青木高見のジャズコレクション Tommy Flanagan (p) トミー・フラナガン


寸評
トミー・フラナガン  (Tommy Flanagan 1930年3月16日~2001年11月16日)  はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれのジャズ・ピアニスト。
リーダー作も魅力があるが、特にサイドに回った演奏も素晴らしい。
ジャズ界において、真面目で真摯な性格は特にジャズ・ミュージシャンからの信頼が厚い。
ジャズの名盤と言われる演奏にはトミー・フラナガンの参加が多いのも特徴。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】
フランコ・アンブロセッティ

【以下コンテンツ】


Tommy Flanagan / The Cats Tommy Flanagan / The Cats

Recorded : April 18, 1957

Personnel :
Tommy Flanagan (p)
John Coltrane (ts)
Idrees Sulieman (tp)
Kenny Burrell (g)
Doug Watkins (b)
Louis Hayes (ds)

Song name :
01. Minor Mishap
02. How Long Has This Been Going On?
03. Eclypso
04. Solacium
05. Tommy's Tune

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : トミー・フラナガン  (Tommy Flanagan 1930年3月16日~2001年11月16日)  はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはトミー・フラナガン、1957年4月の録音。
共演者はトランペットがイドリス・シュリーマン、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ギターがケニー・バレル、ベースがダグ・ワトキンス、ドラムがルイ・ヘイズ。
満点の演奏、何の心配もなく陽だまりの様なトミー・フラナガンに身をゆだねよう。
猫はジャズマンのことを「キャット」と呼ぶのでこのデザイン。
同年の8月、たて続けに「Overseas」もリリースしている。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : トミー・フラナガン、1957年4月の録音。
共演者はトランペットがイドリス・シュリーマン、テナーサックスがジョン・コルトレーン、ギターがケニー・バレル、ベースがダグ・ワトキンス、ドラムがルイ・ヘイズ。
猫はジャズマンのことを「キャット」と呼ぶのでこういうデザイン。
演奏は何の心配もいらない完成されたハード・バップジャズ。
(青木高見)





Tommy Flanagan / Overseas Tommy Flanagan / Overseas

Recorded : August 1957

Personnel :
Tommy Flanagan (p)
Wilbur Little (b)
Elvin Jones (ds)

Song name :
01. Relaxin' at Camarillo
02. Chelsea Bridge
03. Eclypso
04. Delarna
05. Verdandi
06. Willow Weep for Me [Take 2]
07. Beat's Up
08. Skal Brothers
09. Little Rock
10. Delarna [Take 2]
11. Verdandi [Take 2]
12. Willow Weep for Me [Take 1]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : トミー・フラナガン  (Tommy Flanagan 1930年3月16日~2001年11月16日)  はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはトミー・フラナガン、1957年の録音。
ジャズ・ピアノ・トリオ史にも残る不朽の名盤とされる。
共演者はベースがウィルバー・リトル、ドラムがエルヴィン・ジョーンズ。
煽るリズムに乗せられ少し饒舌になったフラナガンが聴き所。
ジャケットが二種類あって、アルファベットの「C」がオーバーしていてタイトル名にかけているのが面白い。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : トミー・フラナガン、1957年の録音。
ジャズ・ピアノ・トリオ史にも残る不朽の名盤とされる。
共演者はベースがウィルバー・リトル、ドラムがエルヴィン・ジョーンズ。
煽るリズムに乗せられ少し饒舌になったフラナガンが聴き所。
(青木高見)





Tommy Flanagan / Eclypso Tommy Flanagan / Eclypso

Recorded : February 4, 1977

Personnel :
Tommy Flanagan (p)
George Mraz (b)
Elvin Jones (ds)

Song name :
01. Oleo
02. Denzil's Best
03. Blue Time
04. Relaxin' at Camerillo
05. Cup Bearers
06. Ecylpso
07. Confirmation

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : トミー・フラナガン  (Tommy Flanagan 1930年3月16日~2001年11月16日)  はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはトミー・フラナガン、1977年の録音。
名盤オーヴァーシ-ズから20年、数少ないリーダーアルバムが再び誕生。
共演者はベースがジョージ・ムラーツ、ドラムがエルヴィン・ジョーンズ。
エルヴィン・ジョーンズは「オーヴァーシ-ズ」の時と同じ。
レーベルが西ドイツのエンヤ (enja) ・レーベル。
オーナーの「ホルスト・ウェーバー」が、人選をフラナガンに相談しトリオが完成した逸話がおもしろい。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : トミー・フラナガン、1977年の録音。
名盤オーヴァーシ-ズから20年、数少ないリーダーアルバムが再び誕生。
共演者はベースがジョージ・ムラーツ、ドラムがエルヴィン・ジョーンズ。
エルヴィン・ジョーンズは「オーヴァーシ-ズ」の時と同じ。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲