青木高見のジャズコレクション Steve Coleman (as, vo) スティーブ・コールマン

略歴
スティーヴ・コールマン (Steve Coleman 1956年9月20日~) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのサックス奏者、作曲家。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】
フランコ・アンブロセッティ

【以下コンテンツ】


Steve Coleman / Steve Coleman and Five Elements Sine Die Steve Coleman / Steve Coleman and Five Elements Sine Die

Recorded : 1987,1988

Personnel :
Steve Coleman (as)
James Weidman (p, key)
David Gilmore (g)
Graham Haynes (tp)
Robin Eubanks (tb)
Kevin Bruce Harris (b)
Marvin Smitty Smith (ds)
Cassandra Wilson (vo)

Special guest
Geri Allen (key)
Branford Marsalis (ts)
Gary Thomas (ts)
Greg Osby (as)
Jimmy Cozier (b)
Lonnie Plaxico (b)

Song name :
01. Destination
02. Cinema Saga
03. Soul Melange
04. Circle C
05. Proteus
06. Passage
07. First Sunrise
08. Ur-Beat
09. Dark To Light
10. Profile Man
11. Proteus Revamp

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スティーヴ・コールマン (Steve Coleman 1956年9月20日~) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのサックス奏者、作曲家。
アルバムはスティーヴ・コールマン、1987年と1988年の録音。
共演者は、ピアノがジェリ・アレン、トロンボーンがロビン・ユーバンクス、ドラムがマーヴィン・スミッティ・スミス、サックスがグレッグ・オズビーとゲイリー・トーマス、ヴォーカルがカサンドラ・ウィルソン他。
それぞれが強烈な個性のミュージシャンで技巧派ぞろい。
「M-Base」 の略は 「Macro Basic Array of Structured Extemporization」 。
1980年代後半からスティーヴ・コールマンやグレッグ・オズビーが中心になり提唱されてたジャズの理論を駆使して演奏を行った集団。
直訳すると 「構造化された即興の配列基本マクロ」 、個人的に正直なところ今一つピンとこない。
ニューヨークを中心に活動していた 「M-Base」 のブルックリン派と、マルサリスのマンハッタン派と呼ぶ言い方もある。
演奏は、あらゆる音楽の上に変拍子を中心に複雑なリズムとテンポを駆使し独自の構成力が特徴といえる。
音楽に限ぎらず芸術伝搬にいえることだが、変革のあとが実は問題。
そのあとを、どう展開してしていくかが一番むずかしい。
生みの苦しみより継続だ、そこを見ていきたい。
(青木高見)





Steve Coleman / Strata Institute _ Cipher Syntax Steve Coleman / Strata Institute _ Cipher Syntax

Recorded : 1988

Personnel :
Steve Coleman (as)
Greg Osby (as, ss)
David Gilmore (g)
Bob Hurst (b)
Tani Tabbal (ds)
Marvin Smitty Smith (ds)

Song name :
01. Slang
02. Bed Sty
03. Turn Of Events
04. Decrepedius
05. Ihgnat Down
06. Micro-Move
07. Wild
08. Humantic
09. Abacus
10. Ihgnat

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スティーヴ・コールマン (Steve Coleman 1956年9月20日~) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのサックス奏者、作曲家。
アルバムはスティーヴ・コールマン、1988年の録音。
「サイファー・シンタックス」 またもや奇妙なタイトルであり、個人的には、こう考える。
サイファーとは、ラッパーやボクサーが路上等でセッションを行う際に自然発生的に出来る人だかり、またはそれを目的とした集会だと言う。
シンタックスは 「構文」 で、具体的な文字がどのように配列されているかに着目した概念を示す言葉。
配列とは前のアルバムの 「Steve Coleman and Five Elements Sine Die」 の 「M-Base」 の a の Array である。
C言語を少しやった事があるが、配列とは 「同じ型のデータを寄せ集めて、ひとかたまりにしたデータ構造」 。
真偽はわからないが要は、同じ型が集まって自然発生的にやる意味ではないかと・・・。
同じ型とは、ステーブ・コールマンを中心に、オズビー、ギルモア、ハースト、タバル、スミッティーの事。
このアルバムはクラブでも人気があったらしい。
変則リズムは怪しく鼓動し、確かに新しいジャズの潮流のひとつといえる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはスティーヴ・コールマン、1988年の録音。
「サイファー・シンタックス」またもや奇妙なタイトルであり個人的には、こう考えている。
サイファーとは、ラッパーやボクサーが路上等でセッションを行う際に自然発生的に出来る人だかり又はそれを目的とした集会だと言う。
シンタックスは「構文」で、具体的な文字がどのように配列されているかに着目した概念を示す言葉。
配列とは前のアルバムの「Steve Coleman and Five Elements Sine Die」の「M-Base」の a の Array である。
C言語を少しやった事があるが、配列とは「同じ型のデータを寄せ集めて、ひとかたまりにしたデータ構造」。
真偽はわからないが要は、同じ型が集まって自然発生的にやる意味ではないかと・・・。
(青木高見)





Steve Coleman / Strata Institute _ Transmigration Steve Coleman / Strata Institute _ Transmigration

Recorded : January 1991

Personnel :
Steve Coleman (as)
Von Freeman (ts)
Greg Osby (as, ss)
David Gilmore (g)
Kenny Davis (b)
Marvin Smitty Smith (ds)

Song name :
01. 3 Against 2
02. Mr. Lucky
03. Speake
04. Knowledge of Cult
05. If You Could See Me Now
06. Minor Step
07. Kahn
08. Jimdog
09. It's You
10. Thebes

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スティーヴ・コールマン(Steve Coleman 1956年9月20日~)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのサックス奏者、作曲家。
アルバムはスティーヴ・コールマン、1991年1月の録音。
1988年の 「サイファー・シンタックス」 の延長線上にある事は間違いないが、やはり改良したことを感じる。
理由は、チコ・フリーマンの父親ヴォン・フリーマン(Von Freeman (ts))の参加にあると思う。
双頭のコールマンとオズビーのアルトにフリーマンのテナーと三管。
フリーマンの参加は M-Base の経歴の中でも革新的な事と言えるだろう。
2曲目の  「Mr. Lucky」  はヘンリー・マンシーニの曲。
フリーマン無くしてストラータがマンシーニを扱うと夢にも思わなかった。
まだまだ躍進するブルックリン派に目が離せない。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはスティーヴ・コールマン、1991年の録音。
1988年の「サイファー・シンタックス」の延長線上にある事は間違いないが、やはり改良したことを感じる。
理由は、チコ・フリーマンの父親ヴォン・フリーマン(Von Freeman (ts))の参加にあると思う。
双頭のコールマンとオズビーのアルトにフリーマンのテナーと三管。
フリーマンの参加は M-Base の経歴の中でも革新的な事と言えるだろう。
2曲目の 「Mr. Lucky」 はヘンリー・マンシーニの曲。
フリーマン無くしてストラータがマンシーニを扱うと夢にも思わなかった。
まだまだ躍進するブルックリン派に目が離せない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲