青木高見のジャズコレクション Michael Brecker (ts) マイケル・ブレッカー


略歴
マイケル・ブレッカー (Michael Brecker 1949年3月29日~2007年1月13日) アメリカ合衆国ペンシルベニア州生まれのジャズ・テナーサックス・ウィンドシンセサイザー演奏者。
兄のランディ・ブレッカー (Randy Brecker 1945年11月27日~) アメリカ合衆国ペンシルベニア州生まれのジャズ・トランペット奏者と「The Brecker Brothers」を結成。
解散後は兄弟別々に活動。
2007年1月13日、白血病のため逝去。
享年57歳。
人気が高かったため、その死はひじょうに惜しまれる、ジャズ界の損失。

追補:EWI (イーウィ) とは。
電子楽器のブランド 「AKAI professional」 のウインドシンセサイザー。
正式名称は、Electric ... マウスピース (ゴム製) から息を吹き込むことによって内蔵されている 「ビブラートセンサー」 が感知して音を出す、電子楽器。
尚、「EWI」 の開発にはマイケル・ブレッカー、伊東たけし (T-SQUARE(ティー・スクェア)) が開発に加わったとされる。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】
フランコ・アンブロセッティ


【以下コンテンツ】


The Brecker Brothers / Heavy Metal Be-Bop
The Brecker Brothers / Heavy Metal Be-Bop

(注) このアルバムはザ・ブレッカー・ブラザーズのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 The Brecker Brothers 」 でも同じ内容を掲載しています。  →
また、兄のランディ・ブレッカー 「Randy Brecker」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1978

Personnel :
The Brecker Brothers (band)
Randy Brecker (tp, key)
Michael Brecker (ts)
Barry Finnerty (g)
Neil Jason (b, vo)
Terry Bozzio (ds)

Song name :
01. East River
02. Inside Out
03. Some Skunk Funk
04. Sponge
05. Funky Sea, Funky Dew
06. Squids

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ブレッカー・ブラザーズ (The Brecker Brothers) 、次の二人の兄弟によるクロスオーバー・ジャズ・フュージョン・バンド。
兄のランディ・ブレッカー (Randy Brecker 1945年11月27日~) アメリカ合衆国ペンシルベニア州生まれのジャズ・トランペット奏者。
弟のマイケル・ブレッカー (Michael Brecker 1949年3月29日~2007年1月13日) ペンシルベニア州生まれのジャズ・サックス奏者。
アルバムはブレッカー・ブラザーズ、1978年の録音、通算四枚目。
共演者は、ギターがバリー・フィナーティ、ベースがニール・ジェイソン、ドラムがテリー・ボジオ。
サックスやトランペットにエフェクターをかけたユニークなジャズロックを聴ける。
トランペットやサックスにエフェクターをかけるのは今では当たり前。
しかし、機材が乏しい当時は斬新で度肝を抜かれた。
ブレッカー・ブラザーズは、この作品の後、二枚を出し解散してしまう。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはブレッカー・ブラザーズ、1978年の録音、通算四枚目。共演者は、ギターがバリー・フィナーティ、ベースがニール・ジェイソン、ドラムがテリー・ボジオ。サックスやトランペットにエフェクターをかけたユニークなジャズロックを聴ける。トランペットやサックスにエフェクターをかけるのは今では当たり前。しかし、機材が乏しい当時は斬新で度肝を抜かれた。ブレッカー・ブラザーズは、この作品の後、二枚を出し解散してしまう。
(青木高見)






Michael Brecker / Michael Brecker Michael Brecker / Michael Brecker

Recorded : 1986

Personnel :
Michael Brecker (ts, EWI)
Kenny Kirkland (key)
Pat Metheny (g)
Charlie Haden (b)
Jack De Johnette (ds)

Song name :
01. Sea Glass
02. Syzygy
03. Choices
04. Nothing Personal
05. Cost of Living
06. Original Rays
07. My One and Only Love [CD only]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイケル・ブレッカー (Michael Brecker 1949年3月29日~2007年1月13日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズテナーサックス、ウィンドシンセサイザー演奏者。
アルバムはマイケル・ブレッカー、1986年の録音、インパルス・レーベルからのリリース、初リーダー作。
共演者は、ピアノがケニー・カークランド、ギターがパット・メセニー、ベースがチャリー・ヘイデン、ドラムがジャック・ディ・ジョネット。
演奏は、全体のまとまりが素晴らしく当初から実力を評価された作品。
特に 「EWI」 という新しい楽器を取り入れた。
この 「EWI」 の開発にはマイケル・ブレッカー、伊東たけし、が開発に加わったとされる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはマイケル・ブレッカー、1986年の録音、インパルス・レーベルからのリリース、初リーダー作。共演者は、ピアノがケニー・カークランド、ギターがパット・メセニー、ベースがチャリー・ヘイデン、ドラムがジャック・ディ・ジョネット。演奏は、全体のまとまりが素晴らしく当初から実力を評価された作品。特に 「EWI」 という新しい楽器を取り入れた。この 「EWI」 の開発にはマイケル・ブレッカー、伊東たけし、が開発に加わったとされる。
(青木高見)





Claus Ogerman / Featuring Michael Brecker Claus Ogerman / Featuring Michael Brecker

(注) このアルバムはクラウス・オガーマンのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Claus Ogerman 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : January 1988 - April 1990

Personnel :
Claus Ogerman (comp, cond)
Larry Rosen (executive producer)
Dave Grusin (executive producer)
Tommy LiPuma (producer)
Alan Pasqua (key) #01-#04,
Robben Ford (g) #01, #02,
Dean Parks (g) #01-#04,
Michael Brecker (ts) #01-#04,
Randy Brecker (tp, flh) #01, #02, #04,
Abraham Laboriel (b) #03, #04,
Eddie Gomez (b) #05,
Marcus Miller (b) #01, #02,
Steve Gadd (ds) #05,
Vinnie Colaiuta (ds) #01-#04,
Paulinho Da Costa (per) #01-#04,

Song name :
01. Corfu
02. Lyricosmos
03. After the Flight
04. Adonia
05. Boulevard Tristesse

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント :  アルバムはクラウス・オガーマン、1988年1月から1990年4月の録音、全曲クラウス・オガーマンによる作曲、GRPレーベルからのリリース。
邦題は  「ブルヴァール・トリステス」 。
共演者は、テナーサックスがマイケル・ブレッカー、トランペットとフリューゲル・ホーンがランディー・ブレッカー、キーボードがアラン・パスクア、ギターがロベン・フォード、ベースがマーカス・ミラーとエディ・ゴメス、ドラムがスティーヴ・ガッド、パーカッションがパウリーニョ・ダ・コスタほか大勢。
ひところ、これを外に持ち出して聴いていた時期があった。
特に自然の中で耳にする音楽はジャンルを飛び越えて素晴らしい感動を与えてくれた。
ここでは、絶好調の今は亡きマイケル・ブレッカーと、超一流のアーティストが難解なクラウス・オガーマンの曲をサラリと演奏してしまう。
何よりも全体の調和が素晴らしい。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはクラウス・オガーマン、1988年1月から1990年4月の録音、全曲クラウス・オガーマンによる作曲、GRPレーベルからのリリース。邦題は  「ブルヴァール・トリステス」 。共演者は、テナーサックスがマイケル・ブレッカー、トランペットとフリューゲル・ホーンがランディー・ブレッカー、キーボードがアラン・パスクア、ギターがロベン・フォード、ベースがマーカス・ミラーとエディ・ゴメス、ドラムがスティーヴ・ガッド、パーカッションがパウリーニョ・ダ・コスタほか大勢。ひところ、これを外に持ち出して聴いていた時期があった。特に自然の中で耳にする音楽はジャンルを飛び越えて素晴らしい感動を与えてくれた。ここでは、絶好調の今は亡きマイケル・ブレッカーと、超一流のアーティストが難解なクラウス・オガーマンの曲をサラリと演奏してしまう。何よりも全体の調和が素晴らしい。
(青木高見)





Michael Brecker / Now You See It (Now You Don't) Michael Brecker / Now You See It (Now You Don't)

Released : October 1990

Personnel :
Michael Brecker (ts, EWI)
Joey Calderazzo (p)
Jon Herington (g)
Jim Beard (syn, key)
Victor Bailey (el-b)
Jay Anderson (acoustic-b)
Adam Nussbaum (ds)
Don Alias (per)
Steve Berrios (per)
Milton Cardona (per)
Omar Hakim (per)

Song name :
01. Escher Sketch (A Tale Of Two Rhythms)
02. Minsk
03. Ode To The Doo Da Day
04. Never Alone
05. Peep
06. Dogs In The Wine Shop
07. Quiet City
08. The Meaning Of The Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイケル・ブレッカー (Michael Brecker 1949年3月29日~2007年1月13日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズテナーサックス、ウィンドシンセサイザー演奏者。 アルバムはマイケル・ブレッカー、1990年10月のリリース。
共演者は、ピアノがジョーイ・カルデラゾ、ギターがジョン・ヘリントン、シンセとキーボードがジム・ビアード、エレーベースがヴィクター・ベイリー、アコーベースがジェイ・アンダーソン、ドラムがアダム・ナスバウム。
パーカションがドン・アライアス、スティーブ・ベリオス、ミルトン・カルドナ、オマー・ハキム。
楽器編成で、4名もの黒い音を出すパーカショニストを据えた事が聴きどころ。
もうこれだけで聴く前から音が飛び出してきそう。
それに何といってもマイケル・ブレッカーのEWI。
当時、この新しい楽器を、ここまで吹くミュージシャンはいなかった。
ジャケットのエッシャーのダマシ絵と世界最高峰のEWIを聴くだけでもアルバムの価値がある。
今聴いても、まったく陳腐化しないということはマイケル・ブレッカーが本物の証。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはマイケル・ブレッカー、1990年10月のリリース。共演者は、ピアノがジョーイ・カルデラゾ、ギターがジョン・ヘリントン、シンセとキーボードがジム・ビアード、エレーベースがヴィクター・ベイリー、アコーベースがジェイ・アンダーソン、ドラムがアダム・ナスバウム。パーカションがドン・アライアス、スティーブ・ベリオス、ミルトン・カルドナ、オマー・ハキム。楽器編成で、4名もの黒い音を出すパーカショニストを据えた事が聴きどころ。もうこれだけで聴く前から音が飛び出してきそう。それに何といってもマイケル・ブレッカーのEWI。当時、この新しい楽器を、ここまで吹くミュージシャンはいなかった。ジャケットのエッシャーのダマシ絵と世界最高峰のEWIを聴くだけでもアルバムの価値がある。今聴いても、まったく陳腐化しないということはマイケル・ブレッカーが本物の証。
(青木高見)





The Brecker Brothers / Return Of The Brecker Brothers The Brecker Brothers / Return Of The Brecker Brothers

(注) このアルバムはザ・ブレッカー・ブラザースのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 The Brecker Brothers 」 でも同じ内容を掲載しています。  →
共演者のランディ・ブレッカー 「 Randy Brecker 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recording : August 1992

Personnel :
The Brecker Brothers (band)
Randy Brecker (tp, flh, vo)
Michael Brecker (ts, ss, key, syn)
Mike Stern (g) #01, #02, #04, #08-11,
Robbie Kilgore (p, el-p, b, syn) #03, #07,
Maz (key, ds-prog) #03, #07,
George Whitty (key, el-p)
Dean Brown (g) #02, #05, #11,
James Genus (a-b, el-b) #04, #07, #08, #10, #11,
Armand Sabal-Lecco (piccolo-b, vo, per, ds) #01, #05, #06,
Dennis Chambers (ds) #04-06, #08-11,
Max Risenhoover (da, b, syn-ds, prog, per #01, #02, #06, #08,
Don Alias (per) #01, #08, #09, #11,
Veera (vo) #02, #03,

Song name :
01. Song for Barry
02. King Of The Lobby
03. Big Idea
04. Above and Below
05. That's All There Is To It
06. Wakaria (What's Up?)
07. On The Backside
08. Sozinho (Alone)
09. Spherical
10. Good Gracious
11. Roppongi

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ザ・ブレッカー・ブラザース (The Brecker Brothers)。
ランディ・ブレッカーとマイケル・ブレッカー兄弟による1970年代から1990年代にかけて活躍したクロスオーバー/ジャズ・フュージョン・バンド。
兄のランディ・ブレッカーは (Randal Edward Brecker 1945年11月27日~) アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのトランペット、フリューゲル・ホーン奏者。
1982年にブレッカー・ブラザーズ解散後、ジャズピアニストのイリアーヌ・イリアスと結婚、その後離婚。
弟のマイケル・ブレッカーは (Michael Leonard Brecker 1949年3月29日~2007年1月13日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・テナーサックス・ウィンドシンセサイザー演奏者、作曲家。
アルバムはザ・ブレッカー・ブラザース、1992年の録音。
ザ・ブレッカー・ブラザースは1982年に活動を停止し、それぞれがソロ活動を開始したが、ここに 「Return of the Brecker Brothers」 のタイトル通り再結成しリリース。
演奏は従来のブレッカー・ブラザース・ホーンにプログラミングを駆使し、よりハイ・クオリティな洗練された音に仕上がった。
兄弟それぞれのソロ活動期間が功を奏した形となって表れたのだろうか。
最後を飾る 「六本木」 で六本木をスケッチしたランディ・ブレッカーの曲、日本を意識してくれて嬉しくなる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはザ・ブレッカー・ブラザース、1992年の録音。 ザ・ブレッカー・ブラザースは1982年に活動を停止し、それぞれがソロ活動を開始したが、ここに「Return of the Brecker Brothers」のタイトル通り再結成しリリース。
演奏は従来のブレッカー・ブラザース・ホーンにプログラミングを駆使し、よりハイ・クオリティな洗練された音に仕上がった。
兄弟それぞれのソロ活動期間が功を奏した形となって表れたのだろうか。
(青木高見)





McCoy Tyner / Infinity McCoy Tyner / Infinity

(注) このアルバムはマッコイ・タイナのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「McCoy Tyner」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : April 12-14, 1995

Personnel :
McCoy Tyner (p)
Michael Brecker (ts)
Avery Sharpe (b)
Aaron Scott (ds)
Valtinho Anastacio (congas, per)

Song name :
01. Flying High
02. I Mean You
03. Where Is Love
04. Changes
05. Blues Stride
06. Happy Days
07. Impressions
08. Mellow Minor
09. Good Morning Heartache

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マッコイ・タイナー (McCoy Tyner 1938年12月11日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、バンドリーダー。
マイケル・ブレッカー (Michael Brecker 1949年3月29日~2007年1月13日) アメリカ合衆国ペンシルベニア州生まれのジャズ・テナーサックス・ウィンドシンセサイザー演奏者。
アルバムはマッコイ・タイナーとマイケル・ブレッカー、1995年4月12日・14日、新生インパルス・レーベルからのリリース。
そのほかの共演者は、ベースがエイヴリィ・シャープ、ドラムがアーロン・スコット。
GRPレコードの傘下にあるインパルスを、ジャズ専門レーベルとして新たにスタートさせた 「新生インパルス」。
その第1弾がこれで、マッコイ・タイナーとマイケル・ブレッカーの共演作。
インパルスからスタートをきったマッコイ・タイナーにとっても、特別な思いがあるに違いない。
音質が非常に良く、オーディオのテスト盤としても使われている。
演奏は、円熟のマッコイ・タイナーに、マイケル・ブレッカーが極上のテナーサックスが実に見事。
インパルスに多くの名作を残したコルトレーンに恥じないテナーといってもいい。
惜しくもマイケル・ブレッカーは亡くなってしまったが、凄いアルバムを、ここに残してれた。
(青木高見)





Michael Brecker / Tales From The Hudson Michael Brecker / Tales From The Hudson

Recorded : 1996

Personnel :
Michael Brecker (ts)
Pat Metheny (g)
Jack De Johnette (ds)
Dave Holland (b)
Joey Calderazzo (p)
McCoy Tyner (p) #3, #5,
Don Alias (per) #3, #5,

Song name :
01. Slings And Arrows
02. Midnight Voyage
03. Song For Bilbao
04. Beau Rivage
05. African Skies
06. Introduction To Naked Soul
07. Naked Soul
08. Willie T.
09. Cabin Fever

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
マイケル・ブレッカー (Michael Brecker 1949年3月29日~2007年1月13日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズテナーサックス、ウィンドシンセサイザー演奏者。
アルバムはマイケル・ブレッカー、1996年の録音でマッコイとの 「インフィニティ」 が95年なのでその翌年のリーダー作となる。
共演者はピアノがジョーイ・カルデラッツォとマッコイ・タイナー、ギターがパット・メセニー、ベースがデイブ・ホランド、ドラムがジャック・ディジョネット、パーカッションがドン・アライアス。
マッコイとアライアスは 「Song For Bilbao」 「African Skies」 の二曲。
ここに至り、マイケル・ブレッカーの卓越したテクニックと多彩な表現力は熱狂的なファン層を確立した。
個人的にはピアノをどちらか一人にしてほしかった、何となく落ち着かない。
とは言え、ミュージシャンのレベルが高いのと録音が高音質のため聴く回数が多い。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
※ このコメントはHMVに掲載されました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
  コメント : アルバムはマイケル・ブレッカー、1996年の録音でマッコイとの「インフィニティ」が95年なのでその翌年のリーダー作となる。
ここに至り、マイケル・ブレッカーの卓越したテクニックと多彩な表現力は熱狂的なファン層を確立した。
個人的にはピアノをどちらか一人にしてほしかった、何となく落ち着かない。
とは言え、ミュージシャンのレベルが高いのと録音が高音質のため聴く回数が多い。
(青木高見)





Michael Brecker / Time Is Of The Essence Michael Brecker / Time Is Of The Essence

Recorded : 1999

Personnel :
Michael Brecker (ts)
Larry Goldings (org)
Pat Metheny (g)
Elvin Jones (ds) #01, #04, #09,
Jeff "Tain" Watts (ds) #02, #05, #07,
Bill Stewart (ds) #03, #06, #08,

Song name :
01. Arc of the Pendulum
02. Sound Off
03. Half Past Late
04. Timeline
05. The Morning of This Night
06. Renaissance Man
07. Dr. Slate
08. As I Am
09. Outrance
10. Lunations

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイケル・ブレッカー (Michael Brecker 1949年3月29日~2007年1月13日) アメリカ合衆国ペンシルベニア州生まれのジャズ・テナーサックス・ウィンドシンセサイザー演奏者。
アルバムはマイケル・ブレッカー、1999年録音、インパルス・レーベルからのリリース。
共演者は、オルガンがラリーン・ゴールディングス、ギターがパット・メセニー。
ドラムが曲によって、エルヴィン・ジョーンズ、ジェフ・ティン・ワッツ、ビル・ステュアート。
演奏は、オルガンとギターという楽器構成、そして三人三様のドラミングが軽快なマイケル・ブレッカーのメロディと絡み合う。
全員がベテランで何の心配もなく音に身をゆだねたい。
最後の曲「Lunations」日本版CDのみボーナス・トラック。
スイング・ジャーナル誌、選定ゴールド・ディスク。
(青木高見)





Michael Brecker / Nearness of you Michael Brecker / Nearness of you

Recorded : December 18-20, 2000

Personnel :
Michael Brecker (ts)
Pat Metheny (g)
Herbie Hancock (p)
Charlie Haden (b)
Jack De Johnette (ds)
James Taylor (vo)

Song name :
01. Chan's Song
02. Don't Let Me Be Lonly Tonight
03. Nascente
04. Midnight Mood
05. Ther Nearness Of You
06. Incandescence
07. Sometimes I See
08. My Ship
09. Always
10. Seven Days
11. I Can See Your Dreams
12. Say It (Over and Over Again)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マイケル・ブレッカー (Michael Brecker 1949年3月29日~2007年1月13日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズテナーサックス、ウィンドシンセサイザー演奏者。
アルバムはマイケル・ブレッカー、2000年12月18日から20日の録音、ヴァーブ・レーベルからのリリース、白血病と知る直前にリリースされたバラード集。
経歴は70年から80年代に兄のランディ・ブレッカーと共もにブレッカー・ブラザーズとしてデビユー。
当初フュージョンという型にはめられモダンジャズ人ではないというレッテルが貼られた時期もあった。
しかし後半、円熟味も増し積極的にアコースティックが多くなる。
その卓越したテクニックと多彩な表現力で人気、実力ともに最高峰のテナーサックスプレイヤーとされる。
演奏は豪華ゲストを迎え極上の演奏を聴ける。
今改めて聴くと、淡々として透き通るように美しい。
音色が悲しく、まるで自分の死期を悟っているかの様な演奏に胸が熱くなる。
日本への来日回数が多く、若すぎる死は本当に世界のファンを悲しませた。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはマイケル・ブレッカー、2000年ヴァーブの録音で、白血病と知る直前にリリースされたバラード集。
演奏は豪華ゲストを迎え極上の演奏を聴ける。
今改めて聴くと、淡々として透き通るように美しい。
音色が悲しく、まるで自分の死期を悟っているかの様な演奏に胸が熱くなる。
日本への来日回数が多く、若すぎる死は本当に世界のファンを悲しませた。
(青木高見)

追補 【ジェームス・テイラーが切々と唄う "The Nearness of you"】

It's not the pale moon that excites me
That thrills and delights me
Its just the nearness of you

It isn't your sweet conversation
That brings this sensation
It's just the nearness of you

蒼い月じゃない僕をときめかせ
震わせ誘うのは
それはただ君がとても近いから

君の可愛い話のせいじゃない
この異様な胸の高鳴りは
それはただ君がとても近いから




▲ページの上に戻る▲