青木高見のジャズコレクション Franco Ambrosetti (tp, flh) フランコ・アンブロセッティ


寸評
フランコ・アンブロセッティ (Franco Ambrosetti 1941年12月10日~)  は、スイス・ルガーノ生まれのジャズ・トランペット、フリューゲルホーン奏者。
ルガーノはイタリア語圏であり、アンブロセッティは名前の示すとおり、イタリア系のスイス人、父がジャズ・サックス奏者の影響で演奏家になる。
また、エットーレ・アンブロゼッティ&サンズ(乗用車やトラック、農業機械、また航空産業向けの金属ホイールを供給している会社)の重役の顔を持つ。
普通、二束の草鞋(わらじ)だと、どちらか一方は劣る場合が多いが、この人は別、演奏は、ほぼ完璧。
〈青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
フランコ・アンブロセッティ フランコ・アンブロセッティ

【以下コンテンツ】


Franco Ambrosetti / Movies Franco Ambrosetti / Movies

Recorded : November 24-25, 1986

Personnel :
Franco Ambrosetti (tp, flh)
John Scofield (g)
Geri Allen (p, syn)
Michael Formanek (b)
Daniel Humair (ds)
Jerry Gonzalez (per)

Song name :
01. Summertime
02. Yellow Submarine
03. Chan's Song ( Never Said )
04. That Old Black Magic
05. Good Morning Heartache
06. Magnificent Seven
07. Falling In Love Again
08. Be A Brave Utopist

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フランコ・アンブロセッティ (Franco Ambrosetti 1941年12月10日~)  は、スイス・ルガーノ生まれのジャズ・トランペット、フリューゲルホーン奏者。
ルガーノはイタリア語圏であり、アンブロセッティは名前の示すとおりイタリア系のスイス人、父がジャズ・サックス奏者の影響で演奏家になった。
アルバムはフランコ・アンブロセッティ、1986年11月24日・25日の録音、エンヤ・レーベルから5枚目のリーダー作。
共演者は、ピアノとシンセがジュリ・アレン、ギターがジョン・スコフィールド、ベースがマイケル・フォーマンエック、ドラムがダニエル・ユメール、パーカッションがジェリー・ゴンザレス。
演目といい、共演者といい、まったく意表をついたもの。
演目は、映画にちなんだものが集められたというが、まったく脈絡のないアンバランスな試みがアレンジと相まって、一般のイージーリスニング的な映画音楽とは違うユニークな作品といえる。
フランコ・アンブロセッティの、たしかな技術と音楽性がジャズの新境地を切り開いた功績は大きいと思う。
それにしても、フランコ・アンブロセッティのトランペット、フリューゲルの音色は不思議な音色。
まったく黒人にはない、そう、やはりヨーロッパ的な音なのだが、決して軟弱ではなく人間的な深みのある音と感じる。
2曲目のビートルズのイエローサブマリンや荒野の7人は、思わず笑ってしまうが、本物ジャズなのでビックリした。 
(青木高見)





Franco Ambrosetti / Gin And Pentatonic Franco Ambrosetti / Gin And Pentatonic

Recorded :
December 1-2, 1983 #01, #02, #04, #07 At Skyline Studios ,NYC,US (from Enja 4068 "Wings")
March 13-14, 1985 #03, #05, #06 At A and R Studios ,NYC,US (from Enja LP 4096 "Tentets")

Personnel :
Franco Ambrosetti (flh, tp)
Michael Brecker (ts)
Daniel Humair (ds)

[#03, #05, #06]
Recorded March 13-14, 1985
At A and R Studios ,NYC ,US
(from Enja LP 4096 "Tentets")
Tommy Flanagan (p)
Lew Soloff (tp)
Michael Mossman (tp)
Alex Brofsky (frh)
Steve Coleman (as)
Howard Johnson (tuba, bs)
Dave Holland (b)

[#01, #02, #04, #07]
Recorded December 1-2, 1983
At Skyline Studios ,NYC ,US
(from Enja 4068 "Wings")
Kenny Kirkland (p)
John Clark (frh)
Buster Williams (b)

Song name :
01. Miss,Your Quelcque Chose
02. More Wings For Wheelers
03. Yes Or No
04. Gin And Pentatonic
05. Autumn Leaves
06. Ode To A Princess
07. Atisiul

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フランコ・アンブロセッティ (Franco Ambrosetti 1941年12月10日~)  は、スイス・ルガーノ生まれのジャズ・トランペット、フリューゲルホーン奏者。
アルバムはフランコ・アンブロセッティ、演目1、2、4、7曲目が1983年12月1日・2日、3、5、6曲目が1985年3月13日・14日の録音、エンヤ・レーベルからのリリース。
すでにリリースされたアルバム 「ウィングス Wings / 1983 enja」 と 「テンテッツ Tentets / 1985 enja」 の2枚のアルバムが1枚にリマスターされたもの。
おもしろいのは、アルバムタイトルで、お酒のジンとトニックをジャズ・スケールのペンタ・トニックとシャレている。
共演者は、通しの参加で、テナーサックスがマイケル・ブレッカー、ドラムがダニエル・ユメール。
「テンテッツ Tentets / 1985 enja」 からの3曲目、5曲目、6曲目が。
ピアノがトミー・フラナガン、トランペットがルー・ソロフとマイケル・モスマン、フレンチホルンがアレックス・ブロフスキー、アルトサックスがスティーブ・コールマン、チューバとバリトンサックスがハワード・ジョンソン、ベースがデイヴ・ホランド。
「ウィングス Wings / 1983 enja」からの1曲目、2曲目、4曲目、7曲目が。
ピアノがケニー・カークランド、フレンチホルンがジョン・クラーク、ベースがバスター・ウイリアムス。
凄いのは銘々リーダー級のミュージシャンが集合している。
演奏は、極上なアンサンブルの上を、ふくよかなフランコ・アンブロセッティが実に素晴らしい。
話は替り、2枚のアルバムの演目を見てみると。
「ウィングス Wings」。
1. Miss, Your Quelque Shows
2. Gin And Pentatonic
3. Atisiul
4. More Wings For Wheelers
「テンテッツ Tentets」。
1. Yes or No
2. Rio Morena, Allegro Con Brio
3. Autumn Leaves
4. Ten and Eleven
5. Ode to a Princess
以上の様に 「テンテッツ Tentets」 の演目で 「Rio Morena, Allegro Con Brio」 「Ten and Eleven」 の2曲が外されている。
どうしても聴きたければ 「テンテッツ Tentets」 を入手するしかない。
考えてみれば、2枚合わせた全9曲を収録したら、アルバムが売れなくなってしまうので当然といえば当然。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲