青木高見のジャズコレクション Benny Golson (ts, comp, arr) ベニー・ゴルソン


寸評
ベニー・ゴルソン (Benny Golson 1929年1月25日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・サクソフォーン奏者、作曲家、編曲家、音楽監督。
長きにわたるジャズ人生は、そのままジャズの生き証人として大変貴重な音楽家といえる。
今なお現役で活躍していることも凄い 「ブルース・マーチ」 「ウイスパー・ノット」 「リメンバー・クリフォード」 などの名曲を世に送り出した功績も大きい。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
      sell

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Benny Golson / The Other Side Of Benny Golson Benny Golson / The Other Side Of Benny Golson

Recorded : November 12, 1958

Personnel :
Benny Golson (ts)
Barry Harris (p)
Curtis Fuller (tb)
Jymie Merritt (b)
Philly Joe Jones (ds)

Song name :
01. Strut Time
02. Jubilation
03. Symptoms
04. Are You Real?
05. Cry a Blue Tear
06. This Night

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ベニー・ゴルソン (Benny Golson 1929年1月25日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・サクソフォーン奏者、作曲家、編曲家、音楽監督。
アルバムはベニー・ゴルソン、1958年11月12日の録音、リヴァーサイド・レコードからのリリース。
共演者は、ピアノがバリー・ハリス、トロンボーンがカーティス・フラー、ベースがジミー・メリット、ドラムがフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
録音時、ベニー・ゴルソンはアート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズに在籍していた。
アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズの名盤 「Art Blakey and The Jazz Messengers / Moanin'」 の録音が1958年10月30日の録音なので、まだ熱が覚めやらぬ時期になる。
また、1958年12月21日にはパリのクラブ・サンジェルマン 「Art Blakey and The Jazz Messengers / Au Club St Germain 1958」 のライブに出演、これがブルーノート・レーベルからリリースされる。
この事から考えると、間隙を縫ったような本作、リヴァーサイド・レコードからのリリースという事が聴き処といえる。
また共演者がいい。
ピアノはボビー・ティモンズとは一味二味も違うバッパーのバリー・ハリス。
この後、共演していくとなるカーティス・フラーがベニー・ゴルソンを優しく包む。
ベースがジミー・メリットは、そのままジャズ・メッセンジャーズの音で、これはこれで正統でいい。
ドラムは強烈なアート・ブレイキーではなく、おしゃれなフィーリー・ジョー・ジョーンズ。
以上、ベニー・ゴルソンの異なる側面の演奏を聴くことができる。
そうだ、これでこのアルバム・タイトルの謎が解けた 「The Other Side Of Benny Golson」。
(青木高見)





Benny Golson / Groovin' With Golson Benny Golson / Groovin' With Golson

Recorded : September 28, 1959

Personnel :
Benny Golson (ts)
Ray Bryant (p)
Curtis Fuller (tb)
Paul Chambers (b)
Art Blakey (ds)

Song name :
01. My Blues House
02. Drum Boogie
03. I Didn't Know What Time It Was
04. The Stroller
05. Yesterdays

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ベニー・ゴルソン (Benny Golson 1929年1月25日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・サクソフォーン奏者、作曲家、編曲家、音楽監督。
アルバムはベニー・ゴルソン、1959年9月28日の録音、ニュージャズ・レーベルからのリリース。
共演者は、ピアノがレイ・ブライアント、トロンボーンがカーティス・フラー、ベースがポール・チェンバース、ドラムがアート・ブレイキー。
演奏はハード・バップだが、激しくなく淡々としたリズムと洗練されたハーモニーがいい。
本来、ベニー・ゴルソンは、この様な淡々とした演奏をするミュージシャンだと改めて感じた。
バックで、百戦錬磨のピアノのレイ・ブライアント、完璧ベースのポール・チェンバース、このアルバムでは控えめで神妙なアート・ブレイキーも聴き逃せない。
話はそれるが、1958年、ジャズ・メッセンジャーズに在籍していたジャッキー・マクリーンが麻薬で逮捕されてしまった。
この後釜に入ったのがベニー・ゴルソンだった。
アート・ブレイキーは、この作曲と編曲に優れたベニー・ゴルソンを音楽監督に据える。
ゴルソンは手始めに編成を一新。
メンバーは、ピアノがボビー・ティモンズ、トランペットがリー・モーガン、ベースがジミー・メリット、そしてゴルソンという布陣がここに完成する。
新生ジャズ・メッセンジャーズの誕生である。
その後、ティモンズ作の 「モーニン」 や、ゴルソン作の 「ブルース・マーチ」 を引っさげ来日。
この日から、蕎麦屋の出前までが鼻歌で歌う 「モーニン」 が爆発的な人気となり、日本でジャズ旋風が巻き起った。
(青木高見)





Benny Golson / Brown Immortal Benny Golson / Brown Immortal

Recorded : March 30-31, 1997


Personnel :
Benny Golson (ts)
Mike LeDonne (p)
John Swana (tp)
Ron Blake (ts)
Peter Washington (b)
Joe Farnsworth (ds)
Tito Puente (per)
Carlos ''Patato'' Valdes (per)

Song name :
01. Brown Immortal
02. Five Spot After Dark
03. Dear Old Stockholm
04. Matinee
05. You Are The First To know
06. Lullaby Of Birdland
07. Tito Puente
08. Horizon Ahead
09. Ever More

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ベニー・ゴルソン (Benny Golson 1929年1月25日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・サクソフォーン奏者、作曲家、編曲家、音楽監督。
アルバムはベニー・ゴルソン、1997年3月30日・31日の録音、68歳の円熟の演奏を楽しめる。
共演者は、ピアノがマイク・ルドン、テナーサックスがロン・ブレイク、トランペットがジョン・スワーナ、ベースがピータ・ワシントン、ドラムがジョー・ファンスワース、パーカッションがティト・プエンテとカルロス・ヴァルデス。
あまり耳にしない共演者だが、演奏は申し分ない。 アルバムのために、特別に書き下ろした冒頭の曲 「ブラウン・インモータル」 がカッコいい。
最新の録音機材のため透き通るように音が綺麗。
(青木高見)





Benny Golson / Tenor Legacy / Benny Golson Tenor Summit sell Benny Golson / Tenor Legacy / Benny Golson Tenor Summit

Recorded : January 29-30, 1996

Personnel :
Benny Golson (ts)
Branford Marsalis (ts)
James Carter (ts)
Harold Ashby (ts)
Geoff Keezer (p)
Dwayne Burno (b)
Joe Farnsworth (ds)

Song name :
01. Lester Leaps In (レスター・ヤングに捧ぐ)
02. Body and Soul (コールマン・ホーキンスに捧ぐ)
03. St.Thomas (ソニー・ロリンズに捧ぐ)
04. Cry Me A River (デクスター・ゴードンに捧ぐ)
05. My Favorite Things (ジョン・コルトレーンに捧ぐ)
06. Whisper Not (ベニー・ゴルソンに捧ぐ)
07. Girl From Ipanema (スタン・ゲッツに捧ぐ)
08. My Old Flame (ズート・シムズに捧ぐ)
09. Lover Come Back To Me (ベン・ウェブスターに捧ぐ)
10. In Memory Of (ドン・バイアスに捧ぐ)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ベニー・ゴルソン (Benny Golson 1929年1月25日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・サクソフォーン奏者、作曲家、編曲家、音楽監督。
アルバムはベニー・ゴルソン、1996年1月29日・30日の録音、アルバム・タイトルはズバリ 「ベニー・ゴルソン・テナー・サミット」、アルバムのリーダーはベニー・ゴルソン、企画は日本、プロデューサーは木全信。
内容は史上名高いテナーサックスの巨匠の代表曲を、ベニー・ゴルソン、ブランフォード・マルサリス、ジェームス・カーター、ハロルド・アシュビーが演奏。
リズム陣は、ピアノがジェフ・キーザー、ベースがドゥエイン・バーノ、ドラムがジョー・ファンスワーフ。
(青木高見)





Art Farmer Benny Golson / Meet The Jazztet Art Farmer Benny Golson / Meet The Jazztet

(注) このアルバムはアート・ファーマーのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Art Farmer 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Released : May 1,1960

Personnel :
Art Farmer (tp)
Benny Golson (ts)
Curtis Fuller (tb)
McCoy Tyner (p)
Addison Farmer (b)
Lex Humphries (ds)

Song name :
01. Serenata
02. It Ain't Necessarily So
03. Avalon
04. I Remember Clifford
05. Blues March
06. That's All Right With Me
07. Park Avenue Petite
08. Mox Nix
09. Easy Living
10. Killer Joe

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アート・ファーマー (Art Farmer 1928年8月21日~1999年10月4日) はアメリカ合衆国アイオワ州出身のジャズ・トランペット奏者、フリューゲルホルン奏者。
ベニー・ゴルソン (Benny Golson 1929年1月25日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・サクソフォーン奏者、作曲家、編曲家、音楽監督。
アルバムはアート・ファーマーとベニー・ゴルソン、1960年の録音で極上のアンサンブル。
共演者は、ピアノがマッコイ・タイナー、トロンボーンがカーティス・フラー、ベースがアート・ファーマーと双子の兄弟のアディソン・ファーマー、ドラムがレックス・ハンフェリー。
個人的にはピアノがマッコイ・タイナーとアート・ファーマーの顔合わせに興味がわく。
ジャケットは全員が演奏している写真で、みんな若くて印象的。
それにしてもアディソン・ファーマーはアート・ファーマーとそっくり。
ちなみに、アート・ファーマーは同年の9月に 「Art」 を録音している。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはアート・ファーマーとベニー・ゴルソン、1960年の録音で極上のアンサンブル。共演者は、ピアノがマッコイ・タイナー、トロンボーンがカーティス・フラー、ベースがアート・ファーマーと双子の兄弟のアディソン・ファーマー、ドラムがレックス・ハンフェリー。個人的にはピアノがマッコイ・タイナーとアート・ファーマーの顔合わせに興味がわく。ジャケットは全員が演奏している写真で、みんな若くて印象的。それにしてもアディソン・ファーマーはアート・ファーマーとそっくり。ちなみに、アート・ファーマーは同年の9月に 「Art」 を録音している。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲