青木高見のジャズコレクション Jon Faddis (tp) ジョン・ファデス


寸評
ジョン・ファディス (Jon Faddis 1953年7月24日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド生まれのジャズ・トランペット奏者、指揮者、作曲家。
18歳にしてライオネル・ハンプトンのバンドやサド・メル楽団に参加をスタート。
力強い張りのある高音が特徴。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Jon Faddis / Into The Faddisphere Jon Faddis / Into The Faddisphere

Recorded : 1989

Personnel :
Jon Faddis (tp)
Renee Rosnes (p)
Phil Bowler (b)
Ralph Peterson (ds)

Song name :
01. Into the Faddisphere
02. Sambahia
03. At Long Last
04. The Early Bird Gets the Short End of the Stick
05. Many Paths (To the Top of the Mountain)
06. Retro Blue
07. Ciribiribin
08. War and Peace

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョン・ファディス (Jon Faddis 1953年7月24日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド生まれのジャズ・トランペット奏者、指揮者、作曲家。
18歳にしてライオネル・ハンプトンのバンドやサド・メル楽団に参加をスタート。
力強い張りのある高音が特徴。
個人的にはニューポート・ジャズ・フェスティバル・イン・斑尾で師と仰ぐディジー・ガレスピーに付き添って細かく面倒を見ていたのが昨日の事の様に感じる。
アルバムは1989年の録音で通算五枚目のリーダー作となる。
共演者は女性ジャズピアニストのリニー・ロスネス、ベースのフィル・ボウラー、少々叩き過ぎの若手ドラマーのラルフ・ピータソン。
例によって、はち切れんばかりの高音をヒット、よくここまで、かん高く吹き続けられると驚く。
アルバム全体、若さはじける音で元気をもらえる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲