青木高見のジャズコレクション Esther Phillips (vo) エスター・フィリップス


略歴
エスター・フィリップス (Esther Phillips 出生名 : Esther Mae Jones 1935年12月23日~1984年8月7日) はアメリカ合衆国テキサス州ガルベストン生まれのR&B、ジャズ、ソウル、ブルース、ポップス、カントリーなどのマルチ歌手。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Esther Phillips / What A Diff'rence A Day Makes Esther Phillips / What A Diff'rence A Day Makes

Recorded : April 1975

Personnel :
Esther Phillips (vo)
Randy Brecker (tp)
Michael Brecker (ts)
David Sanborn (as)
Don Grolnick (key)
Alan Rubin (tp)
John Gatchell (tp)
Jon Faddis (tp)
Barry Rogers (tb)
Tony Studd (tb)
Brooks Tillotson (frh)
Jimmy Buffington (frh)
Joe Beck (g, arr)
Steve Kahn (rhythm-g)
Eric Weisberg (pedal_steel_g)
Charles McCracken (cello)
George Ricci (cello)
Al Brown (viola)
Manny Vardi (viola)
Emanuel Green (violin)
Gene Orloff (violin)
Harold Kohon (violin)
Harry Lookofsky (violin)
Kathryn Kienke (violin)
Leo Kahn (violin)
Matthew Raimondi (violin)
Max Pollikoff (violin)
Will Lee (b)
Chris Parker (ds) #02
Ralph MacDonald (per)

Song name :
01. One Night Affair
02. What A Diff'rence A Day Makes
03. Mister Magic
04. You're Coming Home
05. I Can Stand A Little Rain
06. Hurtin' House
07. Oh Papa
08. Turn Around, Look At Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エスター・フィリップス (Esther Phillips 出生名 : Esther Mae Jones 1935年12月23日~1984年8月7日) はアメリカ合衆国テキサス州ガルベストン生まれのR&B、ジャズ、ソウル、ブルース、ポップス、カントリーなどのマルチ歌手。
アルバムはエスター・フィリップス、1975年4月の録音、日本で 「What A Diff'rence A Day Makes」 がディスコチャートの上位に上がりヒットした。
タイトル曲がシングルカットされ邦題は 「恋は異なもの」。
共演者は、トランペットがランディ・ブレッカー、テナーサックスがマイケル・ブレッカー、アルトサックスがデビッド・サンボーンほか大勢が参加。
元々、ジャンルにとらわれないマルチ歌手で黒人女性特有のアクの強い歌唱が特徴といえる。
私生活では紆余曲折、かなりの苦労をしたという。
歌からは、そんな苦労の微塵のかけらも感じさせない、元気いっぱいの歌唱。
まさに、黒人にしか表現できない粘り、アーシーさ、ノリの良さを存分に味わえる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲