラスベガスの郊外の砂漠で変死体で発見された。
いずれにしても人種差別の中、二人の、どちらが充実していたかは神のみぞ知る。
ジャズという音楽で燃焼しきった二人に、後悔の念など無いかもしれない。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : ワーデル・グレイ、1949年と1953年の録音。
どうだろう、この豪華共演者は、ピアノがアル・ヘイグとソニー・クラークだ。
それでいて演目はCD化に伴いオルタネイト・テイクがボーナス・トラックとして、たっぷり入っている。
特に「Easy Living」の巧さは、いったい何だろう。
やはりワーデル・グレイは天才だったのだ。
この様なアルバムを丁寧に聴いたうえでメジャーなミュージシャンの真価もわかる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲